ここから本文です
ロードバイク、MTB、グルメ、温泉 酒が好きです。
毎日雨ですね、昨日20日は平日休み、午前中は曇りでなんとかなりそうなのでMET TRENTAの試走を兼ね安曇野半周山岳側コースにデビューしました。

梓川堤防道路を安曇野大橋まで下り,此処から常念岳麓まで西上して安曇野市三郷小倉の「室山」裏の山麓線を登ります。
長袖のインナーの上にジャージのみ軽装で最初は寒いかと思ったが、なに坂を上り始めたら全身汗だくでしたよ。

この山麓線は3度〜8度の坂が南方面に4kmくらい続きます。
自分は穂高方面はアウターで登れるのですが、こちらはインナーに入れないと不可能です。
イメージ 1
坂を登り安曇野市小倉の公園です。
初めて此処で休憩、いつもの所に人がいすぎてNGでした。
此処には水道があったです。
イメージ 2
向こうに見えるのが「室山」
飛騨山脈から離れている小山です。
小学生のの時、ここまで遠足にきたなあ〜
こちらから見ると45年前の記憶が〜。
此処には松本平では現在一番人気の温泉施設があります。
ファインビュー室山、こちらは大きいほうの露天風呂です。
いいですよ,是非きてください。

ここまででジャージ、ヘルメットインナーキャップまで汗でびっしょりですが、そう少し行くとあとはしばらく下りになります。
イメージ 3
梓川八景山地区まできました。
よかったヘルメットのカラーXR4と合って、なんか予想どうりチェレステしてる感じ。
このヘルメットの通風性すごい!
4kmほどの下りで頭の中やあご紐まで乾いています。
ちょと頭を下向きにすると風がすごい入るし、後ろに抜けていくのが分かります。
イメージ 4
これいいかもしれない!買ってよかったと思えた。
今回、コスカボ SL USTとMETのTRENTAは本当に買ってよかったと思った、久々嬉しいです。
このホイールとタイヤは本当に下りが楽です。
Bianchiのカウンターヴェイルと合わせると鬼に金棒ですな。
イメージ 5

安曇野山麓半周左周りコース40km、所要時間1時間30分、獲得標高410mでした。
このコースでは2回目だったが、いいかもしれない?
平地では時速30km以上維持していられ登りで12〜18kmにダウンするが、下りなど含めると平均車速がアップできている、STRAVAのデータみると26,4kmだったです。
休憩中止めていないから八百長だったかもね。

早く帰って昼は嫁と松本梓川の「ヌプチェ」さんで海老味噌、海老塩ラーメンを食べに行きますよ。
5年以上前、海老出汁のラーメンは北海道にしかなく、よく行くサッポロのホテルの近くでしか味わえなかったのが、信州の旧梓川村で食えるのがすごいことですな。
家の嫁が海老出汁ラーメンが好きで何回か来訪はしています。
以前は、北海道の菊水食品さんの苫小牧カレーラーメンと海老味噌ラーメンをネット購入して食っていました。
最近は、この菊水さんの海老味噌ラーメンも綿半ホームセンターで買えるのです、いい時代になったなあ〜。
イメージ 6
自分のは海老味噌ラーメン。
美味いのよ、ちょっとピリ辛なのがとてもいい。
イメージ 7
嫁のは海老塩ラーメン。
ちょっと濁っているのは海老出汁だからなの、でも海老出汁味はこちらの塩ラーメンのほうが美味い。
現に嫁は海老塩ラーメンを必ず注文する。
ちょっと中太麺なのだが、個人的には札幌で食べてようなもう少し細目がいいのだが。
自分は午前中ライドもあり、当然これだけじゃ足りずライスも食った。
でもヒルクライムを入れると簡単に腹の脂肪が取れますな。
なぜ平地のみライドで同じかもっと走っても、脂肪燃焼が少ないの何故なんだろうか?


