海外<ア〜オ>作家

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全14ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1イメージ 2

アンソニー・ホロヴィッツ著。山田蘭訳。創元推理文庫。

【年末ミステリランキングを全制覇して4冠達成! ミステリを愛するすべての人々に捧げる驚異の傑作】
『このミステリーがすごい! 2019年版』第1位
『週刊文春ミステリーベスト10 2018』第1位
『ミステリが読みたい! 2019年版』第1位
『2019本格ミステリ・ベスト10』第1位

1955年7月、サマセット州にあるパイ屋敷の家政婦の葬儀が、しめやかに執りおこなわれた。鍵のかかった屋敷の階段の下で倒れていた彼女は、掃除機のコードに足を引っかけたのか、あるいは…。その死は、小さな村の人間関係に少しずつひびを入れていく。余命わずかな名探偵アティカス・ピュントの推理は―。アガサ・クリスティへの愛に満ちた完璧なるオマージュ・ミステリ! (裏表紙引用)


アガサ・クリスティファン必読書というのがよくわかる。あらゆるところにクリスティ作品のオマージュが散りばめられていて、それだけでワクワクさせられた。

アラン・コンウェイという架空ベストセラー作家の最新作「カササギ殺人事件」を作中作とし、上巻はほぼその内容で締められる。どれぐらい締められるかというと、1946年に英国はサクスビー・オン・エイヴォン村で起きた家政婦転落死事件と準男爵マグナス・パイ殺害事件を難病の探偵アテュカス・ピントが犯人を名指しするところまでまるまる締められる。この作品だけでも探偵小説として読み応えたっぷりなのだが、下巻からアラン・コンウェイの担当編集者・スーザンを語り手とし、存在しない「解決編」を探す――という二重解決型のミステリに進化するのだ。しかもアラン・コンウェイが死亡してしまうのだから謎多きことこの上ない。

本編のアラン殺害(?)事件の謎解きは充分本格ミステリ好きを満足させるものだった。犯人の意外性はもちろん、その動機の刺激性は他に類を見ない。殺した時点で隠そうとした真実を上回る問題に発展することは子どもでも分かる気がするが、つくづく探偵小説の犯人というのは自信家だということだろうか。

作中作の謎解きもそれに比肩する出来。過去の犯罪が衝撃的に暴かれ、封筒の宛名が手書きかそうでないかという謎が明かされた時の爽快感と言ったら。

ロマンス要素も忘れていないところは特に「分かってる」作品だなあと感じた。4冠達成の称号は伊達じゃない。

この記事に

開く コメント(2)

イメージ 1

アーロン・エルキンズ著。嵯峨静江訳。ハヤカワ文庫。

十年前、ハワイで大牧場を経営するマグナスが失踪を遂げた。その遺骨が海の中から発見され、遺族の証言では当時のマグナスは殺し屋に命を狙われていたという。彼は逃亡の末にかわりはてた姿になったのか?現地を訪れていた人類学教授ギデオンは調査を開始。当初、それはごく普通の骨に思えた。だが、やがてその骨の異常さが明らかになり、遺族の隠されていた秘密が露わに…スケルトン探偵をも惑わせる遺骨の正体は。(裏表紙引用) 



スケルトン探偵シリーズ第11(原書12)弾〜。読みは「みなそこの骨」。

飛び抜けて面白くもならないが、面白くならなくもならない…安定の骨ミス。毎回舞台が変わるミステリ、今回のギデオンさんはハワイに飛ぶ。友だちのジョンの友だち・アクセスの牧場にお世話になります。このアクセス・トーケルソン一家は皆さん莫大なお金持ちで、それぞれいろんな商売をしているわけだけど。そもそも10年前に牧場所有者のマグナスが行方不明となり、マグナス兄であるトーケルは殺されてしまったから遺産を受け継いだというわけ。しかし久々に遺骨が見つかり、ギデオンの調査でその骨はトーケルであることが分かり…という熱い展開の物語。つか、トーケル・トーケルソンなんて名前あるんだね。ややこしいわ。あと、ギデオンのミドルネームって初めて知った気がするんだけども。(ギデオン・ポール・オリヴァーと紹介されていた)


今回はジュリーがかなり後から登場するしあまり事件にも口出ししないし、ギデオンが危ない目にも遭わない…ちょっとつまんないかなと思っていたが、真相が二転三転するのでそれでトントンという感じ。最後の殺人はさておき、元々トーケルソンたちが絡んでいた犯罪?は誰も得しないしもうそっとしておいてやれって思うけどね。。まあでも1番面白かったのは、ワイメア警察署が平日の八時〜五時しかやってなくて皆がパニックになってたくだりなんだけど。どんだけ平和よ。

この記事に

開く コメント(2)

イメージ 1

マージェリー・アリンガム著。猪俣美江子訳。創元推理文庫。

1920年代初頭の秋の夕方。ケント州の小さな村をドライブしていたジェリーは、美しい娘に出会った。彼女は住居の“白亜荘”まで送ったとき、メイドが駆け寄ってくる。「殺人よ!」ジェリーは、スコットランドヤードの敏腕警部である父親のW・Tと捜査をするが…。英国本格の巨匠の初長編ミステリにして、本邦初訳作、ユーモア・推理・結末の意外性―そのすべてが第一級! (裏表紙引用)



