すべてが猫になる

図書館行ってきました。2冊借りたぞー

アガサ・クリスティに捧ぐ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

内緒で南米に居るヘイスティングスに会うために旅行の支度をしていたポアロのもとに、ヘイスティングスが戻って来た。再会を喜び合う二人だったが、いきなりの災難がポアロを襲う。ポアロの家に倒れこんで来た謎の男が、目を離した隙に毒殺されたのだ。男が暗示する数字の4の意味するところは?ポアロとヘイスティングスが再び手を組んで挑む国際犯罪の行方やいかに!


この書庫は基本的に原書の発表順に更新しているつもりだったが、お詫び申し上げます。発表年(1927)は同じだが、ラストでポアロが「引退してカボチャ栽培をする」という発言があることからも明らかな通り、先にアップしたカボチャ栽培で登場する「アクロイド殺し」の方が本書より後でした。

というわけで、再読だがまったく内容を覚えていなかった。印象がない=あまり気に入っていなかった?と思い込んでいたのだが、本書は「短篇を長篇に作り直した」ことや、ヘイスティングスが大活躍することや、ポアロの双子の兄が登場(笑)することや、ポアロが死亡(笑)することなど、特徴が明確な上愛すべきピンポイント満載である。ポアロもので本格ミステリではなく冒険活劇というところも珍しいのではないだろうか。冒険物としての面白さは正直「秘密機関」「茶色の服の男」「チムニーズ館の秘密」の方が上だと思うが、キャラクター物としては番外編を読んでいるような楽しさに満ち溢れているのではないだろうか。

短篇が長篇になったために、冒頭とラストだけでも比べればまるで別のお話のようになっているが、ネタの多さという点では本書に勝てる作品はなかなかないだろう。世界征服を企む国際犯罪組織「ビッグ4」は中国人、アメリカ人、フランス女性、「破壊者」となかなかの曲者ぞろいだが、ポアロの相手としては不足はない。冒険ものとしてはめくるめく展開に軽く楽しみながら、ポアロとヘイスティングスの熱い友情を堪能して下さい。


(335P/読書所要時間3:00)

この記事に

開く コメント(12)

平穏な村・キングス・アボットで、1人の未亡人が毒を呑んで亡くなった。村人の間では自殺の疑いが強まったが、未亡人を死に駆り立てた動機は村の地主ロジャー・アクロイドとの親密な関係にあった。数日後アクロイドと交流の深いシェパード医師が不審な電話を受けアクロイド邸に駆けつけると、彼は無残な他殺死体で発見されたのだった。衝撃で混乱するアボット村の人々をよそに、シェパード医師の隣に引っ越して来た謎の男が立ち上がるのだが。。。



クリスティ6作目の長編で、ポアロシリーズ長編第3弾にあたる本書。クリスティの知名度と評価を決定づけた最初の作品で、ミステリファンでなくともタイトルすら知らない人は居ないぐらいの代表作である。クリスティ・ベストに本書を挙げる方も多いだろう。
また、本書は当時フェア・アンフェアの物議を醸した事でも印象深い。かくいう自分が最初に読んだのは中学生の頃で、本書で初めて「アンフェア」という言葉を知った事を覚えている。今更この作品を糾弾する手合いは見掛けないが、それは本書以降さまざまな「真似っ子」ミステリが雨後の筍のごとく出現したからで、本書のアンフェアたる弱点を払拭し手法を変えた優れた作品を生み出し続けて来た多くのミステリ作家達の功労だろう。本書はアンフェアはアンフェアなのだ。そしてどの部分がアンフェアなのかも書評を巡れば一致した見解にいくらでも出会えるからここでは敢えて述べない。ただ、その点のみを挙げつらって作品としての面白さや功績に目を向けないのはあんまりにもあんまりである。


とりあえずその点は一応外せないので述べておいただけなので、ここからはゆきあやの本書への感想をひとつ。なぜ「あんまりにもあんまり」だというエゴのような言葉を吐いたのかと言うと、自分がかつてその1人だったからである。若い頃2,3度読んだ上に映画まで観た。が、自分にとってこの作品はずっと
「ズルいミステリ」という位置づけだったのである。ゆえに、マイ・クリスティベスト10には絶対に入らない作品だったのだ(今も入らないのだが、笑)。「敗北」を認めない事に固執していたかったのかもしれない。ヘイスティングスが登場しないからだったのかもしれない。その思い出があったので、今回新装版を読むにあたり、「卑怯な記述」がないかを目を皿のようにして探りたかった。ぎんぎん。

結論。そんなものはなかった。

読み始めてしまったら、どうでも良くなった。

だって、自分、犯人知ってるのよ?

