ここから本文です
ロードバイク、MTB、グルメ、温泉 酒が好きです。
フルーネウェーヘン(オランダ、ロットNLユンボ)
今度はBianchiが勝利しましたね。
スプリント1勝目を飾ったディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ロットNLユンボ)
サガンに勝っちまっただと、すごいのね。
最後時速59,7km出したと書いてあります。
でも実際ホビーライダー貧脚の自分でもガジ漕ぎすれが瞬間(当然1分くらい)なら50km超えたことがあります。
さすがに到達時間や何かがC60とは違うとは感じてますし、実際にXR4のほうが速いバイクです。
フルーネウェーヘンの勝利を喜ぶロベルト・ヘーシンク(オランダ、ロットNLユンボ)ら
昨日に続き何か自分のことのように嬉しい感じ。
昨日のマーティンさんは、V2−Rで勾配6度の昇り坂の向かい風を時速40km越えて走ったらしいですし、本場のプロはすごいのね、感動します。
これ見ると中高年の自分も頭の中が何か勘違いしていて、プロのように同じ機材だと速く走れるように思い込んでしまう。
ゴルフもそう、TVでプロの技や飛距離を見れば同じ機材やボールを使えば上手くなるような気がするのです。                                          

これが男の脳の物欲を刺激させて物を買わせる訳何だよね。                    だけど不思議、車だけはどうでもよくなった、最近の若い衆と同じ、興味が無いんだよね、軽自動車で十分だ、どっか遠距離いく特はレンタカー借りれば済むもんね。               

この記事に

第6ステージでColnago ロードバイクが勝利しましたね。
UAEのマーティンさんが残り1,2kmから逃げ切りました。
https://www.cyclesports.jp/depot/detail/99869
やはりV2−Rでしたね。
チームUAEでは、C64を使用しているアルさんは今回出場していないのでC64の姿は見れないかな?
クリストフさんは平地ではコンセプト乗っていますが、山岳コースはV2−Rのようですね。
もうちょっとで勝てそうですが、去年の世界選手権のように2位までかな。

私UAEチームのMETのカーボンヘルメットが欲しい!
KASK Vareguroよりよっぽどカッコいいと思いますよね。
これ買ったけど、上下の股上が浅くインナーもあまりよくないし、かぶった感じがどうしても頭の上部しか安全を感じられないので、知人に転売してしまいました。
Wiggle High5の女性たちもKASK Vareguroに換えて使用し始めましたが、こちらも上下寸法が浅く見えてProtoneのほうがよかったです。
こちらもほぼ全員がV2−R使用に替わりましたな。
JIRO ROZAのほうもツールドフランスと合わせて毎日YOUチューブで見てますが、どうもCOLNAGOスポンサーらしく、ステージ優勝したチームのジャージにもCOLNAGOの文字が入っていてなんか変な気がしますね。

結局自分のヘルメットは、きのこの王様KASK Vareguroを転売して前から買ってあったProtoneのレッドとMET Rivale UAEモデル、KASK mojitoになりました。
また馬鹿な買い物をしたな〜あ。
チームスカイが使用しているってことと、実際に製品が優れているとは今回まったく違うと感じましたよ。
本当にこれならMET製品のほうが絶対にお勧めです。

この記事に

安曇野田んぼ道ライド

ツールド美ヶ原も終わりましたね。
兼松大和さんが出ていないと思ったら、広島方面の「神河ヒルクライム」なんてほうに出ていて初代チャンピオンになっていたのですね。
森本さんが出ていて2位になっていましたね。

昨日は日曜日の振り替え休みでした。
朝は5時からミニベロで毎日のお勤めの朝練は行ってきましたが、この猛暑の中(34℃)日中行くのか悩みましたが、早めの朝ドラ見てから出発することにしましたよ。

もう常念岳の雪は、見えるところは完全に溶けていました。
イメージ 1
ちょっと出発時には曇り空でまだ涼しい感じです。
ペットボトルには氷を入れて来ましたが、松本市から走行6km程度でもう完全に溶けています。
今日は田んぼ道ライドで攻めて行こうと思ってます。
イメージ 2
広大な田んぼ道を南に向かい風を受けながら走って参りました。
平均車速20kmくらいしか出ない向かい風でしたよ。
車が走っていなくて心なしか安全な気がしています。
風に対して直進はいいのですが、横風には50mmホイールはあおられちょっとビビッって走っていますよ。
イメージ 3