この記事に

MET TRENTA 3K

結局オクで機材、シューズが売れたのでポチってしまいました。
6月に買ったKASK VALEGRO これは完全に失敗作、全体のチープさと内部の浅い造りで使用する気にもなれず友人に押し込みました。

KASK VALEGRO これは買わないほうがいいと個人的には思います。
第二次大戦の英国のヘルメットみたいで、頭の上部にしか乗っからないし、何しろきのこ方になりかっこ悪いです。

MET TRENTA 3K チームエディションカラー国内限定20個が何故か在庫にあり、それもLサイズでも買えたので楽天ポイントで買ってしまったです。
イメージ 1
会社に来た。
嫁には内緒、どうせバレても2000円くらいだと思っているからOK.
カラーの所はクリアーが吹いてなくマットでした。
カーボン地に合わせてあるのかな?
イメージ 2
サイドの感じ、あまり高い物には見えないな。
イメージ 3
左側、3K CARBONと記載がある。
イメージ 4
リア側。
エアロヘルメットでは風洞実験でNO1だったのが頷ける開口ですね。
自分は汗止めのインナーキャップかぶってからヘルメットかぶるので、あんまり関係ないかも知れないが、時速40km走行時で4w削減らしい。
イメージ 5
内部。
ITさんのブログにもあったが、相当深い、日本人の頭に合う形状で前後に長かった。
リアのアジャスターもKASK並に下まで降りてきます。
すごいFIT感が良すぎる、かぶった感じの重量も実測より軽く感じる、あご紐などがOGKやKASKよりチープなんだが、リアのアジャスターを下まで下ろして締めれば、あご紐など軽く緩んで締めておいても外れる(脱げる)感じがしない。
最初は英国からこれ買う予定だったが、国内で買えてよかった。
例のあのマークシールが貼ってあるのですよ。
イメージ 6
JCF シール国内正規品の証、何言ってるのて感じ、後はすべて海外購入の癖にね。
イメージ 7
リアアジャスターを一番下げてみました。
もうひとつ持っているMET Rivale UAEモデルより稼動域が大きいです、下まで下がります。
成型発砲スチロールと表地のつなぎ目にはバリが多く、しっかり取ってはありません、さすがイタリア製ですかね。
イメージ 8
初めて見た、ヘルメット入れ袋?なんか所有感を満足させますなあ。
たぶん使わないと思われるが。

これでへルメットは、METが RivaleとTRENTAの2個、KASKがMojitoとProtoneの計4個にもなっちまいました。

自転車始めた頃は、アマゾンでGAIANTの偽物2000円のヘルメットをかぶっていたのが嘘のようです。
何年か立ち、ホントのいい物を買っておかないと後悔するし、結局安物買いの銭失いになってしまうことに気がつきます。
以前OGKのヘルメットもオクで処分できました。
機材やウエアもオクで処分できます。
そして新たに又買っている馬鹿な自分がいますが。

ただ毎日送信されてくるメール、Marlin、CRC,Wiggle PBK、Bike24、アマゾン、いつか迷惑メールにしてやるぞ!。

この記事に

東山食堂

9日は珍しく日曜休みでした。(笑い)
どこぞのブログでも、北海道で食べるより美味いジンギスカンのお店とある「東山食堂」さんに4ヶ月ぶりかな行ってきました。

名前は食堂ですが、焼肉専門店です、自分は此処で牛肉は食べたこと(高くて食べれないが正解)はありません。
イメージ 1
面倒くさいので松本インターから高速で塩尻まで乗ります。
自宅を11時に出てきたのに、駐車場は満車状態です。
何故か山梨県ナンバーの車、バイクが多いです。

以前は一人でしょっちゅう来れたのに、現在嫁がプータロー状態のため単独行動は許されません(悲しい)
席は400席もあるため必ず座れますが、煙むんむんの店内に入ります。
当然無縁ロースターなど当然ありません、匂い地獄になりますが、それでも通うのですよ。
イメージ 2
注文はジンギスカン(一人735円)2人前とライス、半ライス(ライスの量が多いので嫁は半ライスで丁度)と決まってます。
イメージ 3
焼き始めました。
北海道で、キリン、アサヒ、サッポロとビール園行きましたが、飲み食べ放題付きのジンギスカンはどこも?って感じで結着肉の美味くない物でした。
試しに、キリンとサッポロビール園で個別請求の肉とビールを頼んだ時は満足できるものでしたよ。
嫁はこの義経鍋が好きらしく、野菜が煮えてくると全部食ってしまいます。
この鍋買えるんですが、とても高価で以前買うのを諦めました。
イメージ 4

