ここから本文です
ロードバイク、MTB、グルメ、温泉 酒が好きです。
バーテープには無頓着で、いままでOGKやシマノの1000円ちょっとのバーテープしか購入したことがない。
それもブラックのみだが、今回もブラックを買ってしまった。
Wiggleで購入したのだが、2.5m厚のテープがさっき見たらアマゾンでも3480円で買えた、わずか200円違いだったのね、抱き合わせで送料無料になるように5000円越すために、余計なビブタイツまで買ってしまった。
イメージ 1
初めて高級品に手を出してしまいましたよ。
2.5mは厚い!
なんかビニールに模様が入っているだけみたいだね、これが何でこんなに高いのだろうか?
これに替えると他のテープには戻れないらしいが、真偽の程は?。
イメージ 2
サクサクっと古いテープを剥いだ、下側はパーツクリーナーで糊をはがす。

これから巻くわけだが、注意書きに英語で強く引っ張るなと書いてあるらしい。
初めてリザートスキンを巻き始めて分ったこと。
両面テープの粘着がホントに弱い。
STIレバーのバンド部を隠す端切れも2枚あるが、まったく両面テープの意味が無い。
相当に引っ張って巻かないと直ぐ緩む。
これ巻いた後に強く握り直すと巻き位置も変わってしまう、左右で2回やり直したです。
イメージ 3
なんとなく完成した。
2.5m厚が、しっかり力を入れて巻けばグリップの位置になんとなく玄人ぽい段差ができたです。
内巻きに相当グリップを握らないとダメ。
糊の粘着力がほとんど無いからやり直しは簡単だが、巻くには難しいテープなのね。
イメージ 4
下ハンはいい感じだが、上ハンは以前より太くなった。  
ネーム入りのエンドテープの粘着力だけは上等、左右ネーム位置を合わせるように巻いたつもりが、強く巻く力加減で若干位置がずれていまった。          
イメージ 5
これは以前のOGKのテープ。

そういえば、どこぞのピナレロ乗りのブログでバーテープを巻いた画像があったが、
堂々とテープを外巻きにしていた。
グリップする時に内側に力を入れてハンドル持つので、バーテープは下側内巻き、上ハンは前から後ろ巻きがセオリーじゃないのかな。
彼はハンドル握る時に(下ハンで)グリップを外側に持って乗っているのだろうか?
でも良く見ます、外巻きしている画像、内の甥っ子もセンチュリオンのアルミロード買ったのだが、その自転車屋も見事に外巻きバーテープで納車してきた。
イメージ 6
こちらがリザードスキンの張り替えたほう、右ブレーキレバー後方を強く握ったらテープ間隔が少し動いたです。
まだ少し弱いところがあったのね。
エンドテープ貼っちまたし、もうやり直しは効かない、まあいいや至近距離でまじまじ見ないと分らないから良しとしよう。

黒光りする感じで見た目がカッコいい、戦闘力アップしたように思えるが、どうなんだろう。
グリッブ感は流石で、手に吸い付くような握り感です。
グローブしても安心のグリップ感、これだけは本当に1000円代の製品と違うと思える。
厚い分上ハン持った時は、当然振動吸収性だけは向上するでしょうね。
明日は珍しく休みなので、晴れたらデビューしてこようと思います。
貧脚、貧尻のホビーライダーにご期待あれ。

この記事に

乗鞍の覇者 森本誠さん御用達のR,Lソックスを去年の内にアマゾンで購入してあったので、今回初使用してみましたよ。
夏ように薄いタイプのTBK-300Rのブラックです。
イメージ 1
表側は普通の外観、甲の絞りがきつめのなっており左右がありR,Lの文字がある。
イメージ 2
秘密は裏側、指先の下側にはすべり留め加工がしてある。
履く前には、引き足がいかにも良さそうでヒルクライムの王者にでもなった気分だ。
自分は別ソックスでは、パールイズミとJIROを愛用しているが、これを履くとフィット、タイト感は他のソックスよりは上に感じる。
しかし、金額も2000円弱とすばらしいソックスです。
イメージ 3
走行したのは25日(平日休み)で快晴、一気に松川村の有明山神社まで来た。
ここで休憩して思ったことは、
すべり留めのおかげでシューズ内のソールに安定してソックスが張り付く。
甲を締めるタイト感が、土踏まずまで締まっているように感じる。
丈が長めで、くるぶしよりかなり上まで被ってくれる。

