ゲームブックの旅

昭和から平成初期のゲームブックや玩具、旧車、映画、モータースポーツ、アニメ、漫画等なんでもご興味があるお方です。

スタジオ・ハードのゲームブック

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全22ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

私が所有している特撮系ゲームブックの総括記事です。正直な所、スタジオ・ハードが日本の特撮作品を題材にしたゲームブック作品は絶対にないだろうなぁ…と疑っていた私でしたが、実際に調べて見たら、なんとウルトラマン、宇宙刑事シャイダー、仮面ライダーBLACK、ガンヘッド、地球防衛少女イコちゃん等の6作が存在しておりました。これで全て揃ったので私の独断でランキング化します。

1位 ウルトラマン 東京救出作戦
2位 仮面ライダーBLACK 魔軍のバトル
3位 天空の魔王 地球防衛少女イコちゃん
4位 ウルトラマン 謎の隕石群を撃て!
5位 ガンヘッド コンピュータ・クライシス
6位 宇宙刑事シャイダー 挑戦者時空を越えて

とこういう順になりました。それではこれらの作品の感想です。1位のウルトラマンゲームブック第2作目となる「東京救出作戦」は、特撮ゲームブックの中では最高傑作と言える出来ですが、次元震動銃を探す前半パートの探索では制限時間が設けられているため、制限時間の把握しておく必要性もあるので、無駄な行動を取るのは禁物なかな…。

2位の仮面ライダーBLACK 魔軍のバトルは、「絶対に読みたいゲームブック40選(外城わたる)」で取り上げられた作品であり、ゲームブックファンや仮面ライダーファンにもお勧め出来る内容であり、原作でもある「仮面ライダーBLACK」のエピソードの一つとしても違和感なくできており、ストーリー性やゲーム性もしっかりと組み込まれている程の名作で「ウルトラマン 東京救出作戦」と並ぶ完成度を誇ります。

3位の「天空の魔王 地球防衛少女イコちゃん」は、特撮作品のゲームブックの中では一番コメディな色が強く、ストーリーやゲーム性としては「東京救出作戦」や「魔軍のバトル」と同様しっかりとした良作レベルであり、滝沢一穂さんの特撮ゲームブック集大成とも言えます。

4位の「ウルトラマン 謎の隕石群を撃て!」と5位の「ガンヘッド コンピュータ・クライシス」、6位の「宇宙刑事シャイダー 挑戦者時空を越えて」は、ややイマイチな分野に入ってしまったかなぁ…のグループ。とは言えでも4位の「ウルトラマン 謎の隕石群を撃て!」はゲーム性的には戦闘要素が比較的に多くて多少問題があったものの、ストーリーが完全オリジナル物で作られているため、ほぼゲーム性よりもストーリー性に重視した方向かなぁ…。5位の「ガンヘッド」は『ルパン三世 Pファイルを奪え!』のシステムを使った作品で、映画版のストーリーを基準としてはいるものの、ゲームとしての展開は非常に短いものの、原作の映画版ストーリーを守り通しながらも、キャラ設定や映画版と異なる結末があって面白いけどゲームよりもストーリーの意識しすぎたとか、6位の宇宙刑事シャイダーは、東映まんがまつりの映画1作目とテレビ版のエピソードを足して2で割ったようなストーリーであるため、ゲーム性は2段階の迷宮が設けられているのは面白いけど、最初から最後まで戦闘が非常に多い為、淡泊過ぎます。

私的には、最初から完全オリジナルストーリーで行った「謎の隕石群を撃て!」と「魔軍のバトル」、「天空の魔王」が好きかなぁ…(「挑戦者時空を越えて」は、あの「暗黒のピラミッド」や「妖魔館の謎」よりは面白いけどね(そんな事を言った私はどうかと…))。

スタジオ・ハードにおける特撮物のゲームブックは合計6冊で終了しております。そのため、同じスタジオ・ハードが手掛けていたガンダムやルパン三世、デビルマン、ダンバイン、ボトムズ等を初めとするアニメ物、スーパーマリオ、スペースハリアー、ドラクエ、ファンタジーゾーン、ディーヴァ等を初めとするビデオゲーム物、ペパーミントゲームブックや「終末の惑星」、「熱核姉妹ツインノヴァ」、「超時空パイレーツ おみそれ3人組」等のオリジナル作品と比較すると意外と少なかったようです…。

このような特撮物のゲームブック作品群は、結構珍しい分野なので特撮ファンならば是非と全部お勧めすべきだろうかなぁ…。

出来れば、同じ特撮物のスーパー戦隊シリーズやウルトラセブン、ゴジラシリーズ、海底軍艦とかのゲームブックも見て観たかったなぁ…思っているけど…、それは無駄な事だろうか…。

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

久々のスタジオ・ハードのゲームブック作品紹介となりますが、日本の特撮作品からのゲームブック作品の紹介はこれが最後の作品となります。

それが河崎実監督作品の特撮ビデオ作品のシリーズ物である「地球防衛少女イコちゃん」のゲームブック版でもある、「天空の魔王」でもあります!!

