全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ロバート・J・ソウヤー著。ハヤカワ文庫。

全世界の人びとが自分の未来をかいま見たら、なにが起こるのか?2009年、ヨーロッパ素粒子研究所の科学者ロイドとテオは、ヒッグス粒子を発見すべく大規模な実験をおこなった。ところが、実験は失敗におわり、そのうえ、数十億の人びとの意識が数分間だけ21年後の未来に飛んでしまった!人びとは、自分が見た未来をもとに行動を起こすが、はたして未来は変更可能なのか……ソウヤーが時間テーマに大胆に挑戦する問題作。(裏表紙引用)


「SFハンドブック」より〜ミステリファンにおすすめのSF〜の章で紹介されていた作品。ドラマ化されているので有名作品のはず。自分はミステリファンであるが、本書を選んだ動機は↑の理由ではない。
SF気分なのにわざわざミステリを読みたいとは思わない。山荘と館と落ちる橋と奇人探偵あってこそのミステリである。SFとミステリ、ガジェットの楽しみ方は同じでも、スイッチは別のところにあるんだわさ。


まあ、今の御託は前フリ。

ヒッグス粒子だのニュートリノだのSF用語は普通に飛び交うが、エンタメ風なのでSF初心者でもさくさく読める。主人公は二人居て、どちらもヒッグス粒子を発見しノーベル賞を狙う科学者。年配のロイドは今回の<未来転移>で、現在の恋人とは違う女性と暮らしていることがわかる。一方の若者テオは、<未来転移>の2分間に自分の未来を見なかった。それが意味することはひとつ。テオは21年後、生きてはいないのである。この二人の異なった未来を挙げただけでも、「未来を変えたい」気持ちはわかるし、ロイドに至っては今の恋人との結婚をためらうことについて責めることは出来ない。全世界の人びとが、明るい未来を見た者が居る裏で夢が叶わない事を知る者も居たりと、それぞれに反応はさまざまだ。それでも、「もう一度、未来の自分のヴィジョンが見たい」という思いは全世界共通の願いだった。自分達の実験が原因だと発表し、世界を混乱に陥れたロイドとテオのふたりは、自分の未来と現在の選択に悩み苦しみながら、責任の重大さと原因の解明という大きな仕事を担う。。。


・・・面白すぎるわ!!!

テーマとしてはパラレル世界と「未来は変更可能なのか?」というところにあるが、議論としては初期条件の変化が時間に影響するというカオス理論や未来は不変であるという物理学の理論的基盤だのが俎上に載っていたりして、単純なパラレルものではないことがわかる。まあ、正直言うと何かが判明するのかと思って読んでいたわけで、そこがミステリ要素なのかと期待していた自分としては若干放置された感も。まあ、でも、だからこそ読みやすいわけで。テオを殺す犯人の謎、というところも、これをミステリと言われても困る、というぐらいのレベル。伏線、仕掛け、そういったものは行方不明(作者は仕掛けたつもりなんだろうけど)。これは悪口ではない。事実を書いただけ。

面白いよ、ってところでは文句なし。しかしミステリじゃないとも言いたくないし、ガチガチのSFでもないと思う。オススメする対象を絞らずに、ミステリ風味のSFでございます誰が読んでも楽しめますよ、って言いたいな。

(461P/読書所要時間3:30)

閉じる コメント(12)

顔アイコン

やっほーい!高評価だ高評価^^ミステリとしては首を傾げる感じもあるでしょうけど(笑)、SFとして、読み物としての面白さがありますもんね〜〜。感想もホント意見の相違が見当たらないくらいですね^^SFガジェットもふんだんなのに意外と読みやすいし、万人ウケしそう?^^ドラマは確か去年あたり話題になってこっちにはまだ入ってきてないんじゃないかなぁ。竹内裕子っぺが出演してるようですよ。

2010/7/10(土) 午前 1:51 チルネコ 返信する

アバター

うわ〜、先に読まれちゃいましたね^^;最近SF読んでないので、読みたいのがいっぱいあるんですが、これはその一冊です。ていうかソウヤーの作品はどれも面白そう。「ゴールデン・フリース」もおすすめですよ^^
早川で夏のSFフェアするみたいだし、私も夏のSF祭りしようかな、と思ってます^^

