蔵あらしのひとりごと。

純米酒大好き人間が送る、純米酒を愛するブログ。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全249ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


玉川

こんにちは。
やっと花の金曜日になりましたね〜。
でも最近は仕事で疲れてて・・・飲んで浄化じゃ〜!!

さて今回は、京都府からこのお酒をご紹介!!


イメージ 2

京都府京丹後市・木下酒造の
【「玉川」北錦山廃純米無濾過生原酒自然仕込み28BY】です。

http://www.sake-tamagawa.com/index.html


もう有名な蔵ですよね。
イギリス人杜氏のハーパーさんが醸すお酒「玉川」。
私も大好きなお酒の一つです。
そんな「玉川」から完全発酵のチャレンジ酒を見つけ購入。

蔵付酵母を使い、その発酵力の限界に挑戦した完全発酵商品。
面白いなあ。どんな味わいか!?


イメージ 3

使用米は兵庫の酒造好適米「北錦」。
五百万石の血を引いてる酒米で、粒や心白が大きく純米酒向き。

まず色は、ご覧のように少し琥珀色。
立ち香は、ほんのり山廃独特の乳酸香がします。

飲むと・・・しっかり乳酸香再び→
強い渋味を伴う強烈な酸味→
ほんのり甘味とアル感伴う強い辛味が同時に→
強い渋酸味とアル感を最後まで引きつつ、スーっと切れます。


イメージ 1

スペックは全くの不明です。
飲んだ感覚では日本酒度+8、酸度2.4くらい。

全体に、強い渋味と辛酸味を中心とした山廃らしさもある芳醇酒。
かなりガツンとした強い味わいだけど、
個性的過ぎるしバランスが良くないですね・・・
辛味が前面に出過ぎて、渋味も強過ぎます。

山廃なのでもちろん燗付けです!!
1.ぬる燗・・・ややクセは取れるが、辛味が目立つようになる。
2.熱燗・・・やや軽快になるも、キツさが出る。
3.燗冷まし・・・辛味は出たまま、渋味も再び出る。

冷酒が一番で、冷やが二番でした。
山廃なのに燗向きじゃないお酒に初めて出会いました・・・

これは別タンク?の完全発酵でアル度が規定の22%を超えてしまい、
「雑酒」扱いになったバージョンも販売してるようです。
チャレンジするはいいのですが・・・
有名になってる蔵がこのレベルの味を世に出すのは賛成しません。
消費者は「玉川」のお酒が好きでお金を出すんです。
これで儲けちゃダメだと思うんです。
これは無料試飲してもらうとか、格安で出すとかしないとなあ・・・

美味しさ度(10点満点で) ★★★★★★★



さあ、今宵は何を飲むかなあ〜!!
ではでは。







この記事に

開く コメント(1)[NEW]


天穏

こんにちは。
昨夜は飲んだけど・・・なんだか寝落ちしちゃって。
今宵こそはしっかり飲むど〜!!

さて今回は、島根県からこのお酒をご紹介!!


イメージ 1

島根県出雲市・板倉酒造の
【「天穏」五百万石純米無濾過生原酒28BY】です。

http://www.tenon.jp/


出雲出身で、蔵あらしの会スタッフの恵ちゃんに頂きました〜。
ありがとうね〜!!
蔵の方とは仲良くさせて頂いており、サンプル試飲もさせて頂いてます。
懇意にさせて頂いてる蔵ですよ〜!!
出雲らしく、ドシっとした男酒を醸されてますね。
そんな「天穏」の純米生原酒。
蔵の方に勧められたお酒です。さあ、どんな味わいかな?


イメージ 2

使用米は地元産の「五百万石」。

まず色は、ほぼクリアーだけどほんのり色付きがある感じ。
立ち香は、酸を感じる純米香とアル香も。

飲むと・・・柔らかなお米の甘味と麹香→
強めのピリ感伴う強い酸味→
しっかりした辛味がアル感と共に口の中全体を覆う→
喉の奥に若干の苦味と旨味を感じつつ、スパっと切れます。
キレがいいですね〜。


イメージ 3

スペックはご覧のように日本酒度+10、酸度1.9。
飲んだ感覚では日本酒度+6、酸度2.1くらい。
辛味の一部を酸味と捉えちゃったかな・・・

全体に、力強い辛酸味を軸に
お米の自然な甘旨味が全体のバランスを取るガツン系芳醇酒。
島根のお酒らしい男酒でGOODですね〜。
もっと熟成させると旨味がより出てくる予感がします。

ちょっと燗付けしてみましょう〜。
1.ぬる燗・・・柔らかな味わいになり、甘味がやや前面に。
2.熱燗・・・ぬる燗のまま熱くなった感じで大きな変化なし。
3.燗冷まし・・・更にキツさが取れ、まろやかに。

冷やが一番で、ぬる燗が二番でした。

美味しさ度(10点満点で) ★★★★★★★★⋆(8.5)



さて、明日は花の金曜じゃ〜!!
ゆっくり飲むど〜!!
ではでは。



この記事に

開く コメント(5)[NEW]


きのえね

こんにちは。
昨夜は頑張って休肝日としましたよ〜!!
ということは、今宵は・・・フッフッフ!!

さて今回は、千葉県からこのお酒をご紹介!!


イメージ 1

千葉県印旛郡・飯沼本家の
【「きのえね」ふさこがね純米大吟醸直汲み生原酒28BY】です。

http://www.iinumahonke.co.jp/


こちらは「甲子」の銘柄で有名な蔵ですね。
その平仮名バージョンの生原酒。
おそらく名門酒会関連商品だと思います。
大吟醸系の生原酒は珍しいので飲んでみます〜!!


