すべてが猫になる

期限があると読書ペースが上がる(はっけん)。

国内<あ〜お>作家

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全80ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

飴村行著。角川ホラー文庫。

戦時下の帝都。14歳の鉄児は憧れの特別少年警邏隊に入隊した直後、先輩のとばっちりを受け謹慎処分となってしまう。汚名返上に燃える彼は、巷で噂の保険金殺人事件を解決するため独自調査に乗り出すが…。軍部の思惑、昏々と眠る老女、温室で栽培される謎の植物、行方不明の少女―。すべてが交錯する時、忌まわしい企みが浮かび上がる。暴力と狂気が渦巻き、読む者の理性を抉り取る最凶の粘膜ワールド、6年ぶりの新作! (裏表紙引用)



粘膜シリーズ待望の第5弾。前作「粘膜戦士」から6年も経っていたとは。そして、読書メーターでは批判ばかり、アマゾンは絶賛ばかりっていう^^;みんな、他人の感想に引っ張られちゃうんだね。自分の感想書こうぜ。

私は期待していた通りの粘膜世界とは違った。どうやら路線変更を図ったらしく、完全なるノー・グッチャネの世界。戦時話そもそも苦手なんだよな〜。説明文ばっかりで目がシバシバするわ〜。トッケー隊が横暴すぎて久世を始めとする隊員全員不快でしかないし。主人公の鉄児が浅はかで魅力に欠ける。違法捜査で冤罪とかどんだけ。

その反面、爬虫人の影子の存在が際立ってた。嘘がつけないって一見素晴らしいけれど、正直過ぎて場の空気が凍るっていうね^^;それでも奇声をあげる病人の祖母が一番カッコ良かったんじゃないか。世界が崩壊するというよりは新世界の始まりを彷彿とさせるラスト、粘膜らしいと言えばらしいが今までのような突き抜けたパワーはないかな。この路線が続くならもうしんどいからリタイアかも。

そして読後浮かんだ疑問。探偵って出てきた?

この記事に

開く コメント(3)

イメージ 1

有栖川有栖著。講談社文庫。

日本のディクスン・カーと称され、45に及ぶ密室トリックを発表してきた推理小説の大家、真壁聖一。クリスマス、北軽井沢にある彼の別荘に招待された客たちは、作家の無残な姿を目の当たりにする。彼は自らの46番目のトリックで殺されたのか―。有栖川作品の中核を成す傑作「火村シリーズ」第一作を新装化。 (裏表紙引用)


理由はないが無性に火村シリーズを極めたくなったので第一弾である本書の新装版を読んでみた。記事によると初読はなんとブログ開設年の2005年。堂々と言うが登場人物、トリック、犯人、全て内容は銀河の彼方である。


驚いたのだが、火村さん最初の事件である本書から現行作品まで、全く雰囲気が同じである。変えてある設定もないようだし。永遠の34歳のはずの2人が本書では32歳としてあるので、ここから現在まで2年経過したことになる(笑)。アリスと火村さんとの出会いってこんなふうだったのか〜(初読ふうに)。火村さんのパーソナル的な情報もほぼここで明かされていたのね。両親が数年前他界したとか日本中を転々として育ったらしいこととか。キメ台詞の「人を殺したいと思ったことがある」は既にここにあった。


内容は、この作品ってこんなにベタな本格推理ものだったのだなと。作家や編集者が別荘に集められ、外部との行き来を絶たれ、密室殺人が起き…というやつ。別荘をウロウロする火傷の痕のある男、つくはずのない裏口の足跡、暖炉に上半身だけ突っ込まれた二つの死体…。ワクワクしますな。犯人の意外性はないが、密室と銘打ってあるだけにやはりトリックが読みどころ。暖炉と密室の理由づけが凄い。靴のワインやらぬいぐるみ爆弾やら、装飾過多な面もあるが充分差し引けるだけのロジックの完成度かと。それに加えて人間の感情の機微や情感を味わえるのが有栖川作品の魅力なので、どちらに振れても満足のいく秀作だと思う。

この記事に

開く コメント(8)

イメージ 1

奥田英朗著。集英社文庫。

結婚して数年。自分たちには子どもができないようだと気づいた歯科受付の敦美。ある日、勤務先に憧れの人が来院し…(「虫歯とピアニスト」)。ずっと競い合っていた同期のライバル。53歳で彼との昇進レースに敗れ、人生を見つめ直し…(「正雄の秋」)。16歳の誕生日を機に、アンナは実の父親に会いに行くが…(「アンナの十二月」)。など、全6編を収録。読後に心が晴れわたる家族小説。 (裏表紙引用)



奥田さんの我が家シリーズ、6編収録の短編集〜。

「虫歯とピアニスト」
ファンのピアニストが来院しても、浮かれたところを見せずプライバシーを尊重する敦美に好感を持ったなー。不妊の問題について淡白だと言うけれど、とてもそうは見えなかった。いい夫を持ったし、いい「患者」さんだったね。ゲーム感覚でほっこり。

「正雄の秋」
嫌いなライバルに出世競争で負ける悔しさは私には分からないけれど、特にコレという強いエピソードなしに割り切れたところが良かった。人間、会社では一つの側面しか見えないもの。奥さん大変だな。

「アンナの十二月」
実父が有名な演出家だからって育ての父を下に見るって若さゆえの幼さだなあと。スーパーの店長の何が悪いの。このいい親友がいなかったらアンナはとんでもない間違いを犯していたかもね。ああいう気持ちで留学出来たからってアンナにとっていいことになるとは思えないもの。お金をアテにするのは浅ましいよ。

