すべてが猫になる

有線にしたら高速すぎて逆に使いづらい。やめないけど。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

スティーヴン・キング著。白石朗 他訳。新潮文庫。

私はまだ死んでいない、死んでいないはずだ。ゴルフをしていて倒れた、ただそれだけだ。それだけなのに。だが、目の前にある解剖用の大鋏は腹へと迫ってくる……切り刻まれる恐怖を描いた標題作のほか、ホラーからサスペンス、ファンタジー、O・ヘンリ賞を受賞した文芸作品まで、幅広いジャンルにわたって天才ぶりを発揮してきた巨人キングの十年を総決算する全米百万部の傑作短篇集。 (裏表紙引用)



「第四解剖室」
全身麻痺状態を死亡と間違われ、意識のあるまま解剖室へ――、というホラーでは定番の恐怖を描いた作品。エロ込みだからか、ビックリするぐらい怖くなかった。もっと切られる寸前の恐怖とかさ…。ずっと解剖医たちの雑談なんだもの。


「黒いスーツの男」
死を目前にした老齢の男が9歳の時に出会った黒いスーツの男の話を語る。正体が分からない状態が一番怖いと思うが、知りたいと思うのは人間の性。

「愛するものはぜんぶさらいとられる」
自殺するつもりでモーテルに宿泊したセールスマン。うーん、えっとね、この人、死ぬ気ないよね?(笑)。

「ジャック・ハミルトンの死」
強盗団の1人が警官に撃たれて瀕死の状態で逃げ回る話。タバコを吸ったら背中から煙って…ひー貫通してる貫通してる!死にゆく仲間への餞が泣ける。悪党だけど、いいやつってのはいるんだと思う。熱心なキリスト教徒で悪の道…人間の謎のひとつ。

「死の部屋にて」
情報省の地下室で取り調べを受ける元新聞記者。どんでん返しもの?復讐劇かな。長い割に展開が唐突でなんだかよく分からない。

「エルーリアの修道女」
なんとびっくり、「ダーク・タワー」の番外編。本編に重要なエピソードってわけでもないだろうが、修道女たちにとらえられたローランドの意外な一面が。箸休めってところかな。


以上。
ちょちょちょい、「全米百万部の傑作」っていうのは眉唾ではないかい(分冊ものとはいえ)。どれもキングとは思えないほど怖くないし、かと言ってホロリとくるドラマも入ってなかった。正直どれも読むのが苦痛レベル。「ジャック〜」はかろうじて読みがいあったかなあ。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事