国内<や〜わ>作家

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全24ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

山本弘著。創元SF文庫。

ライバルの真鶴高校ミステリ研究会と交流試合を行うことになった美心国際学園(BIS)ビブリオバトル部。それぞれ自分のスタイルでバトルに挑むなか、ミステリ研究長の美少女・早乙女寿美歌は巧みな話術とミステリの知識で周囲を圧倒する。だが彼女には、周りに隠し続けている秘密があるようで…。空が初めてコミケを体験する番外編「空の夏休み」を併録したシリーズ第三弾。(裏表紙引用)



うん、結構騙された。

ラストに色々と世界が変わる仕掛けが用意されているのを除けば、安定のビブリオバトルシリーズ。

番外編「空の夏休み」がのっけから収録されているが、空が初めてのコミケ体験(コスプレも)する回ってことでビブリオバトルはなし。コミケってここまですごいことになってるんだ。未知の世界で面白かったけど、終盤の打ち上げと称する「オタクオヤジ連中が特撮を語りまくる」展開にちょっとうんざり。リアルならこれでもいいけど、小説なら心の底から興味がない私のような人を引きつけてこそ意義があると思うんだけどな。最後に青春を語りだす先生は良かったよ。


で、本編。今回は真鶴高校で、「少年少女のためのミステリ・ビブリオバトル」。野外でお弁当持ち寄ってやるのってなんだかいいねえ。でもミステリはネタを割れないので不利だと思うと同時に、SF小説「ひとめあなたに…」を紹介する空がストーリーをオチまで語ってしまっているのに違和感。

今回ミステリということで期待したんだけども、苦手な作家さんや苦手だった本(「毒入りチョコレート事件」)が多かったな〜と。。でも面白いのは選んだ本の内容じゃなくて、寿美歌さんが色々メンバーに悪趣味な罠を仕掛けたりしてるところ。いや、そこまでする!?ってくらい小道具とか伏線とか凝ってて、この人だいぶ変わってるなと。。やはりミステリを愛好するような人間はどこかおか(自粛)。

このシリーズを読んでて思うのは、本なんかなんでもいい、愛が伝われば。ってことかなあ。結局人生を変える本なんてそれぞれ違うんだからね。名作の人もいれば、二番煎じの本がそれである人もいる。だからノンフィクションしか認めない、っていう武人の意識を変えるまではこのシリーズを終えちゃいけないと思うんだ。

この記事に

開く コメント(4)

イメージ 1

薬丸岳著。角川文庫。

3年前の事件が原因で警察を辞めた朝倉真志は、妻子と別れ自暴自棄な生活を送っていた。ある日、真志の携帯に無言電話がかかってくる。胸騒ぎを覚え元妻の奈緒美に連絡すると、娘の梓が行方不明になっており、やがて誘拐を告げる匿名の電話が入る。梓を取り戻すべく奔走するなかで過去の事件に引き戻されていく真志。誘拐犯の正体は?過去の事件に隠された真実とは?社会派ミステリの旗手による超弩級エンタテインメント! (裏表紙引用)



※黒べる記事です。




薬丸さんどしたの。こんなベタな誘拐エンタテイメント描いちゃって。



警察が街中でこんな拳銃パンパン撃つとかないわーーー

武道館のコンサート後のトイレに3人しか並んでないとかないわーーーー

誘拐は重罪ですよ?こんな動機絶対ないわーーーー特にこういう立場の人間ならなおさらないわーーー


・・・と、始終「ないわーないわー」と思いながらこの480ページもの長編を読み続けるのもナンなので、何かに引っかかるたびにスマホでネット通販を見るなど気持ちを切り替えて頑張ったのだが。正義感の強い、娘を愛する主人公朝倉がなんだかそうは見えないのと、元妻が夫はこういうことをする人間ではないことを見抜けないってどんだけ浅い絆なんだ?という疑問にとことん付き合うハメになった。しょうがないんだけど、誘拐された子どもの保護者たちの心が1つになってないのは辛い。協力者の岸谷と戸田はキャラが立ってて良かったと思うんだけど、いまいち人数が多くて行動がややこしくなってしまっていた。

まあそもそも誘拐ものが好きではないのでそう思うのかもしれないが、身代金を渡すためにあちこち駈けずり回されるシーンがいつまでも続くのに辟易した。誘拐ものの割に梓ちゃんの存在が薄く、過去の死亡事故の謎を解くほうがメインなので、そのへんのメリハリはあったかな。終盤はさすがに読ませる展開で、意外な結末に少しテンションも戻りつつ。でもやっぱこの動機はないだろ。せめてもの、犯人の人物像をもっと掘り下げようよ。警察がゴミすぎて後味も悪いし。。あ、でも、ラストシーンはじんときた。


う〜ん、薬丸作品とは思えない題材だし、彼にしては平凡な作品。これ読むなら過去作再読する方がまだいいわぁ。

この記事に

開く コメント(8)

イメージ 1

米澤穂信著。集英社。

堀川次郎は高校二年の図書委員。利用者のほとんどいない放課後の図書室で、同じく図書委員の松倉詩門(しもん)と当番を務めている。背が高く顔もいい松倉は目立つ存在で、快活でよく笑う一方、ほどよく皮肉屋ないいやつだ。
そんなある日、図書委員を引退した先輩女子が訪ねてきた。亡くなった祖父が遺した開かずの金庫、その鍵の番号を探り当ててほしいというのだが……。

放課後の図書室に持ち込まれる謎に、男子高校生ふたりが挑む全六編。
爽やかでほんのりビターな米澤穂信の図書室ミステリ、開幕!(紹介文引用)


