すべてが猫になる

有線にしたら高速すぎて逆に使いづらい。やめないけど。

国内<あ〜お>作家

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全81ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

碧野圭著。PHP文芸文庫。

吉祥寺に出店する大手書店チェーンに転職を果たした理子と亜紀。しかし、大型書店の店長という、いままでと違う職責に理子は戸惑っていた。一方、文芸書担当として活躍する亜紀にも問題が。妊娠をきっかけに起こった夫との確執、書籍の回収騒動―。そんな忙しい日々の中、本と本屋の力を信じる二人が考え出した新たな挑戦とは?書店を舞台とした痛快お仕事エンタテインメント第二弾。 (裏表紙引用)



「ブックストア・ウォーズ」の続編。ドラマ化もされたし現在7巻まで出ているようなので、ヒット作と言って差し支えないでしょう。タイトルを改変したのは大正解だと思うけど、ヒロイン2人が27歳と42歳なので「ガール」はどうかと(^_^;。


ところでこの続編、方向性を変えたのかな。理子と亜紀が勤めていたペガサス書房はブラックで結構シビアなストーリーだった気がするのだが、「新興堂書店」ではバリバリ書店員であることの矜持を持って生き生き働く2人が読める。亜紀が妊娠したり、理子が副店長に心惹かれたりと色々ありつつ、大型書店ならではの苦労やフェアの楽しみ方、本屋大賞の裏側など本好きとしては興味津々の内容がてんこもり。2人とも、プライベートが仕事に直結する問題を抱えるので同じ女性として共感したりしなかったり考えさせてもらえた。やっぱり亜紀の旦那は好かんわあ(^_^;。。まあ、こういう問題って人それぞれの価値観でやるしかないからね。どうやっても誰かは文句言うから。

で、文庫書き下ろしだと文学賞から外れるということを初めて知った。私なんかは、もう全部文庫書き下ろしで出して欲しい派なんだけど(単行本の手触りとか見た目とか、モノとしては好きだけどね)それじゃずっとムリそうだなあ。

あと、本屋大賞などの書店員オススメ本というのは現実でもやはり主婦や若い女性がメインで選んでいるのかなあって。ジャンルに偏りがある気がしてるのね。財布の紐が緩く拡散能力のある女性向けに展開するのは商売としては正解なんだろうけど。出来れば、青年、中年男性書店員が選ぶ!みたいな枠もあればもっと興味持つのに。私は特殊な本好きだから純粋な「本が好き」って人たちとは越えられない壁がある気がするんだよね。そのあたりもおいおいこのシリーズで掘り下げてくれるといいな。

この記事に

開く コメント(3)[NEW]

開く トラックバック(1)

イメージ 1

浦賀和宏著。幻冬舎文庫。

ミステリ作家の西野冴子は、ストーカー扱いされた挙げ句、殺人事件の犯人として逮捕されてしまうが、一切心当たりがない。始まりは、彼女が受け取った一通のファンレター。些細な出来事から悪意を育てた者が十五年の時を経て、冴子を逃げ場のない隘路に追い込んでいく。残酷なほど計算し尽くされた罠に落ちる人間を描くサスペンスミステリ。 (裏表紙引用)



浦賀さんの最新刊。文庫書き下ろし。

これ、銀ちゃんシリーズだったのね。ということで、短編集のような体裁の連続ミステリー。ちなみに「Мの女」のサイドストーリーにもなっているのでご注意を。未読でも読めるとは思うけど、順番を守った方が楽しめるでしょう。

全てのお話に西野冴子という小説家を中心としたプロローグがついていて、それぞれの話とリンクしていくという構成。どうやら冴子の友人・亜美と交際しているタケルと、タケルの本当の彼女・白石唯は「殺人鬼カップル」らしい――。

一話目「スミレ色の手紙」では気に入らない人間に嫌がらせの手紙を送りつける主婦が登場。自分が出したウソの手紙から隣人が首を吊って自殺したらしいことを知る。よく練られていて騙された。これ、○○ファンの人には結構なヒントになるのかな。