飲み放題は、大勢で行って流れで飲まないと、あまり冷えていなくて飲まれないようにしている温度管理が憎いですね。

自分はこのニンニクだれに七味と醤油をちょっと足してから食べます。

自分は締めにまだラーメンを食います。
醤油、塩とありますが、必ず塩ラーメン(480円)にしていますよ、紅生姜が入っているから理由はそれだけなんですが。
嫁と美味かったといい支払いを済ませると、二人で2.340円でした。
嫁はこの後出る無料のソフトクリームに期待しています。
イメージ 5
画像撮るの忘れていて、半分食べた後でしたよ、もう嫁は食べ終わっています。
店内には後期高齢者の方々も肉を食っています、ただあの人たちは和牛の2600円くらいの柔らかいのなんだろうな?

美味かったなあ〜、また来ようと思う。

頭から離れないのがMET。
METTRENTA3K(メットトレンタ3K)ヘルメット2018
TRENTA 3K 海外でイタリアカラーを買おうかと思ったら、ワンプロサイクリングチーム限定カラー国内20個限定が、まだ国内に在庫があるようだった。
先週これのMサイズがヤフオクに出ていたが、自分の頭のLサイズでも買えるようだ。
ITさんも3Kじゃないほうを買ったらしいが、XR4のチェレステと会わせるならこの限定カラー買ったほうがいいと思う。
おまけに楽天にポイント6000円近くあるし、実際26000円前後で買えるかな? オクで2万以上で機材も処分できたし、たぶんポチってしまうんだろうな。

この記事に

開くトラックバック(0)

兼松大和さんブログで書いてましたね。
コースアウトしてパンクだったと、でもリザルトはしょうがないですよね。
五郎さんも何年か前パンクでリタイヤしていますものね。
残念だったけど運命だったかもしれません。

はやる気持ちを抑えられない(まだ心は少年なのだろうか)コスカボUSTを走らせてみたくしょうがない。
ITさんのブログにあったように、F6,2R6.7の空気圧にして(体重は若干自分のほうが重いが)Mavic CRの数値だと5,5㎏くらいの低い数値になってしまうので無視した。
どこぞのインプレにもあったが、出足がもっさりするとかあるが、自分なりに感じたことはBORA35クリンチャーと変わらないと思った。
ホビーライダーから思うことは、そんなに変わらない。
乗り心地がすごく良い、梓川堤防道路に出たらすぐ時速45kmだせた。
なんなのこれ速くない?
カーボンリムの空気を切り裂く音も少なく、タイヤの走行音も少ない、スポークの風切り音も少ない、良い路面の道路だと40kmまでの到達時間が早い、こりゃー面白い!。
イメージ 1
山麓まで登ってきた。                            
村方さん同様に ほら カッコいい。
40mmハイトでも良い感じ、ブレーキリム面まで厚く見えるので50mm
履いている様にも見える。
イメージ 2
フロント側。
でも相当な強風の横風だとどうしても煽られる。
実際今日はトラックに遮られていたの抜かれて空いたら、すごい横風が煽りこんできて死ぬかと思ったですよ。
でもタイヤが路面の悪さにハンドル取られるということは無く、同じ25Cのタイヤでもこちらのチューブレスのほうが間違いなく安心して走れます。(そうだホイールの幅が違うのだった)
向かい風には、XR4のフレームとあいまって楽に進める、F5Rの50mmチューブラーより高速も楽だし、実際最高速もコスカボUSTのほうが出せた。
リムのカーボン精度、強度など別次元の感じがした。
この楕円スポークは風切り音も本当に少ないし、タイヤをあいまってスポークテンションの嫌な弾ける音も皆無である。
イメージ 3
リア側。
F5Rから履き替えたらやはりホイールが太くて、ブレーキクリアランスやり直さないとホイールが嵌らなかった。
レリースレバー解除して広げても入らなかったので、はやり3mmの拡大はすごいことなのか?
イメージ 4
デュラのカーボン用パット、リムに酷いカスなどは付着しないし、磨耗も少ないが利きは普通です、C60のBORAも同じパットにしてあります。
このパットBORAのホイールのほうが何故かカスが多く出ます。
イメージ 5
フロント側の画像。
クリアランスをわざと多めに取っているので、ダンシングしてもホイ―ルとパットの干渉はありませんでした。
ホイールもよれが少ないってことなんだろうか?
F5Rではパットにすぐ干渉したんだけどね。
イメージ 6
不思議なタイヤのローテーション?
フロントタイヤ画像だけど、指定向きだとタイヤトレッドに対して逆になります。
走行音が出るとかはありません。
無理にそうしてあるのでしょうね。
まだ走行20kmくらいなのに、もうタイヤのコンパウンドが削れれきていますね。

