すべてが猫になる

ユニバ行ってきます✩°。⋆⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝

国内<あ〜お>作家

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全82ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

奥田英朗著。光文社文庫。

かつては炭鉱で栄えたが、すっかり寂れ、高齢化ばかりが進む北海道苫沢町。理髪店を営む向田康彦は、札幌で働く息子の「会社を辞めて店を継ぐ」という言葉に戸惑うが…。(表題作)異国からやってきた花嫁に町民たちは興味津々だが、新郎はお披露目をしたがらなくて―。(「中国からの花嫁」)過疎の町のさまざまな騒動と人間模様を、温かくユーモラスに描く連作集。 (裏表紙引用)



奥田さんの文庫新刊は、単発ものの連作集。

北海道は苫沢町を舞台にした、理髪店の主人康彦目線で描かれた田舎のぬくもり溢れる短編集。なのだが、あまり短編集って感じはしなかったな。6編収録されているが、どれもハッキリとした結末がない感じで、問題も人生もそのまま続いていくという作風。個人的にはもっとちゃんと解決したり光が見えたりする物語のほうが好みなのだけど。


過疎化の進む苫沢で、時々起きるちょっとした事件や変化。私は田舎育ちではないけれど、ちょっと気持ちが分かるな〜と思ったのが、80代の夫がくも膜下出血で倒れてしまった妻の話「祭りのあと」。良くなることを見込めない状態で長引くというのが1番厄介なんだよね。。そういう感覚も含めて、不謹慎かもしれないがそれが当事者にとっての現実。長年連れ添った献身的な妻が解放されたという感覚も、他人には責められないと思う。

あと、「中国からの花嫁」。40まで嫁が見つからず、年々無口になっていく男の話なんだけど。周りはめでたいとしか思っていないのに(一部除いて)、本人が勝手に被害妄想に陥って町民から逃げてしまうというのもなんか分からんでもない。でも確かに田舎や親戚って干渉が凄いかもしれないけど、悪意のある人ってそんなに居ないんじゃないだろうか。現実は知らんけど。


犯罪を犯したり、揉め事を起こしたりする人とも暮らしていかなきゃいけないのが苫沢の生活。息苦しさもあるけれど、どんな人も受け入れる度量と情があるのがいいと思った。主人公の康彦が穏やかな人物で、怒ったり人の悪口を言ったりしないところも、この作品を温かいものにしている一因だったかもしれないな。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

碧野圭著。PHP文芸文庫。

「私、亜紀さんみたいになりたい!」きらきらした目で新人バイトの愛奈に告げられ、困惑する亜紀。子育てに疲れ、不慣れな経済書担当として失敗を重ね、自信を失いかけていたからだ。一方、仙台の老舗書店のリニューアルを任された理子は、沢村店長との出会いを通し、被災地の現状を知る。そんな亜紀と理子が、気持ちを一つにした目標とは!?書店を舞台としたお仕事エンタテインメント第三弾。 (裏表紙引用)



毎月1冊、ちゃちゃっと7まで読んでしまおうということで。


今回のお話は、震災と母と仕事の両立問題がメイン。いつまで経っても風化しないように、こういう作品はいつでも読むべきだと思うね。震災フェアと言われると軽く感じる人もいるかもしれないけど、日本人なら誰にでも自分にとってのあの日があるはずだからこういう企画はとてもいいと思う。この作品では、あの日の知られなかった真実に一歩踏み込んでいて、そのタブーを恐れない姿勢にとても好感が持てる。

亜紀のほうは出産を経て復帰したものの、全く専門外のビジネス書や資格書の担当になっててんてこ舞いになっている。文芸で活躍してたのにいきなり何の興味もないジャンルを任されたら…私ならモチベーション保てなくて辞めたくなるな。この本のように、詳しいお客さんから呆れられたり怒られたりもするだろうし。何より、新刊入っても楽しくなさそう。

