すべてが猫になる

有線にしたら高速すぎて逆に使いづらい。やめないけど。

神の名はエラリー・クイーン

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

ニューヨークのどまんなかに残された古い墓地の地下室から発見された二つの死体。その謎を追うエラリーは、一度、二度、三度までも犯人に裏を掻かれて苦汁を嘗めるが、ついに四度目、あざやかに背負い投げをくわせる。大学を出て間もないエラリーが、四面楚歌の中で読者に先んじて勝利を得ることができるだろうか?クイーン最大の長編で、古今有数の名編であり、本邦初の完訳。(裏表紙引用)


ちょっと今回は手抜きとしてあらすじ引用版をお楽しみ下さい。いやあ、国名シリーズ最大長編、535ページは長旅でした。。改行もあまりない、字も小さいので普通の535ページとはワケが違うんだからね!昔「読み終わらない地獄」だったのって、オランダじゃなくて多分コッチだな。。


本作はファンにも人気の作品で、エラリーの失敗譚として、成長譚として、またまたすこぶる論理的なフーダニットミステリとして高い評価を受けている。大学を出たばかりで警察筋からもまだ信頼のないエラリーが、最後にはお父さんまで騙して凄い推理を見せちゃうんだから。本書はシリーズの中でも最も意外な犯人として知られており、お得意の消去法と心理証拠の追及が冴える。お茶の飲み残し、まだそこで引っ張るのか。。。現代のミステリ読者はたとえ犯人が路傍の石でも宇宙人でも驚かないという困った奴らなので、「発想のサプライズ」があるわけではない。注目して欲しいのは、論理の積み重ねによるただ1つの解答と他の可能性の排除だ。没個性で人間が書けていないと言われ続けた本格ミステリーの、動機に対する固執をとくと見よ。


(535P/読書所要時間7:00)

この記事に

開く コメント(10)

友人・ミンチェン博士の誘いでオランダ記念病院へ赴いたエラリー・クイーンは、病院オーナーである老女の手術を見学する事になった。だが、いざ手術の直前、寝台に横たわっていた老女はすでに何者かに絞殺されていたのだ。犯人は病院の中に?遺言書から怪しい人物が浮上するも、アリバイや機会の問題が立ち塞がる。さらに犯行時目撃された外科医師は事件にどのような役割を果たしたのだろうか。エラリー・クイーン国名シリーズ、第三作。


自分が最も記憶にない国名シリーズの一つである。劇場、デパートと来て今回の舞台は病院。当時の記憶では相当読みにくかった印象があるが、何故これに苦戦していたのかがわからないスムーズさだった。この作品からクイーンらしさが目立ち始め、馴染みのある空気感に安心したためか。
しかし覚えていない事に変わりはない。靴の敷布が奥に詰められていた理由以外はさっぱり銀河の彼方である。(←えばるな)タイトルになっているぐらいだから論理の出発点のはずだが。そういうわけで、大量の登場人物リストをとっくり眺めるところからスタート。名前か身分で犯人思い出すんじゃないかと思ったのだが甘かった。紹介文もちょっとところどころヒドイね。

サラ・フラー………お友だち (誰のだよ)
マイケル・カダーイ………町のだに (他の言い方はなかったのか)
ヘンドリック・ドールン………黒い羊 (もはや意味不明)


あまり人気の高い作品ではなかったと認識しているが、なかなかどうしてどうして立派なものである。
論法はクイーン得意の消去法がメインで、犯人足り得ない人物を明確な推理をもって排除して行く。これをやってくれるミステリはなかなかない。また、第一と第二の殺人が同一人物の犯行であるという理由を列挙するのみならず、犯人がなぜ同一人物であることを主張したのかという論理も実に見事だ。出来れば切れた靴紐を絆創膏で補わなければならなかった理由の根拠が堅固であるものの、「偶然そこにあった」可能性がなぜゼロなのかを述べてくれていれば完璧だった。絶対に絶対に有り得ない事じゃないからね。
あとは、ローマ帽子みたいに「行き詰まったら必ずそこで靴が問題となる」と良かったね。

そして恒例の「読者への挑戦状」。改めて凄いなと思うのが、フェアプレイはもちろん、「与えられた手がかり」がその時点でなくとも到達し得るものだと言い切っている姿勢。後出しの証言や伏線はないってことだから、これでもうこっちの負けでいいよと思ってしまう。
さらに面白いのは途中の章のすべてで突然読者用の「余白」が下半分に用意されること(笑)。読者が推理のためにメモをとって下さい、だそうだ(笑)。後から思うけど、メモはもっと後の章の方が必要だったな^^;まるでクイーン警視の見せ場づくりのためのようだった^^;ジューナ少年が変装グッズで遊んだりと、結構和みポイントがあるぞ(笑)。

久々にクイーンを読んで思った事は、こういう論理だけでときめかせてくれる本格にへたな雰囲気づくりやキャラの立ちなんか邪魔でしかないって事。欲しいものすべてこれ論理の中にあるんだもん。


(396P/読書所要時間5:30)※創元推理文庫 2006年77版

この記事に

開く コメント(16)

