海外<サ〜ソ>作家

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]

イメージ 1

P・D・ジェイムズ著。ハヤカワ文庫。

探偵稼業は女には向かない。ましてや、22歳の世間知らずの娘には―誰もが言ったけれど、コーデリアの決意はかたかった。自殺した共同経営者の不幸だった魂のために、一人で探偵事務所を続けるのだ。最初の依頼は、突然大学を中退しみずから命を断った青年の自殺の理由を調べてほしいというものだった。コーデリアはさっそく調査にかかったが、やがて自殺の状況に不審な事実が浮かび上がってきた…可憐な女探偵コーデリア・グレイ登場。イギリス女流本格派の第一人者が、ケンブリッジ郊外の田舎町を舞台に新米探偵のひたむきな活躍を描く。 (裏表紙引用)


自分は基本的にというか絶対的にハードボイルドは読まないのだけど、この作品の主人公と作者が女性だと言う事で試しに読んでみた。とりあえず、誰でも聞いた事のあるタイトル=名作だろうからして退屈はすまい、と。

その予測は半分正解、半分外れ。やはり同性だからと言って必ずしも苦手意識をクリア出来るという甘いものではなかった。この主人公・コーデリア・グレイがあまりにもかっこ良すぎるのである。尊敬し信頼していた上司が手首を切って自殺、そしてコーデリア自身が第一発見者になってしまうという衝撃的な出だし。気丈にもコーデリアは22歳という若さで、上司バーニイの事務所を引き継ぐ決意をする。早速舞い込んだ依頼は科学者の息子が自殺した理由を調べるというものだった。

事件展開そのものは、序盤は予想通り。一人で聞き込みを続け、危険な境遇に自分を追い込んだりもする。そして案の定、事件を操る謎の人物に命を狙われるのである。自分は身体を使った捜査より頭脳戦を好みとする読み手なので、「どうせ助かるんだろ」とわかるヒロインの危機的状況にはあまりハラハラしないタチだ。そして、本人が勇気と機転で乗り越えるよりも頼りない助手や口の悪い親友が土壇場で支えてくれるものの方が好きとくる。やはり個人が物語を色付けるのには無理があり、やや退屈を感じていたのは否めない。

が、侮ってはいけない。読み継がれる名作にはやはり表し難い魅力があった。
井戸に落とされて絶体絶命となったコーデリアの、あまりにも冷静かつ的確な判断と行動力はどうだろう。自分なら間違いなくぶくぶくと沈んで一巻の終わりである。また、頭が良すぎるが為に気付いた恐ろしい可能性に対し、あっさりと心の糸が切れて諦めてしまったりもするのだ。
さらに、バーニイ亡き後も何があっても涙を見せなかったコーデリアの、ダルグリッシュ警部への叫び。きっとずっと泣きたかったんだろう。悲しみのあまり、彼の遺志を継ぐ事に一生懸命になる事で心を紛らわせていたのだろう。それが分かった時、自分があまりにも表面的にしか物語を捉えていなかった事を知った。好みではないと言った事を撤回はしないが、久々に胸が熱くなる読書をした。コーデリア、頑張れ!

                             (316P/読書所要時間3:00)

開く コメント(12)

開く トラックバック(2)

イメージ 1

ドロシー・L・セイヤーズ著。創元推理文庫。

実直な建築家が住むフラットの浴室に、ある朝見知らぬ男の死体が出現した。場所柄男は素っ裸で、身につけているものといえば、金縁の鼻眼鏡と金鎖のみ。いったいこれは誰の死体なのか?卓抜した謎の魅力とウイットに富む会話、そして、この一作が初登場となる貴族探偵ピーター・ウィムジイ卿。クリスティと並ぶミステリの女王がモダンなセンスを駆使して贈る会心の長編第一作。 (裏表紙引用)


クリスティ、ブランドと並んで人気のセイヤーズ。ロングロングタイムアゴーに短編集を読んで「こりゃダメだ、合わん」と思っていたのだが、ミステリ歴20年以上、30歳も過ぎてそれじゃいけない。貴族探偵ピーター卿、さあかかってこい。