二話目「生まれなかった子供たち」では唯の不倫相手であり冴子の従弟でもある男が登場。妻が誰かに階段の上から突き落とされ、流産してしまうという話。犯人にビックリ。本人にしたら普通のことでも人生こじらせてる人から見れば…ってあるかもしれない。

三話目「月の裏文明委員会」はなんだかタイトルにデジャヴが。。。もちろんあの過去作品をこすっている。作家・浦田の担当編集者が三年前一度だけ関係を持ったシングルマザー。近所に引っ越してきた彼女は子供は彼の子だと告白。男が1番恐れる展開じゃないかな。自業自得とはいえ。てか、犯人意外だしギョッエーーーー。。。さすが浦賀作品。個性生かしたなあ。

四話目「十五年目の復讐」ここでやっとすべてが繋がる。浦賀さんがお得意としているぐるぐるこんがらがった糸を全部最後に繋げちゃうやつ。浦賀作品では登場人物がみんなどこかおかしいのでそれほど驚かないが、今回の話は恨み骨髄って感じのドロドロ劇がアツい。

ていうか銀ちゃんに平穏はいつ訪れるんだ。。。

この記事に

開く コメント(2)

イメージ 1

青崎有吾著。創元推理文庫。

期末テスト中の慌ただしい9月、風ヶ丘図書館で死体が発見された。閉館後に侵入した大学生が、山田風太郎の『人間臨終図巻』で撲殺されたらしい。しかも現場には一冊の本と謎のメッセージが残されていた。警察に頼まれ独自の捜査を始めた裏染天馬は、ダイイングメッセージの意味を解き明かせるのか?ロジカルな推理、巧みなプロットで読者を魅了する“裏染シリーズ”第4弾。 (裏表紙引用)



裏染シリーズ第4弾。

そろそろネタも尽きたろう、とあまり期待せずに読んだのだがイヤイヤイヤイヤ…。シリーズものとしての愛着が深まっていくせいもあるだろうが、今までで一番面白かった。


舞台は風ヶ丘図書館。閉館後に侵入した大学生・城峰恭助が2階カウンターで撲殺された。凶器は山田風太郎の「人間臨終図鑑」。そして被害者の周囲には本棚から投げ出されたと見られる本が――。「ラジコン刑事」の主人公のイラストに血で付けられた○印、ひらがなの「く」の字にに似たダイイングメッセージ。調査の結果、図鑑には二種類の血液が付着していることがわかった。被害者は2人いたのか?被害者はどうやって図書館に侵入できたのか?

豚の血を図書館に撒く裏染には狂気しか感じない。トイレで見つかったカッターの破片や持ち去られた懐中電灯の謎など、裏染の推理は論理的かつ冷静で淀みがない。全体的には地味で電撃が走るような真相ではないかもしれないが、優等生らしい丁寧な謎解きは健在。唯一残念なのは動機。それを言ったらもう誰にでも当てはまってしまうし、ミステリーに動機は必要ないとする向きも否定する気はないのだが。クイーンならば動機を推理に組み込んだだろうし、「人間臨終図鑑」を使ったことにすら理由付けをするだろうなと思うと(まあ本家もモノによるんだが)、あっさり風味と言わざるを得ないかな。

個人的には、今回あまり存在感のなかった柚乃の恋心がもう隠しきれないところまで出ちゃってるな〜って部分がたまらないし、おまけ扱いであろう「風ヶ丘タイムス」がツボだったし、ラスト1ページの引きが気になりすぎる。あと「鍵の国星」めっちゃおもしろそう。

この記事に

開く コメント(2)