イメージ 7
リアタイヤ
トレッドと進行方向が一致、本来これでいいかと思うんだけどね。
タイヤはグランプリ4000SⅡとかとは違い、石など跳ねても高圧的な音は出ずにやさしい感じです、コンパウンドは柔らかい感じがします。           
イメージ 8
Mavicのイエローのロゴがホイールにあると速そうに見えます。
乗っている人間は実際貧脚なんだけど、ロードバイクが締まって速そうに見えるような気がします。
XR4、ツール3勝はでかいな〜あ、でも同機種には田舎では会ったことがない、それはC60も同じこと。

中高年ホビーライダーの総評
良いところ
乗り心地が違う、チューブラータイヤの6気圧くらいかそんな感じ、
タイヤの一体感がある。(ワイドホイールと合わさって最高)
走行音が静か。
サイドのグリップが違う。
(ここはいろいろ書かれてますが、オートバイのチューブレスタイヤをイメージしてもらうと良く分かると思いますが、安心して倒しこんで行くと(おもに下り高速コーナー)タイヤの側面まで一体感のあるグリップで安心していける。
これは今までの合えて自転車って書きますが、自転車のタイヤでは体験したことの無いもの、バイクのコーナリングのイメージです。
下り高速コーナーが本当に楽なんです、楽しいんですよ。)
コスカボUSTとタイヤのサイズが合っている。
ホイールはハブの回転などは普通、ラチェット音も走行しているとカンパハブよりかなり静かだった。(自分にはハブが重いって認識はなし)
装着されてきたタイヤは、世間で言うほど悪くない、十分である。
(イクシオンのタイヤはイメージだけでそうなるのか?硬質じゃなくグランプリの正反対の感じだからなのかな)

すごい所有欲を満たす、ある意味BORAの50mmより高価だし、玄人のような見方と存在感がホイールのオーラを発しているようで自己満足度も高い。
ブレーキは十分利く。

満足度は低いところ
重量は感じない物の、実際タイヤ込みで2kg超の重量は昇り坂(6度以上)ではインナー多様になりました。
ども決して重いんじゃなく、まだハブ、タイヤなどの全体ものあたりがでていないからだと思います。
登りでは積極的に廻して廻すってペダリングでOKなんだと思った。
空気抜け。
シーラントなして放置して置くと、翌日2brは抜けてしまいます。
昔TUFOのチューブラータイヤで、いやな思い出しかなかったので入れたくはなかったのですがしょうないです。(今回はバルブ穴まで綿棒で清掃、保管はタイヤバルブ7時に位置固定)
ITさんのブログではIRCタイヤに15ccですが、付属シーラントをフロント30ccリアはあえて20cc注入して様子をみました。
手の感覚ですが、フロントはあまり漏れなし、リアは少し抜けが多いみたい。
しょうがなくリアにも10cc追加すると、入れるはじからリムに染み出てきます。
どうしてもリムサイドと密着させるには、シーラント必須ってことなんですね。
それからは、一週間で2brくらいしか抜けなくなりました。
ITさんのインプレですが、さすが文才ですね。
イメージ 9
寝かせてみたが、やはりカッコいい!
散々悩んで請うてみた新ホイールだが、正解だと思った。
日本法人やショップの保障は無いが、海外購入なら日本の半額で買えるし、自分みたいな中高年ホビーライダーでも手の出せる価格だし。

