すべてが猫になる

梅雨で地面きのこだらけ。。

海外<ハ〜ホ>作家

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全16ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

パット・マガー著。戸田早紀訳。創元推理文庫。

人気俳優マークは義理の息子ケニーが書いた不条理劇の題名を知り動揺する。それは17年前、ケニーの実父が死んだ“事故”を暗示しているようだった。当時4歳だった息子が何かを知っている?マークはケニーの母で女優の妻サヴァンナの反対を押し切って劇への出演を決め、息子とともに舞台を作ることで真意を探ろうとする。過去の事件と舞台の上演が、彼らにもたらす結末とは?(裏表紙引用)



パット・マガーは大好きな作家で、未読もあと1冊残すのみとなった。本書は最近初邦訳された1960年代の作品だそう。なんでこんな面白い本が今やっと邦訳なんだと思ったが、そのおかげで今1番いい状態で読めたからいいか。

主人公は有名スター俳優のマーク。妻サヴァンナも同じくスター女優で、何十年も共演し続けている。しかしサヴァンナにとってマークは二番目の夫で、前夫の間にはケニーという息子がいる。名脚本家だった前夫は事故によって車椅子生活となり、人生に絶望。やがて前夫は1人崖から落ちて死亡。前夫と親友でもあったマークはサヴァンナと再婚するが、長じて脚本家となった義理の息子ケニーが描いた新作の内容に不安を隠せない。幼いケニーはあの日何かを見たのか?

と、最初から真相がほぼ分かっているような内容だが、このストーリーを引っ張っているのはミステリーではなく家族間ドラマ。言ってしまえば、読者は延々と芝居の稽古(うんちく)と家族ゲンカを読まされ続けてるっていう…。特に妻のサヴァンナのワガママさ強引さは殺意をおぼえるレベルで、このあたり好き嫌い分かれちゃうかな。エンタメ専門の女優が、もう役が決まっていて初日まであと1週間しかない不条理劇に「あの人の代わりに私が出たい、いや出る」ってどんだけ。。しかもそのためなら手段は選ばない。いやもう、マークは一体この人の見た目以外のどこがそんなに好きなのか。。しかも舞台に出れないと分かってからの行動は狂気。それをやったことがじゃなくて、息子がああなっても動かなかったことが狂気。ラストの会話は演劇ものならではという感じで、うまいこと言って締めたなあと感心。

パット・マガー好きなら間違いなく気に入る逸品だと思う。

開く コメント(2)

イメージ 1

ドット・ハチソン著。辻早苗訳。創元推理文庫。

FBI特別捜査官のヴィクターは、若い女性の事情聴取に取りかかった。彼女はある男に拉致軟禁された10名以上の女性とともに警察に保護された。彼女の口から、蝶が飛びかう楽園のような温室〈ガーデン〉と、犯人の〈庭師〉に支配されていく女性たちの様子が語られるにつれ、凄惨な事件に慣れているはずの捜査官たちが怖気だっていく。美しい地獄で一体何があったのか? おぞましすぎる世界の真実を知りたくないのに、ページをめくる手が止まらない――。一気読み必至、究極のサスペンス! (裏表紙引用)

蝶のいた庭


2019年「このミステリーがすごい!」第9位の作品。

舞台はアメリカ。本名も素性もわからない「庭師」と呼ばれる富豪の男が、数年間10代の女性を誘拐し、自宅にある「ガーデン」と呼ばれる温室に何年も軟禁し続けていたという恐ろしい話。彼女たちは背中に蝶の刺青を入れられ、暴行され、21歳の消費期限が来ると殺されガラス樹脂漬けにされる。庭師の長男は凶暴な性格で、彼女たちを好きに暴行し時には半死半生のケガを負わせる。次男は臆病で少女たちに興味を持つが通報する意志がない。。

書いててウンザリしてくるような内容。作品はガーデンが崩壊し庭師が瀕死の重態、少女たちが燃え盛るガーデンから救出された「その後」の、FBI捜査官ヴィクターによる聞き取り調査から始まるのが救い。時系列から逆行し、少女の話がなかなか進まず確信に迫らないところがもどかしいな。ヴィクターたちの「そういう話が聞きたいんじゃない」って気持ちがよくわかる。しかし話が進むにつれ、ガーデンの狂気がみるみる明かされていって引き込まれる。

