すべてが猫になる

有線にしたら高速すぎて逆に使いづらい。やめないけど。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

柚木麻子著。創元推理文庫。

豊かな想像力を武器に老舗おもちゃ会社で敏腕プランナーとして働く富田宝子。彼女は取引先のデザイナー西島に5年も片想いをしており、気持ちを伝えられずにいる。彼に次々と降りかかる災難を、持ち前の機転とおもちゃを駆使し解決していくが、西島は宝子の奮闘にまったく気がつかず?!自分の心にねじを巻けるのは、自分だけ。宝子が自分の心を解放したとき彼女を待つ未来は―。 (裏表紙引用)



柚木さんの文庫新刊。え、創元社?とビックリ。読んでみるとまあ納得なのだけど。片想い探偵というのかおもちゃ探偵というのか、ライト感覚のミステリとなっているので。

ん〜〜〜〜〜〜〜柚木作品にしてはパンチが弱いというか、かと言って感動系ほっこり系でもないというか、、中途半端でイマイチ。好きな人のためにスリの練習をしたり貯水タンクを撤去させたりとヒロイン宝子の痛々しさは爆発的なのだが魅力に欠ける。容姿も悪くなさそうで、仕事もできて、夢があって。もっと思いっきりイタイ奴だったら読めたのに。相手役の西島くんも、伊藤くん(A to E)ぐらいダメンズだったら面白かったのになあ。貯金がなくてちょっとだらしなくて、でも穏やかで、、ってねえ。宝子に恋した目黒刑事?の方がずっといい男だと思うのだが。。ああもったいない。でも恋ってそういうものか。

ミステリ的には「んな突拍子もない真相あるかいな」の連続で、ああミステリ向きじゃないなこの作家さんと思ってしまった。サプライズを出せばいいってもんじゃないのよね。。

最終話がもう少し盛り上がれば評価も違ったろうが。。。これではね。文句ばっかりになってしまったけど。まあ軽い気持ちで読む分にはいいかと。おもちゃの世界ってすごい。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

うん、私も目黒刑事の方がよっぽど素敵だと思いました。目を覚ましてそっちへいけ!と思って読んでたんですけどね。おもちゃ探偵って設定は面白いと思ったんですけど。無理にミステリを入れようとしたのがいけなかったんですかねぇ。ちょっと中途半端な作品でしたよね。

2018/8/12(日) 午後 9:49 べる 返信する

顔アイコン

>べるさん ねえ、目黒刑事良かったですよねえ。公務員だし(笑)。気持ちが思い通りに出来ないのが恋ってやつですけども。設定は今までに読んだことのないもので良かったと思います。でも創元社向きではないかなあ。。

2018/8/13(月) 午前 10:22 ゆきあや 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事