すべてが猫になる

有線にしたら高速すぎて逆に使いづらい。やめないけど。

最新記事

すべて表示

宮木あや子著。角川文庫。 ファッション誌の編集者を夢見る校閲部の河野悦子。アフロヘアーのイケメンモデル&作家の幸人とのお泊まりデートで出かけた軽井沢で、ある作家の家に招かれて…。そして社会人3年目、ついに憧れの雑誌編集部に異動に!? ...すべて表示すべて表示

レイ・ペリー著。木下淳子訳。創元推理文庫。 大学講師の職を得て、高校生の娘を連れ故郷へ戻ってきたジョージアは、親友のシド(世にも不思議な、歩いて喋る骸骨だ!)と再会した。人間だったときの記憶のない彼が、見覚えのある人物と遭遇したのを ...すべて表示すべて表示

dele2  (ねこ3.9匹)

2018/11/10(土) 午後 10:10

本多孝好著。角川文庫。 『dele.LIFE』は依頼人が死んだときに動き出す。託された秘密のデータを削除するのが、この会社の仕事だ。所長の圭司の指示を受け依頼人の死亡確認をする祐太郎は、この世と繋がる一筋の縁を切るような仕事に、いま ...すべて表示すべて表示

ブログリンク

更新

ミステリ読書録

四国旅行記<1>

どうもどうも。無事四国旅行から帰ってまいりました。 いやー、ハードでした。三泊四日だったのですが、車移動で移動距離が長い為、 観光出来たのはごくわ...

読書の愉楽

カレン・M・マクマナス「誰かが嘘をついている」

 居残りで理科の実験室にいた5人の生徒。その中の一人が突然苦しみだし病院に搬送されたが死亡する。死んだサイモンという生徒は自身で校内のスキャンダラスな...

木の葉郵便

蛮幽鬼 ゲキ×シネ

WOWOWで先日の土曜に放送された「蛮幽鬼」。その日博多座で観た「魔界転生」の興奮も覚めやらぬまま、観始めました。観ていたら深夜になってしまったため、...

たいりょうのちょっと一息

『二千回の殺人』(☆3.4) 著者:石持浅海

 不可抗力の事故で最愛の恋人を失った篠崎百代。彼女は復讐の為に、汐留のショッピングモールで無差別殺人を決意する。触れただけで死に至る最悪の生物...


.


みんなの更新記事