てなわけで、面白かった。
浅見光彦様に出逢ってから、次男坊探偵は大の好物なのである。爵位継承者ではないので気ままに探偵活動が行なえるという設定も良いし、何と言ってもピーター卿の洒落っけたっぷりの会話がこの作品の最大のチャームポイントだと言えよう。引用や替え歌が多用された皮肉でいたずら心満載のピーター卿の台詞は読者だけでなく、警察関係者をもケムに巻く。随分な博識のようなので、読者側にも相応の興味がなければ辛いところ。貴族、労働者、階級の差がはっきり映し出されているところも時代の特徴だろう。同時にピーター卿にも夢に魘されるような精神的外傷があるらしく、このあたりも女性読者としては母性本能くすぐる。女性作家ならではの手腕だ。そして忘れてはいけないのがピーター卿の従僕、バンター。周りが引くほどの礼儀正しさと、主人への献身。この愛すべきパートナーが居なければ本書の魅力は半減したかもしれないと言っても過言ではない。

本書は長編第1作。これからますますピーター卿の推理が冴え、輝かしい活躍を魅せてくれるのだと期待してやまない。言葉は悪いが、この程度のもので多くの真性ミステリファンをも夢中にさせているとは思えない。きっと語り継がれる名作があるのだろう。

                             (277P/読書所要時間3:00)

開く コメント(14)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

ジョン・スコルジー著。ハヤカワ文庫。

コロニー防衛軍のなかでも勇猛果敢で知られるゴースト部隊の隊員は、防衛軍に志願したものの、軍務につくまえに死んだ地球人のクローンで構成されている。だが、新たに部隊員となったジェレド・ディラックは、天才科学者ブーティンの遺伝子から作られたクローンだった。恐るべきエイリアン種族と手をくんだ裏切り者ブーティンの情報を得るべく誕生させられたディラックの熾烈な戦いと数奇な運命を迫真の筆致で描く話題作。 (裏表紙引用)


ゆきあや絶賛の『老人と宇宙』に続く第2弾。
前作の、「老人が志願兵士となって若い身体を手に入れる」物語はとりあえず終了となっていたようだ。この続編では老人ネタは脇に寄せられていて、随分前回とは内容が違う。しかし、老人じゃなくなった途端につまらなくなったと感じるかどうかはここに何を期待するかどうかだろう。

前作の持ち味ともなっていた「個人の誇り」が健在であった事が何よりも嬉しい。科学者ブーティンのクローンでしかないジェレドが、コロニー防衛軍の狙いを外れて自我を持っているのが楽しめる要素だろう。クローン達と共に、意識や情報を共有し、SF映画や小説のブームが起こるくだりもユーモアがあって最高だ。人類に優れたユーモアがあると豪語する人物とジェレドのやり取りが笑える。

後半は他種族との戦争がメインとなっている。ブーティンは何ゆえに裏切り者となったのか?ジェレドにブーティンの意識は宿るのか?ジェレドと共に闘い育った仲間との死別や幼いゾーイとの心の疎通など、泣かせどころもたくさん。コロニー防衛軍が意外と冷酷だったりして、ジェレドの純粋さが際立つ。
ああ、ジェレド・・・。。。好きだったのに。。
クローンの運命は決まっていても、魂はそこにあったんだね。

そして物語は続く。希望あるラストに感動しつつ、第3弾で懐かしのジョンに会いましょう。

                             (463P/読書所要時間4:00)

開く コメント(6)

イメージ 1

ルイス・サッカー著。講談社文庫。

無実の罪で少年たちの矯正キャンプに放りこまれたスタンリー。かちんこちんの焼ける大地に一日一つ、でっかい穴を掘らされる。人格形成のためとはいうが、本当はそうではないらしい。ある日とうとう決死の脱出。友情とプライドをかけ、どことも知れない「約束の地」をめざして、穴の向こうへ踏み出した。 全米図書賞、ニューベリー賞他受賞の大傑作。(裏表紙引用)


本屋に行くたびに気になっていた作品。
コミカルで楽しい成長ものだと勝手に思い込んで読み始めたら、これが意外と子供に手厳しい内容だった。犯罪を犯した少年達が集められた『グリーン・レイク・キャンプ』は、人格形成や更生という言葉とは程遠い、重労働と虐待、差別と陰謀が渦巻いたやたらと胡散臭い施設である。毎日毎日、朝の4時半の起床と苛酷な”穴掘り”を義務づけられた少年達は、穴の中で何かを発見するたびに先生への報告を課せられる。良い物を見つけた少年には、一日の休暇が与えられるというのだ。