なのになぜこんなに面白いの?なぜポアロはこんなにキュートなの?(引退したポアロさん、栽培したカボチャを窓からぽいぽい投げてます、笑)怪しい家政婦!わざとらしい執事!存在感のあるメイド!イケメンラルフ行方不明!アクロイド夫人の茶番劇!娘フローラ挙動不審!謎の気持ち悪い男!うさんくさい秘書!豪華絢爛の舞台は完全に整っちゃってまあ。ポアロが発見するささいな手がかりの品々と、頭がおかしいと警察に評価される言動の数々。全ての人間が何かを隠している!!劇的な展開!ポアロの目を欺くのは不可能だぜ!誰だ「あの男は引退した理容師だ」と言ったのは!

ぜえぜえ。
全部の事象を繋げるミステリもいいけれど、どれが重要でどれが無関係かを1つ1つ探って行くのもまたミステリの醍醐味。犯人の意外性だけに目を向けていたけれど、それでなくとも十分楽しめる作品だったんだな、と思った。読んでいる間ずっと自分は10代に戻っていたもの。あれから20数年、色々なものに夢中になって来たけれど、これだけはずっと自分の中でブレていないものなんだな。ゆきあやはミステリが好きです。クリスティが大好きです。

この記事に

開く コメント(31)

キャッスル旅行会社に勤めるアンソニー・ケイドは、日ごろの退屈に鬱積していた。ある日友人のジェイムズが訪れ、ケイドに重大な仕事を任せたいという。過去にジェイムズが助けた老人の正体は現在王政復活に揺れるヘルツォスロヴァキアの元首相スティルプティッチ伯爵だったのだ。伯爵は亡くなったが、ジェイムズに届いた伯爵からの小包には回顧録が入っており、ジェイムズはその原稿をロンドン出版社に届ける役目を負ったらしい。ジェイムズの名を借りロンドンへ向かったケイドだが。。。



アガサ・クリスティのミステリ作品80作のうち未読本が3冊あると以前書いたが、本書はそのうちの1冊である。本書はかの『アクロイド殺し』と同じ1952年に発表された。それまでにクリスティは既にトミーとタペンス第1作『秘密機関』、好奇心旺盛な女性・アンを主人公にした『茶色の服の男』を発行しており、実質3作目の冒険小説と言える。今までの冒険小説と大きく違うのは、やはり主人公を男性に据えたところか。主人公のケイドは若く活発な青年であるが、何か胸の内を見せない秘密をまとっている。完全なケイド視点とは言えないところも特色で、これまでとは違った雰囲気が味わえるのだ。

また、本書はヘルツォスロヴァキアの王政復古や石油利権問題に絡め、多彩な国籍の人々が登場する。はっきり言って、油断したら誰が誰だかわからなくなる。秘書、召使、刑事、探偵なども1人残らず重要な役割を果たしており、ダイアを狙う大泥棒が出現するわ迎賓館と化したチムニーズ館で王子殺人事件が発生するわのてんやわんや。ここまで詳しく書いてもまだ書き足らないほどのネタの詰めっぷりである。

これはとにかく読んでもらうしかない。どう書いてもネタバレになりそうだ。
難はと言うとネタが多すぎてまとまらない点や、誰にも感情移入出来ない事だ。しかし、それすら仕掛けやクリスティが”本当にやりたかった事”のための煙幕である。乗れないからと言って甘く見てはいけない。どんなミステリマスターでも予測が出来ない凄い真相があなたを待っている。

いやしかし、本当に。クリスティに面白くない作品なんてあるのだろうか。
ファンの皆さんは、本書をどのように位置づけているのだろう。是非聞かせていただきたいところである。

(466P/読書所要時間4:30)

この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(1)

1942年発行(原書)のクリスティ初の短編集はエルキュール・ポアロシリーズだった。全編ポアロもので纏められており、14編が収録されている。この頃はまだ数ある名作群のいずれも描かれていなかった。ピンと張った口髭、潔癖でお洒落、船が苦手で自意識過剰。そんなポアロの灰色の脳細胞は短編でも充分に発揮されている。おなじみヘイスティングスとの仲良しっぷりもピークの頃、彼を訪ねて来る依頼人は著名人ばかり。さて今日の名探偵はどんな事件に遭遇しただろうか。


