蔵あらしのひとりごと。

純米酒大好き人間が送る、純米酒を愛するブログ。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全237ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


天穏

おはようございます。
やっと木曜日・・・先週の蔵あらしの会からもう一週間近く経つのか〜。
時が進むのが早いなあ。

さて今回は、島根県の蔵より利き酒用にサンプルを頂きましたので
その3種類の新酒の感想をお届けします!!


イメージ 1

島根県出雲市・板倉酒造からこれら3本のサンプル新酒。
真ん中が【「天穏・馨」佐香錦特別純米無濾過生原酒28BY】、
右が【「天穏・馨」佐香錦特別純米無濾過加水火入れ28BY】、
そして左が【「天穏」五百万石生酛純米無濾過生原酒28BY】です。

先日来より、蔵のE様と知り合い懇意にさせて頂くご縁で
この度28BY新酒のサンプルを飲ませて頂ける、
という機会に恵まれました!!
E様、ありがとうございました!!

さあ、3種の「天穏」新酒をしっかり利きます!!


イメージ 3

まずは最初の「佐香錦特純生原酒」から。

使用米は島根県の酒造好適米「佐香錦」。
全国で、最も県内使用率の高い酒米なんです。
佐香錦の「さか」は酒を意味し、
お酒の神様「松尾神社」(出雲市)から命名。
吟醸系の高級酒用に開発されたお米です。


イメージ 2

まず色はクリアー。
立ち香は、弱いものの強い酸とアルコールを感じる純米香。
飲むと、まず柔らかい甘味と若干のアル感。
次いで、強めのピリ感と渋辛味。
更に、それに混ざるようにしっかり酸味が来ます。
最後に、ややこの渋辛味とミルキーな甘風味を感じつつ
スパっと切れます。

スペックは先の写真のように日本酒度+12、酸度1.8。
飲んだ感覚では日本酒度+8、酸度1.9くらい。

全体に、強めの辛酸味を軸に
しっかり渋味と甘味の中に感じるほんのりミルキーな風味が特徴の
芳醇男酒。
味がまだ乗り切っていない感じなので、
もう少し生熟成をかけるとかなり化けるポテンシャルを感じますね〜。

燗付けしてみます。
1.ぬる燗・・・やや旨味が前面に出てくる。
2.熱燗・・・少しアル感を強く感じるようになる。
3.燗冷まし・・・苦味がやや出てきて味が閉じた印象に。

冷酒が一番で、冷やが二番でした。
あくまで現段階ですが、燗向きではないですね。

美味しさ度(10点満点で) ★★★★★★★★


イメージ 5

続いてはこの2本。

まず右の「佐香錦特純加水火入れ」ですが、
これも使用米は「佐香錦」。
先ほどの生原酒を加水&1回火入れした商品だろうと思います。

そして左の「五百万石生酛純米生原酒」。
使用米はスタンダードな「五百万石」ですね。
こちらは以前からよく飲んでいるお酒です〜!!


イメージ 4

「特純火入れ」ですが、まず色は同じくクリアー。
立ち香は、ほとんどないけどほんのり甘めの麹香がします。
飲むと、まずとても穏やかなほんのり甘味、麹香そしてミネラル感。
次いで、しっかりピリ感とそれに伴う強めの辛酸味。
最後に、しっかり渋味とミネラル感を持ちつつスパっと切れます。
やはり先ほどの生原酒と共通点が多く感じましたね。

スペックは日本酒度+10、酸度1.8とのこと。
飲んだ感覚では日本酒度+6、酸度1.8くらい。

全体に、まろやか甘味としっかり辛味が上手く調和し
そこに強い酸が味の輪郭を作る、ややガツン系の食中酒。
ミネラル感がやや水っぽさを出してるが、あまり気にはなりませんね。

燗酒だとどうかな・・・
1.ぬる燗・・・ややアル感が増し、キツい味わいの印象に。
2.熱燗・・・少し味が閉じ加減になる。
3.燗冷まし・・・まろやかさが出るが、味は閉じたまま。

冷やが一番で、冷酒が二番でした。
これまた、現段階では燗向きではないですね。

美味しさ度(10点満点で) ★★★★★★★⋆(7.5)