ニューヨーク五番街の大百貨店<フレンチス>のショーウィンドウから忽然と転がり出た婦人の死体を
めぐり、背後に暗躍する麻薬ギャングと知能比べを演じるエラリーの会心の名推理。わずか数粒の
<白粉>と、リップスティックの中から転がり出たヘロインの<白い粉>の謎の真相は?(裏表紙引用)
国名シリーズ第2弾。


最後の1行まで犯人がわからないーー。
自分は昔からこういうのが好きだが、それはやはり本書の影響かもしれないと思う。
本書はトリックというより完全な「犯人当て」で、フェア・プレイを信条としたクイーンの
「真っ当さ」が如実に現れた作品と言えるかも。
死体は一つであり、特別奇を衒った演出は見られないのは本書がシリーズの中でも「地味」と
言われる由縁かもしれないが、「なぜこの人物だけが犯人足り得るのか」そして、
「ブック・エンドから検出された白粉から導き出せる真相」そこに焦点を絞り、
理論の積み重ねによって到達できる唯一の答えがこれである、その鮮やかさが魅力的すぎる。
奇抜なトリック、常人から外れた犯人の人物像、現代で見られる虚飾を排除し、
理論一点で勝負する理屈だけのショー。何度読んでも感心するばかり。

ただ、犯人を名指し出来ても、犯行を隠蔽するために犯人がとった行動、ここでひっかかってしまう
確率が高く、正しい犯人に到達出来る読者は現代人には少ないかも。。
時代性を鑑みれば、本書がフェアである事は間違いなくとも。

えーと、自分は本書は国名シリーズではお気に入り度は下位です。7、8番目くらいかな。
だって地味だもーん^^;良し悪しではありません。必読は必読。クイーンの出世作ですしね。

この記事に

開く コメント(5)

衆人環視のローマ劇場内で、突然、死体となって発見された正装の弁護士!シルクハットが紛失
していることを唯一の手がかりに、名探偵エラリー・クイーンの苦心惨憺たる活躍が始まる。
エラリー・クイーンの輝かしき処女作であると同時に、国名シリーズ十部作(ん?)の皮切りとも
なった本格推理の名編である。


現在、ハヤカワ文庫と創元推理文庫で本作は入手できるが(ハヤカワは絶版?)、
タイトルが微妙に違っている。「謎」か「秘密」かだけの違いだが、今後私の愛する
「ニッポン樫鳥の謎」を(ハヤカワは「日本庭園の秘密」)このタイトルで紹介したいために
国名シリーズは創元のタイトルで統一させていただきます。実際、現在は創元でも揃えているので。
ちなみに、本来「ニッポン」は国名シリーズに含まれないらしいが、十部作の方がキリがい
いのと紹介記事の便宜上、私が今後「十」と書けば本作を含んでいるとご理解くださいまし。


で、いきなり大仰な書庫名をつけてしまったわりに記念すべき1冊目が本書、ということで
実はテンション低い私なんですが^^;えーと、私にとって本書は国名シリーズ堂々の
ワースト1作品でして。。ああ、なんか気まずいぞ。
国名シリーズの中で、どれが一番あなたは好きですか?と聞くと、「エジプト」だ、
いや「チャイナ」だろう、とバラバラの答えが返って来ても私は驚きません。……が、果たしてこの「ローマ」がベストだ!という方がいらっしゃればさすがに驚くかも^^;あとがきにも
あったように、国名シリーズはヴァン・ダイン12作のように人気作が偏っていないのですが。

理由は、なんでしょうね。決して駄作ではないし、こうして読み返してみると
素晴らしい論理的帰結の本格ミステリなのですが。
比較的、意外性に乏しいかもしれません。
エラリーの推理通りに読者が推理して行けば、エラリーと同じ結論に辿り着くだろう、という
まあ読んだ後だから言えちゃうんですが、難易度の低さでしょうか。そうして見ると、
犯人の○○の特定もちょっと早すぎるんじゃないかとか、帽子帽子と騒いでいるわりに
「じゃあ靴でも良かったんじゃ・・」というような物足りなさとかが気になっちゃうんですね。

ただ、被害者の行動ひとつひとつ取っても、ちゃんと理由があって、最後に犯人を特定する
根拠の一つとして機能しているあたりは素晴らしい。人物がステロタイプでも、充分に
納得できる心理なんです。こういうのを読むと、人間が描けていないとかしゃらくさい、と
私なんかは思ってしまうわけですが。。

しかし、このクイーン親子の愛情は素敵ですね。リチャード警視にとってはエラリーはまだまだ
子供なんですかね。それでいてエラリーが側にいないと拗ねてしまう警視。なんだかほっこりします。


さて、「ローマ」も書いたし、次から張り切って行こう!えーと、次は
「フランス」・・・。。
あ。。。。そうなの。。。(なんやねん)

 
※「ローマ帽子の謎」創元推理文庫(井上勇訳)
※「ローマ帽子の秘密」ハヤカワ・ミステリ文庫(宇野利泰訳)

この記事に

開く コメント(14)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事