すべてが猫になる

はてなブログ出来ました。 https://yukiaya1031jp.hatenablog.com/

海外<サ〜ソ>作家

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]

イメージ 1

ピーター・スワンソン著。務台夏子訳。創元推理文庫。


ある日、ヒースロー空港のバーで、離陸までの時間をつぶしていたテッドは、見知らぬ美女リリーに声をかけられる。彼は酔った勢いで、1週間前に妻のミランダの浮気を知ったことを話し、冗談半分で「妻を殺したい」と漏らす。話を聞いたリリーは、ミランダは殺されて当然と断じ、殺人を正当化する独自の理論を展開してテッドの妻殺害への協力を申し出る。だがふたりの殺人計画が具体化され、決行の日が近づいたとき、予想外の事件が起こり……。4人の男女のモノローグで、殺す者と殺される者、追う者と追われる者の攻防が語られるスリリングな快作! (紹介文引用)


『このミステリーがすごい! 2019年版』第2位
『週刊文春ミステリーベスト10 2018』第2位
『ミステリが読みたい! 2019年版』第2位



これは文句なく面白い。

見知らぬ同士が偶然知り合い、殺人を結託するというよくあるストーリーかと思いきや、意外な展開が十重にも二重にも待ち受けていた。

浮気された腹いせに妻を殺そうとする実業家のテッドと、過去に幾人もの邪魔な人々を殺害してきたリリー。2人の過去がそれぞれの一人称で代わる代わる語られるのだが、特にリリーの生育環境や思考回路が奇抜すぎて早くも読む手が止まらなかった。2人の計画が順調に進み、さあ殺人決行かと思うのだが…いやいや、中盤からのどんでん返しに目が点。こいつぁ面白くなってきたぞ、と手に汗握る間もなく、ストーリーはこちらが思う方向の斜め上まで突っ走ってしまう。いやこれ、言いたいんだけどほとんど何も言えない。触れただけでネタバレになってしまう。

なのでストーリーについては黙っておく。それ以外の要素も興味を惹かれるものが多いので。リリーの「悪いやつは殺されて当然」という考えが物語の主題となっているが、テッドもなかなか自己愛が強いというかなんというか。もちろん若い頃から色々とひどい目に遭っているのだが、彼の場合リリーのような生まれついたサイコパスという感じではなく、ただ相手は正直に誠実にテッドに向き合えば良かったのだ。ミランダは正直に打ち明ければ良かったし、過去のガールフレンドはただ謝れば良かった。危険人物だという印象は拭えないが、同情すべき点はなくもない。それにしたって、億兆長者になって、新しい恋をして。それが犯罪の抑制にならないというのが私のような一般感覚を持つ人間には謎。

配偶者や恋人に内緒で会いに行ってはいけない世界があるということと、どんな仕打ちを受けてもやっぱり人は殺すべきではないということだな。

開く コメント(0)

イメージ 1

フェルディナント・フォン・シーラッハ著。酒寄進一訳。創元推理文庫。

新米弁護士のライネンは、ある殺人犯の国選弁護人になった。だが、その男に殺されたのはライネンの親友の祖父だったと判明する。知らずに引き受けたとはいえ、自分の祖父同然に思っていた人を殺した男を弁護しなければならない――。苦悩するライネンと、被害者遺族の依頼で裁判に臨む辣腕弁護士マッティンガーが法廷で繰り広げる緊迫の攻防戦。そこで明かされた事件の驚くべき背景とは。刑事事件弁護士の著者が描く圧巻の法廷劇!(裏表紙引用)



シーラッハ初の長編。簡潔な文体と短編のイメージしかないシーラッハだが、さて長編となるとどうか(と言っても200ページもないのだが)。動機がわからないイタリア人によるドイツ人殺害事件を新米弁護士が弁護する内容で、やはり文体は無駄なく読みやすい。恩人を殺した相手を弁護しなければいけない苦悩や被害者の孫娘との恋愛関係も描かれていて短編にない肉付けもあり。

簡潔ゆえに、人間が見えてこない。だからこそ浮き彫りになる人間の恐ろしさ不可解さ、その背景。この事件はある歴史的悲劇を頭に踏まえ、当時のドイツの法律の落とし穴を知ることが大事だ。なんと言ってもこの作品をきっかけにドイツの連邦法務省が動いたというのだからこっちのほうがよっぽどフィクションぽい。

開く コメント(4)

開く トラックバック(1)

イメージ 1イメージ 2

ジェフリー・ディーヴァー著。池田真紀子訳。文春文庫。

バハマで反米活動家の男が殺害された。神業と言うべき超長距離狙撃による暗殺だった。直後、リンカーン・ライムのもとを地方検事補ローレルが訪ねてきた。その暗殺は米国政府諜報機関の仕業で、テロリストとして射殺された男は無実だったという―。非合法の暗殺事件を訴追すべく、ライムとサックスたちは捜査を開始する! (上巻裏表紙引用)


長くかかるかなと思ったけど面白くて読み終えられてしまった^_^;この本から来年扱いといたします。


リンカーン・ライムシリーズ第10弾。あれ?まだそんな?


