すべてが猫になる

梅雨で地面きのこだらけ。。

海外<ア〜オ>作家

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全15ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

ポール・アルテ著。平岡敦訳。ハヤカワ・ポケット・ミステリ。

1887年英国。ブラックフィールド村に、『デイリー・テレグラフ』の記者と名乗る男が十年振りに帰郷する。昔、この村で起こった密室殺人事件を、正体を隠して調べ直そうというのだ。十年前、娘の誕生日に手品を披露する予定だった父親が、カーテンで仕切られた密室状態の部屋で、何故か背中を刺されて死んでいた。当時の関係者の協力を得て事件を再調査するうちに新たな殺人事件が起こり…。奇怪極まる密室殺人と犯罪史上最も悪名高い連続殺人を融合させ、“フランスのディクスン・カー”と評される著者が偏愛して止まない冒険小説大賞受賞作。(裏表紙引用)



ポール・アルテ来日で盛り上がっているようなので。実はまだ二冊目。帯にある「三年連続NO.1」という惹句はこの作品を指していると思っていいのかな。

舞台は1887年のイギリス。9年前に起きたリチャード・モースタン殺しを捜査するべく、シドニー・マイルズと名乗る記者が現れる。被害者がロッジの端部屋でマジックを披露しようとした寸前、仕切りのカーテンの向こうで刺殺されたのだ。窓の外には少年たちの目があり、容疑者たちは全員衆人環視の中にあった。聖人と呼ばれていた男を殺した動機とトリックは?

うーん、これ、どこまで書いていいのかすごく悩む作品。仕掛けだらけ。第一部と第二部に分かれていて、第一部はシドニーの正体が明らかになり犯人を突き止めるところまでが描かれる。シドニーと宿の娘コーラとのロマンスも重要で、会合から二時間後に新たな殺人が次々と起こるなどテンポが良くてがっついて読める。翻訳がいいのかモトもいいのか、登場人物もすぐ覚えられるし人間関係も混乱しない。シドニーが三役やってるのがすごいな。トリックは結構ご都合主義なところが多かったけど。

ところでこの作品の読みどころってガッツリ本格ミステリしてる第一部なのか、ガラっと作風を変えて別の物語に突入した第二部なのかどっちだろう。第二部不要論も勃発していたようだけど。個人的には第一部が好きだが、有名なあの事件をモチーフにしているのと、なぜかホームズ&ワトスン(らしき人物)が登場したので楽しかった。トリックがやっぱりラッキーが続いただけ、という危ういものだっただけに。サイコパス多すぎ。論理に徹しているわけではなくかなりドラマティックなので、どっぷり入り込めた。ポール・アルテすごく好き。ハマれそう。

開く コメント(2)

イメージ 1

アーロン・エルキンズ著。嵯峨静江訳。ハヤカワ文庫。

 ネアンデルタール人と現生人類の混血を示唆する太古の骨―この大発見の五周年記念行事に参加すべく骨の発掘されたジブラルタルを訪れたギデオン。だが喜ばしい記念行事の影には発掘現場での死亡事故をはじめ、不審な気配が漂っていた。彼自身まであわや事故死しかけ、発見に貢献した富豪が自室で焼死するに至り、ギデオンは疑いを深めるが…。一片の骨から先史時代と現代にまたがる謎を解く、スケルトン探偵の名推理。(裏表紙引用)



ギデオン・オリヴァーシリーズ邦訳第14弾。もう残り少なくなってきた。

今回のギデオン&ジュリーはイギリス領ジブラルタルへ。公開講義とディナー・シンポジウムで胡散臭い考古学者の皆様方と顔合わせ。ネアンデルタール人の考察が色々と面白い。ギデオンのっけから飛ばすねえ。

「僕はジブラルタルの崖から落ちたりしない」とジュリーに力強く約束するというすごい前フリの15分後、「あっ!あーっ!」と叫んで崖から落ちるギデオン。。さすがギデオン、シリーズも長くなるともう殺人が起きていないのに殺されかける。そのあと電気ショックの罠を命からがらかいくぐったり、今回の犯人は本気ですな。ジブラルタル・ボーイの分析をされると一体誰が困るのかな、ってところから外れていないところにもちろん犯人はいるのだが今回はかなり終盤まで引っ張りますな。そこよりもガンダーソンの隠していた真相のほうが衝撃だったような。

まあなんにせよ食べ物はどれも美味しそうだったし、ジュリーのピント外れと見せかけての鋭い指摘は大当たりだったし、ジョンはいないけどいつも通りのスケルトン探偵復活ということでめでたいな。

開く コメント(2)

イメージ 1

アーロン・エルキンズ著。青木久惠訳。ハヤカワ文庫。

 アマゾン河を旅する格安ツアーに参加したギデオンだが、同乗者は奇妙な人間ばかりだった。不穏な雰囲気の漂う民族植物学研究者一行、秘密を持つ船長、出自不明のガイド。やがて事件が勃発する。岸の方から槍が飛来し、船内に突き刺さったのだ。そしてその穂先の基部に巻かれていたのは…さらに接岸した場所で不思議な穴のあいた骨が発見され…一片の骨から名推理を展開するスケルトン探偵ギデオンが密林の闇に挑む。(裏表紙引用)