『<西洋の星>盗難事件』
一編目を飾るにふさわしい、富豪と映画スターが所有するダイアモンド盗難事件。盲点をうまくついており、真相はなかなか人を喰ったもの。そしてヘイスティングスはポアロにさんざん馬鹿にされ、大喧嘩で幕を閉じた(笑)。

『マースドン荘の悲劇』
マースドン荘で起きた変死事件。主人のマントラヴァースは破産寸前で、保険加入後自殺したのではないか。。。ポアロの仕掛ける心理ゲームが見どころだが、結局事件を解決させたのはそれではなかった。随分あっさりと口を割るんだね。

『安アパート事件』
異常に安いアパートを運良く借りたロビンソン夫妻。その価格には一体どんな理由が?
ポアロ、家宅侵入^^;国家問題を絡めて事件は暴かれる。こういうのの方がクリスティらしい。

『狩人荘の怪事件』
ポアロ、インフルエンザに倒れる!(笑)ポアロに一任されてヘイスティングスは単身狩人荘に乗り込むが。。電報で推理を伝えるポアロ。相変わらず電報でも態度がふてぶてしい^^;
1つの屋根の下だけの秘密だけに留まらないところが凄いねえ。

『百万ドル債券盗難事件』
債券を預かりオリンピア号に乗り込んだリッジウェイだが、ニューヨークへ入港する前に盗まれてしまった。。手間をかけた犯罪を紐解いて行くポアロ。
「まったく、才能のある者は辛いよ!」

『エジプト墳墓の謎』
今回はツタンカーメンの呪いをモチーフに。ポアロとヘイスティングスがエジプトへ捜査に乗り出す。
船酔い防止体操をしているポアロが笑える。。今回は命をはって悪人と対決。
「いまいましい砂、おぞましい海!おかげで口髭がヘナヘナだ!」(知らんがな^^;)

『グランド・メトロポリタンの宝石盗難事件』
土曜日の夜、ポアロとヘイスティングスはグランド・メトロポリタン・ホテルで食事をしていた。そしてラウンジで出会ったオパルセン夫人の宝石が盗難に遭い。。
地味だがなかなかに凝ったトリック。犯行を見抜くまでのポアロの観察眼に注目。
「エルキュール・ポアロを騙すなんてことは不可能なんだ!」

『首相誘拐事件』
事件のスケールの大きさは1、2。イギリス首相デイヴィッド・マカダム暗殺未遂事件ののち起きた首相誘拐事件を任されたポアロは。。フランスに渡り、再び船酔いにもだえるポアロ^^;
「このエルキュール・ポアロの才能を計算に入れてなかったんだな!」

『ミスタ・ダウンハイムの失踪』
ダウンハイム・サモン銀行頭取の金融界の名士・ミスタ・ダウンハイムが自宅から失踪した。。
悪人と探偵の知能ゲーム。科学的・数学的に厳密な方法でアプローチする姿勢をアピールするポアロ。
ジャップ警部と賭けをして、椅子から動かずに事件を解決すると誓ったのだが。。
「かわいそうに!だが、きみには才能がないんだから仕方がないな!」

『イタリア貴族殺害事件』
ポアロが懇意にしているドクタ・ホーカーの家にかかって来た電話は、「助けて、あいつらに殺される!」というフォスカティーニ伯爵の叫びだった。
様々な策略を巡らしていて、今回の犯人は手強い。彼の推理はいつも正しい。悔しそうなヘイスティングスの捨て台詞が悲しい^^;

『謎の遺言書』
ミス・ヴァイオレットが持ち込んだ依頼は、叔父の遺言書のありかについてのものだった。自分の頭脳で遺言書を見つけなければ遺産は入らないのだが。。
珍しく失敗しそうになるポアロの慌てっぷりが^^;;列車から飛び降りたぞおい^^;
「人の三倍も馬鹿だ!こんな灰色の脳細胞なんて、二度と自慢なんかしないからな!」

『ヴェールをかけた女』
ポアロの存在は、本当に世界中の犯罪者の恐怖の的になっているのだろうか?自意識過剰のポアロの面目躍如。またヘイスティングスの敗北が決まった。些細な手がかりを見のがさないポアロの慧眼には恐れ入った。

