すべてが猫になる

期限があると読書ペースが上がる(はっけん)。

ミステリーランド

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

井上雅彦著。講談社ミステリーランド。

宮島レイ、12歳。母親は有名な吸血鬼画家、ミラルカ。ふたりきりの生活だけれど、仲良く幸せに暮らしていた。ところが、ミラルカは彼の前から忽然と姿を消してしまった…。そんなある日、3人の刑事が彼女の消息を尋ねにやってくる。とある殺人現場に、彼女の絵の切れ端が落ちていたという。なんと、国際的な陰謀に捲きこまれたかも知れない!母さんはヨーロッパに?助け出せるのはぼくだけだ!ところが、レイに残されたのは、たった一冊の幻の画集。鍵を握るのは、不思議な少女。異国への旅に踏み切るレイを、追ってくるのは国際警察?それとも闇の異形たち?妖しくも美しい国から国へ、スリルとホラーとサスペンスの冒険がはじまる…。(あらすじ引用)


いや〜、ミステリーランド(読むの)久しぶりだな〜〜〜。
井上雅彦さんの作品は1冊しか読んでいないと思うのだけど、なかなか好みだったと記憶している。ていうか、本書と同時に我孫子武丸さんも出しているのよね。で、タイトルだけ両方覚えて図書館行ったから、(コッチしかなかった)この本半分ぐらい読んでいる段階で「我孫子さんのほう」だと思い込んでいたという^^;で、読みながら「え〜っ、いや〜、我孫子さん結構やるじゃ〜〜ん^^」と思っていたわけ(どういう意味だ)。ハッ!違う!と気付いた時の驚愕。しかも、読後某お友達のところで「”あ”の作家」で延々本書のタイトルを探していた時はさすがに自分にビックリしたわ。。←ブログ読者は今お前にビックリしている。


で、(話をそらす)感想。
吸血鬼を題材にした冒険活劇ということで、結構ワクワクドキドキ!登場人物(っていうか登場妖怪?)が多すぎて混乱したところもあるけれど、芸術品のような上質本の存在と、商店街がヨーロッパに繋がっているというファンタジー世界は夢があってとてもいいと思う!ちょっとこわもての捜査官が登場したり、レイの2人の伯母さんたちが脇役ながらキャラが立っていたりと、細かいところまで神経が行き届いていて嬉しい。イラストがちょい怖めなのが難かな。悪い意味じゃなくて。ストーリーも謎めいているのがいいね。描いてあることが描いてあるままだなんてつまらないじゃない?これは「あれ?この人たちちょっと変だな」とかそういう不思議さが常に付きまとっているのよね。


ちょっとムリヤリ気になった点を挙げるとすれば、レイが最初から強い子供って印象があるとこ。最初は気が弱かったり勇気がなかったり、そういう子が色々困難を乗り越えて、、って方が自分は好きかな。あと、母親の存在はかなり重要なのに、最後まで印象が薄く感じたなあ。最初凄いインパクトだったんだけど。出オチとまでは言わないけど。あと、続篇ありきな終わり方に近いかな。


ま、ともかく、私は結構面白かった。子供にももちろん良いと思うし、大人が読むにも適していると思う。我孫子さんのも吸血鬼ものだそうね。そっちはどうかな^^

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

内田康夫著。講談社ミステリーランド。

光彦・小学校五年生の夏。クラスに軽井沢からの転校生・本島衣理がやって来た。初対面の印象は最悪!それなのに隣の席だなんて、女という生き物が苦手な光彦には辛い毎日だ。でも、待ちに待った夏休み、光彦は今年も恒例の軽井沢の別荘へ…。そこで、夏の友だち・峰男くんから偶然、衣理を紹介され再会する。話をするうちに光彦は、最近、軽井沢で行方不明になった女の人がいるという話を聞き、三人で現場に行くことに。すると、怪しげな「緑の館」の庭で大きな穴を掘り、何かを埋めようとしている男の姿が!その直後から不穏な空気が光彦の周囲に漂いはじめる。埋められた物は何だったのか?平和な軽井沢でいったい何が起こっているのだろうか!?「浅見光彦シリーズ」でお馴染みの“あの人”たちも登場。 (あらすじ引用)


ゆきあや理想の男性No.1に輝く浅見光彦の少年時代を描いた物語がミステリーランドで登場!
やはり想像していた通り、ファン向けにサービス精神旺盛な内田氏が様々な遊び心を持って作られた要素がたくさん見られます。内田氏のもう一つの人気シリーズである”信濃のコロンボ”竹村が堂々の登場、光彦さんと変わらぬスポットライトの当たり方をしております。なんと竹村20歳^^!どうしてもこのあたりは読者が両者を知っているという前提で描かれているので、そこを問題ないと判断し執筆した売れっ子作家の自信のほどが伺えますね。あるいは、これをきっかけに光彦シリーズに手を伸ばす新たなファン層の獲得も狙ってのことか^^

