すべてが猫になる

期限があると読書ペースが上がる(はっけん)。

海外<タ〜ト>作家

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

イメージ 1

ボストン・テラン著。田口俊樹訳。文春文庫。

憤怒―それを糧に、ボブは追う。別れた妻を惨殺し、娘を連れ去った残虐なカルト集団を。やつらが生み出した地獄から生還した女を友に、憎悪と銃弾を手に…。鮮烈にして苛烈な文体が描き出す銃撃と復讐の宴。神なき荒野で正義を追い求めるふたつの魂の疾走。発表と同時に作家・評論家の絶賛を受けた、イギリス推理作家協会最優秀新人賞受賞作。(裏表紙引用)



初読み作家さん。全く前情報がないのでどんなもんかと思いながら読み始めたのだが、文章が実に独特。「〜〜る。〜〜る。」という感じに細切れで途轍もなく読みづらいという。会話にもレトリックが多く、ハードボイルド風にイキってんのかな?と勘ぐりたくなるぐらい。実際、訳者はこの小説が過去翻訳した本の中で1番難解だったらしい。

まあしかし、それはすぐに慣れた。

設定は普通に面白い。カルト集団に誘拐された14歳の娘を助けるために、デスクワークが主だったボブ保安官と元カルト集団のメンバーであり元ジャンキー女のケイスが手を組んで旅をするというなかなかないお話。カルト集団のやる犯罪はえずきたくなるほどいかがわしく許しがたいものだし、ケイスの取り巻いていた環境が邪悪で不潔で絶望的すぎてげんなり。普通のサスペンスもののように「捜査」ではないので、ヒロインが暴行されたり娘が麻薬中毒にされたり主人公が顔に刺青を入れたりと度肝を抜く展開が続く。

ナントカ賞を獲るほどには文句なく面白いが、ケイスの言葉遣い(いちいち物や人に「くそ」とか「ち○○○」とか付けて話す)にウンザリしたのも確か。この人、カッコイイヒロインとして賞賛されているみたいだけど私はちょっとカンベンだなあ。映画ならともかく。そして主人公のボブが全く個性がない。あらすじに「憤怒」とか書いてあるが、とてもそうは見えなかったな。映像ならこの役誰でもできそうだ。。

あ、いや、面白かったのよ^^;ちょっと異色だったので評価の仕方が分からないだけで。どんでん返しがあるでもないし。でも次も必ず読もうと思うぐらいには良かった。

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(1)

イメージ 1イメージ 2

サンドローネ・ダツィエーリ著。清水由貴子訳。ハヤカワ文庫。

ローマに到着した急行列車。しかし先頭車両の乗客は、全員死亡していた。イスラム過激派から犯行声明が出されるが、犯人の足跡はたどれない。捜査の方向性をめぐって上層部と衝突した女性捜査官コロンバは、変わり者だが抜群の観察眼を持つ知り合いのコンサルタント、ダンテに、ひそかに犯人捜しを依頼する。ダンテはしぶしぶ引き受けるが―。大ヒット・サスペンス『パードレはそこにいる』に続くシリーズ第二弾登場! (裏表紙引用)


イタリア発、機動隊副隊長のコロンバと失踪人コンサルタントのダンテコンビが活躍するシリーズ第2弾。「パードレはそこにいる」がかなり独特の面白さだったので当然第2弾も読んでみたが。。。ちょっと残念な作品だったかな。テロリストによる列車襲撃事件に端を発した壮大な連続殺人事件――と、言うにはあまりにも設定が大仰すぎて何が何だか。もう一体どういう世界の話なんだと。パードレのカリスマ性に比べたら今回登場するギルティネは不気味ではあるがしょぼいしなあ。

コロンバとダンテの魅力も徐々に欠けつつある。ダンテはかなり生い立ちがヤバいので時々病むのはしょうがないとしても、引くべきでないところで引いちゃうし捜査の役にもあまり立っていないような。コロンバもちょっと性に奔放すぎるし結構男に酷いことをしている。。。ケガしすぎだし。下品な単語も多くて辟易したり。ま、過激なのがこのシリーズの特色なんだけど。あ、部下のアルベルティだけは好きよ。自作CDはいらんけどw。

そしてまさかの「次号に続く」。。。読んでる内はもう次はヨマネと思っていたのだが次で完結らしいし結末を見届けようかどうしようか。。。

※今回なんかノレず読書メモを取らなかったので適当記事ですいません。ぶっちゃけあんま頭に入らなかった。。。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1 イメージ 2