気の通るような長い登り坂(でも傾斜5度程度なの)を山に向かって登っていきますよ。
ヘルメットのあご紐からトップチューブに汗が滴っていきます。
これ後で注意しないと、FDやケーブルガイド、シートチューブボルトなどすべて錆びてしまいますね。
今日からヘルメットインナーは換えました。
イメージ 4
工事現場作業者がドカヘルの下にかぶるタイプの物ですよ。
2年前アマゾンで購入しました。
頭部の全州に汗留めが付いていて後部には大きなパットがあり、これが汗で濡れると冷却効果と日焼け防止の優れ物です。
頭にかいた汗は目に入ってくることはなく、全体の汗は後ろ側のパットに集められて後部のジャージ側に垂れていく仕組みです。
ちょっと休憩して乾かしてから行きます。
ちょっと気温がやばいくらい上がってきて日差しもすごくなりましたね。
イメージ 5
いつもの安曇野市梓川花見地区(AACRの通路)から梓水苑を目指して帰ります。
また今日も誰も走っていません。
まだ午前9時15頃ですが、猛暑の日中ライドで走っている馬鹿は自分だけでしょうね、それも中高年だからなおさら可笑しいですね。
今日はひさびさここの道路が台風の関係か追い風で楽だった。
イメージ 6
松本市梓川倭橋まで来ましたよ。
初めて橋の上で撮影します。
イメージ 7
これ森じゃないですよ。
河川敷きの中ですよ。
最近温暖化の影響下?凄いことになっていますね。
ポプラなど巨木で橋の欄干より高い物なで茂っています。
これは梓川が犀川と合流する市内北部はもっと深刻で、下手な森より茂っていますよ。
イメージ 8
これから帰宅したら10時15分でした。
これから安曇野市穂高有明の「しゃくなげの湯」に嫁と
イメージ 9

行ってきます。
猛暑なのに午前中でも入浴者がいるのね。
中は結構空いていました。
自分のような平日休みの中高年が何故か多く?同じ年代の方々が暇つぶしのように長湯されていましたよ。
久しぶりのジェットバスも浴びてゆやされました。
ここから毎度の「ままそば」さんに再訪です。
180円のビールを楽しみに行きますよ。
イメージ 10
平日で空いています。
土日休みじゃないけど、これだけが平日休みの特権か?ですね。
イメージ 11
来ましたよ、昼ビール180円、風呂上りで一気に飲み干しましたよ。
なんとプレミアムモルツなんですね。
イメージ 12
蕎麦がきました、盛り大盛りで780円。
奥の天ぷらは盛り放題で300円です。
また夫婦2人でビール飲んで2000円未満、コストバリュー最高っすね。
また平日の一日が過ぎていきましたね。

この記事に

地元開催でもあり、市内の浅間温泉駐車場からスタートのため、近年は必ず観戦に行っていたのだが、どうも大会のスケジュールを見るとチャンピオンクラスが7時30分スタートあり、明日は出勤のため見届けると会社に間に合わない。
去年は初めて浅間温泉内のスタートから最初の交差点の角で観戦。
例年は、美鈴湖の上の登りが最度始まる左カーブで陣取っていました。

ちょっと受付の様子と会場を視察してきましたよ。
イメージ 1
もう警備員がいて中には徒歩以外車では進入禁止だった。
あたりまえだろうな。
しょうがなくスタート地点に回り込む。
イメージ 2
スタート位置の撮影は、警備員に停止も遮られ通過するしかなかった。
この交差点が去年の観戦場所だ。
電柱に防御マットが巻きつけられていますね。
去年のチャンピオンクラスの走行時には、走り去る時に相当の風圧を感じのを覚えています。                                  
イメージ 3
しょうがないから、ブース裏側の道に回りこんでパチリしています。
鈴木 雷太のペダリング教室なんてのが中央にあるようです。
この人のお店一度行ったけど、すべて定価販売、人柄が分ります。
もうイベントプロデユーサーだけでいいいんだろね。
イメージ 4
気温があまりにも暑く(現在32℃)練習している方は殆どいなかった。
乗鞍ほどの参加者無く、なんと当日エントリーが出来る大会なんだよね。

