すべてが猫になる

有線にしたら高速すぎて逆に使いづらい。やめないけど。

アンソロジー

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

イメージ 1

文芸第三出版部編。

テーマは「館」、ただひとつ。
今をときめくミステリ作家たちが提示する「新本格の精神」がここにある。
奇怪な館、発生する殺人、生まれいづる謎、変幻自在のロジック――!
読めば鳥肌間違いなし。謎は、ここにある。新本格30周年記念アンソロジー第二弾。(裏表紙引用)



先日読んだ「黒」が井上さん目当てなら、こちらの「白」は青崎さん目当て。結論を言うと、こちらのほうが単純に面白い作品が多かった。「館」というテーマに即していたのもこちらのほうではないかな。


「陽奇館(仮)の密室」 東川篤哉
久々の東川さん、変わらずギャグ路線で頑張ってますな。四畳半一馬は面白い探偵だが普通のことしか言わないなー、見取り図ないんかい、などなど思って読んでいたが見事に引っかかったというかナメてた。でも、こういうトリック東川作品らしすぎてなんだかな。

「銀とクスノキ 〜青髭館殺人事件〜」 一肇
初読み作家さん。うわー、これ文章が全然ダメだー、しかも長い、と出だしは印象が悪かったのだが、一人称が「オレ様」の高校生探偵、罪善が登場してから急にコメディ風味になり俄然面白くなった。説明過多でよくある真相だけれど心は動く。

「文化会館の殺人 ――Dのディスパリシオン」 古野まほろ
今読むにはどうしてもあのTwitter騒動が頭から離れないのは致し方ない。でも正直に書くよ。読むのは2作目だが、思っていたより読みやすいし世界観は掴みやすかった。ミステリとしては捻りのない青春ものだが、終わり方は綺麗。

「噤ヶ森の硝子屋敷」 青崎有吾
唯一の正統派本格。作家のファンで正統派好きの自分としてはやはり一番安心して読める。これは新キャラなのだろうか。仲介屋の琵琶さんと探偵の薄気味さん、かなり良かったのでシリーズ化して1冊の本にして欲しい。犯人の正体は普通だが、トリックの意外性とそれを最後の1行で表現したのが凄い。

「煙突館の実験的殺人」 周木律
映画でよく見るワンシチュエーション・スリラーだね。周木さんこういうのも描くんだ、しかも1人1人そこにある道具を使って殺されていくって面白いぞ。専門的でわかりづらい所もあるがスリルがあってクレバーな作品だった。最後のセリフ何語か調べちゃった。こわ。

「わたしのミステリーパレス」 澤村伊智
初読み作家さん。ファンタジーホラー?なにこれ?と思って読んでいたがホラー枠だったのか。主の正体やその目的が異常でゾワっとする作品だったが、ひねりが欲しかったな。


以上。いやもう、どれも面白かった。青崎さんが際立ってた、ってこともないかな。ラストに不満があるだけでそこまではどれも水準以上だったし、黒同様とてもレベルが高いアンソロジーだと思う。やはり脂の乗ってる現役作家っていうのは強いな。澤村さん、2番目に楽しみにしてたんだけど期待していたほどではなかったのがなー。あとはどれも期待を超えた。でもそれはこちらの顔ぶれのほうが苦手意識が強いからかも。。。

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(2)

イメージ 1

文芸第三出版部編。講談社タイガ。

「館」の謎は終わらない――。館に魅せられた作家たちが書き下ろす、色とりどりのミステリの未来!
奇怪な館、発生する殺人、生まれいづる謎、変幻自在のロジック――!
読めば鳥肌間違いなし。謎は、ここにある。新本格30周年記念アンソロジー第三弾。(裏表紙引用)



はやみねかおる『思い出の館のショウシツ』
本の舞台を作りその世界を体験してもらう会社で働く美月。幼少の頃体験した不思議な館の謎を紐解く。
ミステリ的には緩めだけど、はやみねさんらしい教訓もあり自作との遊び心もあり。


恩田 陸『麦の海に浮かぶ檻』
鼎と要は、学校でたった2人だけの班に所属していた。そこへ魅惑的だが接触恐怖症だという少女が転校してきて2人の関係は変わってゆく。自作のパロディかな?学校内でお茶に毒を盛られるかもしれないというのが神秘的な雰囲気でいいな。ファンタジーかと思ったら驚きの真相があった。続き読みたくなる。


高田崇史『QED~ortus~ ―鬼神の社―』
藤沢鬼王神社巫女が本殿で鬼を目撃し失神する事件が起きた。タタルと奈々ちゃんのシリーズだね。神徳の話などなどの薀蓄が面白かった!


