全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア著。ハヤカワ文庫。

やった!これでようやく宇宙に行ける!16歳の誕生日に両親からプレゼントされた小型スペースクーペを改造し、連邦基地のチェックもすり抜けて、そばかす娘コーティーはあこがれの星空へ飛びたった。だが冷凍睡眠から覚めた彼女を、意外な驚きが待っていた。頭の中に、イーアというエイリアンが住みついてしまったのだ!ふたりは意気投合して〈失われた植民地〉探険にのりだすが、この脳寄生体には恐ろしい秘密があった…。元気少女の愛と勇気と友情をえがいて読者をさわやかな感動にいざなう表題作ほか、星のきらめく大宇宙にくり広げられる壮大なドラマ全3篇を結集!(裏表紙引用)


SFに疎いゆきあやでもタイトルを知っている、<SF短編オールタイムベスト>常連作品に挑戦した。
短編というより中編集。知的生命体コメノ族の図書館司書が、カップルにお薦めするヒューマン(人間)
と異星人の物語3編、という設定。感動・感涙のスペース・オペラとの触れ込みなので多大な期待と共に読んでみた。著者が70歳だったという事も興味深い事のひとつ。

ではそれぞれの作品の感想を。少し内容が具体的になっていますが。。


『たったひとつの冴えたやりかた』

あらすじは↑の引用をご参照下され。
宇宙人とのファースト・コンタクトに憧れる少女という設定が面白い。普通こういう行動を起こすのは少年じゃないか?と思ったのだが、16歳という大人と少女の境目にある年齢である事を鑑みて、ただの憧れと勢いだけではない事がおいおい分かって来る。脳に寄生した病原菌(シロベーン)と少女(コーティ)が親友になるという物語なのだが、会話の面白さやシロベーンの体質もさることながら、シロベーンが隠していた秘密が明らかになっていってからの怒涛の展開が涙を誘う。その決断と人間性の高さはこの年齢の少女だからこそ引き立つ気がする。お互いの友情を確かめ合う会話は、リミットがあるゆえの真実だろう。シロベーンの勇気を最後まで称えることをやめなかった彼女の「たったひとつの冴えたやりかた」は、コーティだけでなくシロベーンのものでもあったと思う。ラストの残されたものの言葉がそれを証明している。

ただ、自分は「インデペンデンス・デイ」のラストとどうしてもかぶってしまったので。。。


『グッドナイト、スイートハーツ』
記憶を喪失した男が、かつての恋人と再会した。恋人のクローンまで出現し、彼の心は乱れてしまう。老いたが思い出を抱えたままの元恋人か、若きクローンか。。海賊との闘いで苦渋の決断を強いられた男の
出した答えとは。。
自分は表題作よりこちらの方が好きだ。二着しかない宇宙服、選べない二人の恋人と責任感。コメノ族が「ヒューマンにこういう側面があるとは」と驚いていた通り、自分がこうなったら彼と同じ判断をしそうな気がする。彼の迷いって、純粋で、真っ直ぐと言い切れない感情じゃない?こういうのの方が奥が深いな。


『衝突』
ちょっと設定を把握するのに苦戦したのだけど、ヒューマンと戦争をしている惑星があって、別のところから同じ惑星と戦争している異星人が現れた、って事でいいよね?で、ヒューマンと協力し合おうという。異なる言語を理解し合おうと尽力してコミュニケーションが活発になって行くさまが読みどころ。
実は一番好きになったお話がこれ。自分の琴線って、泣く泣かないの問題じゃないんだよ。

「ともだち・なる・わたしたち・お互い・信じる・しないと・だめ!お前の話・本当・信じる!」
「連邦・戦争・ほしくない。連邦、友だち、ほしい!戦争・わるい!平和・来る!」

人間が異星人に言われちゃってるよ、聞こえるかな。


(379P/読書所要時間3:00)

閉じる コメント(14)

ゆきあやさんも二作目がお好きでしたか^^。僕の周りを見渡すとほぼみなさん一作目よりそちらを選ばれますね。一作目が白眉だと感じたので少し疎外感が(笑)でもこれハードSFだし抒情豊かだった覚えがあるんですが、4.2匹付いてますね^^♪でもティプトリーはゆきあやさん大丈夫だと思ってました^^