イメージ 6

最後に「生酛純米生」ですが、まず色は同じくクリアー。
立ち香は、酸を感じるしっかりした生酛香でGOOD。
飲むと、まずややゴムっぽい麹香。
次いで、しっかり渋味伴う生酛独特のスイーツ様甘味。
同時に、底からジワリと湧き出るような辛味。
そして、それを追うようにピリ感ある強めの酸味が来ます。
最後に、ほんのり生酛の旨味を感じつつ、スっと切れます。

スペックは日本酒度+7、酸度2.0とのこと。
飲んだ感覚では日本酒度+7、サンド2.0くらい。
おお、ピタリ賞ですね〜!!

全体に、しっかり生酛の風味と強い酸を軸に
それぞれ個性を持つ甘味と辛味がバランスを取る
ガツン系芳醇酒。
これはもっと熟成させ味乗りをMAXにすると旨味が倍増しそう!!
そんな予感がプンプンしますよ〜!!

さあ、燗付けするとどうなるか!?
1.ぬる燗・・・甘旨味が前面に出て飲み易くなる。
2.熱燗・・・味が閉じ加減になる。
3.燗冷まし・・・少し苦味が出てくる。

冷やが一番で、ぬる燗が二番でした。
お、さすがに生酛、ぬる燗が良かった〜。

美味しさ度(10点満点で) ★★★★★★★★⋆(8.5)



結果として、現段階では「生酛純米生」が一番良かったですね。
ただ、「特純生」に関しては、熟成によって化ける可能性があります。
そうなると、一番が交代するかも〜!!

こちら「天穏」のお酒はいずれも、
熟成をかけると一気に良くなるポテンシャルを感じます。
蔵の事情などもあるにしても、もう少し置いての出荷を希望です!!
これはもったいないですよ、E様!!



昨夜一気にこれらを利き酒したので、夕食が夜9時を過ぎちゃった。
やはり利き酒は、空腹時が一番いいんですよね〜。ほほほ。
ではでは。







この記事に

開く コメント(1)[NEW]


播州一献

おはようございます。
なんか、あちこちで桜の開花宣言が聞けそうな感じですね〜。
地域によって違うだろうけど、来週平日から週末がピークかな・・・

さて今回は、兵庫県からこのお酒をご紹介!!


イメージ 1

兵庫県宍粟市・山陽盃酒造の
【「播州一献」兵庫北錦純米生原酒28BY】です。

先日の兵庫酒紀行にて、
サンチョさんに連れてってもらった酒販店「てらむら」さんでゲット!!
以前にも違う種類は飲んだことあるけど、さあ、これはどんなかな〜?


イメージ 2

使用米は兵庫の酒造好適米「兵庫北錦」。
「なだひかり」と「五百万石」を両親に兵庫県で育成され、
大粒で心白の発生が良く酒造適性が高い、とのこと。

まず色は、ほぼクリアーだけど若干色付きある、かな。
立ち香は、強い酸を感じるお米の香りと麹香。

飲むと、まず柔らかな甘味と少し麹香。
次いで、やや渋味を伴うしっかり酸味。
そして、ちょっぴりピリ感伴うシャープな辛味。
最後に、やや渋味と甘味を引きつつスっと切れます。


イメージ 3

スペックはご覧のように日本酒度±0、酸度2.0。
飲んだ感覚では日本酒度+3、酸度1.9くらい。

全体に、柔らかな甘味と強い酸味を中心に
麹香とお米の旨味がいい感じの個性となってる芳醇酒。
もう少し熟成させると味乗り等で旨さが倍増しそうな予感!!
美味しいお酒ですね〜。

燗酒ではどうかな?
1.ぬる燗・・・ピリ感が増し、やや軽快な味わいに。
2.熱燗・・・アル感強まるも、旨味もやや増す。
3.燗冷まし・・・熱燗のまま、まろやかな感じに。

熱燗が一番で、冷酒が二番でした。
燗も冷酒もOKの、オールラウンド酒ですね〜。

美味しさ度(10点満点で) ★★★★★★★★⋆(8.5)



さて、もう4月かあ。
次の蔵あらしイベント準備や桶買い最終受付など、バタバタじゃ〜。
ではでは。




この記事に

開く コメント(8)[NEW]

開く トラックバック(0)


蔵あらしの会「開春」特別篇②

おはようございます。
はあ、まだ身体がダルいです〜。
ちょっと気が抜けた感もあるし。
でも、そろそろ花見の季節ですね〜!!