しかし、自分のようなホビーレーサー程度ではこのすべり留めは関係なかった。
ソックス内で足指が動くのは、他のソックスと同じなのであった。
インナーソールとソックスの固定がうまくいっても、自分の指は固定できませんし、
いつも指裏に感じているソックスの生地感は同じことだった。
JIROなど履いているのと同じように感じ、自分ごときではタイムがなんやら言うことはできませんでした。
イメージ 4
高瀬川まで来ました。
ここで大町温泉郷入り口まで目指します。
自宅からちょうど40km走行、思えば速く走れるようになったもんだ。
中高年が趣味でここまで走ってこれたのねって、自分に言い聞かせています。
イメージ 5
奥に爺ヶ岳が見えます。
ロードバイクじゃなきゃ温泉は行って帰るのだが、また全身汗だくになるので入浴はご法度ですよ。
イメージ 6
今回から補給食じゃないけど、キットカットを替わりに持ってきて食べるようにしました。
後半バテルのは、水分補給だけじゃ無く栄養補給も必要なのね。
ただこのライドコースには、北アルプス山麓線で此処までは一件もコンビニがありません。
この先の木崎湖に行く途中ににならありますよ。

今日も平日の午前中で、ローディーの方には一人しか会いませんでしたが、復路では結構なローディーとすれ違いました。
これから安曇野市穂高の「亀八」さんでジンギスカンとラーメンを食べて帰宅します。


この記事に

乗鞍では兼松選手残念でした、そして森本さんまた優勝でしたね。
午後は、松本市波田の地元民用農道まで車で混んでいましたよ。

昨日は珍しく日曜休みで趣味の世界を全部堪能してきました。
たまにはF5Rに履き替えてチュウブラータイヤで走行しました。
自分はC60購入してグランプリ4000SⅡクリンチャーを買うまでは、ずっとチューブラータイヤで走っていました。

最初は、TUFO S3 PROトラック 21Cですが、軽量に目が行き間違えてトラック用の対パンクガードなしを買ってしまいすぐ売却しました。
2本目は、TUFO S3 Lite 21C(ただ安いのと、細いほど軽く速いと思っていたあの頃)を購入、これは乗り心地悪く、荒地でハンドルとられて死にそうだったし、何故か横風にもすごくハンドルとられてしまう。
スペアタイヤ用にどうぞって書いて無事売却できた。
3本目は、SINGOさんのブログで絶賛されていた パナレーサーRACE EVOⅡチューブラータイヤ 25C、ここで初めて25Cの世界に入った。
がしかし、装着後走行一本目のわずか40kmで石を踏んだらみごとサイドカットし、9000円が2時間でゴミになりました。
残った1本は、スペアタイヤ用にって書いて無事売却できました。
ここで対パンクに強いコンチネンタルのチューブラーに目が行き、スプリンターチュウブラー25Cを購入。
これはスリック状タイヤですが、漕ぎ出しも重く、なにか走行抵抗も悪く感じ、全体に走りが重く感じました。(当社比)
アンカー売却時に着けて出しました。
イメージ 1
そこで最後に買ったのがこれ、コンチネンタル コンペティションチューブラー
25C Wiggleでも1本9000円以上したお財布に優しくないタイヤです。
イメージ 2
トレッドは網の目パターンですが、このタイヤがチューブラーで一番ですね、高いだけはある!乗り出し最高、高圧でも乗り心地GOOD、雨天グリップOK、走行抵抗も4000SⅡより少し劣るくらいの感じ、なによりチューブラータイヤのいいところが満載で履いて走って見たくなるタイヤです。
あちらのプロ御用達のコンペティションPRO LTDはさらに軽く(中身がラテックスチューブらしい)一度は試してみたいのですが、購入はできませんよね。
イメージ 3
いつもの農道をす飛ばして行こうと思いますが、今日はすごい向かい風で話になりませんでしたよ。
遠距離は、路面抵抗の少ないクリンチチャータイヤのほうがいいですが、50km未満の走行では遊べるチューブラータイヤのほうが楽しい気がします。
この日、安曇野市三郷地区の登りに若い男女のローディーが(でも30歳過ぎだろーな)いましたが、自分のほうが速くて追い抜いちゃいましたよ。
ディープホイールには軽いチューブラーですな。
イメージ 4
見た目だけは速そうに見えますわ。
イメージ 5
いつもの帰りの梓川堤防道路、直線で3.5kmほど、今日は向かい風で死ぬほど疲れた。