綾崎 隼『時の館のエトワール』
初読みだけど、人気作家さんのようで。うん、結構文体は好みだった。時の館に入ると時間が戻るというよくある設定に、イマドキのキャラクターが馴染んでいて良かったかな。ラスト1行はあんまりだったけど。


白井智之『首無館の殺人』
また初読み作家さん。超絶グロいしおふざけが凄いが、平山さんファンなら受け入れられそう。二番煎じ感はあまりなかったし光るものがあるかも。


井上真偽『囚人館の惨劇』
バス落下事故の生存者たちがたどり着いた館。生存者たちの1人である男子中学生の惨殺死体が発見される。探偵あまり重要じゃなかった。。兄妹愛が良いね。あんま井上さんって感じはしなかったのだけど、最後の種明かしを読むとやはり発想の豊かさが際立ってる。


以上〜。
完全井上さん目当てで読んだんだけど、どれも良い作品だったと思う。ミステリ的に凄いもの、小説として面白いものにハッキリ分かれていたけど。好きなのは井上さん、恩田さん、高田さん、白井さん、綾崎さん、あ、全部か^^;白も買ってあるんだけど、相当レベル高くないと黒を超えられるかどうか。青崎さんがいるから大丈夫かな。

この記事に

開く コメント(6)

イメージ 1

文芸第三出版部編。講談社ノベルス。

テーマは「名探偵」。新本格ミステリブームを牽引したレジェンド作家による書き下ろしミステリ競演。ファン垂涎のアンソロジーが誕生! 綾辻行人「仮題・ぬえの密室」 歌野晶午「天才少年の見た夢は」 法月綸太郎「あべこべの遺書」 有栖川有栖「船長が死んだ夜」 我孫子武丸「プロジェクト:シャーロック」 山口雅也「毒饅頭怖い 推理の一問題」 麻耶雄嵩「水曜日と金曜日が嫌い --大鏡家殺人事件--」(裏表紙引用)


7人の新本格レジェンド7人による、「名探偵」をテーマにした書き下ろしアンソロジー。ほとんどが私の血肉となっている原点の作家さんなので、それだけで楽しかったのは言わずもがな。次は誰かな誰かなとワクワクしながら読みました。では好きな作品順に。

「水曜日と金曜日が嫌い -大鏡家殺人事件-」麻耶雄嵩
メルカトルシリーズというだけで鼻血。相方は美袋。頼まれ仕事の帰路、山林で道に迷った美袋がたどり着いた大邸宅、大鏡家。4人の音楽家と忠実なメイド、設定だけでもうごちそうさま。麻耶作品の世界観を崩さないトンデモ真相に加えて悪魔的オチに笑うしかない。しかしスマホって時系列おかしくないか。

「仮題・ぬえの密室」綾辻行人
恒例の京大ミステリ研究会の犯人当て小説に、かつて「ぬえの密室」という幻の傑作はあったのかなかったのか。実名で我孫子さん、法月さん、麻耶さん、小野さんが登場してそれだけでもいつまでも読んでいたい気分。あの人がなぜ居ないのだろう?とずっと思いながら読んでいたのでラストでばんざい。これ、本当だといいなあ。違っても、双方のファンとしては萌え必至。

「あべこべの遺書」法月綸太郎
転落死した男と服毒死した男の遺書が入れ替わっていた。2人は女性を巡って犬猿の仲だったが――。誰がどう企んでどういう心理で動いたのか、ややこしいが論理的には説得力あり。でも最後の冷蔵庫の行動がなあ。。。普通そんなことする?