さて今回は、前回お届けした蔵あらしの会の模様PART2を〜!!


イメージ 2

そう、もうおなじみの光景ですね〜。
サンチョさんの周りには女性陣が・・・

蔵あらしの会は基本的に生原酒の出品なので、
当初は燗酒は出してなかったんです。
サンチョさんに燗付けをして頂くようになり、
燗酒ファンが(意外に女性が多い)多くなってるんですよ〜。


イメージ 3

お腹いっぱい状態ですが、寿し若さんの真骨頂、握り寿司が出ます!!
いやあ、特にこの穴子の寿司はムッチャ美味しいんですよ〜。


イメージ 4

竜馬杜氏もどうにか一息、お食事です〜。
スタッフはそれぞれ時間の空いた時にササッと食べる感じでした。


イメージ 5

そしてサンチョさんも一息〜。
実はこの前に、お酒はセルフで
皆さん自身で注いでもらうように変更したんです。
それで酒を注ぐ係の私は解放されたのですが・・・
燗付けの場合は良い温度帯で燗を付けるのが難しい・・・交代出来ない。
なのでかなり長くサンチョさんをコーナーに拘束することに。
スミマセン・・・
で、最終的に竜馬杜氏に交代して頂きました。


イメージ 1

お酒はセルフで〜!!
という訳で、皆さんこのようにお互い注いで頂きました!!
ありがとうございます〜!!


イメージ 6

〆にはデザートも出ました〜!!


イメージ 7

さあ、後半に恒例のクジ引き大会を〜!!
今回は「開春」ロゴ入りグッズを7名の方に〜。
軍手や石鹸、前掛けバッグを〜。
皆さん、盛り上がりましたね〜!!


イメージ 8

さあ、宴たけなわではありますが・・・
約3時間の会もお開きです。

最後の乾杯はサンチョさんに締めて頂きました!!
サンチョさん、開春シャツを着ての乾杯!!
ありがとうございました〜!!


イメージ 9

今回は集合写真を一度に撮るスペースがないので・・・
各テーブルごとに撮影をさせて頂きました!!
奥には竜馬杜氏&サンチョさんも〜。


イメージ 10

いつもお越し頂く方や今回始めての方などなど、
年齢も含めて様々な方にご参加頂きました!!
ありがとうございました!!


イメージ 11

そして今回も、やはり女性率が高かったですね。
日本酒やワインなど醸造酒は、女性の方がお好きですよね!!

ご参加頂きました皆様やサンチョさん、
「開春」山口竜馬杜氏、
「寿し若」西田店長、
ありがとうございました!!

様々な方々のご協力により、
計19回(番外含むと26回)の蔵あらしイベントを行うことが出来ました。
今後も頑張って開催していきますので、是非ご協力を
よろしくお願い致します!!

蔵あらし・住田









この記事に

開く コメント(8)[NEW]


蔵あらしの会「開春」特別篇①

こんばんは。
今日は休暇を取って疲れを癒しています。
そう、土曜日に第19回蔵あらしの会を開催しました。
いつもと勝手の違うイベントだったので疲れました〜。

今回から2回にわたり、その模様をお届けします!!


イメージ 1

3月25日土曜日、午後2時から開催した蔵あらしの会。
今回は、蔵あらしPBの直汲み酒お披露目イベントとして、
島根県大田市温泉津温泉にある「開春」若林酒造より
山口竜馬杜氏にお越し頂き、
広島市内にある「寿し若」というお寿司屋さんで開催しました。

写真のように、17種類の「開春」生原酒をご出品頂きました!!


イメージ 2

おっと、先ほどの写真に写ってなかったのがこれ。
活性辛口にごりです〜。ギリギリまで冷蔵庫にて保管〜。


イメージ 3

これが出品酒のスペック表です。
さすがに島根西部のガツン系男酒!!
酸度は最低が2.0、酒度もマイナスとプラスが大きく違います。
面白そう〜!!


