すべてが猫になる

はてなブログ出来ました。 https://yukiaya1031jp.hatenablog.com/

国内<あ〜お>作家

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全84ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

伊坂幸太郎著。講談社文庫。

家庭裁判所調査官の武藤は貧乏くじを引くタイプ。無免許事故を起こした19歳は、近親者が昔、死亡事故に遭っていたと判明。また15歳のパソコン少年は「ネットの犯行予告の真偽を見破れる」と言い出す。だが一番の問題は傍迷惑な上司・陣内の存在だった!読み終えた瞬間、今よりも世界が輝いてみえる大切な物語。(裏表紙引用)



わーい、「チルドレン」の続編!

陣内は伊坂作品ではちょこちょこ出てくるキャラで、多分1番人気のキャラなんじゃないかと思う。かくいう私も。でもいつも小出しの友情出演だから…こういうふうに「陣内物語」として出てくる贅沢な作品は本当に久しぶり。陣内節、堪能したあ〜。

陣内は武藤と同じ家裁調査官で、未成年の犯罪者(って言い方はしないのかな)の更生や調査が仕事。今回出てくるのは無免許運転で歩行者を轢き殺した棚橋、ネットで脅迫を繰り返していた小山田。何を聞いても「はい」しか言わない棚橋にも、賢ぶってる小山田にもイライラしたなあ。親にも。棚橋には棚橋の事情があるわけだけど、サラっと淡白に描いているテーマは出口がなくて重い。人を撥ねた人間をなぜ撥ねてはいけないのか?脅迫をするような人間を粛清したら人の役に立っているのではないのか?など。それに対する陣内の真面目な言葉が響く。普段ふざけたことばっかり言ってるからこそ引き立つんだろうな。でもちょっとあっさりしてるな。「チルドレン」みたいな短編集のほうがいいかも。

もう続編は出ないそうな。これからは新作の数々の中に陣内を探すしかないのか。。

開く コメント(0)

イメージ 1

浦賀和宏著。実業之日本社文庫。

数奇な絆を持つ女たち――時を超える真実を暴け。 立石アキは死刑確定から40年以上拘置され続けている男の孫だ。 祖父との血縁関係が原因で、子供の頃から人生に行きづまりを感じていた。 しかし、彼女の運命は急転する。 アキと同じく死刑囚の孫でジャーナリストの泉堂莉菜が、 事件の新情報を手に突然接触してきたのだ。 祖父らの冤罪を証明するため、「真犯人」を探し始めた二人だが――⁉(裏表紙引用)




浦賀さんの文庫新刊。

「メタモルフォーゼの女」「Мの女」をまとめた前作「十五年目の復讐」、そして本作で全部繋がったー!Мの女=泉堂莉菜の前日譚ということかな。一応銀ちゃんも登場するので銀ちゃんシリーズなんだろうが…完全なるザコ扱いで笑う。

お互い祖父が死刑囚ということから知り合った、全く性格も容姿も正反対のアキと莉菜の物語。放火殺人と政治絡みの警察官殺しということで事件の性質も全く違う。そこがどう関係していくのか?アキと莉菜の関係はどこへ着地するのか?アキの自分を卑下しすぎるところは好きではなかったが、祖父が死刑囚でずっといじめられてきたと考えたらしょうがないのかな。対して莉菜は美人で活発で有名人なんだけど、裏の本性がすっごい(笑)。女と女の愛憎劇と、サスペンスがうまい具合に絡んで進行していくのでドラマチックだった。莉菜に惹かれるアキの気持ちは心理的によく分かるが、莉菜はアキのどこが気に入ったんだろうかな。そこをもっと知りたかった。

最終章の血も涙もない凄い展開こそ浦賀作品だと思うが、少し優しさというか愛情みたいなものが見え隠れするのは作風の変化?

開く コメント(0)

イメージ 1

青崎有吾著。徳間文庫。

密室、容疑者全員アリバイ持ち―「不可能」犯罪を専門に捜査する巻き毛の男、御殿場倒理。ダイイングメッセージ、奇妙な遺留品―「不可解」な事件の解明を得意とするスーツの男、片無氷雨。相棒だけどライバル(?)なふたりが経営する探偵事務所「ノッキンオン・ロックドドア」には、今日も珍妙な依頼が舞い込む…。新時代の本格ミステリ作家が贈るダブル探偵物語、開幕! (裏表紙引用)



タイトルを見てL⇔Rを連想した人は同世代。

青崎さんにハズレはない、という根拠のない信頼からこれも期待して読んだがやはり裏切られなかった。短編集、ライトノベルという形態に多少戸惑ったものの。でも文体は今までと変わりないと思う。

「不可能」犯罪専門、トリックを暴くのが得意な倒理(悪魔のような巻き毛)と、「不可解」犯罪専門、動機から事件を推理するのが得意な氷雨(地味な眼鏡)。正反対のキャラクター同士がそれぞれ衝突し合い高め合い、探偵事務所を盛り立てていく。それぞれの事件は小規模でページ数は少ないが、やはりと言うかレベルは高い。

