海外<ア〜オ>作家

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全14ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

ハーラン・エリスン著。伊藤典夫訳。ハヤカワ文庫。

25万年の眠りののち、病み衰えた惑星“地球”によみがえった男の数奇な運命を描き、ヒューゴー賞/ローカス賞に輝いた表題作「死の鳥」、コンピュータ内部に閉じこめられた男女の驚異の物語―「おれには口がない、それでもおれは叫ぶ」、初期の代表作「「悔い改めよ、ハーレクィン!」とチクタクマンはいった」など、半世紀にわたり、アメリカSF界に君臨するレジェンドの、代表作10篇を収録した日本オリジナル傑作選。 (裏表紙引用)



何度も「火の鳥」って書きそうになった。。ハーラン・エリスン2冊目。「〜愛を叫んだけもの」(長編)はそれほど印象に残っていないんだが、この短編集はめちゃくちゃ自分好みだった。文体がカッコイイって書いてる人多いけど、本当にそう。タイトルもいちいちカッコ良くて、目次だけで詩集になりそう。

では10編中面白かったものを(ほとんどだが)。

「『悔い改めよ、ハーレクィン!』とチクタクマンはいった」
遅刻したらその分の寿命を削除される方策。チクタクマンのオフィスで心臓プレートが消去されると死んでしまうらしい。道化師の格好をして人の嫌がらせをしているエヴァレットをチクタクマンが探してる…。あらすじだけでもう面白い。「一九八四年」と同じく、反逆と革命の物語。政府の矛盾を突いたオチがいい。

「竜討つものにまぼろしを」
避けられない悲劇的な事故死を遂げた男が、死後の世界で旅をし魔物を倒し女の愛を射止めようとする話。彼が「背後から刺す」卑怯な人間だと判断され、天国にいるに値しない人間に貶めたってことかと解釈。

「おれには口がない、それでもおれは叫ぶ」
知能を持つコンピュータの腹の中に閉じ込められて109年。生き残った5人は不死となり、改造され、アイデンティティを奪われ、台風や地震や怪物に襲われる。こうなると死んだほうが幸せだろうが、主人公がああいうことになっても反逆心を失わないのは戦争やコンピュータ社会に対する作者の警告なんだろうか。

「プリティ・マギー・マネーアイズ」
これはタイトルいまいちかな?ギャンブル狂の男が、スロットマシン内部の別世界にいる女につなぎとめられ愛し合う。こういう闇世界?裏の業界?同士の関係って、最初から破滅の匂いがする。こういう場合の女性は必ず悪魔か魔物。欲渦巻く世界に未来はないのかも。

「世界の縁にたつ都市をさまよう者」
娼婦を次々殺害し解体する男は未来の3077年の世界に呼ばれた。無菌で清潔な都市は彼が理想とするものだったが、殺人では素晴らしい世界を成し得ないということなのかな。

「死の鳥」
超絶難解。蛇の姿に変えられた男(アダムとイブのアダム)がひとり終末を迎える話。聖書の引用や出題などなど、さすがにこれはそっち方面の知識がないと読みこなせない。最後のマーク・トゥエインがわからない。でも意味がわからないなりにも感覚的には楽しめたかも。

「鞭打たれた犬たちのうめき」
殺人現場を目撃した女性ベスは何もしなかった自分を見つめる窓辺からの目を意識する。って、そこからこんな展開になる??すごい発想力だ。暴力が接触の最たるものだなんて。。つまりその逆が作者のメッセージかな。

「北緯38度54分、西経77度0分13秒 ランゲルハンス島沖を漂流中」
ランゲルハンス島=膵臓、タイトルの場所はホワイトハウス、ってこれ常識なの???解説を読んでからやっとイメージが湧く難解さ。自分の体内を放浪するってこれがほんとの自分探し。。

「ジェフティは五つ」
五歳から見た目も中身も成長しない友人、ジェフティ。ジェフティのラジオからは、昔の懐かしいラジオドラマが流れ、彼と映画館に行くと古い名作が楽しめる。夢みたいな郷愁溢れるお話だが、悲しい悲しい結末。人は過去にとどまってはいけないということ?


