海外<ア〜オ>作家

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1イメージ 2

デイヴ・エガーズ著。吉田恭子訳。ハヤカワ文庫。

世界一と評されるインターネット企業、サークル。広々とした明るいキャンパス、信じられないほど充実した福利厚生、そして頭脳と熱意と才能をかねそなえた社員たちが次々に生み出す新技術―そこにないものはない。どんなことだって可能なのだ!サークルへの転職に成功した24歳のメイは、新生活への期待で胸をいっぱいにして働きはじめるが…。エマ・ワトソン主演映画化。SNSとウェブの未来を予言するサスペンス。 (裏表紙引用)


映画の何倍も面白かった、文体も海外作品とは思えない読みやすさ。

SNSに支配された社会を実現するという非常に興味のある題材。頭の回転が速く親しみやすい美人のヒロイン・メイがエマ・ワトソンで、これがまたピッタリハマったなと。


憧れの会社「サークル」に入社しCEに配属され、初日から大活躍のメイ。毎日のように開催されるパーティ、料理教室、ゲーム、コート、ビュッフェにテンションMAXになるのは分かる。

ブランチに来ないと問題にされ、何百とつくメッセージを読み返信し、ニコマークを付けてまわり、何万人という社員や世界と繋がり合うと社内ランキングが上がる仕事なんて地獄に来たとしか思えないんだが…。カヤックをやったならなぜSNSにアップしなかったんだと言われ、会ったばかりの人に20分後メッセージを山と送りつけられ、返信がないと催促され…。挙句「透明化」の名のもと、カメラを一日中付けられ全世界に自分の全てを晒し始終何千というコメントをもらいながら生活するなんて正気の沙汰じゃない。お腹壊したらどうすんの?好きな人が出来たら?それすら秘密にすべきでないなんて、情報を独り占めすることは犯罪だなんて詭弁中の詭弁だろう。

その息苦しさにメイが気づき破滅していくストーリーなのかと思ったら、このメイがイライラするほどの愚か者でむしろそれを楽しんでいる様子。まるで宗教。

極端な世界を構築することによって、情報社会の落とし穴や全てを明瞭にすることの恐ろしさをむき出しにした作品なんだろうと思う。その証拠に壊れていくメイの両親や友人、元彼たち。全てが実名化したからって愉快犯はいなくならないだろうし、どこにでも付けられるバレないカメラなんて犯罪の匂いしかしない。まあそこは手厚いのでやったらバレるんだろうけど。それで全ての人々が正しい道を行くなんて理想にも程があるな。犯罪者の識別とか、投票の義務化とか、実現してもいいんじゃ?と思うものも多々あったが(プライバシーや自由の権利を考えたら無理)…。

SNSで毎日全世界に自分の食べたものや好きなものを投稿している人間が、それを大舞台で衆人環視の中データ表示され紹介されたらなぜあれほど恥ずかしいのか。そこにこの作品が伝えたいことのヒントがあるんじゃないかと思った。私は承認欲求を悪いこととは思わないが、この世界が透明化に追いつく日は多分来ない。誰かが、主張していいものと悪いものの区別を付けられないうちは。

この記事に

開く コメント(4)

イメージ 1イメージ 2

ユッシ・エーズラ・オールスン著。鈴木恵訳。ハヤカワ文庫。

第二次世界大戦末期。英国軍パイロットのブライアンとジェイムズはドイツ上空で撃墜される。かろうじて生き延びたものの、ここは敵国の只中。追手から逃れるべく傷病者を搬送する病院列車に潜入した彼らは、ドイツ軍の将校になりすまして脱出の機会を窺う。だがナチスの精神病院“アルファベット・ハウス”でふたりを待ち受けていたのは、恐るべき危機の連続だった!“特捜部Q”シリーズの著者による類まれなる傑作! (裏表紙引用)



「特捜部Q」で人気の作者のデビュー作。

お互い親友同士のブライアンとジェイムズがドイツの病院列車に身を隠すところから物語は始まる。イギリス人である2人がお互い他人のふりをしてドイツの高級将校になりすまし、仮病を使い、脱出の機会を伺う。生きるために死体を走る列車から突き落としたり、他人が刺していた点滴針を自分に刺したり、爪の垢で血液型を記す刺青を入れたりと正気じゃないシーンがてんこ盛り。電気ショックだのビンタだの酷い虐待も相次いで、やはりというか軍人同士の暴力も蔓延していて読んでいてかなりキツイ。

それでもまあ病院列車=アルファベット・ハウスでの奮闘はまるでシドニィ・シェルダンばりのピンチに次ぐピンチの連続で面白かったのだが、片方が脱出に成功し片方が列車に置き去りにされ、そこから28年の歳月が経つ第二章からがどうにも読みづらくていけない。アルファベット・ハウスで恨みを買ったから復讐される、っていう単純な構造ではないし。お互いがお互いを誤解しているから全員が実態のない人間を慕い、恨んでいる感じ。

ラスト次第では胸をなで下ろせるかなと期待していたのだが、あまり理解できる終わり方ではなかったなあ。戦争が引き裂いた友情といえばそれまでなのだけど、もうあまりにも世界が違いすぎて虚しい。


当たり前のように手を出してしまったが、つくづく自分はジャンル>作家読みの人間なのだと思った。戦争ものではなくヒューマンドラマなのは分かるが、舞台や背負っているものがそれである以上、苦手な分野の範疇であることに変わりはない。まだミステリの要素でもあれば良かったけど。好きな人は好きな作品なのだとは思うが、やっぱ自分は特捜部だけでいいや。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1イメージ 2