理子の言う、入ってすぐいい本屋かどうかが分かるというのは書店員ならではなんだろうか。私なんて、ハヤカワと創元にどれだけ力を入れているかでしか判断しないもんだから(本屋の大きさ関係ないんだよねこれ実は)。現実はだいたいが単に新刊や映像化作品並べてるだけで、大型書店の役割なんてそれでいいと思うけどね。

あとはそうだな〜、理子の、自分に気持ちが向いてない人と腹を割って話そうとするパワーはすごいなと。この人自分を好きじゃないな、って人をランチや夕食に誘うってメンタル相当強くないと出来ないと思う。亜紀に関しては、いけすかないお客の広瀬とああいうふうに終わって不覚にもホロリきた。亜紀のまっすぐな性格だからこそ得られた人望だよねえ。自分の都合しか見えてなかったのが、現実が見えた途端切り替えられるのも見習いたい要素だね。

あとあと、亜紀の旦那が3巻から急にいいやつ化。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

青柳碧人著。創元推理文庫。

ショッピングサイト“ほしがり堂”を経営する深町ユリオ。節操なく色々なモノをほしがり、方々から集めたガラクタ(お宝)をほしい人に売っている。そんな彼はお宝をゲットしに行くと、なぜか必ず事件に巻き込まれてしまう!身元不明のゾンビの死体の謎、ゴミ屋敷に隠された秘密など、ほしがり探偵が苦労人の妹と共に、お宝をめぐる数々の事件に挑む。ポップな連作ミステリ。(裏表紙引用)



前知識はないが雰囲気が可愛かったので読んでみたが、うん、気に入った!ゆるめの日常系かと思ったら意外と殺人事件が多いし推理もガチガチではないがまとも。文章が軽くて読みやすいし、キャラクターも立ってる。


探偵役はフリーライター兼「ほしがり堂」の店主、深町百合夫(ユリオ)。趣味が高じて種々様々なガラクタをネット販売しては新たなガラクタを仕入れている。叔母名義の1DKのマンションにはボウリングのピンやアメコミのフィギュアでいっぱい。パワハラを苦に退職し、無職となった妹のさくらがそんな兄と同居することになって、兄の変態コレクション集めと顧客の関わる奇妙な事件に巻き込まれる日々。


設定が特殊なので事件も特殊。怪奇居酒屋だのスケルトン企画展だのゴミ屋敷だの顔出し看板だのオルメカ文明だの、普通に生きてたら関わらない世界ばかりなので読んでいて飽きない。とにかく行く先々でほしがるユリオを諌めるさくらとの掛け合いも楽しいし、ユリオの探偵ぶらない自然体な感じもいい。変人だけど。売り渋る人からしか買わなかったり、ほしがるべきところじゃないところでは一歩引いたりと芯が通ってるあたりも好きだった。


こりゃタダモンじゃないぞ、と思っていたらこの作家さん結構なベテランなのね。読んでないけどよく本屋で見かける「浜村渚の計算ノート」シリーズの人だった。と納得していたら本人解説を読んでさらに腑に落ちた。麻耶さんの探偵についてのポリシーをかなり参考にされたらしい。続編出てるのですぐ手に入れなくては。

この記事に

開く コメント(2)

イメージ 1

碧野圭著。PHP文芸文庫。

吉祥寺に出店する大手書店チェーンに転職を果たした理子と亜紀。しかし、大型書店の店長という、いままでと違う職責に理子は戸惑っていた。一方、文芸書担当として活躍する亜紀にも問題が。妊娠をきっかけに起こった夫との確執、書籍の回収騒動―。そんな忙しい日々の中、本と本屋の力を信じる二人が考え出した新たな挑戦とは?書店を舞台とした痛快お仕事エンタテインメント第二弾。 (裏表紙引用)



「ブックストア・ウォーズ」の続編。ドラマ化もされたし現在7巻まで出ているようなので、ヒット作と言って差し支えないでしょう。タイトルを改変したのは大正解だと思うけど、ヒロイン2人が27歳と42歳なので「ガール」はどうかと(^_^;。


