すべてが猫になる

図書館行ってきました。2冊借りたぞー

国内<さ〜そ>作家

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全29ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

城平京著。講談社タイガ。

「頼みがある。相撲を教えてくれないか?」神様がそう言った。子供の頃から相撲漬けの生活を送ってきた僕が転校したド田舎。そこは何と、相撲好きのカエルの神様が崇められている村だった!村を治める一族の娘・真夏と、喋るカエルに出会った僕は、知恵と知識を見込まれ、外来種のカエルとの相撲勝負を手助けすることに。同時に、隣村で死体が発見され、もつれ合った事件は思わぬ方向へ!? (裏表紙引用)



…なんかすごい小説だった。

幼い頃から両親の意向で相撲漬けの生活を送っていた少年・文季は、両親の事故死を機に久々留木村の高校へ。やっと相撲から逃れられると思っていた文季だが、なんとその村はカエルを神様と崇め相撲が盛んな閉鎖空間だった。転校早々、小柄ながらも知識と論理を駆使した文季の相撲に村の人々は尊敬の念を抱き、やがて村人のみならずカエルたちの指導者となる。折しも村ではトランクに詰められた死体が発見され――。という、なんだかあらすじだけ述べるとムチャクチャなお話。

実際本当にムチャクチャなのだが、年齢の割に達観した文季と勝気だがツンデレな夏見のデコボココンビが微笑ましいからいい。相撲はからっきし分からないが、文季の理に適った上達方法などなどを聞いていると「うんうん」って頷きたくなるんだよなあ。最初文季をナメていた生徒たちが次々と文季を頼りにしていく様も面白かった。

ただ、カエルが本当に出てくると思っていなかったので、カエルがいきなり相撲をとったり喋ったりし始めたのにはビックリした。。。カエルにはカエルに合った相撲がとかふんふんなるほど・・・って知らんがな^^;!相撲だけの薀蓄やカエルだけの薀蓄なら読めるけどカエルの相撲の薀蓄となるとキツい。このあたりはファンタジーや伝奇ものが好きな人なら面白く読めるかもしれない。

あとラストは良かったな〜。タイガらしい甘酸っぱい微笑ましい感じ。これでかなり印象上がったかも。

と言いつつも、カエルネタに引いたっていうのと、殺人事件はいらなかったかな?と思ったので評価としてはこれぐらい。でも城平さんらしく変わってて面白いよ。

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

イメージ 1

雫井脩介著。文春文庫。

蒲田の老夫婦刺殺事件の容疑者の中に時効事件の重要参考人・松倉の名前を見つけた最上検事は、今度こそ法の裁きを受けさせるべく松倉を追い込んでいく。最上に心酔する若手検事の沖野は厳しい尋問で松倉を締め上げるが、最上の強引なやり方に疑問を抱くようになる。正義のあり方を根本から問う雫井ミステリー最高傑作! (上巻裏表紙引用)




ひっさびさの雫井作品。昔は「虚貌」とか「犯人に告ぐ」とか色々読んでいたのだけどいつの間にか離れてしまった。ジャンルが変わってしまったからねえ。
本作は小説に映画の写真入りの帯が付かなかったので見送るつもりだったのだが…映画を観終わって、色々不明瞭なところや咀嚼出来ない部分があったので慌てて買った。


※ネタバレ記事なので未読の方や映画未見の方はご注意下さい。







まず、映画と原作で違うところ。

諏訪野が沖野に出したクイズ、映画では沖野は断っているため、沙穂への優しさがハッキリ伝わる。映画で麻雀のややこしいクイズ出されてもつまらないのでこれは正解だなと。

被害者のヤクザの次男が原作には存在しない。

由季の趣味は原作では絵となっているが、映画では音楽。殺された場所も全く違うし、松重が自供した殺害方法や暴行は映画では控えめになっている。刺激が強すぎるせいか。しかしこの部分がえぐければえぐいほど、最上の犯行や沖野の恫喝に説得力が増すのだが。だからか、映画では自供をさせたのは森崎ではなく沖野。そうでないと沖野がキレすぎに見えてしまうところだった。

丹野は映画では首吊りではなくホテルから転落死する。
映画でびっくりしたのがこの丹野の葬儀。何かの教祖様なの?というぐらい派手で謎なシーンだった。変なダンスしてたり。。

映画では沖野が最上に疑いを抱き弁護士と調査を開始するも、最後には本人と相対する、だけに留まっている。ゆえに最上は逮捕されないし、冤罪を暴くまでにも至っていない。沖野が咆哮した後に物語がどう動くか、そこは想像にお任せというところか。

キャラクターが何を具体的に考えたのか、どういう人物なのかは原作のほうが分かりやすいな。



検事だからこそ可能だったこの事件について。


「どちらの正義を支持するか」がテーマとなっている作品だが、私は断然沖野の正義を支持する(ニノだからとかじゃなく)。裁かれなかった殺人犯だからと言って、別の罪を着せるのはダメでしょ。しかも真犯人を殺してるし。検事が。これがもし現実に起きたことだったら、社会が受ける影響は計り知れないと思う。私が想像して怖いなと思うのは、世間は最上を支持するのではないか、というところ。私が最上を支持するとすれば、彼が検事でない場合のみだ。彼は被害者の身内でも、恋人ですらなかった。

この記事に

開く コメント(2)