何年も前から気になっていたマージェリー・アリンガム。最近活発に翻訳されているようでうれしい。中身もめっちゃ気に入った。

ジャンルは正統派ミステリーで、探偵役はすべての村人から「ええ!あの?!」と尊敬されるW・T・チャロナー警部。息子のジェリーが主役かと思っていたら(いや、そうなんだけどね)、推理や捜査を本格的に担当しているのは完全にお父さんのほう。登場人物を1人1人紹介してくれる。この警部すごいよ。容疑者たちが彼に好感を持ってベラベラ自分のこと話し出すから。かと言ってジェリーはお父さんの言うことをハイハイと聞いているわけでもなく、事件関係者のべっぴんさんに一目惚れして冷静な判断が出来なくなっている。

この作品の魅力はもちろん上質で古き良きミステリーとしての出来の良さなのだけど、事件にまつわる人々がとにかく面白い。被害者が亡くなってから急に羽振りが良くなったり、性格が明るくなって、しかも被害者をどんなに憎んでいたか、被害者がどれだけイヤなやつだったかを警部にペラペラ。。。全員怪しすぎる。なんかルパンみたいな組織出てくるし。

真相的にはそれなりにビックリしたけど、まあ古い作品だからね。見抜ける人も多いかも。残念ながらこのキャラクターはシリーズ化していないらしい。なってたら揃えたかったんだけどな。別のシリーズ試そうかな。

この記事に

開く コメント(2)

イメージ 1

ハーラン・エリスン著。伊藤典夫訳。ハヤカワ文庫。

25万年の眠りののち、病み衰えた惑星“地球”によみがえった男の数奇な運命を描き、ヒューゴー賞/ローカス賞に輝いた表題作「死の鳥」、コンピュータ内部に閉じこめられた男女の驚異の物語―「おれには口がない、それでもおれは叫ぶ」、初期の代表作「「悔い改めよ、ハーレクィン!」とチクタクマンはいった」など、半世紀にわたり、アメリカSF界に君臨するレジェンドの、代表作10篇を収録した日本オリジナル傑作選。 (裏表紙引用)



何度も「火の鳥」って書きそうになった。。ハーラン・エリスン2冊目。「〜愛を叫んだけもの」(長編)はそれほど印象に残っていないんだが、この短編集はめちゃくちゃ自分好みだった。文体がカッコイイって書いてる人多いけど、本当にそう。タイトルもいちいちカッコ良くて、目次だけで詩集になりそう。

では10編中面白かったものを(ほとんどだが)。

「『悔い改めよ、ハーレクィン!』とチクタクマンはいった」
遅刻したらその分の寿命を削除される方策。チクタクマンのオフィスで心臓プレートが消去されると死んでしまうらしい。道化師の格好をして人の嫌がらせをしているエヴァレットをチクタクマンが探してる…。あらすじだけでもう面白い。「一九八四年」と同じく、反逆と革命の物語。政府の矛盾を突いたオチがいい。

「竜討つものにまぼろしを」
避けられない悲劇的な事故死を遂げた男が、死後の世界で旅をし魔物を倒し女の愛を射止めようとする話。彼が「背後から刺す」卑怯な人間だと判断され、天国にいるに値しない人間に貶めたってことかと解釈。

「おれには口がない、それでもおれは叫ぶ」
知能を持つコンピュータの腹の中に閉じ込められて109年。生き残った5人は不死となり、改造され、アイデンティティを奪われ、台風や地震や怪物に襲われる。こうなると死んだほうが幸せだろうが、主人公がああいうことになっても反逆心を失わないのは戦争やコンピュータ社会に対する作者の警告なんだろうか。

「プリティ・マギー・マネーアイズ」
これはタイトルいまいちかな?ギャンブル狂の男が、スロットマシン内部の別世界にいる女につなぎとめられ愛し合う。こういう闇世界?裏の業界?同士の関係って、最初から破滅の匂いがする。こういう場合の女性は必ず悪魔か魔物。欲渦巻く世界に未来はないのかも。

「世界の縁にたつ都市をさまよう者」
娼婦を次々殺害し解体する男は未来の3077年の世界に呼ばれた。無菌で清潔な都市は彼が理想とするものだったが、殺人では素晴らしい世界を成し得ないということなのかな。

「死の鳥」
超絶難解。蛇の姿に変えられた男(アダムとイブのアダム)がひとり終末を迎える話。聖書の引用や出題などなど、さすがにこれはそっち方面の知識がないと読みこなせない。最後のマーク・トゥエインがわからない。でも意味がわからないなりにも感覚的には楽しめたかも。

「鞭打たれた犬たちのうめき」
殺人現場を目撃した女性ベスは何もしなかった自分を見つめる窓辺からの目を意識する。って、そこからこんな展開になる??すごい発想力だ。暴力が接触の最たるものだなんて。。つまりその逆が作者のメッセージかな。

「北緯38度54分、西経77度0分13秒 ランゲルハンス島沖を漂流中」
ランゲルハンス島=膵臓、タイトルの場所はホワイトハウス、ってこれ常識なの???解説を読んでからやっとイメージが湧く難解さ。自分の体内を放浪するってこれがほんとの自分探し。。

「ジェフティは五つ」
五歳から見た目も中身も成長しない友人、ジェフティ。ジェフティのラジオからは、昔の懐かしいラジオドラマが流れ、彼と映画館に行くと古い名作が楽しめる。夢みたいな郷愁溢れるお話だが、悲しい悲しい結末。人は過去にとどまってはいけないということ?


