すべてが猫になる

期限があると読書ペースが上がる(はっけん)。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全430ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

貫井徳郎著。幻冬舎。

人間の心を捨ててもずっと一緒にいたかった。
何が“警察官連続殺人事件"を引き起こしたのか?
山本周五郎賞受賞作『後悔と真実の色』続編。渾身のミステリ長編!!(紹介文引用)



西條シリーズ第2弾ってことでいいのかな?かつて「指蒐集家事件」を解決し(「後悔と真実の色」)、不倫騒動で警察を追われ一時はホームレスにまで身を落とした西條は、現在警備員の職に就いている。

主なメインの視点は3人。この物語で発生した警察官連続殺人事件、最初に犯人は明かされているので、西條がこの捜査にどう関わるか、新人高城が警察の女性を軽んじる風潮の中どう解決していくかが読みどころ。犯人である渕上の悪魔のような犯行心理も興味深い。

西條が馴染みの古本屋で店主と心を通わせるシーンが好き。理那との接触で西條のスーパーマンのような洞察力が生かされていくのが痛快だが、この本好きの店主の力も大きい気がする。理那と村越のコンビも、最初はセクハラ調で飄々とした村越に反感を抱いていた理那が村越の能力を認め、お互いを尊重し合って事件に向き合うようになる姿が素敵だった。


事件そのものは、さすがに今どこにでも防犯カメラがある時代、これほど何人もの警察官を殺せるかっていう疑問もある。渕上の、レイを全力で守るという決意が「殺人」というそこから最も遠い手段でしか表現出来ないところも。頭がいいのか悪いのか。過去に経験した事件は確かに善良な市民として許しがたいものだが、無関係の人間まで手にかけた時点でもうアウト。ラストの救いがたいあの人物と同じく彼もそういうことなのだろうか。そもそも憎むべき相手は白バイ隊員じゃないだろう。理那の父親との感動的なエピソードや、古本屋店主の娘のストーカー問題など、背景がしっかりしていただけにちょっと残念。

というわけで数点惜しいが、最後まで面白く読ませられた。貫井作品で一番好きなジャンルだ。

この記事に

開く コメント(1)[NEW]

開く トラックバック(1) [NEW]

イメージ 1

小林泰三著。東京創元社。

“不思議の国”の住人たちが、殺されていく。どれだけ注意深く読んでも、この真相は見抜けない。10万部突破『大きな森の小さな密室』の鬼才が放つ現実と悪夢を往還する“アリス”の奇怪な冒険譚。(紹介文引用)



いつまで経っても文庫化されないので借りてきた。なんでだろう?ランキング本に軒並みランクインしていたから売れるはずなのに(私がこんなことしてると来月あたり文庫化されるんだよな〜)。


本書は「不思議の国のアリス」を下敷きにした、ファンタジー+SF+ミステリー。もちろん原典にあたっていた方が理解が深まることは間違いない。2段組に始めは恐れをなしたがほとんど会話文だったので難なく読了。大学院生の栗栖川亜理をヒロインとする現代の章と、夢の国で起こる殺人騒動が交互に語られていく体裁。夢の国で起きたことは現代でも起こっており、現代の登場人物には必ず夢の中で「アーヴァタール」と言われる自分が存在する。

言葉遊びが繰り返される会話と殺伐とした事件との落差が面白い。牡蠣で食中毒とか犬に顔を食べられたとか刺激的だし。その分現代では誰がどれで夢ではどれが誰でとややこしかったりする。意外性もありさすがランクイン本と言えるレベルの面白さだが、やはり小林さんは小林さん。グロ描写が唐突すぎたり、SF世界が独特だったりとクセが強い。このあたりは好みが分かれるかも。

この記事に

開く コメント(3)[NEW]

イメージ 1

飴村行著。角川ホラー文庫。

戦時下の帝都。14歳の鉄児は憧れの特別少年警邏隊に入隊した直後、先輩のとばっちりを受け謹慎処分となってしまう。汚名返上に燃える彼は、巷で噂の保険金殺人事件を解決するため独自調査に乗り出すが…。軍部の思惑、昏々と眠る老女、温室で栽培される謎の植物、行方不明の少女―。すべてが交錯する時、忌まわしい企みが浮かび上がる。暴力と狂気が渦巻き、読む者の理性を抉り取る最凶の粘膜ワールド、6年ぶりの新作! (裏表紙引用)



粘膜シリーズ待望の第5弾。前作「粘膜戦士」から6年も経っていたとは。そして、読書メーターでは批判ばかり、アマゾンは絶賛ばかりっていう^^;みんな、他人の感想に引っ張られちゃうんだね。自分の感想書こうぜ。