午後は嫁と木曽のいつもの蕎麦屋と温泉に行きました、(嫁孝行です、日頃が大事)
イメージ 6
国道19号、木曽駒高原入り口交差点北側の源氏さん、以前もアップしましたが、此処は混んでいても回転が早くすぐ座れますよ。
必ず注文するのが「冷やしたぬき 大盛り 780円」
イメージ 7
自家製天かすと酒の香り漂う汁が最高で、外殻入った太い蕎麦も此処ではこしがあり最高に美味いです、今日は二人で大盛りを注文しましたよ。
イメージ 8
その後は、開田方面に登る途中にある「二本木の湯」に入ります。
自分も長野県内の温泉はほとんど制覇してますが、こんなに体にまとわる炭酸泉は珍しいですよ。
湯はアップした画像ほど今は鉄色ではありませんが、体が温まりとても癒されます。
今日は温泉フリークの方2名がいまして、温泉談記にも花がさき長湯になりました。

あと愛車エクストレイルNT31 20年式が、過去最高の燃費を記録したのでアップさせてください。
イメージ 9
行きで15、6kmを記録、帰りは16,4km いままでここら来ても13,8kmくらいが最高だったが、何か愛車に起こったのだろうか?最後のあがきかもしれない。
イメージ 10
趣味は、温泉、蕎麦、自転車のホントに充実した日曜日休みでした。
やっぱ仕事は、日曜日休みじゃないといかんね。

この記事に

明日はいよいよ乗鞍の日ですな!
個人的には兼松選手ガンバレですが、(これも勝てば今年3冠ですよね)
地元国道158号は、明日恐ろしく渋滞します、奈渡度ダム上下の道が狭すぎるのよね。
すごいローディーは自走で国道を上がって乗鞍まで行きますが、来たことある人は分っていると思いますが
ダムを過ぎたトンネルが非常に狭く、大型車に追走やすれ違いの時に自転車系の乗り物だと死にそうになりますよね。
明日の午後は、松本市波田の「せせらぎの湯」も地獄の混みようでしょう。

昨日は休みで軽く流してきましたよ。
イメージ 1
いつもの安曇野市西山麓まで登っていきます。
今日は体が重い、湿度が多く気温も高いからしょうがないんだろうな。
イメージ 2
シフターを操作したらギアが上がらない。
いつもは上から2枚目で上がる坂が一番のローで走っていた。
C60はすこぶる快適で廻せる、なんでだろうか?アンカーRL8とはまったく違い、ペダリングがかろやかでクルクルと廻せるペダリングができるのだ。
本当に不思議な?最高なロードバイクです。
イメージ 3
休憩(いつもの灌漑用水路付近)
Wiggleで勘定合わせで買ったHIGH5 ZERO電解質ドリンクタブレット¥400を初めてボトルに入れて来たが、これが甘さも無く凄く呑み易い!
今まで国産の物をたまに使っていたが、酷いものは甘すぎて吐きそうになる物まであった。
イメージ 4
ボトル半分飲んでしまったです。
この時は、このあとに地獄が待っているとも感じずにいる自分です。
イメージ 5
セラのチームエディションサドルも貧尻に馴染んできましたよ。

ここで自分なりにスペシャライズドのサドル参考を書きますよ。
以前絶賛インプレ記事を読んでパワーエキスパート155mサドルを購入。
しかし、実際は自分の尻には全長が短くサドルのたわみの無く、長時間乗車ではパットの役目も感じられず拷問椅子に座っている状態でした。
これは重量級の尻のデカイライダーなら合うのかもしれませんね。
自分の骨盤なら155mは不要の産物でした。
ヤフオクに現在も多くが直ぐに出品されているのも納得できます。

そのあとに買ったのが(この間にプロロゴカッパエボⅡもあったのだが、後輩に転売済み)あの「サガン」も愛用のローミンエボカーボンサドル143mであった。
これは軽量で装着してもカッコはいい。
ダンシング時にも軽さを少しばかり感じる(自分レベルでこんなこと書けるのか?)
がしかし、2時間以上の乗車では坐骨にくる。
短期決戦や20kmくらいのヒルクライムならいいのだろう?
サガンのような坐骨まわりにも立派な筋肉が尻を覆い、パットレベルなんてなんちゃらで常時廻しているペダリングのできるプロ級の方なら合うでしょうね。
自分は、登り坂ではダンシングも織り交ぜて走り常時座って居る訳ではないが、全体の長時間ロードでは尻を置いている時間の方が長い、結果としてメーカーのいうL2レベルらしいローミンのパットレベルではだめだったということだ。
スペシャのサドルは、結果2個とも転売となりました。

