全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

フェルディナント・フォン・シーラッハ著。酒寄進一訳。創元推理文庫。

一生愛しつづけると誓った妻を殺めた老医師。兄を救うため法廷中を騙そうとする犯罪者一家の末っ子。エチオピアの寒村を豊かにした、心やさしき銀行強盗。──魔に魅入られ、世界の不条理に翻弄される犯罪者たち。弁護士の著者が現実の事件に材を得て、異様な罪を犯した人間たちの真実を鮮やかに描き上げた珠玉の連作短篇集。2012年本屋大賞「翻訳小説部門」第1位に輝いた傑作!(裏表紙引用)



初読みシーラッハ。ナチ党全国青少年最高指導者バルドゥール・フォン・シーラッハの孫、ベルリンの刑事事件弁護士だそうな。本屋大賞翻訳部門1位ということで、さてどんなものかと挑戦してみたがなかなか風変わりな作風に1編目から引き込まれた。

著者が弁護士ということで、収められた11の短編は実録なのかと誤解してしまいそうになるが、弁護士には守秘義務があるのでそんなことは不可能である。なので完全な創作だとのこと。語り口がノンフィクションぽい雰囲気もあるにはあるが、柔らかく簡潔に描かれた小説らしい表現力が魅力で、どんでん返しや謎解きがないにも関わらず読ませる力がある。

特に好みだったのは、生涯の愛を誓い合ったカップルが結婚してからというものあれよあれよと憎しみ合い、老いるまで生活を共にしたその結果が恐ろしい「フェーナー氏」、恋人のために身体を売った女がホテルの一室で殺害されていた事件の顛末にホっとする「サマータイム」、羊殺しの青年は、本当に若い娘を殺したのか?狂気と天才は紙一重だと感じる「緑」、絵画『刺を抜く少年』の彼の棘は抜けたのか?がどうしても気になる博物館警備員の話「棘」あたりだろうか。他の作品もあるようなのでぜひ読みたいと思う。

閉じる コメント(6)

アバター

私はラストの「エチオピアの男」が気に入りました^^
これがなかったら全体の印象が変わってたと思います。
創作なんでしょうけど、事実から着想を得てるんでしょうね。「罪悪」も期待通りの作品でした。
そうそう、作者の方、きのうの新聞に出ていて来日されていたそうです。

2015/6/10(水) 午後 7:46 ねこりん 返信する

これは確実に歴史に残るミステリでしたね。シンプルなのに衝撃的という小憎らしい作品で、一発でノックアウトされちゃいました^^。ぼくもねこりんさんと同じく「エチオピアの男」がお気に入りで、涙がとまりませんでした。そうそう昨日の読売新聞にシーラッハのインタビューが載ってましたよね。

2015/6/10(水) 午後 10:10 beck 返信する

顔アイコン

私もこれ、面白く読みました。とても短い話なのに良くできてますよね。細かい部分は忘れちゃったので、また読み返したくなりました。続編もまだ未読だ…(^_^;)

2015/6/11(木) 午後 4:07 [ sinobu ] 返信する

顔アイコン

>ねこりんさん ラストのお話だけなんだか違いましたよね。なかなか変わっていて面白かったです。「罪悪」もこのシリーズ?なんでしょうか。楽しみだなあ。おや、来日されていたのですか。それは知らなかった。

2015/6/12(金) 午後 8:27 ゆきあや 返信する

顔アイコン

>beckさん こういうミステリは今までなかったのではないでしょうか。読みやすいのも良かったです。本当にあったことなのかなとか思いながら読みました。ラストは良いお話でしたよね。ちょっと驚きでした。へえ、新聞にインタビューが。ちょっと気になりますね。

2015/6/12(金) 午後 8:29 ゆきあや 返信する

顔アイコン

>sinobuさん sinobuさんも読まれてましたか。評判が良いですからね。続編もこういう感じのようなので、楽しみにしているのです。

2015/6/12(金) 午後 8:31 ゆきあや 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事