ところでこの続編、方向性を変えたのかな。理子と亜紀が勤めていたペガサス書房はブラックで結構シビアなストーリーだった気がするのだが、「新興堂書店」ではバリバリ書店員であることの矜持を持って生き生き働く2人が読める。亜紀が妊娠したり、理子が副店長に心惹かれたりと色々ありつつ、大型書店ならではの苦労やフェアの楽しみ方、本屋大賞の裏側など本好きとしては興味津々の内容がてんこもり。2人とも、プライベートが仕事に直結する問題を抱えるので同じ女性として共感したりしなかったり考えさせてもらえた。やっぱり亜紀の旦那は好かんわあ(^_^;。。まあ、こういう問題って人それぞれの価値観でやるしかないからね。どうやっても誰かは文句言うから。

で、文庫書き下ろしだと文学賞から外れるということを初めて知った。私なんかは、もう全部文庫書き下ろしで出して欲しい派なんだけど(単行本の手触りとか見た目とか、モノとしては好きだけどね)それじゃずっとムリそうだなあ。

あと、本屋大賞などの書店員オススメ本というのは現実でもやはり主婦や若い女性がメインで選んでいるのかなあって。ジャンルに偏りがある気がしてるのね。財布の紐が緩く拡散能力のある女性向けに展開するのは商売としては正解なんだろうけど。出来れば、青年、中年男性書店員が選ぶ!みたいな枠もあればもっと興味持つのに。私は特殊な本好きだから純粋な「本が好き」って人たちとは越えられない壁がある気がするんだよね。そのあたりもおいおいこのシリーズで掘り下げてくれるといいな。

この記事に

開く コメント(3)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

浦賀和宏著。幻冬舎文庫。

ミステリ作家の西野冴子は、ストーカー扱いされた挙げ句、殺人事件の犯人として逮捕されてしまうが、一切心当たりがない。始まりは、彼女が受け取った一通のファンレター。些細な出来事から悪意を育てた者が十五年の時を経て、冴子を逃げ場のない隘路に追い込んでいく。残酷なほど計算し尽くされた罠に落ちる人間を描くサスペンスミステリ。 (裏表紙引用)



浦賀さんの最新刊。文庫書き下ろし。

これ、銀ちゃんシリーズだったのね。ということで、短編集のような体裁の連続ミステリー。ちなみに「Мの女」のサイドストーリーにもなっているのでご注意を。未読でも読めるとは思うけど、順番を守った方が楽しめるでしょう。

全てのお話に西野冴子という小説家を中心としたプロローグがついていて、それぞれの話とリンクしていくという構成。どうやら冴子の友人・亜美と交際しているタケルと、タケルの本当の彼女・白石唯は「殺人鬼カップル」らしい――。

一話目「スミレ色の手紙」では気に入らない人間に嫌がらせの手紙を送りつける主婦が登場。自分が出したウソの手紙から隣人が首を吊って自殺したらしいことを知る。よく練られていて騙された。これ、○○ファンの人には結構なヒントになるのかな。

二話目「生まれなかった子供たち」では唯の不倫相手であり冴子の従弟でもある男が登場。妻が誰かに階段の上から突き落とされ、流産してしまうという話。犯人にビックリ。本人にしたら普通のことでも人生こじらせてる人から見れば…ってあるかもしれない。

三話目「月の裏文明委員会」はなんだかタイトルにデジャヴが。。。もちろんあの過去作品をこすっている。作家・浦田の担当編集者が三年前一度だけ関係を持ったシングルマザー。近所に引っ越してきた彼女は子供は彼の子だと告白。男が1番恐れる展開じゃないかな。自業自得とはいえ。てか、犯人意外だしギョッエーーーー。。。さすが浦賀作品。個性生かしたなあ。

四話目「十五年目の復讐」ここでやっとすべてが繋がる。浦賀さんがお得意としているぐるぐるこんがらがった糸を全部最後に繋げちゃうやつ。浦賀作品では登場人物がみんなどこかおかしいのでそれほど驚かないが、今回の話は恨み骨髄って感じのドロドロ劇がアツい。

ていうか銀ちゃんに平穏はいつ訪れるんだ。。。

この記事に

開く コメント(2)

全82ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事