ミニシュナ・たね(♀)の毎日

お返事、ご訪問が大変遅くて本当にごめんなさい・涙

ワタクシゴト

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

コユキが生まれてまもなくなので、もうずっと前なのですが、
青い小鳥との暮らしの、かわいいインコのロビンちゃんのママさんから
こんなステキなプレゼントをいただきました♪♪



イメージ 1すごいでしょ〜!!





これ、右が母子手帳ケース、左がCDケースなんです!
なんと、たねの顔が手描きで表紙になっているのです(≧∇≦)!!

こんなの持ってる人いないですよぉ(嬉)!!


だんなちゃんと一緒に開けたのですが、もう、二人ともびっくり!でした。
そして、二人でウルウルときてしまいました。








イメージ 2中身はこんな感じで♥




イメージ 3たねの足跡つき♪





イメージ 4どうでしょ??似てますか?

たねのお耳の感じと優しい目がとっても良く似てると思うのですが…

たねよりずっと美人さんに描いていただいたようです(笑)



ロビンママ、本当にありがとうございます。
これを持ち歩いていると、いつもたねが守ってくれているようで本当に嬉しいです。

ずっとずっと大切に使わせていただきます♥


イメージ 5

…まだです。

とうとうやってきました!
今日は予定日!なのです。

といっても、ここ何日かは、たまに強い張りがあるだけで、
『おぅ?コイツはとうとう陣痛ですか!?』と思い時間をはかりだすと
痛みが遠のいていくを繰り返しています。

赤子さんはすでに3300gを超えているようで、そろそろ出てきてもらわないと。

イメージ 1入院準備も一応整いました。
お菓子やらアロマグッズやら…
『これ、絶対使わないだろ!』って
物まで荷物に増えていきます。



イメージ 2その中でも、今回期待を
寄せているのは、これ♪
『きみまろライブ!』です。

入院のしおりの中に、リラックスできるCDというのがあったので、
コイツをチョイスしてみました♪
(さすがに買うのはもったいないので?ツタヤで借りてみました。)


これを陣痛中に聞いて、笑って乗り切ろうという算段です!(←やっぱ、バカ?)
中身は、一度聞いて笑えなくなると困るので、まだ聞いてません。
(…どこまでもきみまろに失礼ですね。)

だんなちゃんからは、『病院の助産師さん&お医者さん的にどうよ?』という
意見もありましたが、入院も3回目になると、気も大きくなってます。



そして、たねさんの準備も着々と進んでいます。

イメージ 3週末、いつものルーシー☆ドッグさんで
トリミング♪ かわいくなったね〜♥

そして、予定日突入の昨夜遅く、『たねスープ♪』の作りおきをしました。


イメージ 4今回の材料たち。
たねはサツマイモが大好きなので、
サツマイモだけコロっと切ったら、
あとはフードプロセッサーでみじん切りに。
ラクチンです!


イメージ 5これ、甘くておいしいです。
無添加野菜フレーク!
たねも大好きです。


イメージ 6それに、無塩にぼしの粉末、
犬用カルシウムを入れて出来上がり♪


作ってる途中、だんなと一緒に寝ていたたねさんですが、
ニオイにつられて寝室から起きてきました。さすがワンコです。
でも、もう1時なんですけど…

イメージ 7じゃあ、ちょっとだけ試食ね♪


イメージ 8冷めたらタッパーに入れて冷凍です。

本当は毎日作ってあげるのがいいのですが、うちでは無理!
これでも、うちの残念な夕食に比べて、たねはかなり体にいいもの食べてるのです…(涙)

押し麦ごはんにこのスープをかけて、生馬肉、ドライフード、
アマニ油をたらすのが定番ごはんです。
それに、毎日の人用食材の中からたねの食べられそうなものをトッピングしています。


さて、今日もこのまま過ぎるのか…
ちょっと散歩でも行ってこようかな〜。
ご無沙汰いたしました。

先日の入院から9ヶ月の中頃、やっと退院してきました♪
その後も臨月に入るまでは、自宅安静をしながら過ごしていました。

そして、いよいよ臨月です!
いろんなことがありましたが、とうとうここまで来ることができました。
今は、母子&たねさん、そろってとっても元気です。

ご連絡が遅れて、本当にごめんなさい。
そして、応援、本当にありがとうございます!

イメージ 1これ、今日のおなかです。
せっかちなわが子は、すでにちょっと下がり気味らしく、
10月出産予定ですが、早まりそうです…


今までは、ひたすら安静に!だったのに、臨月に入って
『もう、いつ生まれてもいいですから。動いてね〜♪』って言われても、長期の安静生活で
横綱・白鵬(←のめちゃめちゃ弱い感じ。デカイわりに体力も落ちてるし…)と化した体では、
思うように動けません。

最優先でやらなきゃいけない出産準備もまだだっていうのに、安静解除・一発目の週末は、
最後のたね連れ3人旅に行ってしまいました。完全に現実逃避してます…

だって、たねのことをずっとかまってあげられなかったし、
涼しいところで思い切り遊んであげたかったのです。
その模様はまた今度…


帰ってからは、いよいよ追い詰められた私。
泣きそうになりながら、どすこい体型に鞭を打って、
慣れないベビー用品店にも行ってまいりました。


区役所でもらった出産準備リスト&お友達からのアドバイスメールを片手に
片っ端から揃えました。あ〜あ、もっとじっくり選びたかったなぁ〜。

そして、とりあえず買ってきたものから、お天気のいい日に水通しをしてみました。

イメージ 2並べてみると、結構買ったね〜。
こうやって、新しいものの袋を開けるとき、なぜかいい子でスタンバイなたねさん…
…あんたのじゃないよ。完全に間違えてます。

