すべてが猫になる

梅雨で地面きのこだらけ。。

海外<カ〜コ>作家

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1
イメージ 2


スティーヴン・キング著。柴山幹郎訳。文春文庫。

70歳の老人、ラルフの睡眠時間は日に日に短くなり、ついに幻覚を見るようになる。自分は狂いはじめているのか?孤独に「チビでハゲの医者」が放つ悪意に怯える日々を過ごすラルフ。一方、妊娠中絶支持派の女性活動家の講演が近づき、穏やかな町・デリーは憎悪と反目に染められていく―人知を超えた邪悪な存在が迫りくる。(上巻裏表紙引用)

不眠症

なげーよ。。。

と、いうわけで割と存在感の薄いキングの大長編を読了。この作品の舞台となるデリーは「IT」のデリーである。しかし関連があるのはどちらかというと「ダーク・タワー」。キングの作品は全てひっくるめると「ダーク・タワー」へ繋がっていくものが多いので、1巻だけでもいいから読んでおいたほうがいいかも。無視できないくらい関連要素出てくるので同時期に読んでいる自分勝ち組。

ちょっとタイトルで損してる作品かな。「痩せゆく男」みたいな、不眠症の男が狂っていく話かと想像していたら全然違った。70歳の老人ラルフは最愛の妻を亡くして以来不眠症に苦しんでいる日々。やがて近所に住む善良で優しい男エドが交通事故を起こし、妻にDVを加える凶暴で異常な性格に変貌。街では妊娠中絶派と反対派の抗争が絶えない。そしてデリーに現れた邪悪な三人の医者たちが住民の生死を操作し始め――。上巻はこんな感じでなかなかのスリルだったが、下巻から老人版スーパーマンとなったラルフと新恋人のロイスが人々の寿命が見えたり考えていることが分かったり指から光線が出せたり空を飛べたりとファンタジー感つよい。。最後はもうトップガン。映像化したらさぞ楽しそうだが…。ショートタイマー、とか過剰現実(ハイパー・リアリティ)とか色々面白い言葉が出てくるし。恋愛や若返りもテーマの一つだし、冗長は冗長だけど読みどころは多いかな。ラスト、まだ終わらんのかい!って感じで後日談が感動的なのも良きかな。

開く コメント(2)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

スティーヴン・キング著。白石朗ほか訳。文春文庫。

悲しみに暮れる彼女のもとに突如かかってきた電話の主は…愛する者への思いを静かに綴る「ニューヨーク・タイムズを特別割引価格で」、ある医師を訪れた患者が語る鬼気迫る怪異譚「N」、猫を殺せと依頼された殺し屋を襲う恐怖の物語「魔性の猫」ほか全6篇を収録した最新短篇集。 巨匠の贈る感涙、恐怖、昂奮を堪能ください。(裏表紙引用)



先に発売された短編集「夕暮れをすぎて」と対になる作品集らしい。単行本「Just After Sunset」の前半に「夕暮れ〜」、後半に本書、と言えば分かりやすいだろうか。

「N」
死んだ精神科医が残した、強迫性障害患者Nの詳細な記録。精神科医の妹が幼馴染に宛てた手紙という形式を採っていてそれが生きている。Nの異常な数字へのこだわりが徐々に精神科医の内部にまで侵食してしまい、やがて…。ここまで広がるか。

「魔性の猫」
短編で映画化されている作品。殺し屋に依頼されたのは呪われた猫を殺せという異様なものだった。モルモットとして殺された何千匹もの猫の恨み。その想いがたった一匹に集約されたからここまでおぞましいことになったのかな。。グロ。

「ニューヨーク・タイムズを特別割引価格で」
売り文句の一つ、「感涙」に当てはまるのはこの作品だろうな。感想を廻るとこれが圧倒的人気のよう。飛行機事故で死んだ夫からかかってきた電話。これが死者の予言という面白さだけに留まっていないのがすごい。タイトルが秀逸。

「聾唖者」
聾唖のヒッチハイカーに打ち明けた、妻の浮気と不正。さらにそれを神父に打ち明けるという構成がうまい。もしかしてそうじゃないかな?と思わせてさらに一段先まで話が転がっていくのが面白かった。これ、皆悪いな。

「アヤーナ」
瀕死の父の病室に突然現れキスをした盲目の少女。それから病状が回復するという定番の展開から、その能力が別の人に乗り移っていくところがなかなか憎い発想。あの元海兵隊員は誰だ??

「どんづまりの窮地」
おぇ〜〜〜〜〜〜〜( ×m×)
おっえぇぇ〜〜〜〜〜〜〜。。。
この世で1番気色悪いお話を読んだかもしれない。。。説明するのも嫌だが、恨まれて古い仮設トイレに一晩閉じ込められた男の悲劇を描いている。トイレが傾いていて中で倒れてしまう、汲み取りは長年されていない、灼熱。もうこれだけで想像の域を越えた。。この男の脱出方法に耐えられる読者は何人いるだろう。。げろ。おえ。


以上。
最後はともかく(おぇ。。)。。キング短編集は9割方読んで来たが、本書が1番面白かったかな。ハズレがないし、パターンが一定じゃないので飽きない。ちゃんと怖い。ラストは読まなくていいんで、よろしければどうぞ〜。

開く コメント(0)

イメージ 1イメージ 2

スティーヴン・キング著。白石朗訳。新潮文庫。

穏やかな陽射しが落ちる秋の一日、ボストン午後3時3分。世界は地獄へと姿を変えた。《パルス》。そのとき携帯電話を使用していたすべての人々が、一瞬にして怪物へと変貌したのだ。残虐極まる行為もいとわず、犠牲を求め続ける凶悪な存在に――。目前で突然繰り広げられる惨劇、街中に溢れる恐怖。クレイは茫然としていた。いったい何が? 別居中の妻と息子は? 巨匠の会心作、開幕! (上巻裏表紙引用)


携帯電話社会を風刺した、ゾンビホラー。

ある日突然、携帯電話を使用していた人々が変貌した。異常な暴力行為で世界は混乱、運良くゾンビ化を逃れたコミック作家のクレイは、仲間となったトム、アリスと共に逃亡を続ける。妻と息子は無事なのか?ゾンビたちを殲滅する方法は?