このダブル探偵と関わる登場人物たちが一巻目からしてやたらと多い。元同じ大学で今は警部補の穿地決(うがち・きまり)は男言葉で辛口。事務所の高校生アルバイト・薬子ちゃんはピュアで天然。仲介屋の神保は事件を見つけてくるなくてはならない存在。そしてラスボス的に重要なのが、2人の同窓生で犯罪制作家?の謎キャラ「チープ・トリック」。この存在1人だけでかなり物語に奥行きが出たんじゃないかな。なぜかつての同窓生たちは片や探偵、片や警察、片や犯罪者になってしまったのか。続編ありきでワクワクさせるね。

ただ、個人的に、この探偵2人はタイプではなかった。作中で2人を同じ風呂に入れたりBL狙いなのは分かるんだけど、うーん。倒理はもっと破天荒でもいいし、氷雨はもっと繊細だと良かった。正直、時々どっちが語り手か分からなくなったりしたので。言葉使いは描き分けられているので、単なるこっちの入り込み方の問題。

開く コメント(4)

イメージ 1

青木祐子著。集英社オレンジ文庫。

経理部の森若沙名子、27歳。多くの領収書を処理する沙名子には、社内のいろいろな人間関係が見えてくる。周囲に与えた分以上のことは期待せず、されず、精神的にも経済的にもイーブンでいることを大切にする沙名子は、他人の面倒ごとには関わりたくないのだけど、時には巻き込まれることも。ブランド服、コーヒーメーカー、長期出張…それは本当に必要なものですか? (裏表紙引用)



経理部の森若さんシリーズ第2弾。

「取材は広報課を通してください!」
広報課の皆鷽セ劼持ち込む領収書はテレビ出演用のブランドシャツにお土産用のお菓子。仕事が出来る人でも、やっていいこと悪いことのリミッターが外れてる人っているんだよなあ〜。開き直った態度が気に入らん。

「女には女の戦いがある……らしい……」
総務課にエスプレッソマシンを入れるかどうかで女子社員同士に派閥ができてしまった。巻き込まれたくない沙名子の気持ちが痛いほどわかる。いつも思うのだが、こういう女子同士のいざこざ?の渦中にいる人ってこういうのが嫌だとかいう感覚はないのだろうか。で、沙名子の香水を割ったのは結局誰。

「気にしないでいいよ、おごるから。出張手当入ったから!」
トップ営業マン山崎の出張費があからさまにおかしい。サボリでもなく旅行でもない。なぜ? 本人は不本意でも、やりたいことと得意なことが違う人っているんだなあ。

「これは本当に経費で落ちません!」
2巻ラストにしてやっとタイトルの台詞が出た。男子の友情も当てにならない…のかなあ。それにしても、沙名子には勇さんの方がお似合いな気が。

以上。今回もスラスラと読めた。どいつもこいつもって感じ。1巻ではウザいなと思っていた太陽の存在が、だんだんなくてはならないものに。仕事で落ちてる時に「さなこさ〜〜〜〜ん!」って尻尾ふりふり来られたら癒されるよなあ。。もう付き合っちゃえ。

開く コメント(2)

イメージ 1

有栖川有栖著。角川書店。

人気ホラー作家・白布施に誘われ、ミステリ作家の有栖川有栖は、京都・亀岡にある彼の家、「夢守荘」を訪問することに。そこには、「眠ると必ず悪夢を見る部屋」があるという。しかしアリスがその部屋に泊まった翌日、白布施のアシスタントが住んでいた「獏ハウス」と呼ばれる家で、右手首のない女性の死体が発見されて…。臨床犯罪学者・火村と、相棒のミステリ作家・アリスが、悪夢のような事件の謎を解き明かす! (紹介文引用)



火村シリーズ第24弾〜。長編キター。ガマンできずに借りてしまった…。ぶ、文庫出たら買いますよ^^;

正統派のクローズドサークルもので、分厚いしなかなか読み応えがあった。アリスが東京で人気ホラー作家と対談することになり、それが縁でホラー作家の京都にある「悪夢を見る部屋」がある家に招待されたがその作家先生の隣の家で殺人事件が起きるという話。もちろん火村さん臨場。

殺人現場となった、元作家助手(故)の青年の家で殺されていた女は何者なのか、なぜ手首を切断されていたのか、被害者は何を捜していたのか。当日落雷で道を塞いだ大木は事件にどういう影響を与えたのか。そしてさらに空き家で見つかった容疑者と目されていた男の死体からは手首が持ち去られていて…と、謎てんこ盛りで頭がこんがらがる。そこを火村さんが実にていね〜〜〜いに論理的に解明してくれる。特別アクロバティックな推理や意外性はなかったけれど、火村さんとアリスの「犯人許すまじ」な気迫が地味ながらも伝わってきてアツかったな〜。特に犯人を追い詰める場面では、火村さんが休憩と称して退出、アリスが謎解き役にまわったりするし。じわじわと獲物をいたぶるように狩りをする火村さんのやり方は、自分が犯人だったら同じようにイライラするかもね。。

「仮説を立てるたびに助手に披露して意見を求めてきた、ずっとこれで上手くやってきたじゃないか」アリスのこの台詞には泣けた。そして片桐さんめでたいな(TーT)。

開く コメント(2)

開く トラックバック(1)

全84ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事