イメージ 2

使用米は千葉の1割を占める飯米「ふさこがね」。
ふっくら柔らかでもちもちの粘りがあり硬くなりにくいとのこと。

まず色は、全くのクリアー。
立ち香は、上品で王道的な吟醸香。

飲むと・・・しっかりな甘旨味と吟醸香再び→
若干のピリ感伴う程良い酸味と少し苦味も→
ほんのり重辛味と先の苦味を引きつつ、スっと切れます。


イメージ 3

スペックを調べると日本酒度−1、酸度1.7とのこと。
飲んだ感覚では日本酒度+1、酸度1.7くらい。

全体に、王道の吟醸香としっかり甘旨味を中心とした
「味吟醸」系の芳醇酒。
大吟醸系はあまり好きではないのですが、これはいいですね〜。
味わいもしっかりでGOOD!!

さて、燗酒チャレンジ!!
1.ぬる燗・・・やや重さが出るも、バランスは良くなる。
2.熱燗・・・やや大人しくなるも、ぬる燗と大きな変化なし。
3.燗冷まし・・・やや味わいが閉じ加減になる。

ぬる燗が一番で、冷酒が二番でした。

美味しさ度(10点満点で) ★★★★★★★★




さあ、今宵は楽しむど〜!!
ではでは。



この記事に

開く コメント(6)[NEW]

開く トラックバック(0)


蓬莱鶴

こんにちは。
昨夜は結局普通に飲んでしまった・・・トホホ。
でも、日本酒を飲むと幸せな気持ちになるので・・・

さて今回は、広島県からこのお酒をご紹介!!


イメージ 1

広島県広島市・原本店の
【「蓬莱鶴」八反錦純米吟醸生原酒28BY】です。

Facebook: https://www.facebook.com/ほうらいつる-349031455291652/?fref=ts<https://www.facebook.com/%E3%81%BB%E3%81%86%E3%82%89%E3%81%84%E3%81%A4%E3%82%8B-349031455291652/?fref=ts>


先日、蔵にお伺いした際に購入〜。
実はちょうどこれを搾ってるところで、
垂口からいわゆる「直汲み」して頂きました〜!!
原さん、ありがとうございます!!

搾ったばかりなので渋味があったり味乗りが悪いかもしれないけど、
なかなか味わえるものじゃないので、早速開栓し飲んでみました!!


イメージ 2

使用米は広島の有名な酒造好適米「八反錦」。
ザックリ言うと、スッキリとした酒質になるのが特徴ですね〜。

まず色は少しグレーがかったおりがらみ。
立ち香は、上品でブドウ様のフルーティな吟醸香がしてGOOD。

飲むと・・・ほんのりブドウ様のフルーティ香&若干の粕香→
渋味と共に程良い甘酸味としっかりめの辛味→
柔らかな旨味と渋味を引きつつ、スっと切れます。


イメージ 3

スペックはご覧のように日本酒度+3、酸度1.5。
飲んだ感覚では日本酒度+5、酸度1.6くらい。

全体に、ブドウ様のフルーティさと渋辛味を中心に
穏やかな甘酸味がバランスを取る食中酒。
やはり搾ったばかりなので渋味が強く味乗りがまだでした。
でもこのフレッシュ感はとてもいい感じでした〜!!

これもちょっと燗付けチャレンジ!!
1.ぬる燗・・・ピリ感が出てきて味全体が閉じ加減に。
2.熱燗・・・やや味が戻ってきてまろやかに。
3.燗冷まし・・・再び味が閉じて中途半端な味わいに。

冷酒が一番で、冷やが二番でした。
やはり搾りたてだし、燗にはあまり向かないかも。

美味しさ度(10点満点で) ★★★★★★★★



さて、今宵こそは休肝日にするど〜!!
頑張るど〜!!
ではでは。


この記事に

開く コメント(8)


青煌

おはようございます。
ちょっと二日酔い状態となっております・・・
昨日はちょい飲み過ぎたかな・・・

さて今回は、山梨県からこのお酒をご紹介!!


イメージ 1

山梨県北杜市・武の井酒造の
【「青煌・初しぼり」美山錦純米生原酒28BY】です。

https://ja-jp.facebook.com/saykohyamanashi/


広島ではほとんど見かけない銘柄ですが、
市内にこれを扱っておられる酒販店さんがあり、そこで購入〜。
「穏やかな味わい」とのことで避けてきましたが、気になっちゃって。
さあ、初めての銘柄、どんな味わいかな〜?


イメージ 2

使用米は王道の「美山錦」。

まず色は、ご覧のようにチョッピリ色付きあり。
立ち香は、甘酸を感じるリンゴ様の上品でフルーティな香り。

飲むと・・・重苦ある甘味→
強いピリ感とアル臭→
程良い辛酸味→
喉の奥に最初の重苦さをずっと引きつつ、スーっと切れます。


イメージ 3

スペックはご覧のように日本酒度+1、酸度1.8。
飲んだ感覚では日本酒度+4、酸度1.7くらい。

全体に、上品ながら重い辛酸味を軸として
強い苦味とアル感がアクセントの食中と芳醇の中間酒。
この苦味が強く引っかかりマイナス。
もっとシャープさがあると良かったかも。

燗付けだとどうなるかな・・・?
1.ぬる燗・・・酸が少し閉じ味がボヤけた印象に。
2.熱燗・・・酸が再び開き軽快で引き締まった感じに。
3.燗冷まし・・・更に軽やかになるも、味は閉じ加減に。

熱燗が一番で、冷酒が二番でした。

美味しさ度(10点満点で) ★★★★★★★⋆(7.5)



今宵は少しセーブしなきゃイカンかなあ・・・
ではでは。



この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

全249ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事