ジェフリー・ディーヴァー著。池田真紀子訳。文春文庫。

キャサリン・ダンスの友人で人気歌手、ケイリーはストーカーに悩まされていた。メールアドレスを変えても頻々とメールを送りつける男エドウィン。彼が数日後のコンサートに現れるという。ダンスが事態の対応に乗り出した矢先、ケイリーの側近が殺害された…。いかなる嘘も見抜く“人間嘘発見器”キャサリン・ダンス第3作! (裏表紙引用)



ジェフリー・ディーヴァーの人気シリーズ、「リンカーン・ライム」からのスピンオフシリーズ「キャサリン・ダンス」もの第3弾。コッチのシリーズは当然ながらメインシリーズほどの愛着はないのだけど、3作の中では1番面白かったかな。

今回のヒロインはキャサリン・ダンスの友人でもあるシンガーソングライターのケイリー・タウン。ファンの男からの執拗なメールに頭を悩まされ、遂には実被害まで出てしまったケイリーはダンスにその悩みを打ち明ける。地元捜査官からは疎ましく思われながらも、ダンスは捜査を進めるが・・・というお話。ダンスが歌手だったって既出??ビックリ。

特徴としては、ヒロインがカントリー歌手なので音楽業界のネタが多い。私はカントリーは聴かないが、この業界には興味があるので楽しめた。そうではない人にはキツいかもしれない。まあ、メインシリーズとの大きな違いはダンス以外のキャラクターの存在が薄いってところだろうか。ライムものならパートナーのサックスはじめ介護士のトムや刑事のロンなどなど魅力あるキャラクター目白押しなのだが、それに比べるとコチラにいるマイケル・オニールやオーヴァービーじゃちょっと物足りない。

その証拠に、と言っちゃナンだが中盤からライムチームが登場し、メインシリーズばりの活躍を見せるっていう(笑)。ダンスのキネシクスもいまいちだったし、結局盛り上がったのはソコだったし進展したのもライムのおかげだった。歌詞を調べて欲しいってところも、ライムものならすぐ調べてるのになあってじれったい。まあ、そうでないとシリーズを分けた意味はないのかもしれないが。ところでライムが右手を動かせるようになっていることにビックリ。私が忘れてるだけ??時系列調べたけど「バーニング・ワイヤー」の後にコレで合ってるっぽいんだよなあ。

まあしかし、どんでん返しに次ぐどんでん返しはしつこいくらいに楽しめる。ディーヴァーの作品に慣れてしまうと、残りのページ数で「これが真相じゃない」って分かってしまうのがいいのか悪いのか(笑)。

ところで、読んでいるとケイリー・タウンって実在しているのかと錯覚してしまう。ケイリー・タウンのアルバムの全歌詞が最後に掲載されているんだけど、実際はディーヴァーの作詞だそうな。録音もしているとかで驚き。

この記事に

開く コメント(2)

イメージ 1イメージ 2

サンドローネ・ダツィエーリ著。清水由貴子訳。ハヤカワ文庫。

勇猛果敢でずば抜けた能力を持ちながらも、現在は休職中の女性捜査官、コロンバ。少年時代を誘拐犯に監禁されて過ごし、閉所恐怖症をわずらう失踪人捜索専門のコンサルタント、ダンテ。ローマで女性が惨殺され、その六歳の息子が行方不明になったとき、捜査の行く先を懸念する警察幹部は、ひそかに事件を彼らの手に託した。それぞれ過去の凄惨な出来事が残した傷を抱えるふたりは、喧嘩を重ねつつも協力して真相を追う! (上巻裏表紙引用)



読む前から面白い本というものがあるとするならコレだろう。ジェフリー・ディーヴァー絶賛の、英米で大人気、世界各国で刊行が決定しているという本書。あとは期待通りで留まるか期待以上楽しめるかというところで決まる。結果を言うと本書は後者だった。

まずは少年の監禁描写から始まる。痛々しいまでの洗脳教育と暴力。視点は変わって本書のヒロインであるコロンバ捜査官の登場。何やら過去に重大な事件を扱い心に酷い傷を負った様子である。休職中のコロンバだが、上司であるローヴェレの引きも影響し、母子行方不明事件を独自に追うこととなる。さらにコロンバの相棒として、過去に”パードレ”と呼ばれる人物に監禁され見事生還した経歴を持つ、ダンテというコンサルタントが登場。過去のトラウマから閉所恐怖症となり内に籠るダンテが、魅力ある捜査官コロンバと引き合ったことにより名コンビが誕生する。さらにパリで起きた恐ろしい爆破事件の状況が物語に挿入され、謎を深めてゆく。