『消えた廃坑』
やり手の中国人商の遺体が発見された。彼がイギリスから持って来た書類を見つけなければいけない。
ジャップ警部と違って、ミラー警部とはそりが合わないポアロ。もう少し謙虚になれば^^;
「エルキュール・ポアロと芝居なんかしたことを、さぞ悔やんだことだろうな!」

『チョコレートの箱』
ポアロの失敗談。ポアロが一度だけかいた大恥とは、ベルギーで起こった毒殺事件だった。色の違うチョコレートの箱。。狭心症の薬。。推理は順調に見えたが。。
失敗ではない気がする。犯人が自白しなければ辿り着いていた真相なんじゃないかな。


ふぅ(;^^A。
1話1話が短いので読むのはさくさくさくなんだけど、書くとなると大変。。一時間くらいかかった。
。。再読のはずなんだけど、記憶にあるお話が1つもなかった^^;わりと好きなほうの短編集だった気がするけど、今読むと少し物足りない感も。バラエティに富んだ内容、ポアロの愛くるしいキャラクター、味見としては飽きさせない良い作品集だな。

                             (389P/読書所要時間3:00)

この記事に

開く コメント(18)

考古学者の父を亡くしたアンは、天涯孤独の身となった。失意のアンがやがて目にしたものは地下鉄での転落事故。アンと同時に現場に遭遇した医師が落とした一枚の紙片が、アンにある疑惑を起こさせたのである。後に貸家で殺された一人の女性と、容疑者の”茶色の服の男”が転落死と結びついた時、アンの胸にくすぶる冒険心に火がついた。事件解決に向けて、アンは南アフリカへと旅立つが。。。


この作品は20年程前に一回読んだきりなので、内容も自分の感触すらもアンドロメダ星雲の彼方。というわけでまるで初読のように感想を書かせていただきましょう。クリスティで一回しか読んでないのって珍しいんですよ。当時あんまり気に入ってなかったのかしら。。

クリスティ4作目はポアロでもマープルでもなく、ノンシリーズの冒険小説。自らも冒険に憧れを持っていたというクリスティらしく、生き生きとした明るい仕上がりとなっております。主人公のアンは明るく陽気で、好奇心旺盛で行動家の魅力的な若い女性。初期タペンス(参考:『秘密機関』)とキャラがかぶりますが、タペンスにとってのトミーのように彼女を止める相手がいないので(笑)暴走度もかなり高し。探偵ものではないものの、クリスティらしく謎解きに重点が置かれ、悪人か善人か敵か味方かを見抜く面白さも加わってスリル満点。

冒険ものとしての軽さも納得の出来で、騙され縛られたアンの部屋にちょうどうまいことガラスの破片が落ちていたり(笑)、崖から落ちても引っ掛かって軽傷だったりと大変ご都合がよろしいです^^
さらに、女史お得意のロマンスが本領発揮!このあたりが女性読者としては楽しみの一つで、アンがお相手として選んだ男性がこれまた上手いんだわぁ^^男性作家ならこうはいかないと思う。女性がどういう男性に惹かれるか、ちゃんと分かってますよね。このベタベタな恋愛要素の顛末も、ゆきあやの嫌うハードボイルドなら絶対御法度。ツボにぎゅんぎゅん入るぜ〜v

ちょっと解説から引用しましょうか。「十代の女性なら共感しまくり」の作品だというのはわかります。まあ、25歳も過ぎれば女性は現実的になって、選ぶ男も変わってくるもの。冒険に心躍らせるなんて若いうちの特権ですよね。(一般的な意見として)
しかし、十代の自分よりも34歳の自分の方がドキドキして読めたというこのケースは一体。。自己分析すると、とにかくクリスティに本格を求めていた自分と、雑食となった今の自分の器の広さ?がそういう結果を生み出したのでしょうかね。。

話は変わりますが、この新装版。サイズが大きいので、先日旭屋書店でもらったビニールのカバーか
昔しら菊姐さんに頂いた”文庫之助”しか使えない。そして字が大きくて訳が読みやすいのはいいのですが、「鷹揚」とか「時々」とか「二人」とか、漢字で表記してもいいだろうと思う文字がことごとく平仮名なので、その分ページ数が増えているのだ、きっと。。(何が言いたいかって、きっとその分高くなっているからです)まあ、そろそろ新装版が古本で出回る頃なのでいいけど。。


※角川文庫「茶色の服を着た男」
※創元推理文庫「茶色の服を着た男」

この記事に

開く コメント(10)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事