今日もヤフオク見ると、みごとにローミンエボカーボンサドル155mとパワーカーボンサドルの両方を出品している強物がいた。
だぶん尻が痛くて乗っていられなかったのだろう。
スペシャライズドのサドルのインプレは、あまり信用しない方がいいだろう、誘導記事が多くて、実際に買って後悔した馬鹿が書いているので間違いはないと思う。
あと注意書きにもあるが、シートポストのやぐらに合わない物が多いので注意が必要だ。(自分もそれが一番不安でセラにしたのもある)
イメージ 6

いつもの長い直線の農道をかっとばして帰ります。
このあと悲劇が来た。
天気予報より早く雨が降ってきたのである。
C60で初めての雨天走行になった。
ヘルメットはどうせ汗でびっしょだからいいけど、シューズまでびっしょになった。
帰宅してからC60を入念に拭いたのは当然のことであった。

帰りに雨のなか梓川堤防道路で、MTBにユニホームで滑走している女性とすれ違った。
すごい速いしカッコいい、メットとサングラスがカッコいい、お互いに軽く会釈して
行ってしまいましたが、たぶん「小林 加奈子」プロだな。
たぶんじゃないが、平日にMTBでユニホーム着てトレーニングする女性は他にいないだろうね。
穂高、松川方面では何回か見かけたが、自宅近くで見たのは初めてだった。
MTBのステアリングも自分KONA サトリよりはるかに幅広を装着しているようだった。
自分がMTBサトリで走っていれば、死んでも追いつけないでしょうね、あと小林さんの旦那さんも速いです、以前山麓線で見ましたが、ロード乗ってるようなスピードでしたよ。

この記事に

お盆休みは12日からで12日は仲間とゴルフ、13日はMTBのほうで20kmほど走行したのみでC60には乗れずじまいだった。
14日よりは蓼科の別荘に(嘘、嫁の実家)に行ってましたが、みごとに3日間雨降りでした。
そこで15日は雨降りの中、山梨県の尾白の湯に嫁と行ってまいりましたよ。
もう5回くらい来てるかな、夏はこの下の塀の向こうでバーベキューもできます。
イメージ 1
イメージ 2
掘った温泉の中では、日本最高の高濃度で1Lあたりの成分量があの金太郎温泉をホントに若干上回って28、7gあるそうな。
鉄塩泉で、源泉は有馬温泉色の茶色です。
ここの成分濃度日本一は、乗鞍温泉の湯けむり館で見た本に載っていて知ったのだが。
イメージ 3
源泉らしい展示物。
イメージ 4
成分分析表。
確かに金太郎温泉を0.何g上回っていますが、自分もあちらに数回入っているので感想を述べますと、金太郎温泉のほうが効く。
あちらは草津の白旗源泉に海水ぶち込んだような見た目で、入るだけで濃さが分る。
とにかく汗が出て、体中に温泉成分が沁み渡るような感がある。
イメージ 5
こちらは源泉かけ流しは奥のほうの露天一つ、手前の見える露天は源泉を4倍割りにしてある透明なお湯ですが、塩分濃度はそこらの塩泉よりまだ濃いですよ。
源泉は錆び色茶色で、温度は40度あるかないかで例のごとく空気に触れると酸化して茶色になってくるお湯で、今の時期はホントに長湯ができますよ。
イメージ 6
ただ此処がいいのは、内湯の広くお湯は源泉の4倍割りですが、ジャグジーやたち湯、ジェットバスなどが自分のような中高年には腰、肩を癒して何時までも入っていたい温泉です。

山梨県の中では、環境も甲斐駒ケ岳北麓に位置し、自然環境や看板規制がありとても綺麗で一番なのかな〜あと思っています。
それが教えたくない理由かな。
料金は、県外者(北杜市民以外)は高いですよ。(840円 去年より120円上がっていた)
食べ物、ビール類は地元白州町のコンビ二か農協で買って持ち込み(本当は禁止だけどみんな持ってくる)午前から入浴して宴会し、雑魚寝しててから2度目の入浴をし、しっかりアルコールをとばして帰ってくるのが最高です。
蓼科滞在中は蓼科温泉です。
長野県唯一の酸性泉です、但し蓼科の中でも三室源泉だけですので注意。
シャワーも無く500円取られますよ。

趣味の世界でした。
雨でロードバイク乗れず、今年のお盆休みはみなさんも乗れなったでしょうな。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事