これからはチューブラーじゃ無く、チューブレスの時代だと思った。
もうクリンチャーなどチューブレスなどには戻れんでしょ。
これからリムテープ不要のロードバイクチューブレスホイールも多数販売されると思う。
さらにタイヤもコンチあたりから出てくると思うし、出てきて欲しい。
一度この感覚、乗り心地、コーナリング、走行感を味わってしまうと、クリンチャーだのチューブラータイヤが古臭く感じてしまった。
今回ホイールがいいのかタイヤがいいのかが疑問だったが、コスカボUSTのセットがすべてを含み自分を幸せにしてくれました。
本当に満足殿高いホイールでしたよ。


この記事に

コスカボUST 到着する

Merlinサイクルさんでポチったコスミックプロカ−ボンSL UST(以下長いのでコスカボUST)が到着しましたよ。
UKより航空便なんでしょうね、
ただ悲しいのは、税関手数料、消費税、関税、合わせて8.000円(予想より2.000円高かった)を日本郵便に召集されました。
イメージ 1
Mavicさんの梱包で面白いのは、各ホイールが1箱で2つ繋ぎ合わせて1セットになっているんですよ。
税関の意義申し立て書も同封です(笑い)
イメージ 2
開封の儀
これで高額ホイール購入何度目だ?
別に感動ももう無いが、あと口座からカード払い分の引き落としのほうが怖いわ!
カンパのほうがしっかりした箱に入っているのが素直な感想。
イメージ 3
フロントホイールです。
さすがチューブレス、空気が全く入って無い、抜けてる?
イメージ 4
リアホイール。
ハイトが40mmでも厚く見えますね。
やはり2019モデルの中華カーボンみたいなロゴ無しより、2018モデルロゴありで安く買えたほうが正解でしたかね。
イメージ 5
ブレています。
Mavicステっカーの位置はタイヤと合っていますね。
イメージ 6
ブレーキ面とリムの3K織りが繋がって見えますね、
良い感じですが、現行のBORAのAC3ほどブレーキは利かないでしょう。
自分の持ってるAC3加工のないBORA35よりはブレーキ利きそうですが。
イメージ 7
リムのセンターにはBORA同様にわずかにバリがあります。
外幅26mmは太いです。
ちょっと手持ちのカーボンホイールとは違います。
これはブレーキリリースしても嵌らないわな、太すぎて。
イメージ 8
タイヤのローテーションが前後タイヤのトレッドに対して、フロントは逆になります。
自分の頭では理解できないんですが、どうしてフロントは反対向きに組んであるのでしょうか?
今回はこのタイヤが死ぬまで使用予定なんでいいのですが、やがてコンチネンタル
からチュウーブレスタイヤが発売されることも期待して使っていきます(本当はタイヤまで買う金がないんですけどね)
イメージ 9
シリアスナンバーです。
ある意味ココで公開しておいたほうが安全ですな。
まあ盗難に合うような所に乗って行かないですけどね。
イメージ 10
付属品です。
このSWISS ストップのカーボンパットはリムが黄色くなるらしいし、減りがすごく早いらしいと村方さんも書いてあるので使用しません。
最初のカーボンチューブラーホイールでは、BBBのカーボンパッと使ってましたが、
これもリム面が削れてえらいことになったので、現在はC60も含めてXR4もデュラのカーボンパット(ブルー)を使用しています。

あとシーラントと注射器が入っていて良かった。
別に買わなきゃいけないのかと思ってました。
できればシーラントは注入したくは無いのだけれど、このタイヤの空気の抜け具合からみて、一晩放置でどのくらい抜けるか確かめ、最終的には注入することになるんだろーなって思ってます。

村方さんに振れ取りと左右の位置の確認も勧められていますが、手に持って回した素人感覚では問題ないように思えました。
それよりハブのID360のフリー音がBORAとは全く違った蝉の鳴き声に聞こえ、なにか戸惑った自分がいます。

自分のUCカードの支払いが9月5日です。
2月のXR4購入ほどは高額ではないのですが、やはりこの時期、車検代、ゴルフ場代、など含めてXR4のフレーム代ほどの引き落としが怖い!
でも今度は、MET Trenta カーボンが欲しい!
MET Trenta 3K Carbon Road Bike Helmet
Merlinさんさすがだわ。
Wiggle、CRC、さんよりやはり安い、3万きってます。
この物欲って病気はどう治せばいいのでしょうか?
自己破産しか直せないんだろうな。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事