海外<ヤ〜ワ>作家

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]

イメージ 1

陸秋槎著。稲村文吾訳。早川書房。

前漢時代の中国。かつて国の祭祀を担った名家、観一族は、春の祭儀を準備していた。その折、当主の妹が何者かに殺されてしまう。しかも現場に通じる道には人の目があったというのに、その犯人はどこかに消えてしまったのだ。古礼の見聞を深めるため観家に滞在していた豪族の娘、於陵葵は、その才気で解決に挑む。連続する事件と、四年前の前当主一家惨殺との関係は?漢籍から宗教学まで、あらゆる知識を駆使した推理合戦の果てに少女は悲劇の全貌を見出す―気鋭の中国人作家が読者に挑戦する華文本格ミステリ。 (裏表紙引用)


今年の本ミス3位、このミス4位、文春6位登場で話題の華文ミステリ。日本の新本格に強く影響を受けた作者ということとポケミスで1段組なのが珍しいので手に取ってみたが…。自分には漢詩や礼学、儒書の素養が全くないのでウンチク部分はほぼ白目になって読むハメになった。ウンチクが凄いとは聞いていたがここまでとは。しかも、通常私の知っている新本格ではウンチクや専門知識は添え物で事件の真相を解くカギにはなりえないのだが…この作品、二度に渡る「読者への挑戦状」でフェアプレイを公言しながら、ウンチク部分が大いに事件に関わっているではないか。。。

そしてこの作品を大きく特徴づけている要素のひとつ、百合。その世界には明るくないのでひたすら震えながら読んでいたのだが…。いや、女の子と女の子が惹かれあうというのは別に問題ない。ただ、探偵役の葵(キ)と相手役の露申がひたすらお互いをけなしあうのは…これが噂に聞くツンデレという世界なのか?それともさすがに百合世界でも特殊なのだろうか。いや、言葉による暴力だけならまだいいのだが、拳で顔面を殴り合ったりするのは一体…?中国人なぞ。しかも、葵が召使の小休に対して虐待とも言えるひどい暴力を加えるところはとても平常心では読んでいられないレベル。


事件のトリックや犯人はそれほど瞠目すべきものではなく、帯にもあるようにこの作品の売りは「前代未聞の動機」だという。確かにこのような動機はミステリ史上お目にかかったことはない。しかし、この作品自体が前漢時代の中国の風俗を描いたもので、その土地独特の風習というものは厳然としてある。たまたま貴族に生まれ、たまたま長女に生まれ、たまたま下僕として生まれたというだけで、女子だというだけで、死ぬまで逃れられない鎖。それを1つ上の高みから「理解できない」と切って捨てることは私には出来なかった。日本や英米ミステリを読んでいるだけでは絶対に得られない未知の感覚が華文ミステリから得られたのではないかな。

開く コメント(4)

イメージ 1

ジョーン・リンジー著。井上里訳。創元推理文庫。

あの日は絶好のピクニック日和だった。アップルヤード学院の生徒たちは、馬車でハンギングロックの麓に向けて出発した。だが、楽しいはずのピクニックは暗転。巨礫を近くで見ようと足をのばした4人の少女と、教師ひとりが消えてしまったのだ。何があったのかもわからぬまま、事件を契機に、学院ではすべての歯車が狂いはじめる。カルト的人気を博した同名の映画原作、本邦初訳。(裏表紙引用)



なんかすごい本を読んだ。

解説抜粋で申し訳ないが、本作は日本で1986年に映画が公開され、「究極のカルト映画」として今でもマニアの間で人気があるそうだ。それの原作本が発売ということで、もねさんのところで表紙絵とタイトルだけに惹かれた自分も早速読んでみた。

舞台は1900年のオーストラリア。いいところのお嬢様ばかりが所属する寄宿女学校アップルヤード学院では、課外授業としてハンギングロックへピクニックに行く興奮に満ち溢れていた。しかし道を外れた4人の少女と1人の数学教師が突然行方不明になってしまう。未曾有の大事件として捜査が開始されたが、1人の少女の生還を経ても手がかりひとつ見つけられないまま月日が流れていった。あの日ハンギングロックで何が起きたのか?残された学院の人々は混乱し狂乱する――。

冒頭からしばらく、自然の描写と箱入り娘たちののんびりとしたおしゃべりが延々と続くので「これ読み続けられるだろうか」と不安になった。しかも、わずか数ページの間に10人強の生徒の名前と4人の教師、4人の従業員が出てくるのだ。馬2頭にまで名前がついている。

