すべてが猫になる

期限があると読書ペースが上がる(はっけん)。

国内<や〜わ>作家

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全23ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

柚木麻子著。創元推理文庫。

豊かな想像力を武器に老舗おもちゃ会社で敏腕プランナーとして働く富田宝子。彼女は取引先のデザイナー西島に5年も片想いをしており、気持ちを伝えられずにいる。彼に次々と降りかかる災難を、持ち前の機転とおもちゃを駆使し解決していくが、西島は宝子の奮闘にまったく気がつかず?!自分の心にねじを巻けるのは、自分だけ。宝子が自分の心を解放したとき彼女を待つ未来は―。 (裏表紙引用)



柚木さんの文庫新刊。え、創元社?とビックリ。読んでみるとまあ納得なのだけど。片想い探偵というのかおもちゃ探偵というのか、ライト感覚のミステリとなっているので。

ん〜〜〜〜〜〜〜柚木作品にしてはパンチが弱いというか、かと言って感動系ほっこり系でもないというか、、中途半端でイマイチ。好きな人のためにスリの練習をしたり貯水タンクを撤去させたりとヒロイン宝子の痛々しさは爆発的なのだが魅力に欠ける。容姿も悪くなさそうで、仕事もできて、夢があって。もっと思いっきりイタイ奴だったら読めたのに。相手役の西島くんも、伊藤くん(A to E)ぐらいダメンズだったら面白かったのになあ。貯金がなくてちょっとだらしなくて、でも穏やかで、、ってねえ。宝子に恋した目黒刑事?の方がずっといい男だと思うのだが。。ああもったいない。でも恋ってそういうものか。

ミステリ的には「んな突拍子もない真相あるかいな」の連続で、ああミステリ向きじゃないなこの作家さんと思ってしまった。サプライズを出せばいいってもんじゃないのよね。。

最終話がもう少し盛り上がれば評価も違ったろうが。。。これではね。文句ばっかりになってしまったけど。まあ軽い気持ちで読む分にはいいかと。おもちゃの世界ってすごい。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

柚木麻子著。文春文庫。


商社で働く志村栄利子は愛読していた主婦ブロガーの丸尾翔子と出会い意気投合。だが他人との距離感をうまくつかめない彼女をやがて翔子は拒否。執着する栄利子は悩みを相談した同僚の男と寝たことが婚約者の派遣女子・高杉真織にばれ、とんでもない約束をさせられてしまう。一方、翔子も実家に問題を抱え―。友情とは何かを描いた問題作。第28回山本周五郎賞&第3回高校生直木賞を受賞!(裏表紙引用)

高校生直木賞ってなんだろ?

女の友情を描いた物語だということでワクワクして読み始めたが、これはガッカリ。柚木作品特有の、「わかるわかる、こういう女いるよね〜」みたいな共感が全くなかった。他人と距離が掴めず女友達が出来ない女性、というのはリアルに存在するとは思うが、その人らだって別に異常だからじゃないでしょ〜。

「デキるOL」栄利子には友だちがいない。いたこともない。だけど誰よりも女友達を欲していて、たまたま見つけた主婦ブロガー・翔子に執着する。数回会っただけで更新止まったから家まで来るとか、飲食店で大声で相手の欠点をあげつらって攻撃するとか果ては恐喝して旅行に付き合わせるとか・・・もう読んでて有り得なさすぎてウンザリ。やり過ぎるとつまんないんだよね、こういうの。こんなやつ絶対いないもん。

対する翔子のほうは、まあリアルにいるかもなレベル。ぐうたら主婦ブログで人気って設定なんだけど、かなり疑問だったなあ。このブログ、いいか?手抜きや緩さを肯定する、というスタンスはいいと思うけど・・・家事をやらないというのは・・・ゆとりって何もしないことじゃないでしょ。まあ気づいたようだからいいけど(上から)。

って、結構すごいヒロイン2名の物語なんだけど、脇役の方がすごかったっていう(笑)。栄利子の会社の派遣OL、真織の変貌ぶりに恐怖・・・いやいや、もうホラーだからこれ。これこそこんなやつおらんやろ〜!

かなり歪な友情物語(なのか?)で、女の友情に対する結論、みたいなものもなんだか腑に落ちない。いや、そういう人がほとんどではないだろうか。「友情とは!」って物事を大きく考えすぎてるのに「かつての親友と久しぶりに会っても次の約束はない、そんなものだ」って。それ人によるだろう・・・。100か0じゃないから、人間関係って。

創作と作者の中身は切り離されていることを願う。

この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(1)

イメージ 1イメージ 2

薬丸岳著。光文社文庫。

少年院入所時の知能検査でIQ161以上を記録した町田博史。戸籍すら持たぬ数奇な境遇の中、他人を顧みず、己の頭脳だけを頼りに生きてきた。そして、収容された少年たちと決行した脱走事件の結末は、予想だにしなかった日々を彼にもたらすこととなる―。一方、闇社会に潜み、自らの手を汚さずに犯罪を重ねる男・室井は、不穏な思惑の下、町田を執拗に追い求めていた。(上巻裏表紙引用)


薬丸さんの超大長編。文庫にして1100ページ強の大作。順番としては「Aではない君と」の前なんだけど、長かったからじゃないよ先月行きつけの本屋に下巻だけなかったからだよ(誰に言い訳)。

