いつもそばに横溝正史

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

獄門島ーー江戸三百年を通じて流刑の地とされきたこの島へ金田一耕助が渡ったのは、復員船の中で
死んだ戦友、鬼頭千万太に遺言を託されたためであった。『三人の妹たちが殺される……おれの
代わりに獄門島へ行ってくれ……』瀬戸内海に浮かぶ小島で網元として君臨する鬼頭家を訪れた
金田一は、美しいが、どこか尋常でない三姉妹に会った。だが、その後、遺言通り悪夢のような
連続殺人事件が!


金田一耕助シリーズ、マイベスト3位に輝くのはミステリ好きなら知らない人はきっといないこの
名作『獄門島』。
雰囲気で楽しむという点で個人的には『悪魔の手毬唄』よりは劣る。『悪魔〜』を
引き合いに出したのはこの二作には大きな共通点が二つあるから。(ネタバレになるので書きませんが)
凄惨さや土地柄の閉塞状態から来る人間のおぞましさ、という点でも『八つ墓村』程ではないと
感じている。噂の「探偵が登場してからの被害者数」も本書でかなりのポイントを
稼いでいるとみた。しかも事前に依頼されてるのよ(^^;)。。

でもこの『獄門島』が好きだ。
トリックの数が群を抜いて多く、犯人の意外性、動機の非人道的ぶり共に最後のたたみかけの
迫力が凄い。初めて読んだその時期が良かった事もきっとあるが、特にこの犯人は当時の自分に
またとない衝撃を与えてくれた。横溝正史にハマる前はクリスティとクイーンに傾倒していたが
その海外古典の大御所たちがもたらしてくれたバラエティに富む『意外な犯人』のどれにも
属していなかったのだと思う。
あの不気味な美青年とおかしな三姉妹の人となりをもう少し書き足してくれていれば
No.1の座も狙えたのだが。これは映像の方がいいかもね。
魅力的なタイトルという点でも『八つ墓村』や『病院坂〜』の勝ちだったり。

この記事に

開く コメント(16)

開く トラックバック(4)

岡山と兵庫の県境、四方を山に囲まれた鬼首村。たまたまここを訪れた金田一耕助は、村に昔から
伝わる手毬唄の歌詞どおりに、死体が異様な構図をとらされた殺人事件に遭遇した。現場に残された
不思議な暗号はいったい何を表しているのか?事件の真相を探るうちに、20年前に迷宮入りになった
事件が妖しく浮かび上がってくるが…。(裏表紙引用)


正史の代表作の一つであり、私も大好きな作品。原作は読んでなくても、ドラマなどで
「親が観ていたから知ってる」という方は多いんじゃないでしょうか。
かく言う自分もその一人で、サスペンス大好きのビデオ録画マニアの母が毎晩のように
観ていた金田一。「こわいよー」と言いながら部屋に逃げ隠れ、それでも気になって
翌日の昼間に「あの怖いやつ観たい……」と母にリクエストし、「ひー。ぎゃー。」とか
言いながら何度も観ていたものです。中学生くらいかな?
その中で格別印象に残っている作品の一つがこれ。というわけで。
家でも文庫は有名どころは揃っていたのですが、大人になって独立すると次第に自分でも
原作を集めて読みあさって行きました。うーん、表紙が怖かったんだこれまた。。


え、能書きはもういい?はいはい、では本書について。(未読の方、以下ストーリーに触れるんで
ご注意を。犯人の名、トリック、具体的な動機には触れませんが)


金田一が事件発生前から関わって行くので、それでこの被害者数を考えるとやはり
さすが「登場してからの被害者数ベスト1探偵」(どんな名前だったっけ?^^;)の名は
伊達じゃない。
これで殺人は終わらないという予測がたち、(犯人の正体まで知っていたらしい!)
次なる被害者の見当が付いたかという場面からさあ金田一、、、、、、

どこ行くねーーーーーーーーーーーーーん!!!!!!!!!
(せめて現場に残る磯川警部に指示をーーーーーー!!)


まあ面白いのでそれはいいとして(恒例のツッコミなんでお気になさらず)。
手毬唄そのものがブラックで、現実の村の状況と一致している。そして手毬唄の歌詞通りに
殺人が。古今東西の「見立て殺人」の王道といえばまずこの作品でしょう。
特に3番目の歌詞が明らかになる老婆が唄うくだりは戦慄もの。
そしてラストの、犯人の正体が一同の前にさらされるあのシーン。死体というのが
クライマックスを盛り上げるし、不謹慎な表現だけれどドラマチックな「見せ場」。
最後に明かされる、20年前の惨劇の真相と、現在の連続殺人との繋がり。
人間関係の逆転劇と、犯人の哀れさ。巻き込まれた村人達の悲しみ。

こうして読むと詰め込まれているのに、一切ムダが無く、すんなり真相が頭に入って来る。
あざとい離れ業でもなく、道具と設定だけで作り上げたそのルールから逸脱せず、
それでも最高級の探偵小説に仕上がっている。
どこまでもプロフェッショナル、そしてオンリーワンだ。
亜流は出やすいが、今現在でも真似されるだけの佇まいを持っている。名作だ。

この記事に

開く コメント(12)

開く トラックバック(1)

八つ墓村 (ねこ4匹)

戦国の頃、三千両の黄金を携えた8人の武者がこの村に落ちのびた。だが、欲に目の眩んだ
村人たちは8人を惨殺。その後、不詳の怪異があい次ぎ、以来この村は「八つ墓村」と
呼ばれるようになったというーー。
大正○年、落人襲撃の首謀者田治見庄左衛門の子孫、要蔵が突然発狂、32人の村人を虐殺し、
行方不明となる。そして20数年、謎の連続殺人事件が再びこの村を襲った……。


最高傑作の呼び声高い、横溝正史の代表作。
自分は順位をつけるなら6、7番目くらいだが傑作であることに間違いない。

陰惨なプロローグ、突然の毒死者、奇怪な老婆、不気味な双子の大伯母、
屏風から夜中に抜け出すという人物、もろもろ。探偵小説というよりホラー。
登場人物は誰もが怪しさを全開でアピールし、村で二つの家系が対立するという
設定も古めかしく、設定とストーリーの濃さでは満点と言いたい。

しかし、人がこれでもか、というほど死ぬ作品である。対立する家系同士の
ペアというべき人物達が、次々と「片方」殺されるというのは一体どういう理由か。
今回、正史得意の「見立て」はないが、謎の殺人計画メモとおぼしき文書が
これまた物語を引き立て、謎の解明に重要な役割を果たす。これが実に面白い。

それにつけても、我らの金田一耕助である。
彼は一体、人がバッタバッタと死んで行く間どこにいたんだ。。
曰く「僕にいいところは少しもなかった」。……うん、そうかも。
挙句の果てには「犯人は最初からわかっていました」である。あ、あんた。。。^^;
仕事してたのはわかっているが、つくづく肝心な時にいなくなり、
おいしい所だけ持って行く男だ。

この記事に

開く コメント(8)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事