面白くなるのは女の子たちが行方不明になってから。貴族の息子やその御者が謎解きに乗り出したり、保護者たちがこぞって娘を退学させたがったり。特にアップルヤード校長がなかなかのクズキャラとして際立っていて、気に入らない生徒に暴言を浴びせるなど呆れる行動が多い。集団ヒステリーやおとなしい教師が暴力的に変貌するなどみどころ満載で、まあこれなら謎が最後まで解明されないほうが逆に良かったんだろうなと思った。あとがきに削除された最終章が掲載されているが、これはなくして正解だろうなと。分からないままだからこそこの作品を不気味で特別なものにし得ているし、未だに語り継がれているのだろうと。そもそも創元の白背だし。賛否あるかもしれないけど、私はかなりこれ好きよ。

開く コメント(4)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

オースティン・ライト著。吉野美恵子訳。ハヤカワ文庫。

主婦スーザンのもとに突然「夜の獣たち」と題された原稿が届く。それは離婚した夫エドワードが執筆した小説で、妻子を惨殺された大学教授の男が犯人たちを捜すという内容だった。彼はなぜこんな小説を書き、なぜ彼女に送りつけてきたのだろうか――?男女の心理を克明に追う巧みな文章と、企みに満ちた物語。ルース・レンデルやサラ・ウォーターズをはじめ巨匠作家たちが絶賛した傑作ミステリ。『ミステリ原稿』改題。


「ミステリ原稿」という邦題は最低だな^^;。この小説を正確に言い表しているのは原題だと思うけど、日本じゃ「トムとスーザン」なんていうタイトルじゃ売れないもんね。

この小説は、離婚した夫エドワードから送り付けられた小説に、ヒロインのスーザンがだんだん取り込まれていくお話。ページのほとんどはエドワードの小説「夜の獣たち」で占められていて、ある幸せな一家が暴漢に襲われ妻子が誘拐の末惨殺されるという読んでいてなかなかにキツイ内容。しかし引き付ける魅力は確実にあって、スーザンは読み終わるのが惜しいと思うほどのめり込んでしまった。

「なぜ夫はこの原稿を元妻に送りつけて来たのか」に対する明確な答えはここにはない。推察するに、一番想像しやすい真実は夢見がちな夫と現実的な妻が分かり合えず、現在架空の幸せに溺れている元妻に対するエドワードの復讐だというものだろう。しかし、スーザンもエドワードも同じレベルの人間だと悟ったスーザンと、小説の登場人物トムはスーザンを投影したものだという答えは本質的には同じだろうか?それは最後まで私には分からなかった。


映画を先に観たのだが、映画で理解出来なかった部分が原作で理解出来た、ということはなかった。映画と違い詳しく心理を描いているので、ああこの時スーザンはこう思っていたのか、とかトムはこういう状態だったのか、というのが分かる。映画はアートに寄った作風だったのでそちらの要素はあまり期待してはいけないかな。

開く コメント(0)

イメージ 1

ケン・リュウ著。古沢嘉通訳。ハヤカワ文庫。

香港で母さんと出会った父さんは母さんをアメリカに連れ帰った。泣き虫だったぼくに母さんが包装紙で作ってくれた折り紙の虎や水牛は、みな命を吹きこまれて生き生きと動きだした。魔法のような母さんの折り紙だけがずっとぼくの友達だった…。ヒューゴー賞/ネビュラ賞/世界幻想文学大賞という史上初の3冠に輝いた表題作など、第一短篇集である単行本版『紙の動物園』から7篇を収録した胸を打ち心を揺さぶる短篇集。 (裏表紙引用)



いま世界中のSFファンに最も期待されているというケン・リュウの作品を読んでみた。文庫化にあたり2分冊され、お試ししやすい価格に設定したとのこと。ありがたいやね。

「紙の動物園」
カタログで妻を選ぶという設定だけで全部心持って行かれる感じ。香港出身の母がアメリカの暮らしに適応出来なかったのが悲しいな。

「月へ」
月での生活を渇望するが月人に受け入れてもらえない'父'と、亡命事件を担当する新人弁護士のサリーのお話。本当の正義とは?お手伝いルイサのエピソードが全てを示唆していると思う。一気にSFくさくなった。

「結縄」
ミャンマーはナン族の村にアメリカからやってきた男・ト・ム。ここ数年の干魃がひどく、ト・ムは村長を種籾と引き換えにアメリカの研究所へ連れ出すが――。作者が元プログラマーだという経歴が発揮された作品。結び目が言葉を紡ぐというのが面白い。しかしト・ムひどいなあ…。

「太平洋横断海底トンネル小史」
太平洋横断海底トンネル掘りの台湾人の男の身に起きた出来事を描いているが、このお話は正直全くわからなかった。どう改変されているんだろう。

「心智五行」
人間が生存可能な惑星から六十光年離れ遭難中の調査船。生き残りのタイラとアーティ、ファーツォンの通信で物語が進む。これぞ文化の違いが生んだ悲恋?