以上。世間が言うほど読みにくくもないし、すべてが難解でもない。読むほどに「これはこういうことかな」と自分の感じたことがどんどん広がっていく感覚だった。発想はすごいが内に込められたテーマやメッセージはごく普遍的なものなので、難しい作家だと最初から敬遠する必要はないと思う。先日読んだイーガンの短編集が「面白い!」だとすればこちらは「カッコイイ!好き!」ぐらいの違い。

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

グレッグ・イーガン著。山岸真訳。ハヤカワ文庫。

12歳の誕生日をすぎてまもなく、ぼくはいつもしあわせな気分でいるようになった…脳内の化学物質によって感情を左右されてしまうことの意味を探る表題作をはじめ、仮想ボールを使って量子サッカーに興ずる人々と未来社会を描く、ローカス賞受賞作「ボーダー・ガード」、事故に遭遇して脳だけが助かった夫を復活させようと妻が必死で努力する「適切な愛」など、本邦初訳三篇を含む九篇を収録する日本版オリジナル短篇集。 (裏表紙引用)




グレッグ・イーガン初挑戦。「理系ハードSFの極北」と言われては気になりつつ何年も気が引けてもしょうがない。ということで、失敗のないように一応読メで「グレッグ・イーガンのおすすめランキング」1位に従って読んでみた。大正解だったな。失敗したとすれば、もしかしていきなり1番面白い作品読んじゃったかもしれないこと(いやだからそれを選んだんだがね)。



「適切な愛」
列車事故で脳以外の体を損傷した夫。体内に夫の脳を宿せるかどうかに否という選択肢がないのは、それが「適切な愛」だから――。もう感情の時代じゃない、でもそれは人間として間違いだ、ってことかな。

「闇の中へ」
黒いドーム型の吸入口がランダムに出現するようになった世界。ランナーと呼ばれる主人公たちはドームに取り込まれてしまう人々を助ける役割だが――。人々の死に様や焦りや恐怖ツアーズってところ。アクションムービーっぽい!

「愛撫」
人間と豹の融合。「愛撫」という絵画を現実にするためにキメラを作るってもう狂ってるな。強化剤で職業に適した身体を作る時代、あまりに合理的が過ぎると人間おかしくなるんじゃないだろか。

「道徳的ウイルス学者」
浮気者、同性愛者、レイプ魔は事をいたすと死んでしまうウイルスを作り出した学者・・・が、狂った話。一見理想的だけど、物事を極端に構える人って矛盾だらけなんだよね。1番好きなお話。

「移相夢」
人間の身体が衰えると、ロボットに脳を移し生き長らえることができる。その移動中?に夢を見るらしい。人間は身体が死んだら死ぬのか。永遠のテーマだね。

「チェルノブイリの聖母」
タイトルでネタを割っているのが残念だなあ。なかなかミステリチックなのに。そう、原発事故の話。人間の愚かさが浮き彫りになる、ある絵画の謎に迫る。

「ボーダー・ガード」
この量子サッカーの延々と続くくだりは全くもってサッパリわからん。宇宙の位相幾何学だって。ふーん。へーえ。人間が危害(痛み)の感覚を身体から切り離せるとか、肉体を交換して生き続けられるとか、ユートピアの定番だね。結局「神」の身になったとて足りないものはあるってことで。

「血をわけた姉妹」
一卵性双生児の姉妹が同じウイルスに感染した。全く別々の人生を歩んで来たのに、死だけは同じ運命なのか――しかし死んだのは片方。薬を調べたら衝撃の真相が。。。これはまじで面白い。DNAは同じでも別の人間ってこと。

「しあわせの理由」
幼い頃の脳腫瘍がたたり、手術で人工的にしあわせを感じることが可能となった青年。この異性に興奮するようにレベルを調整とか、なんだか凄い便利。結局人間はナチュラルがベストで、作られたものには拒否反応を起こすんじゃないだろか。