「船長が死んだ夜」有栖川有栖
兵庫県の里山で起きた殺人事件の捜査を手伝うことになった火村さんとアリス。ポスターが剥がされていた理由や男女の三角関係、狭い人間関係ゆえの機微がよく出てるなーと。ラスト、アリスが気がついてしまった言葉が真実だとしたら悲しすぎる。

「プロジェクト:シャーロック」我孫子武丸
警察でデスクワークをしている男・木崎がホームズをモデルにして作った人工知能。しかし木崎はある日謎の死を遂げる。死因は人工知能なのか?ちょっと題材が苦手な分野だったが読み物としては悪くなかったかな。人工知能こわい。

「天才少年の見た夢は」歌野晶午
戦時下、天才少年たちだけを集めたシェルター内で起きた事件。まともに捜査も行われない状況で、なぜ犯人はトリックを弄したのか。さすがの斬新な発想・・・と言いたいところだが、ちょっと既視感のあるネタだったなあ。

「毒饅頭怖い 推理の一問題」山口雅也
落語「饅頭怖い」をベースに、「その後」をミステリ仕立てにした作品。5人の息子全員がダメ男だというのがキモになっていればもっと良かったかなあ。せっかく「嘘つきは誰?」で盛り上がったのに。途中までは好みだった。


以上。やはり自分の好みは一貫しているのだなと分かる1冊だった。典型的な探偵ものに、ちょっと作家の個性が光るものが好きらしい。もちろん全体的に楽しめたが、「コレ」という傑作はなかったように思う。失礼だが全盛期を過ぎている作家さんが多いのかなと。短編に向いてる向いていないもあるだろうけどね。

この記事に

開く コメント(12)

イメージ 1

岸本佐知子編訳。河出文庫。

まぶたを縫い合わせた時点で手順を忘れた二人を描くB・エヴンソン「ヘベはジャリを殺す」。二の腕の紋章のようなものの記憶をめぐるA・カヴァン「あざ」。その他、J・C・オーツ、K・カルファスなど短篇の名手たちによる12の物語。妄想、悪夢、恐怖、幻想、不安など、「もう二度と元の世界には帰れないような気がする」(本書「編訳者あとがき」短篇アンソロジー。(裏表紙引用)


《目次》
ブライアン・エヴンソン「ヘベはジャリを殺す」
ルイス・アルベルト・ウレア「チャメトラ」
アンナ・カヴァン「あざ」
ポール・グレノン「どう眠った?」
ブライアン・エヴンソン「父、まばたきもせず」
リッキー・デュコーネイ「分身」
ダニエル・オロズコ「オリエンテーション」
ルイス・ロビンソン「潜水夫」
ジョイス・キャロル・オーツ「やあ! やってるかい! 」
レイ・ヴクサヴィッチ「ささやき」
ステイシー・レヴィーン「ケーキ」
ケン・カルファス「喜びと哀愁の野球トリビア・クイズ」


テラさんのオススメ。ジョイス・キャロル・オーツとブライアン・エヴンソン目当てに。表紙真っ黒^^;12編収録のアンソロジーということで収録作は多いがそれぞれのお話が非常に短いので全体で200ページもないのであった。この作品集は本当に「居心地の悪い」という言い方にピッタリな作品ばかりで、あとがきにあるように「どのジャンルに入れていいかわからない」ものばかりだった。正直言うと、わからなすぎておいてけぼりを喰らう作品も少なくはなかった。まさに居心地が悪いとはこのこと。荒唐無稽な夢をそのまま描いていると言ったら分かりやすいかな。

そんな中でお気に入りは、まぶたを縫い合わせる少年たちの会話が殺伐とした「へべはジャリを殺す」、眠り方を様々な比喩に喩えた会話だけの「どう眠った?」、この中では一番ストーリーがきちんとあった、殺意と善人についてがテーマの「潜水夫」、敵対しているチームの選手同士が入れ替わったらファンはどちらを応援するのかという究極のテーマ「喜びと哀愁の野球トリビア・クイズ」だろうか。オーツは残念ながらこの作品ではピンと来なかった。よくこれを訳せたな、と感心はしたが。エヴンソンは「遁走状態」にGOだな。