「愛のアルゴリズム」
最先端テクノロジー人形を設計した妻とトイ社CEOの夫。心を病んでしまった妻と頼りになるようでならない夫の関係には現実感あるかも。今の時代、人形が喋ったとしても誰も取り憑かれたとは思わないけど、不気味であることに違いはない。こうなるだろうなという結末が不憫。

「文字占い師」
小学生のリリーは、アメリカから台湾に引っ越してきたが同性からのいじめに耐えていた。そんな時、ある中国人の老人と知り合うが――。漢字で運勢を占ったり、漢字の成り立ちについて語られたりと色々勉強になる(笑)。忘年之交って素敵だなあ。しかし2.28事件を題材にしていて内容は重い。拷問シーンは読んでいられなかった。


以上。「紙の動物園」が圧倒的に面白く取っ付きやすいが、個人的には「結縄」「月へ」も好みだった。作者が米国育ちの中国人ということで、中国の歴史はもちろん医学や架空史、IT関連と引き出しは多い。テーマが愛の喪失であったり偏見と差別であったり、戦争がもたらしたものの重みや変えられない宿命であったりするため全体的に読後感は重い。ファンタジーであることとのバランスがいいのかな。読みづらくはない。

まあ、全ての作品を気に入る必要はないと思う。もう1冊のほうもいつかは読むかな。アジア文学いいかも。

開く コメント(8)

イメージ 1イメージ 2

アンデシュ・ルースルンド&ステファン・トゥンベリ著。ヘレンハルメ美穂・羽根由訳。ハヤカワ文庫。

凶暴な父によって崩壊した家庭で育ったレオ、フェリックス、ヴィンセント三人兄弟。独立した彼らは、軍の倉庫からひそかに大量の銃器を入手する。その目的とは史上例のない銀行強盗計画を決行することだった―。連続する容赦無い襲撃。市警のブロンクス警部は、事件解決に執念を燃やすが…。はたして勝つのは兄弟か、警察か。スウェーデンを震撼させた実際の事件をモデルにした迫真の傑作。最高熱度の北欧ミステリ。(上巻裏表紙引用)



このミス1位で話題となっていた作品に挑戦。タイトルはシンプルだが名前長いな。コピペしたわ。原題のままなのかな?字面でなんとなくの想像。

父親の過剰な暴力で支配されて育った3兄弟(レオ、フェリックス、ヴィンセント)が長じて父親と決別し、幼馴染のヤスペルを巻き込んで銀行強盗を始めるというお話。初めは順調だったが、やがてレオは父親と連絡を取ったり兄弟同士で衝突があったりとどんどん問題が広がっていく。物語は過去と現在が交互に語られ、兄弟の心の闇がどうやって形成されたかが明らかになっていく。

文章が非常に平易で読みやすいし、題材も刺激的だしもちろんとても面白いのだが、私にはあまり合わない部分もあった。確認しなかった自分が悪いのだが、銀行強盗ものはジャンル問わず好きではないのだ。なのでどちらかというと彼らを追うヨン警部の視点のほうが読みやすかった気がする。

暴力シーンは当然辛いし、その父親の性癖を受け継いだかのように見える長男のレオには全く相通じるものがなかった。正論派のフェリックスや末っ子気質のヴィンセントはまだ共感するものがあったが、レオの恋人アンネリーなんてイライラする女の代表みたいなキャラだったもんなー。悪いことは言わん、犯罪者だからとかじゃなくレオはやめとけ。ヤスペルなんてあれだけ深く関わっていながら最後まで他人扱いひでえ。

終始哀れで悲しい物語なので痛快とも言えないし警察との攻防が前面に出ているわけでもないのでちょっと想像していたような、自分が読みたいものではなかった。自分以外の人にはとても面白い作品なのだと思うのであしからず。

開く コメント(4)

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事