さて本作のストーリーはと言いますと、地球防衛組織LTDTと中学生の掛け持ちの女性隊員でもある可井イコ。前作で宇宙大学生モロケンからもらったスーパーインカムを使って冷酷非情な異星人でもあるエイターを改心させてから約数か月後の物語…、可井イコはLTDTの「究極の地球防衛計画」の助手でもあった。そのプロジェクトの責任者はマツド・クレジ博士。ところがその日、マツド博士は計画の進行中の最中にその姿をくらまして消息を絶ってしまったのだ。残されたのはイコ宛てに届いた宇宙富豪ジャガーから届いたパーティ招待状。LTDTは「宇宙富豪ジャガーは地球にとって貴重な財産でもあるマツド博士を利用して拉致したのではないか…」と推測し…、可井イコはマツド博士の救出と宇宙富豪ジャガーの地球改造計画を阻止するため、マッドワールドに向かうのであった…。

というストーリーです。滝沢一穂さんが手掛ける特撮作品のゲームブックとしてはこれが4作目&最終作。シリアスなストーリー色をメインとさせた「ウルトラマン 謎の隕石群を撃て!」、「ウルトラマン 東京救出作戦」、「仮面ライダーBLACK 魔軍のバトル」とは打って変わり、明るいコメディ志向なストーリー色が強い作品となっております。さて本作品のゲームシステムはイコちゃんのミラクルポイントとチャームポイント(C・P)、レディポイント(L・P)、ハートポイント(H・P)、アイテム管理、道中で出あう事となる様々なキャラたちのマッドリスト(攻撃、お願い)等の6つです。特にこのポイントチェック(チャームポイント(C・P)、レディポイント(L・P)、ハートポイント(H・P))が三つとも0になってしまうと、強制的にマッドワールドから追報される形で任務失敗となる形でゲームオーバーとなります。マッドリストは主人公のイコちゃんがマッドワールドの中で出会う人々は結構マッドなキャラやマッドではないキャラが居ますので、ただ攻撃するだけではスーパーインカムを使ったお願いで改心させる事もクリアへの導きの一つとなります。


さて本作品の感想としては今までシリアスな特撮ゲームブックを手掛けた滝沢一穂さんが方向性を変えてギャグ寄りのゲームブックを手掛けたちと珍しい作品。オリジナルビデオでもある「地球防衛少女イコちゃん」とのタイアップ企画ということもあって、イラストは江口寿史さん(表紙)と近藤ゆたかさん(挿絵)が手掛けております。本文イラストの方は双葉社で発売した「セクシーゲームブックシリーズ」のノウハウが生かされており、挿絵はビデオキャプチャーした実写画像とイラストが使われており、日本の特撮+アニメの合成作品で例えれば「バンパイヤ」、「円谷恐竜シリーズ」、「火の鳥」等がその例となっております。ストーリーとしてはビデオ第1作目と第2作目の合間に起こった出来事でもあって、ビデオ版脚本を務めた滝沢一穂さんのパワーが炸裂しております…。さて日本の特撮ゲームブックを本作で最後となりましたので、以前紹介した総括を改定しようかなぁ…と思います…。

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

そして2冊目はお馴染みのゲームブック製作集団でもあるスタジオ・ハードさんによる「高橋名人のBugってハニー」のゲームブック版となります。

著者は前作の「高橋名人の冒険島 ティナを救い出せ!」と同じ塩田信之さんによる作品です。さて本作のSTORYはと言います…。

新作ゲーム「高橋名人のBugってハニー」をプレイしていたトイコン・クラブのワンナップ、みどり、ダルの3人組。だがトイコン・クラブの3人組はそのゲームをプレイ中に主人公でもある高橋名人の姿が消失。最初はバグだと思い込んでリセットしたり、再起動させてもゲームは修復する様子もなかった。しかしこの高橋名人消失事件はゲーム世界に起こった惨事であり、何時も骨抜きにされたキュラ大王たちが反乱を起こして高橋名人を拉致していた事をトイコン・クラブとファミコンプレイヤーは知るはずもなかった…。

というストーリーです。1986年から1987年に放映されていた「Bugってハニー」の設定を使用したゲームブック版であり、双葉社のアニメ作品からのゲームブック化となればルパン三世シリーズと続く双葉アニメゲームブック第2作でもあります(分類としてはファミコン冒険ゲームブックであるものの、双葉アニメ冒険ゲームブックとしてはこれが第2弾)。