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

乙一・中田永一・山白朝子・越前魔太郎著。朝日新聞出版。

「もうわすれたの? きみが私を殺したんじゃないか」
(「メアリー・スーを殺して」より)

合わせて全七編の夢幻の世界を、安達寛高氏が全作解説。
 書下ろしを含む、すべて単行本未収録作品。
 夢の異空間へと誘う、異色アンソロジー。(紹介文引用)



乙一さんの新刊は、全てがご自身と別名義で編まれた異色の短篇集。解説者の安達寛高氏は乙一さんの本名だそうです。う〜ん、徹底している。

「愛すべき猿の日記」乙一
ドラッグを嗜み自堕落な生活を送っていた青年が、父の遺したインク瓶がきっかけで更生していくストーリー。舞城王太郎のような、ノンストップ型のリズム感ある文体。人助けをしたところを女の子に目撃されてロマンスが始まるって凄いベタな妄想だな^^;

「山羊座の友人」乙一
いじめが原因で殺人事件に発展する少年の物語。あくまで主人公は加害者であり被害者である友人を助ける役割。だが、携帯電話の血痕や関係者の行動時間などから事件の真相を推理する。友だち思いでいい少年だと思うが、いじめを保身のために傍観する記述などがあり、リアリティを感じる。ミステリーとしてもなかなか楽しめた。

「宗像くんと万年筆事件」中田永一
クラスで万年筆を盗んだ疑いをかけられ、いじめられる少女。クラスメイトの不潔で嫌われ者の宗像くんが少女の冤罪を信じ探偵よろしく活動を始める。1番最低なのは担任教師だよなあ。面白いが、構成と文章がちょっと教科書的に感じた。

「メアリー・スーを殺して」中田永一
二次創作が得意な少女は容姿も冴えずコミュニケーションも苦手だが、ACG(アニメ・コミック・ゲーム研究)部に勧誘され、活躍する。ある日、愛読者から受けた指摘にショックを受け、自己改革を試みるのだが…。「メアリー・スー」というのは映画「スター・トレック」からの派生語で、作者の願望が不快なほど投影されたオリジナルキャラクターのことらしい。前向きに終わる物語だと解釈したものの、リア充になればなるほど創作力が落ちるとすればあまりにももったいない。

「トランシーバー」山白朝子
言うまでもなく、3.11から着想を得た作品。最愛の息子を失った父親の再生物語。これも小説の見本のような仕上がりだなあと思った。

「ある印刷物の行方」山白朝子
大学の先輩から紹介された、ある研究所での謎の焼却の仕事を受けた女性。中身が何かを聞かされないまま、退屈で単調な仕事を続ける。だがある日、焼却する箱の中から赤ん坊のような声が。。。山白朝子ってホラーテイストだったか。「ザ・フライ」を彷彿とさせる不気味さ。3Dプリンターっていずれこんなことまで出来るようになるのだろうか。ぞぞ。

「エヴァ・マリー・クロス」越前魔太郎
唯一の海外が舞台の作品。三流出版社の記者である青年が巻き込まれた、恐ろしい「人体楽器」によるコンサート。好奇心が抑えられず青年は単身コンサートに乗り込むが。1番好みだったと言えば趣味が悪いということになるだろうか。こういう漫画あったよなあと思いながら、不気味な人体楽器の描写とスリルに夢中になれた。文体がモロ舞城王太郎^^;越前魔太郎って舞城作品のキャラクターだと聞いたので興味があるなあ。


以上。
乙一氏はデビュー当時から「小説の書き方」というものを持っていたと記憶している。なんとなく、天才と呼ばれた17歳の頃から変わっていないようで、そこから何かが削ぎ落とされてしまった、作品によってはそんな印象も受けた。触れるだけで壊れそうな、あの殻に閉じこもって1人で震えているような繊細さが表面的になってしまったような。よって今回の高評価は表題作と最後2編に限ってのみ捧げたことにする。愛ゆえの、あくまで個人的な感想。基本的には良い作品集だと思う。

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(1)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事