以上。世間が言うほど読みにくくもないし、すべてが難解でもない。読むほどに「これはこういうことかな」と自分の感じたことがどんどん広がっていく感覚だった。発想はすごいが内に込められたテーマやメッセージはごく普遍的なものなので、難しい作家だと最初から敬遠する必要はないと思う。先日読んだイーガンの短編集が「面白い!」だとすればこちらは「カッコイイ!好き!」ぐらいの違い。

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

グレッグ・イーガン著。山岸真訳。ハヤカワ文庫。

12歳の誕生日をすぎてまもなく、ぼくはいつもしあわせな気分でいるようになった…脳内の化学物質によって感情を左右されてしまうことの意味を探る表題作をはじめ、仮想ボールを使って量子サッカーに興ずる人々と未来社会を描く、ローカス賞受賞作「ボーダー・ガード」、事故に遭遇して脳だけが助かった夫を復活させようと妻が必死で努力する「適切な愛」など、本邦初訳三篇を含む九篇を収録する日本版オリジナル短篇集。 (裏表紙引用)




グレッグ・イーガン初挑戦。「理系ハードSFの極北」と言われては気になりつつ何年も気が引けてもしょうがない。ということで、失敗のないように一応読メで「グレッグ・イーガンのおすすめランキング」1位に従って読んでみた。大正解だったな。失敗したとすれば、もしかしていきなり1番面白い作品読んじゃったかもしれないこと(いやだからそれを選んだんだがね)。



「適切な愛」
列車事故で脳以外の体を損傷した夫。体内に夫の脳を宿せるかどうかに否という選択肢がないのは、それが「適切な愛」だから――。もう感情の時代じゃない、でもそれは人間として間違いだ、ってことかな。

「闇の中へ」
黒いドーム型の吸入口がランダムに出現するようになった世界。ランナーと呼ばれる主人公たちはドームに取り込まれてしまう人々を助ける役割だが――。人々の死に様や焦りや恐怖ツアーズってところ。アクションムービーっぽい!

「愛撫」
人間と豹の融合。「愛撫」という絵画を現実にするためにキメラを作るってもう狂ってるな。強化剤で職業に適した身体を作る時代、あまりに合理的が過ぎると人間おかしくなるんじゃないだろか。

「道徳的ウイルス学者」
浮気者、同性愛者、レイプ魔は事をいたすと死んでしまうウイルスを作り出した学者・・・が、狂った話。一見理想的だけど、物事を極端に構える人って矛盾だらけなんだよね。1番好きなお話。

「移相夢」
人間の身体が衰えると、ロボットに脳を移し生き長らえることができる。その移動中?に夢を見るらしい。人間は身体が死んだら死ぬのか。永遠のテーマだね。

「チェルノブイリの聖母」
タイトルでネタを割っているのが残念だなあ。なかなかミステリチックなのに。そう、原発事故の話。人間の愚かさが浮き彫りになる、ある絵画の謎に迫る。

「ボーダー・ガード」
この量子サッカーの延々と続くくだりは全くもってサッパリわからん。宇宙の位相幾何学だって。ふーん。へーえ。人間が危害(痛み)の感覚を身体から切り離せるとか、肉体を交換して生き続けられるとか、ユートピアの定番だね。結局「神」の身になったとて足りないものはあるってことで。

「血をわけた姉妹」
一卵性双生児の姉妹が同じウイルスに感染した。全く別々の人生を歩んで来たのに、死だけは同じ運命なのか――しかし死んだのは片方。薬を調べたら衝撃の真相が。。。これはまじで面白い。DNAは同じでも別の人間ってこと。

「しあわせの理由」
幼い頃の脳腫瘍がたたり、手術で人工的にしあわせを感じることが可能となった青年。この異性に興奮するようにレベルを調整とか、なんだか凄い便利。結局人間はナチュラルがベストで、作られたものには拒否反応を起こすんじゃないだろか。


以上。傑作集なのかな?ハズレなし、どの話も本当に面白かった。難しい理系の話も時折混ざるのだけど、それだけじゃないのが良かった。設定だけでも楽しいのに、ストーリー自体は恋愛ものだったり家族愛だったり生きる意味だったりと一般的で普遍的なテーマしか扱っていない印象。「もし○○だったら〜」の世界だね。ラストがどれもあんま上手いこと言えてないのだけが欠点かな(笑)。

この記事に

開く コメント(6)

全14ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事