さて本作のゲームシステムは「冒険島」で採用されたバイタリティポイントとキャラクターサイコロや迷宮を脱出する際に使用されるパスワード、所持金やアイテム、そして高橋名人やハニー等が所持する武器の管理などが求められます。

ただ本作品のちと辛いのが宇宙ステーションと幻影森の迷宮におけるパスワードがキツイ…。おまけに迷宮内は「ルパン三世 暗黒のピラミッド」のようにゴチャゴチャした構造でちと辛いけど、暗黒のピラミッドよりは若干マトモか…。本作のイラストは霧立昇さんによるイラストでしたが、「邪聖剣ネクロマンサー イシュメリアの悪夢」、「リンクの冒険 魔界からの逆襲」と比較すると相性はマッチしているので違和感はありません。ただ迷宮のパスワードに関してはカードキーとかすればよかったけどなぁ…。さて塩田信之さんのゲームブックは残すところあと2冊となりました。残りの2冊はバンダイのGの影忍と双葉社の暗黒のピラミッドの計2冊ですが、それらはいつしかまたの機会に紹介するので…。

開く コメント(0)

イメージ 1

これでセクシーやペパーミント以外のスタジオ・ハードオリジナル作品を不完全ながらも(一部国会図書館で読んだ作品や手放した物もあるけど…)、なんとかほぼ完結に近い状態となりました。そのため今回はそのスタジオ・ハードによるオリジナル作品の総まとめ記事となります。

スタジオ・ハードでゲーム世界的なオリジナル作品を手掛けた作家としては樋口明雄さん、塩田信之さん、竹田明さん、草野直樹さん、伊吹秀明さん、池田美佐さん&前川陽子さんの合計7名。

せっかくマトモにプレイ出来た5作とクリアに至らなかった1作品と国会図書館で読んだ1作品を私の独断的にランキングします。

1位 終末の惑星 遥かなる西の帝国(塩田信之、1988年、双葉社)
第1位の「終末の惑星」はストーリーやゲーム性も非常に安定した高クオリティかつ塩田作品としては最高峰にして最高傑作という名が濃いSFアクションアドベンチャー作品。自由度の高い双方向の移動システムとトランプを生かした戦闘や運試しを生かした面白さです。

2位 超時空パイレーツ おみそれ三人組の冒険(樋口明雄、1988年、双葉社)
樋口さんによるオリジナル作としてこれが2作目でゲーム性も内容的にも安定しているがストーリーや設定等はほぼSFギャグ色が濃く、樋口ゲームブックの総大性という意味合いもあるかも…。

3位 忍者乱丸の大冒険 土グモ党野望編(大出光貴(伊吹秀明)、1989年、双葉社)
オリジナル作としては忍者ギャグ活劇志向がゲーム性的には標準であったが、ストーリーや設定等は伊吹氏が手掛けた桃太郎シリーズよりもやりたい放題で、オリジナル作となれば好き勝手にやっていたと…。続編も見たかったけど、ゲームブックの下火が進んでいていたせいで、実現されずじまいだった…。

4位 熱核姉妹ツインノヴァ 惑星ディクターの陰謀(草野直樹、1989年、バンダイ出版)
スタジオ・ハードのオリジナル作としては唯一バンダイからの発売と女性主人公であるものの、雰囲気や設定としてダーティペアのノリが濃いけど、元々オリジナル作ではなくバンダイ版ダーティペアのゲームブックを作ろうとした事を考えると…、オリジナル色は薄目。

5位 恐竜伝説 倒せ!人間ハンター(竹田明、1989年、双葉社)
スタジオ・ハードのオリジナル作としては一番入手困難だった作品。絵柄は他の4作品と比較すると若干鳥山明色が濃いが、「ドラえもん のび太と竜の騎士」に触発されているため、ダイナソーアドベンチャー色が濃いかも…。

6位 ヴァイケルの魔城 トツゲキ魔界探険隊(樋口明雄、1987年、双葉社)
スタジオ・ハード初のオリジナルゲームブック作品。ホラーアクションアドベンチャー色が濃いものの、イラストが近藤ゆたか氏と言う事もあってミスマッチ感がある…。

7位 タイムトラベル大戦争 過去の国からSOS(池田美佐&前川陽子、1989年、双葉社)
スタジオ・ハードオリジナル作のゲームブックとしてはこれが最終作。タイムトラベル物としてのストーリーは良いが挿絵がヴァイケルの魔城の近藤氏…でやはりミスマッチが…。