イメージ 3袋を開ける音に、興奮マックスのたねさん。


イメージ 4自分のじゃないってわかっても?、やる気のたねさん。
お手伝いしてくれるのぉ??
本当に優しいコなんですぅ(←バカ)

第1回・水通しも終わり、一緒に買ってきた授乳クッションも開けてみます。
これは、座るときに腰に回して、妊婦の腰痛対策にも使えるらしい。

さっそく、試してみようっと♪

イメージ 5って、たねさん、寝てるし…
取り上げようにも、目がちょっと怖いんですけど。
しかも、たねの背中のカーブにぴったり!
あご枕?も付いてて、すっかり気に入った様子です。

イメージ 6その後も何度か取ったり取られたりを
繰り返したのですが、とうとう完全にたねのモノになってしまいました(涙)。

まあ、ずっと寂しい思いをさせてたのに、文句も言わず、ずっと私に添い寝をしてくれる
優しいたねに、このくらいのプレゼントはいいでしょう。

その後、もう1つクッションを買ってきました。まだ、隠してます。


…なんだか久しぶりすぎて、感覚がつかめないまま終わってしまった…

またまた…

入院することになりました。

今日は準備のため、一旦帰宅が許されたので、明日からの入院になります。
たねのお世話は、また母にお願いすることになりました。

今度はいつ出られるのやら…

寂しくて、悲しくて、つらいのですが、なんとかがんばってきます。


病院が古くて、ネットも使えないので、また退院したらご報告します。

入院してました…

6月の中旬から入院していました。
ご心配をおかけして、申し訳ありませんでした。

ちょっと体調を崩して、念のため診察を受けただけなのに、
そのまま緊急入院となってしまいました。

そのうえ、お部屋も『妊婦集中治療室』とかいう
ナースステーションと分娩室の間という、夜な夜な、まさに『今、産んでます!』という
呻き声と赤子の泣き叫ぶ声が響きわたる、めちゃめちゃテンションの下がる病室で、
不安とたねに会えない寂しさで、最初の何日かは一人になると泣けてきました。


入院中のたねのお世話は、私の母が泊り込みでがんばってくれて、
妹もたねのニオイ付きぬいぐるみ&スティッチを持ってきてくれたり、
たねの散歩や買出しに行ってくれたり、すごく協力してくれました。

イメージ 1そして、こちら、
かわいいインコのロビンちゃんのママが
お参りに行ってきてくださった、
『子育呑龍上人』さまのお守りです。
病院のベッドの横で守っていただきました。
入院前にいただいていたのに、
記事のアップも間に合わずごめんなさい。
おかげ様ですごく心強かったです。

入院の次の日から、『いつ帰れますか?』『こんなところにいたら、治るものも治りません!』と
先生をさんざん手こずらせ、3日目にはなんとか一般病棟に移動することができました。

一般病棟は産んだばかりのママ&赤ちゃんもたくさんいて、
なんとなく気持ちに余裕が出てきたのですが、集中治療室の妊婦さんたちは
何ヶ月も入院し、1日中点滴とか、トイレもシャワーも寝返りもダメな絶対安静の方とか、
私のワガママが恥ずかしくなるくらい、みんな頑張ってました。

妊娠したら、みんなが何事もなくママになれるわけではないんですね。
みなさんが無事にママになれるといいなぁ。

そんな殊勝なことを考えてみても、安静以外はいたって元気な私。ヒマです。ヒマすぎます。
ダンナ差し入れの漫画も読みつくしてしまいました。

その上、この病院は家から徒歩5分もかからないのです。うちのマンションがちょっと見えるくらい。
そうなると、たねが気になってしょうがない。
ちょっと暑くなると『お母さんはエアコン付けてくれたかなぁ。』とか。
いざとなったら、ぜったい脱走してやる!

そのころは体の状態もかなり良くなっていたのと、たねに会いたい一心で
なんとか脱走経路を確保しておこうと、病院内を徘徊しておりました。

そして、よい脱走経路を見つけた私は、母と妹にどうしてもたねに会いたくてガマンできなくなったら、
こういう方法で脱走します!というメールまで送りつける始末。

本気で脱走を企てる娘(=姉)の危ない言動に、しかたなく母と妹が病院の駐車場の隅まで
たねを散歩がてら連れてきてくれました。

ひと目、たねに会えた嬉しさで、その後は病状もみるみる良くなり、
次の週には退院になりました! やっぱり、私にはたねです♪


イメージ 2入院中の唯一の
楽しみになった
『病院食♥』の一部です。
安静以外は食事制限も
ないので、毎日ごはんの
支度もせず、決まった時間に
食べられるというのは、
すごくよかったです。
3食プラス夜食つき♪
一日、2200㎉も食べて
いいんだって〜♥
味も意外とおいしかったしね♪

7月に入ってからは、通院以外では自宅安静となりました。
あいかわらず、なにもしないで横になっている毎日。
それでも、家でたねと一緒に過ごせることは、何よりも幸せです!

たねさんはというと、そうとう寂しかったみたいで、私とダンナがいるときでも
一人でテーブルの下に入って出てこなかったり、他の部屋で寝ていたりと、
2,3日は不安定な動きをしてました。ごめんよ〜。


だんなちゃんは、掃除、ごはんの支度、お散歩とすごくがんばってくれました!
本当にありがとう♥


そして、おとといの金曜日の診察で、やっと安静指示も解かれ、普通の生活に戻ることができました。
この週末は久々のシャバに大興奮の私。
それでも二度と入院なぞするまい!と決意も新たにしております。

こんな私なので、これからもゆっる〜い感じになると思いますが、
どうぞよろしくお願いします♥

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事