私は期待していた通りの粘膜世界とは違った。どうやら路線変更を図ったらしく、完全なるノー・グッチャネの世界。戦時話そもそも苦手なんだよな〜。説明文ばっかりで目がシバシバするわ〜。トッケー隊が横暴すぎて久世を始めとする隊員全員不快でしかないし。主人公の鉄児が浅はかで魅力に欠ける。違法捜査で冤罪とかどんだけ。

その反面、爬虫人の影子の存在が際立ってた。嘘がつけないって一見素晴らしいけれど、正直過ぎて場の空気が凍るっていうね^^;それでも奇声をあげる病人の祖母が一番カッコ良かったんじゃないか。世界が崩壊するというよりは新世界の始まりを彷彿とさせるラスト、粘膜らしいと言えばらしいが今までのような突き抜けたパワーはないかな。この路線が続くならもうしんどいからリタイアかも。

そして読後浮かんだ疑問。探偵って出てきた?

この記事に

開く コメント(3)[NEW]

イメージ 1

城平京著。講談社タイガ。

「頼みがある。相撲を教えてくれないか?」神様がそう言った。子供の頃から相撲漬けの生活を送ってきた僕が転校したド田舎。そこは何と、相撲好きのカエルの神様が崇められている村だった!村を治める一族の娘・真夏と、喋るカエルに出会った僕は、知恵と知識を見込まれ、外来種のカエルとの相撲勝負を手助けすることに。同時に、隣村で死体が発見され、もつれ合った事件は思わぬ方向へ!? (裏表紙引用)



…なんかすごい小説だった。

幼い頃から両親の意向で相撲漬けの生活を送っていた少年・文季は、両親の事故死を機に久々留木村の高校へ。やっと相撲から逃れられると思っていた文季だが、なんとその村はカエルを神様と崇め相撲が盛んな閉鎖空間だった。転校早々、小柄ながらも知識と論理を駆使した文季の相撲に村の人々は尊敬の念を抱き、やがて村人のみならずカエルたちの指導者となる。折しも村ではトランクに詰められた死体が発見され――。という、なんだかあらすじだけ述べるとムチャクチャなお話。

実際本当にムチャクチャなのだが、年齢の割に達観した文季と勝気だがツンデレな夏見のデコボココンビが微笑ましいからいい。相撲はからっきし分からないが、文季の理に適った上達方法などなどを聞いていると「うんうん」って頷きたくなるんだよなあ。最初文季をナメていた生徒たちが次々と文季を頼りにしていく様も面白かった。

ただ、カエルが本当に出てくると思っていなかったので、カエルがいきなり相撲をとったり喋ったりし始めたのにはビックリした。。。カエルにはカエルに合った相撲がとかふんふんなるほど・・・って知らんがな^^;!相撲だけの薀蓄やカエルだけの薀蓄なら読めるけどカエルの相撲の薀蓄となるとキツい。このあたりはファンタジーや伝奇ものが好きな人なら面白く読めるかもしれない。

あとラストは良かったな〜。タイガらしい甘酸っぱい微笑ましい感じ。これでかなり印象上がったかも。

と言いつつも、カエルネタに引いたっていうのと、殺人事件はいらなかったかな?と思ったので評価としてはこれぐらい。でも城平さんらしく変わってて面白いよ。

この記事に

開く コメント(2)

イメージ 1

森博嗣著。講談社タイガ。

富の谷。「行ったが最後、誰も戻ってこない」と言われ、警察も立ち入らない閉ざされた場所。そこにフランスの博覧会から脱走したウォーカロンたちが潜んでいるという情報を得たハギリは、ウグイ、アネバネと共にアフリカ南端にあるその地を訪問した。富の谷にある巨大な岩を穿って造られた地下都市で、ハギリらは新しい生のあり方を体験する。知性が提示する実存の物語。(裏表紙引用)


Wシリーズ第5弾。

今作でのハギリとウグイ、アネバネと共にアフリカ南端へ飛ぶ。ウォーカロンばかりが集まっている村がそこにあるらしい。脱走した連中なのかな?新しい研究というのも気になる木。今回舞台となる村は親切だし礼儀正しいけど、どことなく謎めいてる。と思ったらやっぱり想像以上の不気味な企みが隠されていてビビった。あんま絵で見たくないかも。

SFなんかだとロボットの反乱って怖いイメージだけど、ウォーカロンは誠実で優しく短絡的でないからそれほど心配はないのかな。逆に怖い気もするけど。

生命を長らえるため医療は発展していくはずなのに、肉体が再生され子孫がいなくなれば生に執着しなくなって一生懸命生きなくなるのかと思うと皮肉だなと思う。ちょいと哲学的なテーマだけど、生きているかどうかの証明ってなんなんだろうね。生命の定義が変われば今不変のものとしてある「生命の大切さ」からして何もかもがひっくり返る気がするけど。

この記事に

開く コメント(0)

全430ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事