ギデオン・オリヴァーシリーズ邦訳第13弾〜。

さすがに13作目ともなると作者も飽きて来るのか。。作中の3/4を過ぎてからやっと骨が登場する。確かに今までと違い、ギデオンさんは骨調査のために呼ばれたわけではないけれども。ジュリーとは別行動だし。ジョンがいるのがファンには救いか。

冒頭の、30年前に起きたアマゾン原住民?とのトラブルなんかはやや緊迫感があって良かったものの、ギデオン一行が何かしら災難に遭うまでが長い長い。しかも殺人じゃなくて槍が打ち込まれたり人が海に落ちたりある人が行方不明になったりするだけだから。。まあそのあたりから面白くなくはないのだけど、ハナっから動機ぷんぷんの容疑者ばかり集めているから犯人が分かっても別にこれなら誰でも良かったような。

まあしかし、今回の旅行は神秘的な土地柄のためか興味深いものもあったし…。キャラや文章が好きってだけで楽しめることには変わりないか。次からトールサイズ。期待しよう。

開く コメント(2)

イメージ 1

ジョン・ヴァードン著。浜野アキオ訳。文春文庫。

数字を一つ思い浮かべろ。その奇妙な封書にはそう記されていた。658という数字を思い浮かべた男が同封されていた封筒を開くと、そこにあった数字は「658」!数々の難事件を解決してきた退職刑事に持ち込まれた怪事は、手品めいた謎と奇怪な暗示に彩られた連続殺人に発展する。眩惑的な奇術趣味と謎解きの興趣あふれる華麗なミステリ。(裏表紙引用)



2019「本格ミステリ・ベスト10」第4位、2018「週刊文春ミステリーベスト10」第7位、2019「このミステリーがすごい!」第9位作品。


うん、気に入った。個人的にはもっと順位が上でもおかしくないと思うのだが。

主人公はニューヨーク市警退職刑事のデイヴ・ガーニー47歳。バツイチで前妻との間に息子が1人。現在の妻マデリンとの間には子どもはいない。とにかく仕事人間で、退職してからもあまりのその能力の高さから、事件の顧問アナリストとして招かれるほど。しかしマデリンはそれを快く思っていない。
ある日元クラスメイトのメレリーから25年ぶりに連絡があり、奇妙な脅迫状が届いたので相談に乗って欲しいと懇願される。メレリーが受け取った手紙には「運命を信じるか?お前の秘密をいかに知り尽くしているか。証明のために1000までの数字を思い浮かべろ」などと書かれていた。思い浮かべた数字658を見事当てられたメレリーはビビリまくり、要求された手間賃286.87ドルを小切手で送ってしまう。。というお話。

少々文体が硬くまどろっこしいところもあったが、メレリーが残酷な方法で殺害されてしまったり、警察内部での確執があったり、マデリンと修復不可能なぐらい衝突してしまったりと読ませる内容。数字をどうやって当てられたのかが最大の謎だと思うが、逆の足跡のトリックと合わせてなかなか驚かされた。ここまでするか。オカルト的な内容じゃなく、こうやれば当てられるのかという事実に思わず納得。足跡トリックについては前例があったようだが。。私は知らなかったので「すごい!かしこい!」と思ってしまった。殺人事件が次々と連続して起こるので、やればやるほど証拠を残しやすいものだなあとちょっと犯人に同情。犯行動機は身勝手なものだが、境遇については気の毒に思う面も。

シリーズものとして読むにはキャラクターも個性的だしそれぞれに人生の背景があるしイイかも。続きをぜひ訳していただきたいな。文春系のサスペンス小説が好きな人は気に入ると思う。

開く コメント(0)

イメージ 1

マイクル・イネス著。滝口達也訳。国書刊行会。

英国有数の貴族ホートン公爵の大邸宅で、名士を集めて行われた「ハムレット」の上演中、突如響きわたった一発の銃声。垂幕の陰で倒れていたのは、ポローニアス役の英国大法官だった。事件直前、繰り返されていた謎めいた予告状と、国家機密を狙うスパイの黒い影、そして、いずれもひとくせありげなゲストたち。首相直々の要請により現場に急行したスコットランドヤードのアプルビイ警部だが、その目の前で第二の犠牲者が…。英国本格黄金時代を代表する名作。 (紹介文引用)



世界探偵小説全集16。

久々にこの叢書に手を出そうと思って「そうだマイクル・イネス有名だよね〜」と軽い気持ちで選んだ本書。いやいや、苦戦した(汗)。シェイクスピア詳しくないからな〜(何作かは知ってるけど、ハムレットは一部しか知らない)。まさかこんなガッツリハムレットを下敷きにしているとは。前半100ページくらいハムレットの素人芝居が延々と^^;事件はその舞台上で発生するんだけどね。

主人公のアプルビイの登場が遅い遅い。この人一体なんだ?首相が事件の捜査を依頼しに来たぞ?時代背景の理解が難しい。この首相、消防車で来たし。。ぶっ飛んでるなあ。探偵作家ゴットとのやり取りも軽快でいいし。…という感じでキャラクター的にはなかなか楽しいし、「難解」と言われている割に文章は読みやすかったかなと。英国探偵小説の雰囲気も堪能出来たし。

でもやっぱり、容疑者27人は多すぎると思うの。

開く コメント(2)

全15ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事