イメージ 4

まずは私の挨拶から。
いつものイベントとは趣向が違って戸惑う事も多くバタバタ。
色々とご迷惑をお掛けしましたが、どうにかスタート出来ました〜。


イメージ 5

続いて、「開春」の山口竜馬杜氏からご挨拶。
以前から懇意にさせて頂いてるので、
色々とワガママを聞いて頂きました。
竜馬杜氏、ありがとうございます!!


イメージ 6

さあ、竜馬杜氏の音頭でいよいよ乾杯です〜!!
今回は着席スタイルなので立ったり座ったりが大変だという事で、
お一人あたり3個のお猪口を準備させて頂きました〜!!
さあ、飲むど〜!!


イメージ 7

最初の料理から。
お寿司屋さんなので魚を使った料理がドンドンと出ます。
ナマコや数の子などなどの八寸。
美味しかったど〜!!


イメージ 8

茶わん蒸しも出てきます。これまた美味しい!!
(でも中に何が入ってたか、覚えてない・・・ゆっくり食べれなかったので)


イメージ 9

皆さん、ひと通り「開春」のお酒をご堪能頂き、
今度はゆっくり座ってお楽しみ頂いてます。
でも、燗酒コーナーには人だかりが・・・

そう、サンチョさんの燗酒コーナーです〜。
今回は、単身先の伊豆から夜勤明けで直接広島まで!!
(お帰りもそのまま伊豆まで帰られました)
少しお疲れのご様子でしたが・・・皆さんは休ませませんよ〜!!


イメージ 10

続いての料理は、お造りです〜!!
水産会社が経営されてるお寿司屋さんなので、お魚が新鮮です!!
美味しかったなあ〜。


イメージ 11

ガツンな「開春」で皆さんも浮かれ気分〜!!
楽しい宴は続きます!!


イメージ 12

カツオのカルパッチョ?も出てきました!!
これも美味しかった〜!!
でもこの辺りでお腹が一杯になってきました・・・
そう、お酒の消費もこの辺りから少し鈍くなってきます。


次回はこの続き、PART2をお届けしますよ〜。
乞うご期待!!
ではでは〜!!






この記事に

開く コメント(4)


宗玄

おはようございます。
さあ、いよいよ明日は蔵あらしの会。
総勢48名で杜氏さんも来られます!!
頑張るど〜!!

さて今回は、石川県からこのお酒をご紹介!!


イメージ 3

石川県珠洲市・宗玄酒造の
【「宗玄」山田錦純米生原酒28BY」です。

これは日本名門酒会関連商品ですね。
ほぼ毎年飲んでる感じです〜。
芳醇で華やかな味わい。さあ、今季のはどうかな?


イメージ 1

使用米は王道の「山田錦」100%。

まず色は、ほぼクリアーだが若干の色付きがあるかな。
立ち香は、華やかで酸を感じる純米香。

飲むと、まず甘さを感じるしっかり麹香。
次いで、強い旨味とミルキーな甘味。
そして、苦渋を伴う程良い辛味と強めの酸味。
最後に、このシャープな苦渋を引きつつスパっと切れます。


イメージ 2

スペックを調べると日本酒度+6、酸度1.7とのこと。
飲んだ感覚では日本酒度+4、酸度1.9くらい。

全体に、ミルキーな甘旨味と苦渋ある辛味とのバランスが秀逸の
濃厚系なお酒。
苦渋が強めだけど気にならないくらいのトロリとした旨味がGOOD。

ちょっと燗付けしてみましょう〜。
1.ぬる燗・・・ミルキーな甘旨味がより前面に出てトロリと濃醇に。
2.熱燗・・・やや味が閉じ加減になり苦味が出る。
3.燗冷まし・・・まろやかになるも少し重くボヤけた印象に。

ぬる燗が一番で、冷酒が二番でした。

美味しさ度(10点満点で) ★★★★★★★★⋆(8.5)



さあ、明日は頑張って・・・開春を楽しむど〜!!
ではでは。








この記事に

開く コメント(4)

全237ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事