この小説の特徴は、このなんともいえない淫靡な幻想感だと思う。悲惨な事件を、少女の語り口でひょっとしたら美しいとまで感じる世界観で表現しているなと。それでも充分庭師や長男、次男にはいらいらするし殺意もおぼえるのだが。庭師は当たり前だが、凶暴な長男より次男のほうが嫌いだった。知ってるのに、いけないと思っているくせに通報する勇気がない人間ほど腹立たしいものはないと思う。少女たちがある程度の自由を許されていたというのに驚愕。監禁って鎖で繋がれてろくに食事も…みたいなイメージがあるけれど、少女たちはちゃんと服も食事も適切に与えられ本を読む権利もある。一種の諦めなんだろうが、少女たちが皆協力し合い姉妹のように生活しているのが違和感ありあり(派閥はあるが)。だから逆に恐ろしかった。

ランキング本上位の作品群と比べても遜色ないほどの面白さだったと思うが…9位に甘んじたのは作品が特徴的で好みが分かれるからなのかな。

開く コメント(2)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

J・G・バラード著。南山宏訳。創元SF文庫。

22世紀のある日、探険隊を乗せた船はイギリスを出港し、崩壊し砂漠と化した合衆国のマンハッタン島に、一世ぶりに上陸した。密航者の青年は、自分がこの国の新たな支配者、第45代大統領となることを夢見るが……。生存者の残る諸都市を探訪し、アメリカの夢と悪夢の残滓と邂逅した探険隊の記録を通じて、予言者バラードが辛辣に描き出す、強烈な未来像。ネットフリックスで映像化決定! (『22世紀のコロンブス』を改題・文庫化) (裏表紙引用)



前回読んだ「ハイ・ライズ」が読みやすく良かったので今度はこちらを。これにした理由?タイトルと表紙がカッコ良かったから。以上。

本作はバラードの作品の中でもさほど有名ではないようで、なるほど地味かもなあ…という印象。21世紀初頭、環境の変化によって砂漠化したアメリカ。のちにヨーロッパからアメリカ大統領を目指しやってきた青年と探検隊一行が大陸横断し狂気に蝕まれていくというお話。有名なホテルにそのまま宿泊したり自由の女神が倒れていたりと映像的。とはいえ中盤までは何事も起こらない(起こった後だからね)のでひたすら退屈だったが、歴代の大統領や往年の大物歌手などが出てきたあたりからバラードらしい世界観になってきた。描いている世界はアメリカへの果てしない夢だと思う。こういう感覚は今のアメリカ人が読んでも変わりなくあるのだろうし、普遍的なテーマなのだろう。再び現代に再販され読まれる作品というものはなんでもそうだ。

開く コメント(0)

イメージ 1

セバスチャン・フィツェック著。酒寄進一訳。文藝春秋。

乗客の失踪が相次ぐ大西洋横断客船“海のスルタン”号。消えた妻子の行方を追うべく乗船した敏腕捜査官の前に現れる謎、謎、謎。錯綜する謎を解かないかぎり、ニューヨーク到着まで逃げ場はない。無数の謎をちりばめて、ドイツ屈指のベストセラー作家が驀進させる閉鎖空間サスペンス。(紹介文引用)




2019年度の「このミステリーがすごい!」海外部門第7位作品。スルー予定だったのだが、たいりょうさんの記事に触発されたので読んでみた。セバスチャン・フィツェック、「治療島」を読んだことがあるので。

随分と世間の評価は厳しく、その理由には賛同するも、私はただただ単純に、純粋に面白かったと思う。まず主人公マルティンの職業が驚き。囮捜査官として危険な捜査に打ち込み、時には麻薬を打ったりタトゥーを入れたり、歯を抜いたりしなければいけない過酷さだ。

そんなマルティンだが実は3年前にクルーズ客船「海のスルタン」で妻と息子を失っており、自殺で処理されている。鬱屈した気持ちで日々暮らしているマルティンに、見知らぬ老婆からまたあの船に乗るよう促す電話が。妻と息子が自殺でない証拠が見つかったと言うのだ。一方、乗客の一人ユーリアは娘と共に乗船したが、異様な問題を抱えていた――。