以上。傑作集なのかな?ハズレなし、どの話も本当に面白かった。難しい理系の話も時折混ざるのだけど、それだけじゃないのが良かった。設定だけでも楽しいのに、ストーリー自体は恋愛ものだったり家族愛だったり生きる意味だったりと一般的で普遍的なテーマしか扱っていない印象。「もし○○だったら〜」の世界だね。ラストがどれもあんま上手いこと言えてないのだけが欠点かな(笑)。

この記事に

開く コメント(6)

イメージ 1

ジョージ・オーウェル著。高橋和久訳。ハヤカワ文庫。

“ビッグ・ブラザー”率いる党が支配する全体主義的近未来。ウィンストン・スミスは真理省記録局に勤務する党員で、歴史の改竄が仕事だった。彼は、完璧な屈従を強いる体制に以前より不満を抱いていた。ある時、奔放な美女ジュリアと恋に落ちたことを契機に、彼は伝説的な裏切り者が組織したと噂される反政府地下活動に惹かれるようになるが…。二十世紀世界文学の最高傑作が新訳版で登場。 (裏表紙引用)



言わずと知れたSF作品の名作で、「読んでおくべき100冊」にも必ずランクインされている本書。イギリスでは「読んだことにしている本1位」なんだとか(笑)。まあ確かにこれを通読するのにはある程度のリテラシーが必要なんだろうな。私自身、第3章までは割とムリして読んでいた。


舞台は近未来のイギリス(架空国家オセアニア)。世界はオセアニア、ロシア、中国の三国で成り立っており、真理省に勤めるウィンストンは歴史の改竄に従事。完全なる監視と不自由を強いられる社会で日々反逆心を募らせていた。ある日同じ思想を持ったジュリアと出会ったウィンストンは、仲間と共に反政府運動に参加するが――。というお話。


二重思考、思考警察、ニュースピーク語、二分間憎悪、表情犯罪などというパワーワードが溢れる。その言葉が出てきても「説明しよう、思考警察とは――」みたいな文章は入らないので自力で意味を補完するしかない。特に第1章、第2章は政治小説の色が濃くひたすら説明が続き物語が動かないので苦行。

第2章までは1948年に描かれただけあって流石にもう斬新さはない、骨董的価値な意味合いの名作ということではないのかと思っていたのだが――第3章が激アツだった。読むに堪えない拷問に次ぐ拷問描写、人としての尊厳を奪われ洗脳されていくウィンストン。彼はどうなるのだろうか。この国の未来は。ウソばかりの政治家、自分の身に直接降りかからなければ良いと深く物事を考えたくない国民、必要性のある売春、悲劇的格差、フィクションであるはずのディストピアはまるごとどこかに似ていないか。


エンターテインメントとして期待すると返り討ちに遭う作品かもしれないが、時代を越えて読み継がれる作品をナメてはいけなかった。面白かった。

この記事に

開く コメント(4)

イメージ 1

ジョー・イデ著。熊谷千寿訳。ハヤカワ文庫。

ロサンゼルスに住む黒人青年アイゼイアは“IQ”と呼ばれる探偵だ。ある事情から大金が必要になった彼は腐れ縁の相棒の口利きで大物ラッパーから仕事を請け負うことに。だがそれは「謎の巨犬を使う殺し屋を探し出せ」という異様なものだった!奇妙な事件の謎を全力で追うIQ。そんな彼が探偵として生きる契機となった凄絶な過去とは―。新たなる“シャーロック・ホームズ”の誕生と活躍を描く、新人賞三冠受賞作! (裏表紙引用)



黒人が探偵役のミステリーということで珍しいなと思って読んでみた。表紙もカッコ良かったし、作者が日系アメリカ人というところにも惹かれたので。

主人公アイゼイアは自分のイニシャルとそのホームズばりの推理法(観察力と知識)から「IQ」と呼ばれている。彼には親代わりの最愛の兄マーカスがいたが、交通事故で亡くしてしまう。犯人は捕まらなかった。兄を殺した犯人を追うアイゼイア。さらにアイゼイアは過去に関わった事件以来、重大な障害を負った少年の介護に力を入れている。そのアイゼイアが金策の一貫としてギャングのドットソンと組み、あるラッパー殺害未遂事件を捜査することになるが…というお話。