いつも社会問題に切り込んだ作品を精力的に描かれている薬丸さんだが、本作は少し毛色が違う。虐待により戸籍を与えられなかった青年・町田が壮絶な人生を経験し、やがて人間らしい心を取り戻してゆく物語。直感像記憶という本を読めばその内容をほぼ記憶する能力を持つ町田。羨ましいな。その知能指数の高さゆえに、裏社会では重宝され、振り込め詐欺などの犯罪を犯してきた。やがて罠にはめられ、殺人犯として少年院に収容される。

また、タメイドラッグの御曹司・為井は弟が会社を継ぐことになり気が塞いでいた。何か人の役に立つことをして、会社を経営し父や弟を見返したいという思いから行動を起こす。画期的な合成樹皮を発明した男と、ひそかに憧れていた晶子と共に。そして運命は町田と為井を引き合わせた。

――と、いう流れ。様々な人々が交差し、町田と為井に累が及ぶ。闇社会って本当に恐ろしいな。一度関わったら抜けられない怖さを感じる。組織のトップ室井はまるで宗教の教祖のようで、社会をより良くするために幸福な人を不幸にするという詭弁が腹立たしかった。自分というものが確立していない人や寂しい人が取り込まれてしまうのだろうか。整形したり愛人になったりと利用されている雨宮の姉を見ていたら強くそう思った。

町田が楓や為井らと出会い、頑なだった性格が徐々に変わっていくのが本当に嬉しかった。為井の会社がどんどん大きくなり、やがて崩壊していく様は少し池井戸潤の作品を思い起こさせたなあ。会社経営とか読むのが好きみたい、自分。

多くの出来事が年数をかけ変わってゆくが、この作品で薬丸さんが描きたかったのは更生と人と人の絆だと思う。必ずしも知能が高ければ優れた人間だというわけではないということ。どんなに孤独で絶望していても、人は一人でも自分を必要としてくれる人が現れたときにチャンスに恵まれるのだと思う。薬丸作品の中でも1、2を争う傑作。

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

薬丸岳著。講談社文庫。

あの晩、あの電話に出ていたら。同級生の殺人容疑で十四歳の息子・翼が逮捕された。親や弁護士の問いに口を閉ざす翼は事件の直前、父親に電話をかけていた。真相は語られないまま、親子は少年審判の日を迎えるが。少年犯罪に向き合ってきた著者の一つの到達点にして真摯な眼差しが胸を打つ吉川文学新人賞受賞作。 (裏表紙引用)



薬丸さんの吉川文学新人賞受賞作。これが代表作の1つになりそうだな、というぐらいの力作だった。タイトルを見て、かの告白本?が物議を醸したあの元少年Aが頭に浮かんだけれど、無関係。いや、全く共通点がないわけではないけれど、物語的な関連はなし。

本書は少年犯罪、それも加害者側の視点に立った物語。描きようによっては批判の種になりかねない題材だけど、加害者本人よりもその父親の立場としての苦しみや葛藤がメインなので責める心境にはなれないというか、これ以上追い詰める権利が他者にあるのかと疑問が生まれた。私は多くの一般の人々と同じく少年といえど殺人を犯した人間は成人と同じく罰するべきだと思うし更生にばかり目を向けた今の法制度に憤りを感じることもある。そして犯罪を犯した子どもの親は愛情をかけなかったからだとか育った環境が悪いのだと訳知り顔で論じたりもしてきた。

その成否はともかくとして、この作品を読む限りはそんなことは他人に分かることではないし、更生=社会的制裁を受けないわけではない、ということが身に染みた気がする。更生しながらも、犯した罪の罰を受け続ける。更生したから罰から逃れられるかと言ったらまた別の話。職場の人間に知られたら追い出されて当たり前だし、好きな人が出来ても自分の全てを打ち明けられるわけではない。それが一生続く。

この物語の加害者・翼には罪を犯す理由があった。こころと身体、どちらを殺したほうが悪いのかという子どもの訴えに父親は身を切るような想いをしながら最後には答えを出す。被害者には更生する機会もないし、その親はもう更生する姿を見ることも叶わない。その一点に本当に気づけたならば更生の第一歩だと思う。

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

若竹七海著。中公文庫。

長野県警から警視庁へ出向中の御子柴刑事。おおむね平穏な生活を送っていたものの、暮れも押し詰まってから次々と事件が発生。さらには凶刃に襲われて!相棒の竹花刑事は異変を察知し、御子柴のもとに駆けつけるが…。御子柴くんの身に危険と大きな変化がおとずれる、スイーツ&ビターなミステリー第二弾。 (裏表紙引用)



「甘味と捜査」に続く、御子柴くんシリーズ第二弾。前回活躍した小林警部補は定年を迎えて出演なし。。小林さんいないと「小林さんに電話して解決」っていう前作の特色がなくなって迷走すると思うのだが。スイーツの要素は添え物みたいなものだしね。

今回は御子柴くん、作者に苛められます。一話の冒頭からいきなり刺されて瀕死っていう。復活してからも腫れ物に触るような扱いをされ、千曲川署の「地域生活安全情報センター」のセンター長に抜擢?されるという。なので今回はほとんど舞台はそこ。御子柴くんの得意仕事だったスイーツのお土産選びほとんどなし。お菓子は出てくるけどね。

それぞれのお話は、各話ごと2つ3つの事件が絡まりあって、遠距離同士の竹花刑事と連絡を取り合って解決するという流れ。つまり、前作とパートナーが変わったという解釈でいいのかな。ちゃんと御子柴くんが刺されたり女装したり(え?)活躍します。結構どれもややこしいので読んでいて疲れるけど、時代を反映した事件や人々を描いているしキャラも立っているので楽しめる。

でももうちょっとバディ感と甘味要素欲しいかな。

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(1)

全23ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事