作品としては、ほどよく謎が散りばめられていていい感じ。YAである事をしっかりと自覚され、光彦とファミリー、関わる大人や友人の言葉を通しメッセージがいたるところに散りばめられています。やはりこのあたりはベテラン作家で、「内田さんはやっぱりわかっているな」と感心させられますね。
どこまでも光彦さんや竹村さんのイメージを壊さず、身内受けに留まらないストーリー作りの確かさや
人柄の良さをアピールさせられる優れたユーモアのセンス。ふたたび軽井沢が舞台となった設定の都合ですら作品イメージを高める事に繋がった好例ではないでしょうか。

                             (268P/読書所要時間1:30)

この記事に

開く コメント(18)

開く トラックバック(3)

イメージ 1

菊地秀行著。講談社ミステリーランド。

「おれ」は喧嘩の達人・中学三年生。今日の決闘の舞台は、おれが住んでいるSM市にあるSM城趾。相手は金で雇われたプロの“喧嘩屋”ということで少々分が悪い。てなわけで、おれは早々に退散し武器蔵に逃げ込んだ。と、そこに見たことのある面々が…。イケメン丹野、文学少年能登、美少女の冬美。みな同級生だ。能登が口を開いた。「僕はこの城の何処かに今も眠ってる宝を探してるんだ。」一攫千金を夢見て、おれたちは一緒に宝探しをすることになったのだが…。何者かの襲撃、そして―怪物!?どうやらこの城には歴史の裏に隠された、いわくありげな秘密がありそうだ。本当に宝はあるのだろうか?おれたちは宝を手に入れることができるのか。 (あらすじ引用)


楽しみにしていた菊地秀行さんのミステリーランド。わくわくのそのジャンルは少年少女冒険活劇、ということで、ページ数も400ページと過去最高(たぶん)です。字数は少ないと思うけどね^^;

キャラクター設定にまず注目。メインとなる少年少女4人の性格や体格が個々に分かれていていい感じ。性格のいいジャイアン、顔のいいスネ夫、勉強のできるのび太、ませすぎたしずかちゃん、という感じでしょうか^^;主人公だけ名前は公表してないのかな。わざと消しているくだりがあったりして。この主人公の「おれ」はただ不良で喧嘩が強いというだけではなく、父が有名な柔道家、祖母がなにやら武道の達人のようで。「影夢流古武道」と「講道館柔道」という総合武道をやっているという設定です。彼は柔道をやって行く気はないようですが、果てさてどうなるんでしょうね、未来は^^
イケメン丹野もなかなかキャラ立ってます。この歳で次々と女を泣かせてる、ってどうよ。。性格もあまり良くないので、どう成長するのかと思いきや実はあまり変わってないです(笑)。
能登君が物語のキーを握っているのですが、いかんせん存在が地味。背負っているものは一番でかいはずなんですが。。冬美は、丹野とちょっとキャラがかぶっていたのでまあ、普通。

さて、SM市の鞭丸という凄い名前の若殿が出て来ます。イラスト入りなので、乞うご期待。かなりイってます。1801年の五代目城主の倅ということで、かなりの悪ガキだったというわけで。そんなこんなで4人の宝探しが始まるのですが、からくりだの怪物だの、かなり盛り上がって行きます。彼らが知恵と体力で、本当に子供だけの力で困難に立ち向かって行くのがいいですね。エンディングではちょっとした”ホロリ話”も出て来たりして。


総合的になかなか面白かったのですが、不満も残りました。無難にいい感じにまとめたなあ、という印象というか。冒険の後の結果については、大人が関わった方がいいと個人的には思いましたし、ちょこちょこ出て来たサブキャラにももう少しラストに何か生かせるエピソードが欲しかった。後日談だけじゃなくてね。

この記事に

開く コメント(16)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

北村薫著。講談社ミステリーランド。


野球が大好きな少女アリス。彼女は、ただ野球を見て応援するだけではなく、少年野球チーム
「ジャガーズ」の頼れるピッチャー、つまりエースだった。桜の花が満開となったある日のこと。
半年前、野球の物語を書くために「ジャガーズ」を取材しに来た小説家が、アリスに偶然再会する。
アリスは小学校卒業と同時に野球をやめてしまったようだ。しかしアリスは、顔を輝かせながら、
不思議な話を語りはじめた。「昨日までわたし、おかしなところで投げていたんですよ。」…。
(あらすじ引用)