温泉街だから宿泊施設には困らないし、近所のセブンイレブンも今日明日の仕入れは相当の量だろう。
年に何回も仮にやれば、相当地元に還元できそうね。
イメージ 5
幟撮っておしまい。
なんとなく雰囲気だけ感じた今年のツールド美ヶ原でした。

本音
土、日曜日が休みの週休2日の会社に行きたい。
こういうイベントは必ず日曜日開催だが、土日にかけて休みじゃないと絶対出れない、来月の海の日がらみの三連休も16日のみ休み、なんか損しているな〜、
休日も大手や公務員の半分しかないのですよ。
もう会社も38年勤めたし、そろそろ本当に自分のやりたい事を見出したいね。


この記事に

Wiggleなど見ているとKASKのPROTONEのヘルメットよりVALEGROのほうが何故か安く売っていますよね。
以前からポチってしまっていたのだが、今日突然会社に届きましたです。
関税はなし、ユーパックで来た。
イメージ 1
ネットでインプレ見たら、PROTONEよりサイズは大きめなのでワンサイズ小さくていいらしいとあり、ダメなら売ればと思いMサイズを注文しておいたです。
キノコにならないようにと思いかぶったら見事に嵌る、これって中の幅とパットがチープすぎて横幅があるのだね。
PROTONEが見事にLサイズなのにこれはMが嵌るのであった。
イメージ 2
チームスカイ仕様やホワイト買わないで正解だったと思う。
でもなんか安っぽいんだよね、軽いってのは分るが外装材も薄いように感じるのは自分だけか?
インナーも見てみましょうね。
イメージ 3
みごとにパットが上部とおでこ上側しかないのです。
あご紐まで薄くなっています。
リアのアジャスター構造、部品まで同じ、これは共通化されているのでしょうね。
あご紐合成皮(たぶん)までPROTONEより薄い物でした。

サイドの画像はこんな感じ。
イメージ 4
全体に小ぶりで、被ると実際には耳上4cmくらい空きますから、上下の厚さも絞って軽量化したのでしょうね。
イメージ 5
リア側の画像。
これ検索するとKASKのステッカーが上段にあるものと下段に貼ってある物の二種類の画像が実際あります。
日本のKASKの正規代理店の画像を見ると、KASKのステッカーが一切貼られていません。
でもWiggleの画像ではこれと同じで、KASKのステッカーが5箇所貼られています。
フェイクだろうか?
KASKのPROTONEでは、文字のProtoneのeの字のコマが狭くすぐフェイクは判別できますが、これは例の取説や製造月ステッカーまで貼られています。
まあいいや、競技に出る訳でもなし、国内物じゃないのでJCFのシールもないので出られないわな。
AACRで県外から来たローディーは多数の方がKASKをかぶっていましたが、地元民ではあまり見ることがないのです。
松本近郊の若い人ではまず見ないブランドです。
イメージ 6
アジャスターが大きく下がったように見えますが間違いです、ヘルメットの股上っていうか上下の丈がProtoneよりかなり短いので下がるように見えるだけです。
去年のツールドフランスでも初登場して感じましたが、フルーム含むチームスカイのメンバーがキノコ被っているように見えた。
イエローのキノコヘルメットの集団だったよね。
これLサイズを買ったら完全にキノコヘルメットなんだろね。
スタイルは間違いなくProtoneのほうが数段良いでしょうね、現にチームスカイの今年も山岳コース以外はかぶっていないものね。

総評
KASKの2017新作でヒルクライム用の軽量、涼風モデルですが、軽量化の裏には造りのチープさと内装のチープ化があります。
上下の厚さも短い感があります。
白人がかぶっててもキノコ状になる形状なので、純日本人的な頭の形の人(絶対Lサイズの頭)はやめたほうがいいでしょうね。
記事やインプレには良い事しか書いてないから、信じないほうが良いかと思う。
何で自分が買ったのか?と聞かれると、ただKASK信者で欲しいと思った物欲に勝てなかったから。
でも鏡で見ると、ブラックはあまりキノコに見えないような気がする。
今週末は休みだから、晴れたらデビューしてみようっと。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事