ブログお引越し

すべて表示

ブログお引越しのお知らせ

どうも皆様こんにちは。

先日目を疑うお知らせが飛び込んで来ました。ヤフーブログ閉鎖。いやあ、ベータ版は頓挫してるし、アバターはなくなるし(だいぶ前だが)、背景素材の更新は止まるし(だいぶ前だが)、ひょっとしてひょっとしなくてもヤフーブログなくなるなんてことにならないだろうな…?とちょっと思ってはいたんです。まさか本当にそうなるとは。

このブログを開設して12、3年。今となっては次々とお仲間さんが消えてゆき、残った方は10人にも満たない状態ではありましたが…。実際にお会いした人も数人いらっしゃいますし、メールやLINE、ツイッターでも繋がっている方も。これは長年上っ面のお付き合いだけをしていたら手に入らなかった絆だと確信しています。


さて、なくなるもんはもう仕方がないので早速次の受け入れ先を探してみました。9月には投稿、コメント、TBが出来なくなるそうですし、ちょうど3月に入ってキリ良いですしね。まだ皆さん色々迷っている段階だと思うので、わたくしが先陣を切って動いて他の方のキッカケ作りになるといいかなと。

移行できるブログ4つとも開設してみました(非公開で)。

で、記事も仮で作ってみたり、背景デザインや書庫づくり、コメントもしてみたり…カスタマイズも軽くやってみたり…あとはデザインの好みですよね。


細かいアレは省きますが、個人的には「はてなブログ」一択かなあという感じでした。基本的な操作をする段階で、唯一、「ここがこうだったら」と思う要素がなかったブログです。有名ですし、昔からありますし信頼できそうかなあ。。と。

で、もう作ってます↓来てね(´∀`)。


しばらく、両方同じ記事を更新しようと思っています。


わたくし、昨日からインクと紙を買い込んでせっせと印刷しています笑。だ、だって、コメント大事なんだもん。。

迷うぐらいならもう行動。白黒の両面印刷にすれば1記事1枚でいけるので。コメントがなかったら片面で足ります。記事全てとは言いませんが、まあ約2200枚なら単純計算で1日10枚未満で12月までに間に合いますし(実際そんなやり方はめんどくさいのでしませんが。。)。旦那に背後で「き、きも〜い」と言われながら頑張っております。


気になるのはお仲間さんの動向であります。これをキッカケにブログやめちゃう人もいるのかなあ。。
しかしブログさえ続けていればリンクなどなど繋がれるはずなので、むりやり皆同じブログに合わせる必要はないかなと思います。でっ、できれば同じがいいですが。人それぞれやりやすいブログは違うと思うので、ストレスなく続けてもらえればと。そしてこれからも同じメンバーと変わらぬやり取りが出来ればと切に願います。

その他の最新記事

すべて表示

我孫子武丸著。講談社文庫。 智樹のクラスメイトの心澄望は、警察官の父親から暴力を振るわれて傷が絶えない。夏休みのある日、勤務中の父親のパソコンを壊してしまったと怯える心澄望と智樹がこっそりと家に戻ると、弟の甲斐亜の死体を始末している ...すべて表示すべて表示

赤い霧/Le Brouillard Ro...

2019/6/19(水) 午後 11:04

ポール・アルテ著。平岡敦訳。ハヤカワ・ポケット・ミステリ。 1887年英国。ブラックフィールド村に、『デイリー・テレグラフ』の記者と名乗る男が十年振りに帰郷する。昔、この村で起こった密室殺人事件を、正体を隠して調べ直そうというのだ。 ...すべて表示すべて表示

三上延著。メディアワークス文庫。 鎌倉の片隅にあるビブリア古書堂は、その佇まいに似合わず様々な客が訪れる。すっかり常連の賑やかなあの人や、困惑するような珍客も。人々は懐かしい本に想いを込める。それらは予期せぬ人と人の絆を表出させるこ ...すべて表示すべて表示

ブログリンク

更新

ミステリ読書録

鯨統一郎「恋と掃除と謎解きと ハウスワーク代行・亜美の日記」/神永学「心霊探偵八雲11 魂の代償」/

こんばんは。毎日じめじめ梅雨空が続きますね。梅雨明けはまだまだ先かなぁ。 地震の被害が大きかった新潟や山形にあまり降らないと良いのだけれど。 死者...

読書の愉楽

ホルヘ・ルイスボルヘス、アドルフォビオイ=カサーレス「ボルヘス怪奇譚集」

 本好きのみなさんならご存知のとおり、ボルヘスといえばアルゼンチンの博覧強記の書痴なのであります。ぼくは常々、ボルヘスとナボコフがノーベル文学賞を受賞...

木の葉郵便

白骨の語り部 作家六波羅一輝の推理  鯨統一郎

主演の俳優さんが好きだったのでドラマをまず見て、六波羅一輝のキャラに惚れ込んだのですが、ドラマでいくつか納得できないところもあって、原作で確認してみよ...

たいりょうのちょっと一息

『偽りの春 神倉駅前交番 狩野雷太の事件簿』(☆3.8) 著者:降田天

 高齢者詐欺グループのリーダー、光代は、手足として使っていたはずの仲間に金を持ち逃げされてしまう。さらに、彼女の過去の犯罪をネタに、一千万円を...


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事