本作は少し今までと違う状況と展開。反米主義のアメリカ人がバハマで殺害されたため、ライムお得意の「物的証拠」から捜査を進めることが出来ない。そんなわけで、なんとライムが海を渡る。渡るだけじゃなくて海に落ちる^_^;。。四肢麻痺のライム、銃も持てるように。普通の刑事ものなら当たり前にあるシーンが、ライムの場合は絶体絶命のその100倍。普通死んでる。。

悪役にもまたクセがあって、料理好きというのを人殺しに生かしているあたりがゾっとする。事件の肝であるメツガー長官なんて、これもう異常でしょ。よくこんな精神が不安定で長官になれたな。政府がらみの事件ってほんとに奥が深い。

サックスとソリの合わない、ローレル検事補(♀)との絡みが今回はみもの。きっと最後には絆が深まるんだろうなあと期待しつつ。途中まで、本当にこっちもローレル嫌いになりかけてたからね。新キャラのポワティエもライムチームに貢献。この人との関係性がどんどん良くなっていくのもいい。ライムチーム勢ぞろいしてるしね。一番活躍したロナルド・プラスキーが登場人物欄に載ってなくてかわいそう。。

このシリーズはどんでん返しが強みなのと、ライムとサックスはどんなピンチに陥っても死なないという安心感がある。特に今回は意外な真相が4回5回と判明して目がぐるぐる。。過去作に比べると難しめで地味なのでもしやこのままの真相なのでは、と危惧してしまった。いやいやそこはディーヴァーさん、しっかりアッチもコッチもやってくれます。

サックスの関節炎が心配だったけど、最後にああいう決断をするとは。。ライムについてもビックリだけど。天才だから常人と同じように考えてはいけないかもね。2人とも、これでいいと思う。

開く コメント(4)

イメージ 1

フェルディナント・フォン・シーラッハ著。酒寄進一訳。創元推理文庫。

ふるさと祭りで突発した、ブラスバンドの男たちによる集団暴行事件。秘密結社にかぶれる男子寄宿学校生らによる、“生け贄”の生徒へのいじめが引き起こした悲劇。猟奇殺人をもくろむ男を襲う突然の不運。麻薬密売容疑で逮捕された老人が隠した真犯人。弁護士の「私」は、さまざまな罪のかたちを静かに語り出す。本屋大賞「翻訳小説部門」第1位の『犯罪』を凌駕する第二短篇集。(裏表紙引用)



シーラッハ短篇集第2弾。今回も読みやすく、面白い短いお話がたっぷり詰まっている。弁護士である作者が、実経験かのように描かれたその文体と内容で話題となった前作。第2弾である本書は、前作よりさらに人間の暗黒部分を浮き彫りにしている印象になった。言うなれば憎むべき犯罪が裁かれなかったり、殺されるべきでなかった者が悲劇に見舞われ救いがなかったりと、読後感が悪いものが目立つ。そして、日本では考えられないような判決にホッとしたりはたまた歯ぎしりしたり。淡々とした、記録のようなこの文体にそれだけの力があることが不思議だ。

個人的に好きなのは(どれも面白かったが)寄宿学校でのいじめが悲惨な結末を迎える「イルミナティ」、死体写真の運び屋が謎のまま運命の日を迎える「アタッシェケース」、暴行犯と間違えられた男の間抜けさが際立つ「司法当局」、暴力夫から逃れたい妻が選んだ犯罪の罪の行方にハラハラする「清算」

第1弾ほどの衝撃はなかったという意見が目立っていたが、私はこちらのほうがなお自分に合っていた気がする。第3弾が楽しみ。

開く コメント(4)

イメージ 1

セバスチアン・ジャプリゾ著。創元推理文庫。

わたし、ミは、火事で大火傷を負い、顔を焼かれ皮膚移植をし一命をとりとめたが、一緒にいたドは焼死。火事の真相を知るのはわたしだけだというのに記憶を失ってしまった。わたしは本当に皆の言うように大金持ちの伯母から遺産を相続するというミなのか?死んだ娘がミで、わたしはドなのではないのか?わたしは探偵で犯人で被害者で証人なのだ。ミステリ史上燦然と輝く傑作。フランス推理小説大賞受賞作。 (裏表紙引用)



フレンチ・ミステリーの傑作ということで、分かりやすくなったという新訳版を読んでみた。この作品は、「わたしはその事件の探偵です。そして証人です。また被害者です。さらには犯人です。わたしは四人全部なのです。いったいわたしは何者でしょう?」という、人を喰ったキャッチコピーが有名らしい。なんだ、語り手が誰だかわからない作品なら他にも色々あるじゃないか、と思っていたら間違い。本当に結局最後まで誰だかわからないのだから。

作品内では、章ごとに「わたし」のナレーション体であったり、一人称であったり、はたまた三人称であったりもする。その章題も読者の興味を惹く。「わたしは殺してしまうでしょう」「わたしは殺しました」「わたしは殺したかもしれません」「わたしは殺すでしょう」「わたしは殺したのです」「わたしは殺します」「わたしは殺してしまいました」と、他では見られない趣向が見られる。変わったものが好きなら、もうこういう小説を読むこと自体が至福の時間になるかもしれない。

登場人物の愛称が「ミ」「ド」であることに作品の個性づけ以上の理由はなさそうだが、こちらも一風変わった趣きを作品内で出すことに成功している。語れば語るほどわからない、殺人の真相。読みやすいが難解。全ての登場人物が求めるのはお金か愛情か。人間関係の機微を楽しめる、それを真相のヒントにも活用出来る、様々な読み取り方が出来る――。ハッキリしないものが苦手な向きにはオススメしないが、ミステリ好きなら作者の稚気ごと受け入れてみるのも一興だろう。

開く コメント(6)

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事