実は、絶望的に合わなかった。3週間くらいかけて1日数ページずつ読んでなんとか読了した。そんな読み方をしたもんだから、過去と未来が交互に語られるこの構成も今未来なのか今なのかこんがらがってばかり。そして一度こんがらがったらもう戻せないっていう。ラッパーのみならず、とにかく固有名詞の羅列が多いんだよねえ、この作品。黒人街で育った作者らしくそれが雰囲気作りに功を奏しているのはわかるし、汚い言葉もリアリティがあって好きな人は好きだと思うのだが。追っている事件が地味だし、マーカスの過去もそれほどそそられないんだよなあ。主人公が17歳ってのがネックだった。その年齢ならそりゃ他のサスペンスの主人公みたいな壮絶な体験してないわな。主人公がクールで相棒がすぐ切れるナイフみたいな感じなのでその対比は面白いかも。

ラストがちょっと思わせぶりに終わるんだよね。これじゃ先が気になっちゃうじゃん(ほんとにコレ疲れたからもう読まないけどさ)。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1イメージ 2

デイヴ・エガーズ著。吉田恭子訳。ハヤカワ文庫。

世界一と評されるインターネット企業、サークル。広々とした明るいキャンパス、信じられないほど充実した福利厚生、そして頭脳と熱意と才能をかねそなえた社員たちが次々に生み出す新技術―そこにないものはない。どんなことだって可能なのだ!サークルへの転職に成功した24歳のメイは、新生活への期待で胸をいっぱいにして働きはじめるが…。エマ・ワトソン主演映画化。SNSとウェブの未来を予言するサスペンス。 (裏表紙引用)


映画の何倍も面白かった、文体も海外作品とは思えない読みやすさ。

SNSに支配された社会を実現するという非常に興味のある題材。頭の回転が速く親しみやすい美人のヒロイン・メイがエマ・ワトソンで、これがまたピッタリハマったなと。


憧れの会社「サークル」に入社しCEに配属され、初日から大活躍のメイ。毎日のように開催されるパーティ、料理教室、ゲーム、コート、ビュッフェにテンションMAXになるのは分かる。

ブランチに来ないと問題にされ、何百とつくメッセージを読み返信し、ニコマークを付けてまわり、何万人という社員や世界と繋がり合うと社内ランキングが上がる仕事なんて地獄に来たとしか思えないんだが…。カヤックをやったならなぜSNSにアップしなかったんだと言われ、会ったばかりの人に20分後メッセージを山と送りつけられ、返信がないと催促され…。挙句「透明化」の名のもと、カメラを一日中付けられ全世界に自分の全てを晒し始終何千というコメントをもらいながら生活するなんて正気の沙汰じゃない。お腹壊したらどうすんの?好きな人が出来たら?それすら秘密にすべきでないなんて、情報を独り占めすることは犯罪だなんて詭弁中の詭弁だろう。

その息苦しさにメイが気づき破滅していくストーリーなのかと思ったら、このメイがイライラするほどの愚か者でむしろそれを楽しんでいる様子。まるで宗教。

極端な世界を構築することによって、情報社会の落とし穴や全てを明瞭にすることの恐ろしさをむき出しにした作品なんだろうと思う。その証拠に壊れていくメイの両親や友人、元彼たち。全てが実名化したからって愉快犯はいなくならないだろうし、どこにでも付けられるバレないカメラなんて犯罪の匂いしかしない。まあそこは手厚いのでやったらバレるんだろうけど。それで全ての人々が正しい道を行くなんて理想にも程があるな。犯罪者の識別とか、投票の義務化とか、実現してもいいんじゃ?と思うものも多々あったが(プライバシーや自由の権利を考えたら無理)…。

SNSで毎日全世界に自分の食べたものや好きなものを投稿している人間が、それを大舞台で衆人環視の中データ表示され紹介されたらなぜあれほど恥ずかしいのか。そこにこの作品が伝えたいことのヒントがあるんじゃないかと思った。私は承認欲求を悪いこととは思わないが、この世界が透明化に追いつく日は多分来ない。誰かが、主張していいものと悪いものの区別を付けられないうちは。

この記事に

開く コメント(4)

全14ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事