そもそも、冤罪で収容された主人公のスタンリーには地獄のような毎日。しかし、彼は持ち前の処世術とガッツで一日一日を乗り越えてゆくのだ。ここではすべての少年に、愉快なあだ名が付いているのが面白い。それも、本名と関係のない”脇の下””イカ””ジグザグ””X線”という奇妙なものばかり。スタンリーも見事”原始人”というあだ名をいただいた。あだ名が付くという事は、仲間と認められた事と同じで、どんなヘンなあだ名であろうとそれは喜ばしい事なのだ。

(日本人が読むと、戸○ヨットスクール事件を彷彿とさせずにいられない。。。)

簡単に纏めると、冒険と友情を描いた正義の物語だが、スタンリーの先祖にまつわる挿入章が現在と密接に結びつき、ちょっとしたファンタジーではないか。命を繋ぐ大量のタマネギや穴に落ちていた口紅の筒など、小道具使いが生きていてこの作家が只者ではない事がわかる。大人でも充分読むに堪える素敵な作品。逆境に強くなれるのはきっと子供だけじゃない。

                             (330P/読書所要時間2:30)

開く コメント(6)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

イメージ 2

トム・ロブ・スミス著。新潮文庫。

運命の対決から3年?。レオ・デミドフは念願のモスクワ殺人課を創設したものの、一向に心を開こうとしない養女ゾーヤに手を焼いている。折しも、フルシチョフは激烈なスターリン批判を展開。投獄されていた者たちは続々と釈放され、かつての捜査官や密告者を地獄へと送り込む。そして、その魔手が今、レオにも忍び寄る…。世界を震撼させた『チャイルド44』の続編、怒涛の登場。 (上巻裏表紙引用)


前作が異常に面白かったので逆にこの続編は期待しなかったが、想像を越える面白さだった。他の多くの読者が述べているように、今回は前回とはまた全然作風が違う。『チャイルド44』が話題になったのは、スターリン体制下のソ連は「理想国家」で、そんな理想国家に殺人犯は存在しないのだという建前が跋扈し、そんな中忠実な国家の僕であった保安省のレオが妻の為に反旗を翻すというどこにも見られない物語だったからである。本作でのレオは田舎町の人民警察官として登場しており、過去にレオが逮捕した元司祭と妻との顛末が先に描かれ、この出来事が全ての発端となった物語となっている。レオには数えきれない程の罪があり、現在養子として引き取っているゾーヤとエレナの両親も、元はと言えばレオが殺したようなものだった。両親殺しの敵としてレオに心を開かないゾーヤ。レオは反省と後悔の鬼となっており、なんとかしてゾーヤとの間に愛を築こうとするが、ゾーヤからの返答はレオへの刃だった。。

筋を述べていると文字制限にひっかかりそうなぐらい濃密で怒濤の展開が繰り広げられる物語だが、今回はスターリン死後のフルシチョフ政権が舞台となっており、革命と家族愛、復讐と懺悔が全てのテーマとなっている。個性はほとんどなくなってしまったものの、エンターテインメントの読み物としては随分と読みやすく、わかりやすい一作になっているのではないだろうか。前作で挫折した人々も、是非にここまで堪えて来て欲しい。前作を読まなければなんのこっちゃわからない作品だと思うので。

キャラクターに関して言えば、レオや妻のライーサよりも、憎しみの化身となってしまったゾーヤと司祭の妻・フラエラが突出した存在だろう。復讐の果てに祖国を裏切りハンガリー暴動に巻き込まれてしまったゾーヤと、国家の支配が及ばない”ヴォリ”の頭となったフラエラ。二人を支えるものはレオへの憎しみだけ。何が正義かという言葉など、この二人の女の前では一粒の砂のようなものだ。国家という盾を無くしてしまった人々はここまで命がけなのか、死と隣り合わせなのか。やはり復讐の先に救いなどないのだ。しかし、この革命を起こしたのは間違いなく自分の為の正義を掲げ、闘った人々だと言うのが哀しい。自分が引っ掛かるのは、ゾーヤとフラエラの憎しみなくして、レオの行動は果たしてあっただろうか?という点にある。ライーサが時折見せるレオへの不信は、ここにあるのではないか。今回極寒の収容所で地獄の苦しみを味わい、気丈に立ち向かったレオには大きな進歩を認めるが、これではまだ納得出来ない自分がいるのだ。

噂によると、どうやら三部作らしい。
レオは再び殺人課へ戻るのか?家族はどうなるのか?今回、残念ながら死んでしまった最愛の彼の為にも、最終作には大いに期待をしたいところである。

                             (738P/読書所要時間6:00)

開く コメント(12)

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事