2010/7/10(土) 午後 7:41 ねこりん 返信する

これは間違いないみたいですよね^^。チルネコさんも太鼓判でしたもんね^^。でも、この本はまだ手に入れてないんだなぁ。

2010/7/11(日) 午前 0:47 beck 返信する

「フラッシュバック」ではなくて「フラッシュフォワード」なんですね。「未来の変更可能性」というとSF的ですが、ギリシャ悲劇から続く古典的なテーマでもあって、新機軸を打ち出すのが難しい課題。ソウヤーさんがどう料理したのか、興味ありますね。

2010/7/11(日) 午前 7:38 りぼん 返信する

顔アイコン

こんにちは。原作では21年後なんですね。ドラマは確か6ヵ月後って事だし、主人公もブラックアウトの謎を追う刑事になってますね。海外ドラマ好きなんで、『ロスト』のプロデューサーが製作しているっていうだけで結構注目度が高かったのですが、原作もすごく面白そうで、ますます気になります〜。

2010/7/12(月) 午前 6:29 sunny 返信する

顔アイコン

>チルネコさん これは本当に最初から最後までドキドキでしたし、最高の面白さでした^^結果面白きゃなんでもいいんですわたしゃ^^ただ、「ミステリファンにオススメ」ってのはどうかな?と思っただけー^^。ゆきあやの「万人向けです〜」はちょっとデンジャラスなんですよね(笑)。海外ものに偏見のない方ならどなたでもいけるのでは、って感じかな?ドラマはこちらではまだなんですねえ!
ドラマ化しやすそうですけどね。竹内さんは、マチコ役かな?^^
いやあ、ほんとに、こんなに面白い本を紹介していただいてありがとうございました!^^

2010/7/15(木) 午前 0:10 ゆきあや 返信する

顔アイコン

>ねこりんさん ほほほ^^お先です^^これ、結構さくっと読めちゃうんで優先的に読まれてもいいと思いますよぅ^^他のソウヤーの作品もぜひ読みたいです!「ゴールデンフリース」面白いんですか?では次はそれを^^「さよならダイノサウルス」も気になってるんです〜。全部読んじゃお^^
SFフェア、素晴らしいですねえ〜。私のような初心者にとっては、積んであるもの=名作、という指針にもなるのでありがたいことです^^

2010/7/15(木) 午前 0:24 ゆきあや 返信する

顔アイコン

>beckさん beckさんは時々意外性ある評価になるので(笑)、絶対オススメ!とは言えませんが、これは嫌う要素がどこにもない本のような気がします〜。見つけたらぜひ〜^^

2010/7/15(木) 午前 0:30 ゆきあや 返信する

顔アイコン

>りぼんさん はい、過去ではなく未来を見たのでフォワードです^^
ギリシャ神話の、フムフム。あまりそのへんは議論だけで料理はしていないかもしれません(笑)が、面白いSFだと思うのでご感想を楽しみにしています〜^^

2010/7/15(木) 午前 0:34 ゆきあや 返信する

顔アイコン

>さにーさん へえ!6ヶ月後なんですか!まあ、それでもそれほど支障はないかもしれません、この物語の場合。では、テオの方が主人公になっているんですね。ドラマも面白そうです^^

2010/7/15(木) 午前 0:36 ゆきあや 返信する

アバター

1年遅れでようやく読みました^^;
これは面白かったですね〜。「ゴールデン・フリース」と同じく、先を読みたくてたまらなくなる本でした。
ドラマはだいぶ設定違うみたいですね。でも、この夏見てみてもいいなあと思ってます。

2011/7/18(月) 午前 10:38 ねこりん 返信する

顔アイコン

>ねこりんさん もう私が読んでから1年も経ちましたか。私もそろそろSF仕入れたいんで、「ゴールデン・フリース」候補です^^
面白いですよね〜。
ドラマ、ツタヤでポスター貼ってたので入ったら観たいと思ってます。竹内結子様(*^^*)。

2011/7/21(木) 午前 0:57 ゆきあや 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事