イメージ 1

澤村伊智著。角川ホラー文庫。

“あれ”が来たら、絶対に答えたり、入れたりしてはいかん―。幸せな新婚生活を送る田原秀樹の会社に、とある来訪者があった。それ以降、秀樹の周囲で起こる部下の原因不明の怪我や不気味な電話などの怪異。一連の事象は亡き祖父が恐れた“ぼぎわん”という化け物の仕業なのか。愛する家族を守るため、秀樹は比嘉真琴という女性霊能者を頼るが…!?全選考委員が大絶賛!第22回日本ホラー小説大賞“大賞”受賞作。 (裏表紙引用)



第22回ホラー大賞受賞の話題の新人+映画化ということで久々にホラー文庫に手を出した。

ジャンルは怪奇現象もので、ある夫婦に相次いで起こる怪異を霊能者とオカルト記者の手で正体を暴き成敗するというもの。第一章から第三章にまで分かれており、イクメン夫、その妻、オカルト記者というふうに章ごとに語り手が変わる。夫婦に起こる恐ろしい怪奇現象を、夫の目、妻の目で全く違う視点で追うと真実が分かるという構成は良かったが、第一章でほとんどネタバラシしているも同然だったのでもったいないことするなあと思った。その違和感は第三章で爆発してしまうのだが…。最後にオカルト記者を語り手にしたことにより、興味が薄らいでしまったのが大きい。そもそもこの作品、男性側に問題があるパターンが多く、実際の現場より誇張されて描かれているため同調しづらいという欠点がある。ぼぎわんの正体や温泉の秘密を暴くにあたって記者の体質や苦悩はエピソードとして不可欠だとは思うが。


夫婦の見解の相違、同僚の怪我、胡散臭い霊能者、田舎に伝わる”ぼぎわん”――。引っ張る割にインパクトの薄かったぼぎわんに責任の大体はあるが、なぜ先の路線を最後まで維持出来なかったのだろう?良かったのに。

この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

坂木司著。創元推理文庫。

小説でしか表現できない〈奇妙な味〉が横溢した、短いけど忘れがたい、不思議なお話を読んでみませんか?――子供じみた嫉妬から仕掛けられた「いじわるゲーム」の行方。夜更けの酒場で披露される「怖い話」の意外な結末。「鍵のかからない部屋」から出たくてたまらない“私”の物語――ほか、日常と非日常のあわいに見える19の情景を様々な筆致で描きだす。『青空の卵』や『和菓子のアン』の名手による、珠玉のショートストーリー集。(裏表紙引用)



坂木さんのショートショート集。ささささと読めるので旅行中の電車の中で読み終わってしまった。前回読んだ、ショートショート集の「短劇」はあまり良いとは思えなくて、坂木さん、ショートショートは合わないんじゃないかなあとか感じていた。けど、この作品集は好みに差はあれど安定していてなかなか良かったと思う。

ジャンルとしてはイヤミス風だったりほのぼの系だったりブラックだったりと様々。やはり自分はブラック系が好きかな?居合わせた全員がそこにいる誰かに悪意を抱いている「カフェの風景」や、ヘイト発言にはまる人ってこうなんだろうな、とリアルに思わせる「ライブ感」が特に良かった。ああいう人たちって実際騒ぎたいイキりたいだけで強い信念や主張なんてなさそう。

「キグルミ星人」のオチは意味が分からなかったな。誰か教えて。

坂木さんの作品はほのぼのしているイメージが先行していると思うけど、私はこういうちょっとチクリと刺すような作品こそ坂木さんの一面だと思う。変に薄いホラーやるよりずっと好き。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

清水杜氏彦著。ハヤカワ文庫。

国民管理のために首輪型嘘発見器着用が義務付けられた世界。少年フラノは非合法の首輪除去で日銭を稼ぐ。強盗犯、痣のある少女、詐欺師など依頼人は様々で危険は日常茶飯事だ。だが彼にはある人のためにどうしても外したい首輪があった。それがフラノを首輪と彼自身の秘密へ導く……愛を乞う少年が辿り着く衝撃の結末とは? 小説推理新人賞とダブル受賞でデビューした超大型新人による第5回アガサ・クリスティー賞受賞作。(裏表紙引用)


初読み作家さん。タイトルが面白いのと、アガサ・クリスティー賞ということの2点で挑戦してみた。SFかな?

文体は非常に平易で、ラノベっぽいかもしれない。ジュブナイルとまでは行かないかな?サクサク読めるのが良い。設定が複雑で奇妙なので、前半はこの特殊世界のルール、縛りの説明が大半を占めるのだがこれが全く退屈ではない。嘘のつくと赤く光る首輪の装着を国民が義務付けられているという設定はかなり無理があると思いがちだが、接客業の人はどうする?旅行する場合は?恋愛の駆け引きや、詐欺師はどうやる?という疑問は全てこの説明で氷解する。多少のツッコミどころがあるとしても、もうこういうのは勢いで突っ切ってしまえばいいと思うが。

主人公の少年フラノは正義感や倫理観を自身に求めているが、それがなかなか実行できていないのが目新しいのかも。首輪除去という、人の生死を操る仕事なので色々葛藤や疑問があるのだ。首輪の製造元が多数あることが物語のキモ。絶対外せないメーカー「レンゾレンゾ」の首輪がフラノを苦しめる。

果たしてうそつきは誰?仲介者?師匠?その謎が宙ぶらりんのままなのが残念だが、語り手自身が自覚のないうそつきなのでは、と思ったのは考え過ぎかな?全体的にどういうテーマでどういうお話なのかは語りづらいが、好みだったので他の作品も出たら読むと思う。

この記事に

開く コメント(2)

全29ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事