ホノブの新刊。平凡な、高校二年生の図書委員男子二人による、本と鍵にまつわる事件に絡んだ連作ミステリ。

金庫の鍵の暗号を推理したり、美容室のロッカーにまつわる事件を暴いたり、不良生徒にかけられたテスト問題窃盗事件を解決したり。ヒマな図書委員二人に次々と先輩や後輩が「頼みごと」をする。他人の嘘の根底には真っ当なものがあると信じる堀川次郎と、笑顔で近づいてくる人には裏があると考える松倉詩門。米澤作品に必ずはまる、「ちょっと達観した、ちょっと冷めた視線」で人生を捉えている若者の姿が今回も生きていた。少し小市民シリーズに被る気もしたが、キャラクターがあまり立っていないようでいて、実は物語が進むにつれ各々の個性が見えてくる構成だと判明。見事だった。最初は松倉がほぼ探偵役だよなあと思わせて、次郎の能力は別にあり、松倉がそれを引き立てていくという憎い展開。


普通に謎を推理し解決するだけではなく、その問題を依頼した人間にさらに裏の思惑があるというスタイル。それが悪か善かはそれぞれ違うが、ここまで人間の悪を見せつけられ続けると「次のコイツもそうなのだろう」と思ってしまう自分に対して、ちょっとした牽制がある。たとえば自殺した友人が最後に読んでいた本を探す「ない本」。考えすぎかもしれないが、それすらも作者の狙いなのだとしたら。

シリーズにするにはビターすぎる結末かもしれないが、私はここで終わらせていいとは思わない。続編希望。

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

若竹七海著。文春文庫。

女探偵・葉村晶は尾行していた老女・石和梅子と青沼ミツエの喧嘩に巻き込まれる。ミツエの持つ古い木造アパートに移り住むことになった晶に、交通事故で重傷を負い、記憶を失ったミツエの孫ヒロトは、なぜ自分がその場所にいたのか調べてほしいと依頼する―。大人気、タフで不運な女探偵・葉村晶シリーズ。 (裏表紙引用)



みんな大好き葉村晶シリーズ第5弾(あれ?もっとある気がしてたけど。。)。いつも文庫で出るのでありがたや。

今作の晶さんも読者の期待通り、満身創痍(笑)。愛用の大事な大事な本棚まであんなことこんなことに。いつも通りながら、登場人物が多く人間関係が複雑に絡み合っているので必死でメモを取った。まずは青沼ミツエと石和梅子の老婆コンビの大喧嘩に巻き込まれて大怪我するでしょ、ミツエの孫ヒロトの依頼を引き受けようとしたらアパート火災でしょ、元大家・巴さんの死んだ妹の娘がなんだかややこしいことになって晶さんがとばっちり食らうでしょ、同アパートの瑠宇さんが色ボケして訳わからん頼みごと持ってくるでしょ、あとは怪しい喫茶店を調べてたら凄い秘密が暴かれたり、刑事の当麻(この人めっちゃ嫌い!)にいじわるされたり。。。

多分書ききれてないけど、これが全部最後に繋がっちゃうんだからやっぱ凄い。ココとココは目くらましだろう、ミスリードだろう、と思ってもそうじゃないのが若竹作品なんだよねえ。晶さんを襲った人物の動機には呆れるしかないし、青沼一家の不幸体質(自業自得とはいえ)には他人事ながらヘコむばかり。唯一良かったのは、瑠宇さんとあの人の意外な結末かな(笑)。見ててこっちが恥ずかしいわ。


頭使う作品だったけど、やっぱこのシリーズいいな〜。大好きだ〜(晶さんの加齢による体調が心配だけど。年齢近いだけに)

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

柚木麻子著。創元推理文庫。

豊かな想像力を武器に老舗おもちゃ会社で敏腕プランナーとして働く富田宝子。彼女は取引先のデザイナー西島に5年も片想いをしており、気持ちを伝えられずにいる。彼に次々と降りかかる災難を、持ち前の機転とおもちゃを駆使し解決していくが、西島は宝子の奮闘にまったく気がつかず?!自分の心にねじを巻けるのは、自分だけ。宝子が自分の心を解放したとき彼女を待つ未来は―。 (裏表紙引用)



柚木さんの文庫新刊。え、創元社?とビックリ。読んでみるとまあ納得なのだけど。片想い探偵というのかおもちゃ探偵というのか、ライト感覚のミステリとなっているので。

ん〜〜〜〜〜〜〜柚木作品にしてはパンチが弱いというか、かと言って感動系ほっこり系でもないというか、、中途半端でイマイチ。好きな人のためにスリの練習をしたり貯水タンクを撤去させたりとヒロイン宝子の痛々しさは爆発的なのだが魅力に欠ける。容姿も悪くなさそうで、仕事もできて、夢があって。もっと思いっきりイタイ奴だったら読めたのに。相手役の西島くんも、伊藤くん(A to E)ぐらいダメンズだったら面白かったのになあ。貯金がなくてちょっとだらしなくて、でも穏やかで、、ってねえ。宝子に恋した目黒刑事?の方がずっといい男だと思うのだが。。ああもったいない。でも恋ってそういうものか。

ミステリ的には「んな突拍子もない真相あるかいな」の連続で、ああミステリ向きじゃないなこの作家さんと思ってしまった。サプライズを出せばいいってもんじゃないのよね。。

最終話がもう少し盛り上がれば評価も違ったろうが。。。これではね。文句ばっかりになってしまったけど。まあ軽い気持ちで読む分にはいいかと。おもちゃの世界ってすごい。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(1)

全24ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事