「不思議の国のアリス」の世界をうまく現代の少年少女に取り込んでいて、素敵な設定ですね〜。
アリスが”ウサギさん”を追いかけて鏡の中に入り込むシーンといい、ハートのクイーンの
女王様の存在といい、昔の童話のワクワクするトキメキが満載です。
何より、野球に魅せられた主人公アリスの設定の魅力がたまりません。読めばわかりますが、
これは野球なのに”少女”を選んだ事が絶大な効果をあげていますね。

この物語の魅力は、やはり子供のうちに知っておきたい教訓がたくさん散りばめられている
ところです。人を見下さない気持ち、どん底まで落ちても這い上がる心、登り詰めても
奢らない心がけ、失敗しても心から謝る勇気、仲間のために自分を優先せず考えること。
そっけない標語などではなく、こうやって物語から学べるというのは素晴らしいと思います。
人間、心が動いて初めて理解でき行動できる事が多いのですから。

特に好きなシーンは、五堂が対戦チームの神岡君にアリスの事を莫迦にされ、激昂する時の
台詞です。おいアリス、安西君よりこの子の方がいいんじゃないか?^^



と、ここまでは4.5匹くらいのテンションで感動しながら読んでいましたが。

予感的中。試合が始まってからの最後の数十ページ、おいらが野球を全く知らないために
書いている事のほとんどがわかりませんでした。。。何しろ、野球というスポーツが
「投げて、打って、それから走るのはなぜ??」というぐらい自分にとって未知のもの
だからです。これは野球をちょっとでも知っている人かそれ以上の人にはわからないと思いますが、
こういう人間には本当に文章自体の意味がまったく伝わって来ないんです。。。
自分は言葉の意味そのものがわからないと”感覚で読む”という事が出来ないのでござる。

そういうわけで、多分物語的なハイライトや、いいシーンがあったんでしょうに、
脳が反応できずで気がついたら終わってしまってました^^;あれ?
いい作品なんだろうと思ってますが、自分は最初がどんなに盛り上がってもラストまでそれが
維持できないと印象に残りづらい。。作品を否定はしておりませんのであしからず。

この記事に

開く コメント(18)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

加納朋子著。講談社ミステリーランド。


五年生に進級する春、森(シン)は父親の転勤で東京から北九州へ転校することになった。わんぱくで
怪我は絶えないし、物は壊すし、友だちは泣かせるしで、いじめっ子の乱暴者というレッテルを
はられていた森の転校を聞いても、先生どころかクラスメイトのほとんど誰も残念がってはくれな
かった。そんな森だったが、引っ越し先の社宅の子どもたちーーココちゃん、あや、竹本兄弟、
パックとは不思議に気があった。彼らは森をまるごと受け入れてくれた。しかし森は次第に感じていた。
この社宅には何か秘密がある。もしくは謎が……。(あらすじ引用)



うおーv(T_T)vうおおーv(T_T)v。

今回のミステリーランドは極めつけ、冒険と友情と優しさと謎のたっぷり詰まった最高作だったぞな!
毒もちょっぴり。厳しさもスプーン少々。

キャラ最高。美少女なのにそれを台無しにする訛りのあやちゃん、ジャガイモ竹本五兄弟^^;、
シンの隣人でおとなしいココ。そして謎の少年、パック。後で登場するしっかり者の勝君。
ジャイアン役の土田少年までも揃っていて役どころをそれぞれ押さえています。
基本は、転校生のシンの成長物語だと思いますが、事件や物語を支えるキーパーソンである
パックの存在が魅力的。最初のベランダのエピソードも含めて、ファンタジー要素が強い
作品かと思って読んでいたのですが。。結構身に詰まされるものがありました。

虐待死などの現実での哀しい事件では「近所や学校の無関心」が問題化されています。
これはもしかして加納さんのメッセージなのでしょうか。
仲間というものの大切さを、思い切った手段で伝えて来ました。


一つ、勝手ながら感じたのは、パックと勝の存在をなぜ分離させてしまったのかなあ、と
いう事でした。これだけしかないページ数ですから、それぞれを深く掘り下げにくいのでは
と思いました。もしかして、主人公はあくまでシンですから、あえて計算されたのかと
考えられなくもないです。
シンは頑張った。目が離せない腕白坊主だけど、カッコ良くなった。
佐藤君とまた会えるといいね。



作風としては、倉知さん、太田さん、はやみねさんに近いかな。
私はこれが今までのベスト1にのし上がって来たかも^^。お薦めでございます。

この記事に

開く コメント(20)

開く トラックバック(2)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事