「手紙に乗せて」
長年連れ添った妻が突然亡くなるってどれほどの喪失感だろう。引退したら妻とここに住んでここに行って、っていう夢が吹っ飛ぶんだもんね。それにしても、実母が亡くなったばかりの人を合コンやスキーに誘うとか「仕事にそんなものは関係ない」と言い放つとか、人間性疑うレベルなんだけど…。自分の時は皆優しかったけどなあ。猫が死んでもビックリするほど気を使ってくれるのに。
石田部長いい人すぎ。どんなこと書いてあったのかなあ。

「妊婦と隣人」
これはヒドイ。何がって、語り手の女性が。隣人は確かに謎だが、引越しの荷物を詳しく知ってたり、壁にコップをつけて物音を聞いたり、果ては郵便ボックスを覗いたり。。。頭大丈夫か、っていう主人公だった。真相には驚いたけど。

「妻と選挙」
N木賞作家シリーズ(笑)。これを読むと主人公が奥田さんにしか見えなくなるという。。マラソンに参加するなど、精力的な奥さん。今度はまさかの出馬。夫婦愛&家族の絆って感じでこれまたほっこり。選挙に担ぎ出される女性っていいイメージないけど、この夫婦ならしっかりしてるから大丈夫かな。


以上〜。
ほっこり続きで最初物足りないかな?と思ったけれど、自分好みのものも結構あったので満足。自分はやはり、最初は間違った道を行こうとする主人公が色んな経験を経て過ちに気づく、っていうパターンが好み。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

朝井リョウ著。文春文庫。

就活生の群像『何者』で戦後最年少の直木賞受賞者となった著者。この初エッセイ集では、天与の観察眼を駆使し、上京の日々、バイト、夏休み、就活そして社会人生活について綴る。「ゆとり世代」が「ゆとり世代」を見た、切なさとおかしみが炸裂する23編。『学生時代にやらなくてもいい20のこと』改題。(裏表紙引用)



朝井リョウさんのエッセイは面白いという噂を聞いて。

確かに、これは……小説より面白い。作家というものは基本的に内向的なイメージがあるが、この朝井リョウさんはどこに出しても恥ずかしくないリア充。友だちはたくさんいるし、大学のイベントにも積極的に参加するし(その内容が女子大生のダイエット企画撮影1日バージョンであっても)、大勢で旅行は行くし(目的地には着かなくても)、友人と京都へ自転車旅行なんてものに挑戦するし(痔になろうとも、下痢で知らない家のトイレを借り一家の団欒をぶち壊そうとも)。しかも作家となり映画化されようとも普通に就職する普通の感覚の持ち主(履歴書に特技は耳を動かせると書こうとも)。

ほんとに、なぜ作家になったの?とお聞きしたいぐらい「今時の若者」の姿がお調子者っぽい筆致でおかしく描かれていて、面白いやつが文才を持ったらこんなに面白くなるのかと驚く。知性とは眉間に皺を寄せて絞り出すものだけではない。ゆとり世代であろうとリア充であろうとそこから滲み出るものだ。


エッセイからこの作家さんに入るのもアリ。大アリ。

この記事に

開く コメント(6)

イメージ 1

有川浩著。アスキー・メディアワークス。

大好評『図書館戦争』シリーズ、スピンアウト第2弾!そんで、結局あの人たちは?これにて幕引き。(紹介文引用)



図書館戦争シリーズ、これにて終了。有川さんの文庫で出てる作品も読破したぞぃ(これは文庫ではないが、出てるので)。

※物語の筋に触れています。未読の方はお気をつけください。






こちらの「供廚蓮△發出来上がった郁と堂上の話ではなく、緒形副隊長の過去の恋愛話や堂上の過去の話、そして我らが柴崎&手塚が出来上がるまでのお話が3話。

緒形副隊長とやらを知らないので(←ひどい)思い入れがなかったのと、ストーリーが全く意外性なしだったのでスルー。振られた女が作家になって成功しているっていうのも甘いし、その女が40になるまでズルズル過去の恋愛引きずってるって違和感。

続く堂上の過去はまあ普通の「新人時代の未熟だった俺」話。それより、結婚して郁の言葉遣いが変わってしまっているのが残念(そりゃ変わって当たり前なんだがね)。「下ろせ!」とか「言うな!」とかさあ…。リアルでも、夫や彼氏に「お前さ〜」「〜しろよ」とか言う女好きじゃないんでね。。逆でもね。
あと、百均のウサギを2万のピーターラビットでお詫びって納得いかんなあ。。忘れたのそっちやん。

それよりメインは柴崎と手塚の恋愛パート。郁&堂上より大人の恋愛って感じはする。柴崎も実は私あんまり好きじゃないんだけど^^;うーん、同期だけど階級が上なら敬語を使うって別に普通ではないのか。しかも初対面。職場で「みんな呼んでるから私のことは○○って呼んで〜」肩バシバシ、みたいなの好きじゃないんだ、私。。学生かよ。

あとストーリーには関係ないが、下着屋でスリーサイズ測るってことあるの?(ウエストは何のため?ガードル?)あといくら「彼氏です」「友達です」って言ったとしても客に店員が客のスリーサイズ教えるって今の時代絶対ないと思うんだが。。。一昔前ならあったのかもね。ストーカーの概念がない頃なら。実際前者のは違ったけど、ちょっとその辺はヘンな推理だなと思って。あとコラ写真を男が見てまうのは仕方ないと思う。。それより郁の鉄拳制裁とか水は許可制とかそっちに引いた。


関係ないことで文句ばっか書いててすいません。。。だってこのシリーズ、なんかチョコチョコと細かいところでイライラするんだもん^^;やっぱ合わんのだな。でも柴崎&手塚の恋の行方には素直に喜べたし、ミステリー的要素があったこのラスト3編はシリーズで一番と言っていいぐらい目が離せなかったな。文句も愛ということで。

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(1)

全80ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事