次々と状況が一変するジェットコースター的な面白さもさることながら、登場人物一人一人の個性がハッキリしているため入り込みやすい。頼りにならない部下やコロンバと敵対する検事たちさえも生き生きと描かれているので、「コイツ嫌い!」「この人好感持てる!」なんて心でアチコチ叫びながら楽しませてもらった。イタリアの警察組織がちょっと他と違う感じなのと、とにかく名前がややこしい&登場人物が多いのでそれだけは苦戦したが。これは人名?地名?ってなったり。まあ、北欧ものほどじゃないか?

パードレの企みの恐ろしさ、コロンバが関わっていた事件の悲惨さ、ダンテの心的外傷の深さ、警察のわかってなさ。人間の心情心理を全面に押し出しながら、事件の真相が1つ1つ思っていたのと違う方向へ明らかにされたり想像通りにピンチになったりと読む手が止まらなかった。わからず屋の上司がだんだん変わっていくのも見ものだったし、ダンテとコロンバがお互いに依存しながら立ち直って行く様が感動的だったり、思いもよらない味方の存在にホっとしたり。個人的には、主人公2人よりも敵役や部下のほうが好きだった。特に新人警察官のアルベルティ。頼りないけど結構やることが可愛い。。

そしてこの作品、「次号へ続く!」って感じで終わるのが憎い。続編執筆中かー。邦訳が手に入るまで何年かかるのかな。楽しみ。お気に入りのシリーズに追加〜。

この記事に

開く コメント(6)

イメージ 1

ジェフリー・ディーヴァー著。池田真紀子訳。文春文庫。

名探偵リンカーン・ライムに持ち込まれたプロの殺し屋による殺人。だが現場には犯人の痕跡が何もなかった。「犯人は犯罪の現場に必ず微細な証拠を残す」という原理を裏切る難事件を描く「ロカールの原理」他、多彩なドンデン返しであなたを驚愕させる16の物語。だまされる快感を満載した巨匠の短編集。(裏表紙引用)


<収録作>
章と節
通勤列車
ウェストファーレンの指輪
監視
生まれついての悪人
動機
恐怖
一事不再理
トンネル・ガール
ロカールの原理
冷めてこそ美味
コピーキャット
のぞき
ポーカー・レッスン
36.6度
遊びに行くには最高の街


ジェフリー・ディーヴァーのどんでん返し短篇集第二弾。リンカーン・ライムシリーズがお目当てだったが他の作品も劣らずどれも面白く、堪能した。ページ数も作品数も多いため(660ページ)1日1作品ずつ読むようにした。腱鞘炎回避。さすがに16作あるのと「実はどれも同じ展開^^;」だったりするので、全体的に感想をざざっと。手抜きではない。

基本的には原題にあるように、主人公は悪徳弁護士、営業マン、若いギャンブラーなどなど多彩でありながら、彼らが巻き込まれたり事件を起こしたりしていく流れで、実はこの事件は全く最初と違う事実を内包していてどんでん返しに次ぐどんでん返しというディーヴァーお得意のものばかり。さすがに毎回どんでん返るので、慣れてくると先の展開が読めてくるのが玉に瑕。それでもやはりビックリするものもあって、「通勤列車」などは全く意外な方向から流れ弾が飛んでくるし、「ウェストファーレンの指輪」はまさかのあの有名探偵が結構酷い役で登場して唖然とするし、「一事不再理」は最悪の犯罪者と弁護士の攻防と見せかけてのスカっとする結末だし、「36.6度」はそんなこったろうなと思っていた展開からさらにひっくり返るしでとても楽しめた。
どれとは言わないが、善人と思っていたのが実はワルで、みたいなのがやたら多かった気もする^^;

読者が一番気になるであろう唯一のリンカーン・ライムシリーズ「ロカールの原理」は、いつものライムシリーズの中盤を端折りましたという感じ。もう1作くらい入っていると良かったな。でもとにかく全作紹介したいぐらいどれもレベルの高い作品集だった。

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(1)

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事