とこんな風なランク順位となりました。ここでヴァイケルの魔城とタイムトラベル大戦争が完全に下の方に行ってしまったのかと言いますと前述したとおり、近藤豊さんのイラストはどうも違和感があって、キツイ分野になってしまったと…。どうせならばヴァイケルの魔城のイラストにはおぐ・ぼっくえさん、タイムトラベル大戦争のイラストには加藤礼次朗さんか杉山登志夫さんに任せておけば良かったかなぁ…と(近藤豊先生、それと近藤豊先生のファン申し訳ございません…。これに関しては特撮物のゲームブックと謎の村雨城、チャレンジャー等ではぴったし合っていたものの、スタジオ・ハードオリジナルだとどうも違和感があるという意味でコメントしております、決して、近藤豊さんを侮辱しているわけではありませんので…、近藤豊先生本当にもうしわけございません)、まぁ、以上を持ってスタジオ・ハードのオリジナル作の総括記事はここで終わらせていただきますが、次回以降は「メタルギア」や「魂斗羅(コントラ)」、「機動戦士ガンダム Gの影忍 太陽系の秘宝」、「機動戦士ガンダム シャアの帰還 -逆襲のシャア外伝-」、「アシュギーネ 爬人の邪都」、「天空の魔王 地球防衛少女イコちゃん」、「トラブルくらぶ事件ファイル2 放課後のキス泥棒」等を予定しております…。

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

久々のゲームブック紹介レビュー&オリジナル作のゲームブック紹介となります。

スタジオ・ハードのオリジナル作品のゲームブックではペパーミントゲームブックシリーズやセクシーゲームブックシリーズを除けばレッカ社の少年魔術師インディやアミューズメントクラブの地層階級王国のようなゲーム世界のイメージが濃いのが特徴的です。

さて本作品のストーリーはと言いますと、時は徳川幕府が仕切っていた江戸時代の日本にある上から読んでも下から読んでも城山城という変なお城。ここ住む変な殿様は殿様の娘でもあるいちご姫とらっきょう姫が土グモ党に拉致され、謎の巻物も奇怪な忍者集団でもある土グモ党に盗まれてしまったため、少年忍者の乱丸にいちご姫とらっきょう姫の救助と謎の巻物の奪還を依頼したのだ。しかし乱丸に立ちはだかる忍者たちや土グモ党の10人衆はなんだか良く分らない奴ばかりである。しかし、土グモ党の真の野望を知らぬまま、乱丸は土グモ党の挑戦に挑むのだった…。

竹田明さん&草野直樹さんの「影の伝説 魔神バラコンダの謎」や池田美佐さん&三原治さんの「がんばれゴエモン!からくり道中 東海道五十三景」、樋口明雄さんの「天外魔境」と同様、時代劇物のゲームブックですが、一から制作された完全オリジナル作で、著者は「桃太郎シリーズ」や「ファンタシースターシリーズ」、「デビルマン 誕生編」、「ディーヴァ 女戦士ミリスの挑戦」、「ルパン三世 灼熱の監獄島」等を手掛ける塩田さんや樋口さん、池田さんと並ぶスタジオ・ハードの代表作家でもある伊吹秀明さん。

スタジオ・ハードのオリジナル作(セクシーとペパーミントは除く)としては第5作目で忍者ギャグ活劇物。桃太郎シリーズ等で生かされてた伊吹さんによるギャグ要素は完全にやりたい所までやり切っており、これが伊吹さんの最高傑作なのかもしません…。昔のギャグなので今の若者には分らないもののと思いますが、吊り天井ならぬ吊り天丼、悪役キャラが主役のタイトルを乗っ取ろうとするネタや切った紙人形が実体化する紙きりの術を使うカミキリや大凧に乗って大ダコを操るくノ一スミカ、分身の術を使い、いっき20人以上分身して芸をするハヤテなど初めとする可笑しな忍者たちやなんかどこかで見かけた事がある天本英世之介や麻里奈さんそして、土グモ党の首領でもある天外斉等と桃太郎シリーズ等以上にやりたい放題なのかもしれません…。

本ゲームブックのゲームシステムとしてはバトルポイント表、忍術ポイント、武術ポイント、所持金管理、アイテム管理、体力管理、AからJまでのアルファベットチェックとほぼ標準的なシステムです。難易度としては3段階の迷宮以外ほぼ簡単であり、敵忍者との再戦機会があるのでここら辺は良いけど、用心すべきところはアルファベットチェックのGを埋めない事を用心する事で下手をすればほぼバッドエンドに確定してしまうからなぁ…。

それと本作のエピローグにも選択肢はあるものの、これは本作を購入した読者のために次回作のアイデアを募集していた事を伊吹さんはあとがきで述べておりましたが、ゲームブックブーム自体が徐々下火に進んでいたため、結果的には実現には至らなかったのは残念とか…。

本作のレビューここまで、さてオリジナル作の総括に入ろうかなぁ…。

開く コメント(0)

全22ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事