イメージ 1

奥田英朗著。光文社。

坂本純平、21歳。新宿・歌舞伎町のチンピラにして人気者。心酔する気風のいい兄貴分の命令は何でも聞くし、しゃべり方の真似もする。女は苦手だが、困っている人はほうっておけない。そんな純平が組長から受けた指令、それは鉄砲玉(暗殺)。決行までの三日間、純平は自由時間を与えられ、羽を伸ばし、様々な人びとと出会う。その間、ふらちなことに、ネット掲示板では純平ネタで盛り上がる連中が…。約一年半ぶりの滑稽で哀しい最新作。 (裏表紙引用)



奥田さんにこんな作品があったの知らなかった、慌てて読了。

あんま面白くなさそうなタイトルだな〜と思って読み始めた(失礼)が、のめり込んでスラスラスラっと一気に読めた。ヤクザの純平が親分の頼みでよその組の幹部を撃ち殺せと命令されるというなかなか凄い世界のお話なのだが、奥田作品のコミカルさがよく出ていて悲壮感がない。お笑いってわけじゃないんだけど、まあ、軽い?

純平のキャラクターが、なんだか応援したくなる感じなのが良かったのだと思う。若さゆえのいきがりちゃんだし直情型でダメダメな部分もいっぱいあるんだけど、実際見た目が良くてカッコつけてはいるから凄くモテるみたいだし。女性だけじゃなく、男性からもオカマからも純平ちゃん純平ちゃんと慕われてる。鉄砲玉になることが決まってから、たくさんのいい人と出会ってしまうから人生って分からないものだね。行きずりで遊んだカナ、元教授の占い師、よその組同士で盃を交わした兄弟分、優しいオカマゴローちゃん。みんな裏で生きているようなひとたちだけど、純平のことをほっとけないのがよく伝わる。でもこの作品は、人との出会いが純平の価値観を変えるっていう単純なものじゃない。迷いは生じるのだけど、芯が通っているとも言えるのかな。。読んでるコッチから見れば、ネット掲示板の皆さんと同じく「純平、考え直せ」という作者狙い通りの感想しか浮かばないのだけど。あ〜あ、って感じ。実際、兄貴の北島ってほんとのどころどういう人だったんだろう。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

飴村行著。角川ホラー文庫。

戦時下の帝都。14歳の鉄児は憧れの特別少年警邏隊に入隊した直後、先輩のとばっちりを受け謹慎処分となってしまう。汚名返上に燃える彼は、巷で噂の保険金殺人事件を解決するため独自調査に乗り出すが…。軍部の思惑、昏々と眠る老女、温室で栽培される謎の植物、行方不明の少女―。すべてが交錯する時、忌まわしい企みが浮かび上がる。暴力と狂気が渦巻き、読む者の理性を抉り取る最凶の粘膜ワールド、6年ぶりの新作! (裏表紙引用)



粘膜シリーズ待望の第5弾。前作「粘膜戦士」から6年も経っていたとは。そして、読書メーターでは批判ばかり、アマゾンは絶賛ばかりっていう^^;みんな、他人の感想に引っ張られちゃうんだね。自分の感想書こうぜ。

私は期待していた通りの粘膜世界とは違った。どうやら路線変更を図ったらしく、完全なるノー・グッチャネの世界。戦時話そもそも苦手なんだよな〜。説明文ばっかりで目がシバシバするわ〜。トッケー隊が横暴すぎて久世を始めとする隊員全員不快でしかないし。主人公の鉄児が浅はかで魅力に欠ける。違法捜査で冤罪とかどんだけ。

その反面、爬虫人の影子の存在が際立ってた。嘘がつけないって一見素晴らしいけれど、正直過ぎて場の空気が凍るっていうね^^;それでも奇声をあげる病人の祖母が一番カッコ良かったんじゃないか。世界が崩壊するというよりは新世界の始まりを彷彿とさせるラスト、粘膜らしいと言えばらしいが今までのような突き抜けたパワーはないかな。この路線が続くならもうしんどいからリタイアかも。

そして読後浮かんだ疑問。探偵って出てきた?

この記事に

開く コメント(4)

全81ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事