結構面白かったと思う。ゾンビものはゾンビものでも、キングらしい脚色があるというか。例えば、ゾンビが音楽好きで、音楽を探して彷徨うとか、暴力→再起動→テレパシー使い、のようにゾンビの進化に段階があるとか。ゾンビの口の中からヒット曲が聞こえてくるとか、ゾンビが自分たちの住まい?を掃除するとか。途中で合流したアカデミーの校長と、絆の強すぎる生徒ジョーダンとの絡みもドラマティック。パソコンに強かったり色々キャラに特色があるので飽きない感じ。

さすがなのが、怖いのはゾンビだけじゃないところ。強盗はもちろんのこと、宗教狂いの女なんかもやっぱり怖い。謎の不気味な男ラゲディ・マンが時々現れたり、あるキャラがまさかの死を遂げたり、正常人の口を借りて携帯狂人が言葉を話したりと世界観に引き込まれる。

残念だったのは、「結局なんだったんだ」感を残して終わってしまったことかな。希望のある終わりなのでそこはホっとしつつ、終盤は設定が進化しまくりでよく分からなかった。。。でもなかなかの力作なので、キングのメインどころはだいたい読んじゃったなあ〜という人はこちらをいかが。

開く コメント(4)

イメージ 1

スティーヴン・キング著。文春文庫。

ワトスン博士が名推理をみせるホームズ譚。息子オーエンの所属する少年野球チームの活躍をいきいきと描くノンフィクション。そしてエベッツ・フィールドに躍動した、いにしえのブルックリン・ドジャースに思いを馳せる詩。“ホラーの帝王”にとどまらない、キングの多彩な側面を堪能できる6篇を収録。著者自身による解説つき。(裏表紙引用)




これも例のごとく原題の小説を4分冊したものの1つ。これで一応読破したかな。

本書は今までの作品集とは少し趣向が違っていて、ギャングたちの抗争を描いた「第五の男」とホームズのパスティーシュ、ワトスンが唯一自身で解決した事件を回想した「ワトスン博士の事件」、それと対をなす「アムニー最後の事件」、初のエッセイ「ヘッド・ダウン」、そして2編の詩が収録されている。

キングっぽいのは「第五の男」ぐらいで、あとは言うまでもなく変則的なミステリが2編。まあまあ読ませる作品だったが、エッセイでしくじった。キングの息子が入っている野球チームについてを描いたものなので、野球に全く興味のない自分には読めず。飛ばした、すいません。表題作の詩は読んだけどテーマが野球だしね。。その詩と最後の詩の間にキングの自作解説が(最初の2編の解説はなし、とほほ)挿入されているという変わった構成。

うーん、あんまファン向けではないかもしれない。。マニアな方はどうぞ。

開く コメント(2)

イメージ 1

スティーヴン・キング著。白石朗 他訳。新潮文庫。

私はまだ死んでいない、死んでいないはずだ。ゴルフをしていて倒れた、ただそれだけだ。それだけなのに。だが、目の前にある解剖用の大鋏は腹へと迫ってくる……切り刻まれる恐怖を描いた標題作のほか、ホラーからサスペンス、ファンタジー、O・ヘンリ賞を受賞した文芸作品まで、幅広いジャンルにわたって天才ぶりを発揮してきた巨人キングの十年を総決算する全米百万部の傑作短篇集。 (裏表紙引用)



「第四解剖室」
全身麻痺状態を死亡と間違われ、意識のあるまま解剖室へ――、というホラーでは定番の恐怖を描いた作品。エロ込みだからか、ビックリするぐらい怖くなかった。もっと切られる寸前の恐怖とかさ…。ずっと解剖医たちの雑談なんだもの。


「黒いスーツの男」
死を目前にした老齢の男が9歳の時に出会った黒いスーツの男の話を語る。正体が分からない状態が一番怖いと思うが、知りたいと思うのは人間の性。

「愛するものはぜんぶさらいとられる」
自殺するつもりでモーテルに宿泊したセールスマン。うーん、えっとね、この人、死ぬ気ないよね?(笑)。

「ジャック・ハミルトンの死」
強盗団の1人が警官に撃たれて瀕死の状態で逃げ回る話。タバコを吸ったら背中から煙って…ひー貫通してる貫通してる!死にゆく仲間への餞が泣ける。悪党だけど、いいやつってのはいるんだと思う。熱心なキリスト教徒で悪の道…人間の謎のひとつ。

「死の部屋にて」
情報省の地下室で取り調べを受ける元新聞記者。どんでん返しもの?復讐劇かな。長い割に展開が唐突でなんだかよく分からない。

「エルーリアの修道女」
なんとびっくり、「ダーク・タワー」の番外編。本編に重要なエピソードってわけでもないだろうが、修道女たちにとらえられたローランドの意外な一面が。箸休めってところかな。


以上。
ちょちょちょい、「全米百万部の傑作」っていうのは眉唾ではないかい(分冊ものとはいえ)。どれもキングとは思えないほど怖くないし、かと言ってホロリとくるドラマも入ってなかった。正直どれも読むのが苦痛レベル。「ジャック〜」はかろうじて読みがいあったかなあ。

開く コメント(0)

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事