ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全151ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


このたび、☆彡パブー電子書籍の更新☆彡を行ないました!



読者様の反応に伴いまして、「試し読みの設定」大幅に増やしておきましたので、ぜひご覧ください。



お暇なときや気晴らししてみたいとき、また「何かあたらしい刺激がほしい!」なんて思われるときにでも、お立ち寄りくださり、『ご自分に合った作品』に巡り合って頂けると幸いです。


ようは、


「気が向いたときに読んでね(^^♪」

ということです☆彡☆彡


〈↓パブー電子書籍の公式サイトです↓〉


こちらから「試し読み」がご自由にできるようになっています(もちろん無料です)!


ですが、「試し読み設定」はすべてのページではございませんので、「ぜんぶが読みたい」となったときは書籍を購入される必要があります。その際には購入費がかかってきますので、ご注意下さい(^^。。。


だいたい、200円から300円くらい(もしくはそれ以下)の金額設定ですので、こちらの方も気が向けばご購入ください(^^


1つずつの本の内容は「かなりグロテスクなもの」ですので、読まれる際はそれなりの心構えでよろしくお願いいたします。。。


それでは、サイトの方よりぜひ、『あなた好みの作品』と出会われることをお祈りしています。。( ˘ω˘)スヤァ。。。


イメージ 1



この記事に

栄光の軌跡

一九七〇年後半から、一九八〇年代、一九九〇年代を生きることが出来て、俺は本当に幸せだと思える。あの頃の、心に思うことがまるで世間全体に通じるような、人間が人間として当たり前の温(ぬく)みを持っていた時代というものを、俺はあの時に自分の人生において集約して経験出来たように思える。この事がまず嬉しいのである。


あの頃は、他人の温もりにすら家族を感じ、家族でこそ味わうことが出来る温もりと、平安と、安心や期待のようなものを感じることが出来ていた。これは今になって思えば、掛け替えのない程、崇高なものであろう。あの思い出があるからこそ、今、人間を思う上で温みを得られる拠り所を得ているのである。


つまり、人として生きる上での一つの土台となっているのだ。これが九〇年代以降の、二〇〇〇年代生まれであったなら、俺の土台はきっと土ではなく、プラスチックだっただろう(これは俺の場合においてのみ、言える事とする)。硝子器のような、ひどく壊れやすい脆い土台で、今の俺からすればとても後悔する人間の土台になっていたように思える。


これも運命論において言えば、きっと俺に与えられた運命なのだろう。この運命に、いや神様が与えてくれたこの運命に、俺はひどく感謝している。本当にあの時代に生まれることが出来、いま現代を未来に向けて生きる事が出来ていることを、全力を以て、神様に感謝したい。


思い出が、まるで宝石のように輝いている。あの大阪にいた頃の少年時代、その頃の、透き通るような少々肌寒い、それでいて身も心も清々しく攫ってくれるような涼風を、俺は今生きながらにして、常にこの心から身に感じることが出来ている。これも、あの頃に生まれたからだ。あの頃に生まれさせてくれていたことで、この掛け替えのないものを俺を得ることが出来ているのである。


何にしろ、感謝である。この土台は、永遠に崩れることがない。そしてこの土台こそは、俺の作品の中でも一つの土台となって生きているのである。あの頃に生きていた人、あの頃を通して今も生きている人、彼らとまるで兄弟(姉妹)のようになることが出来ている事に、俺はとても嬉しさを思い、幸せを感じ、天に向けて感謝することが出来る温みを得ているのである。

この記事に

The happening that Joe Burnet had visited to Mary’s house on Mirrors Court is recognized by both of Lizzie Holbrook and Joe Burnet’s testimony. This testimony is cited from the document “JRT: A-Z”. The running that Kerry and Burnett had visited to the pub with Julia is based on Maurice Lewis’s testimony, and these happenings are cited from Beck’s documents.
 Variety testimonies that are seen on this page are reprinted as Mary’s last night. She must have been witnessed from two persons in that night, at least, she must have involved in meeting influence that was blamed from another person. That is, we can guess that she had played with specific two persons in this night. These words that were seen on Mary and Cox’s communication show child’s song as “all basics are blown from cradle”, and this elapse extremely be brought implication to our testimony. And addition to these, we can guess that George Hutchinson as second person.Hutchinson had confessed about Mary in detail, but that exact testimony should be suspicious for us and many researchers, and addition to this elapse, we can guess camouflage that was imitated by a flashy guy. In any case, the testimony relating to second person’s deeds is due to Hutchinson’s testimony. However, I feel and guess nonsense to all guy’s pitfalls.
 Should announce for all people who have interesting to Killer’s deeds, the happening that Marry had been murdered by Killer on 4 o’clock. This specific time is consistent with time that was announced by Elizabeth Prater’s testimony exactly. Elizabeth had waked up for that her domestic cat rode on her neck. (What a bizarre document is!).
 Then, Elizabeth heard someone’s voice shouting as “Murder!”, however, this like happening wasn’t unusual, and so she had continued slept.
 
The Tenth Chapter
 
 This main discourse doesn’t have annotations. That reason is caused by one type criminal happening. And addition to this, all events were finished in little short periods. We can guess all events that were on Mirrors Court clearly. What is clear is that murderer had finished his ritual of pleasure without hindrance from anyone. At least, we can guess so from tremendous destruction that was seen on the body of female victims. That is, we thoroughly can know truth that is caused from murderer’s trajectory.

この記事に

鈴木プロデューサー

鈴木プロデューサーの言うことははっきりと心に来ない。何にも突き刺さらないのである。既に使い古した旧い退屈なテロップを、またもう一度、十回目にして見ているようなものである。退屈だ。窮屈であり、見るもの聞くもの全てが気怠くなるのである。全ては理屈なのだ。そんな説明文は、遠の昔に聞き飽きている。全く面白くもない。

この記事に

障害のエキスパート

この障害を持った。これは世間から来たものか、自分の内に潜伏していたものが浮かんできたのか。果たして両方か。答えが人間にはわからないところが歯痒いのである。またわからないからこそ、夢を持つのである。それはまるで、愛情に対して夢を持つ、という姿勢に程よく似ている。

この記事に

全151ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事