船内で次々と問題や事件が発生し、水面下で捜査するマルティンは、協力者の小説家志望の老婆ゲルリンデ(微妙に狂人)や船医のエレーナ(船長と婚約なう)と共に犯人の仕掛ける罠や悪人との闘いをかいくぐってゆく。泥棒が登場して話をややこしくしたり、行方不明だった娘が見つかって心を開くのに腐心したりと息つく暇のないスリル。娘との会話の謎にそんな仕掛けが!?1つずつ明らかになるたびにヤバさが増していくこの興奮。何よりこの事件を1番印象深いものにした、おぞましい動機。えー!そんな人いるの!?なんてひどい。そしてわかっていても騙されるどんでん返し。ドッキドキ。まさかあの人が。

なぜここで終わらせない?ラストは蛇足が過ぎた。ハードル上げすぎだよ、謝辞のあとにエピローグを用意するなんて。あの仕掛けでかなり評価を下げた人が多いとみた。(あの位置に謝辞を挿入することで目的を達成していると思うが)


ありていに言えば、ノンストップ型ジェットコースターサスペンス。面白いだけで深みはないということか。確かに私も、二転三転する真相の吸引力やキャラクターの魅力はジェフリー・ディーヴァーの足元にも及ばないなと思ったし、おなじみの「犯人に恨まれた女性長期間監禁」ものの残酷性ならば「特捜部Q」や「その女 アレックス」の域には到底達していないことぐらいは感じていた。完全なエンターテインメント小説なのだと思う。そう、シドニィ・シェルダンだと思えば絶対面白い。私は多分今年のランキングに入れると思う。そうね……7位くらいに。

開く コメント(6)

イメージ 1

レイ・ペリー著。木下淳子訳。創元推理文庫。

大学講師の職を得て、高校生の娘を連れ故郷へ戻ってきたジョージアは、親友のシド(世にも不思議な、歩いて喋る骸骨だ!)と再会した。人間だったときの記憶のない彼が、見覚えのある人物と遭遇したのをきっかけに、二人はシドの“前世”を調べはじめる。だが、その過程でできたての死体を発見、殺人事件も背負いこむことに。たっぷり笑えてちょっぴり泣ける、ミステリ新シリーズ。(裏表紙引用)



初挑戦の作家さん。ホネもの好きなので、たいした前知識なく読んでみたらなかなかの当たり。作風はほのぼのとしたコメディー+真面目なミステリー。表紙イラストでイメージする内容通りじゃないかな。

ヒロインは大学非常勤講師のシングルマザー・ジョージア。終身在職権がないために何度も引越しをしなければならず、高校生の娘・マディスンには申し訳ないと思っている。ジョージアの家では屋根裏部屋にどこから来たのかわからないガイコツの'シド'が暮らしていて、マディスンだけがシドの存在を知らない。姉のデボラはシドの存在を認めず、スルーし続けている。ある日ジョージアたちがコスプレしたシドと共にアニメ・コンベンションに参加したが、シドが生きている時に知っている女性を見たと言い出し――。


と、なかなか詰まった内容なのだが、気になるのはやはりシドの出自と、調査中に出くわした女性の他殺死体の謎。シドの過去と絡んでくるのだけど、こちらとしては最初からシドの可愛さと面白さに夢中になっているわけだから何かが判明したりシドが悩んだりするたびにビックリしたり切なくなったり。シドとジョージア家族との心のつながりを読むほうがメインと言ってもいいかもしれない。幼い頃自分を助けてくれたシドが悪い人のわけがないと言い切るジョージアが泣かせる。シドはちょっと気難しいところもあるけど、ノリが良くて優しいところがいいんだよね。気が緩むと骨のつながりも緩むのが笑えるし。まあ、キメ台詞の「ビテイコツ!」はあんま翻訳ものだと面白さが伝わらないけど。ミステリ的にはちょっと動機が具体的じゃないのでイマイチ不明瞭だけど、なかなかじゃないかな。

もう第2弾が出ているようなのでもちろん読むつもり。原書では3作まで出てるらしいので全部出て欲しいなー。

開く コメント(2)

全16ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事