ユッシ・エーズラ・オールスン著。吉田奈保子訳。ハヤカワ文庫。

コペンハーゲン警察の特捜部Qは未解決事件を専門とする部署だ。ある日ここに一本の電話が入った。けんもほろろに応対したカール・マーク警部補は翌日、電話をかけてきた老警官が、自分の退官式で自殺したと知る。17年前、少女が轢き逃げされ、木から逆さ吊りになり絶命しているのが見つかった事件があった。その事件に取り憑かれていた老警官には、Qが最後の頼みの綱だったのだ。仕方なくカールは重い腰をあげるが…。シリーズ第6弾! (裏表紙引用)


特捜部Qシリーズ第6弾。早いもんだ。いつも今度の表紙は何色なのかなと楽しみにしているが、今回は黒でカッコイイねー。

で、今回の事件はいつもよりなんとなく緩い。17年前、ボーンホルム島ラネ署の警官、ハーバーザートがある日木の上で逆さ吊りになって死んでいる少女を発見した。ハーバーザートは家庭を壊すほど事件にのめり込むが未解決のまま。そしてハーバーザートは自身の退官式の日、その壇上で拳銃自殺を遂げる。自殺の前にハーバーザートは特捜部Qに救いを求める電話をかけてきたが、カールが相手にしなかったのだ――。

それほど入り組んではおらず読みやすい事件。交互に展開される、<超越的統合センター>の人々の物語がどのようにカールの事件と関わってくるのだろうか。なんとなく読み進めるうちに想像がついてくるのだが、そう単純でないのがこのシリーズ。なんなら、メインストーリーよりもこの宗教団体に所属する人々のほうが面白かった。教祖に惹かれているが全然女として相手にされないピルヨの存在が1番強烈ではないだろうか。結局修行とやらを重ねようと男女間の嫉妬や欲望からは離れられないのね。

メインのほうはハーバーザートの息子が自殺したり遺族はちょっとイっちゃってたりで全く協力が得られない。八方塞がりのカールだけど、ここで活躍するのが特捜部Qのメンバー。アサドは寝言で「殺す」とか言うし車の運転ひどいしお茶はまずいし。ローセはいつもにも増して情緒不安定でラスト大変なことになってるし。新入りのゴードンはいまいちかなあ、まだ。でもアサドの秘密が少し暴かれてしまった。この人謎すぎる。逆に知らないほうがミステリアスでいいかも?

というわけで全く減速しないこのシリーズ。完全にキャラもの化しているのはいいのか悪いのか。もちろんいいのだ。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

R・D・ウィングフィールド著。芹澤恵訳。創元推理文庫。

流感警報発令中。続出する病気欠勤に、ここデントン警察署も壊滅状態。それを見透かしたように、町には中傷の手紙がばらまかれ、連続老女切り裂き犯が闇に躍る。記録破りの死体の山が築かれるなか、流感ウィルスにも見放された名物警部のフロストに、打つ手はあるのか?日勤夜勤なんでもござれ、下品なジョークを心の糧に、フロスト警部はわが道をゆく。大好評シリーズ第三弾。(裏表紙引用)


みんな大好きフロスト警部シリーズ第3弾。

今回のデントン警察署は、流感が流行ってしまい刑事の人員不足という、笑っちゃいけないけど笑える状況。新任の部長刑事・ギルモアがフロストの相棒となるが赴任早々行方不明の少女がぐろぐろ遺体となって発見されたり、町中の老女が次々と刺殺されたり、住民を中傷する手紙がばら撒かれたりと大忙し。このフロスト警部、下品な冗談ばかり言うわ証拠を捏造するわ見た目はひどいわ。。うーん、ほぼ家に帰れないフロスト&ギルモアが気の毒すぎ。フロストは疲れ過ぎておかしくなったのか、次から次へと誰かを犯人と決めつけては違ったの繰り返しで。。こりゃギルモアも見放すわ。さらに輪をかけてマレット署長嫌われすぎで哀れ。つーか、ギルモア嫁は刑事と結婚しちゃダメだったパターンだな。そんなに暇なら趣味でも作ればどうだと思う。

面白いのだがとにかく長い。今回の事件ならもう少し短く出来たかなあと思うな。現場が混乱し過ぎだったのと、被害者が多すぎたんだな。まあ次も読むけど1年後ぐらいでいいかな。

この記事に

開く コメント(4)

イメージ 1

ジョージ・オーウェル著。山形浩生訳。ハヤカワepi文庫。

飲んだくれの農場主ジョーンズを追い出した動物たちは、すべての動物は平等という理想を実現した「動物農場」を設立した。守るべき戒律を定め、動物主義の実践に励んだ。農場は共和国となり、知力に優れたブタが大統領に選ばれたが、指導者であるブタは手に入れた特権を徐々に拡大していき…。権力構造に対する痛烈な批判を寓話形式で描いた風刺文学の名作。『一九八四年』と並ぶ。オーウェルもう一つの代表作、新訳版。(裏表紙引用)



「一九八四年」が今バカ売れしているというジョージ・オーウェルの別作品。本屋で目が合ってしまったのでつい。150ページとうっすい作品なので入門編にいいかと思ったというのもある。

で、これはSFになるのかな?人間に養われ思うままにされる生活に嫌気が差した動物たちが反旗を翻し、農場主を追い出して自分たちの世界を創るというお話。なんだかよくわからんがソビエト連邦(スターリン)を批判している、と解説にあるので、話がどう転ぶかはもうだいたい読めてしまうのだが。結局はまとめるリーダーや国の法律っていうのは団体生活では必要なわけで、動物は明らかに鏡に映った人間の姿。政治ってのはやはり皆が作るもの。

普通に人間対動物のお話としても読みやすいし良かった。

この記事に

開く コメント(8)

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事