2010/5/15(土) 午前 1:37 チルネコ 返信する

顔アイコン

SFってこれだったんですね。自分は一作目派かなぁ。
ファーストコンタクトものでこれだけテーマを散りばめられた作品を書ける70歳のおばあちゃん、すごいですよねぇ。

2010/5/15(土) 午前 8:43 あややっくす 返信する

顔アイコン

おおおー、これ、10代の頃読みました。この表紙この表紙。表題作しか覚えていません...。当時主人公と同世代だったので「おおお〜」と感動した覚えが。

2010/5/15(土) 午前 9:34 しら菊 返信する

顔アイコン

表題作は新訳で読みました。チルネコさんと同じく1作目派です^^物語の継目に挿入されている司書と学生の会話もよく考えられているなぁと小説の造りにも感心した短編集でした^^
個人的にゆきあやさんには『輝くもの天より墜ち』を読んで頂きたい〜(><)どう感じられるのかがとても気になる作品です。ぜひTBさせて下さいね。

2010/5/15(土) 午前 10:12 ang*1jp 返信する

顔アイコン

これは未読なんですよね〜、早く読まなきゃ。
SF読んでると異星人って結構人間に親切なこと多いですよね。ちゃんとアドバイスくれたり見守っていてくれたり(笑)

2010/5/15(土) 午後 0:07 [ テラ ] 返信する

私もSFには疎いんですがこれはあらすじを見ただけでも
面白そう!
表題作の脳に寄生した病原菌と親友に〜のくだりは
漫画の「寄生獣」を思い出しちゃいました。
それにしても少女漫画な表紙ですな〜

2010/5/15(土) 午後 7:05 寿司子 返信する

顔アイコン

>チルネコさん 自分は表題作のラストは映画のデジャブがあったので、残念と言えばその点ですかね。あと、タイトルの台詞が二回出て来たので感動し損ねたかもしれません^^;そこまでは夢中で読んでいたんですよ、ほんと。ていうか、これハードSFなんですか!?(驚)たしかに、専門用語が説明抜きにやたらと出て来ましたが。すぐわかったのはワンピースに出てきて覚えたサルベージぐらいです(笑)。そうかそうか、ってことはゆきあやハードSFいけるんだあ^^これでSFスイッチがまた入ったので、今月は祭りになるかもです^^

2010/5/16(日) 午前 0:17 ゆきあや 返信する

顔アイコン

>あややっくすさん はい、これでした〜^^初心者なのでなるべく名作に手を出すようにしています。一作目もとてもとても良かったんですよ?でも、他の2作がもっともっと好きだったってことです^^この作家さんの他の作品も読もうと思います^^

2010/5/16(日) 午前 0:19 ゆきあや 返信する

顔アイコン

>しら菊さん おおお、しら菊さんって結構昔は海外もの読まれているのですねえ!!この表紙はある意味インパクト大ですよね。結構好きです^^コーティは素敵な女の子でしたね〜

2010/5/16(日) 午前 0:21 ゆきあや 返信する

顔アイコン

>あんごさん あんごさんが読まれたのは単行本の青い表紙のやつですよね?以前お仲間さんが「そっちはいい作品が削除されている」と仰っていたのでコッチにしましたよ^^
「輝くもの〜」お薦めなんですか?ならばぜひ入手しますね。記事にしたら報告にあがりますので、長めに見積もって三ヶ月くらい待って下さい(笑)。TBありがとです〜^^

2010/5/16(日) 午前 0:24 ゆきあや 返信する

顔アイコン

>テラさん テラさんともあろうお方が本書を未読だなんて・・・(笑)。気に入らないはずのない作品だと思います、早く早く〜^^
言われてみれば、異星人優しいですね(笑)。怖いイメージがあるんですけど。

2010/5/16(日) 午前 0:26 ゆきあや 返信する

顔アイコン

>寿司子さん これは名作だと思います、ゼヒゼヒ!!ゆきあやにとっての時代もののように、SFっていうだけで無条件にダメだ〜、って人でなければ大丈夫だと思います^^こてこてのSFなので。
表紙は漫画漫画してますよねえ。中にも挿絵がいっぱい^^「寄生獣」懐かしい。。ミギー大好きでした(笑)。

2010/5/16(日) 午前 0:28 ゆきあや 返信する

名作中の名作ですよね^^。これはSFファンに限らずオススメできるSF作品だと思います。人間の本質に関わる部分のドラマが描かれているから共鳴し、感動できるんですよね。「衝突」は忘れられない作品ですね。

2010/5/16(日) 午前 1:41 beck 返信する

顔アイコン

いや〜、これはハズレなしの傑作集でしたな。やはり読み継がれる名作にはパワーがあります^^。「人間の本質に関わる部分のドラマが描かれているから共鳴し、感動できる」・・・まったく仰る通りです。「衝突」の異星人の想いは胸にせまるものがありました^^

2010/5/16(日) 午後 11:57 ゆきあや 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事