すべ猫無菌室

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

どうも皆様こんにちは。いい加減このタイトルも恥ずかしくなって来ましたが本年も大変お世話になりました。今年も無事平穏に続けることが出来てそれが何よりも嬉しいです。

この年末皆様はどのようにお過ごしですか。ウチはチビチビと2人で大掃除を進め、先日全て終了しました。毎年断捨離しているのですが、モノを溜めない主義の我々でも(本や趣味のものは別^^;)、1年経つと要らないものがそこそこ溜まってしまうもんですねえ。。。新品であろうと貰いもんであろうとイランものは躊躇なく捨てまっせ(。-ω-。)ノ ・゚゚・。ポイッ

そして年末はおせち作り。あーめんどくせ(←心の声^^;)。。私の担当は煮物、ごまめ、栗きんとん、黒豆となっております(きんとん以外簡単なもんばっかり、わはは)。年始はご飯のたびに義実家(徒歩5分)へ行きダラダラしたいと思います。TVが忙しいので読書は後回しかな。

というわけで、今年も元気にすべ猫ランキングを開催したいと思います!どんどんぱふぱふー♪L( ^ω^ )┘└( ^ω^ )」♪

今年の読書数は144冊(上下巻は1冊扱い)です。挫折本は冊、再読本は冊。国内107冊海外37冊です。

では、国内ものから。


1.  「本棚探偵の生還」 喜国雅彦

2.  「真実の10メートル手前」 米澤穂信

3.  「トマト・ゲーム」 皆川博子

4.  「その可能性はすでに考えた」 井上真偽

5.  「暗くて静かでロックな娘」 平山夢明

6.  「虚構推理」 城平京

7.  「BISビブリオバトル部Ⅰ 翼を持つ少女」 山本弘 ★

8.  「オーブランの少女」 深緑野分 ★

9.  「戻り川心中」 連城三紀彦

10. 「有頂天家族 二代目の帰朝」 森見登美彦

11.  「代償」 伊岡瞬 ★

12. 「いまさら翼といわれても」 米澤穂信

13. 「聖女の毒杯」 井上真偽

14. 「誰も僕を裁けない」 早坂吝

15. 「山女日記」 湊かなえ

〜そして海外モノ〜

1. 「バーニング・ワイヤー」 ジェフリー・ディーヴァー

2. 「ポーカー・レッスン」 ジェフリー・ディーヴァー

3. 「罪悪」 フェルディナント・フォン・シーラッハ ★

4. 「特捜部Q カルテ番号64」 ユッシ・エーズラ・オールスン

5. 「リンカーン弁護士」 マイクル・コナリー

6. 「星の王子さま」 サン=テグジュペリ

7. 「ジグソーマン」 ゴード・ロロ ★

8. 「悲しみのイレーヌ」 ピエール・ルメートル

9. 「ジョイランド」 スティーヴン・キング

10. 「養鶏場の殺人/火口箱」 ミネット・ウォルターズ

再読本  「十角館の殺人」綾辻行人(再々々読)
       「水車館の殺人」綾辻行人(再読)
       「迷路館の殺人」綾辻行人(再読)
              「最後のトリック」深水黎一郎(文庫化によるタイトル改変に気づかず最後まで読んでしまった)

 ※数年前からですが、再読ものは記事を書き直していることが多いので良かったら覗いてね(*´ω`*)。

挫折本  「九マイルは遠すぎる」 ハリイ・ケメルマン (表題作だけ2回読んでリタイア)
       「溺死人」 イーデン・フィルポッツ (いきなり哲学から始まったので1ページでリタイア)
       「星のダンスを見においで」 笹本祐一 (専門用語羅列にビビり1ページでリタイア)

実は読んだのだが諸事情により記事にしなかった本
       「連続殺人鬼カエル男」 中山七里
       「探偵の探偵」 松岡圭祐
       「烏に単は似合わない」 阿部智里
       「豆腐小僧双六道中おやすみ」「前巷説百物語」 京極夏彦

以上でございます〜。国内ものは当たりが多かったですね。10冊に絞れないので次点を作らず15冊にしました。個人的には井上真偽さんとの出会いが大きかった。逆に海外ものに大当たりはなかったと思います。大当たりになりそうかな、っていう作品を来年回しにしてしまったせいもあるかな。ってそもそも数を読めていない。。てか「星の王子さま」みたいな名作系をランキングに混ぜていいものかどうか( ̄▽ ̄;)。

人を選ばずオススメしたいものに★をつけておいたので宜しければご参考あれ^^

今年の目標は・・・そうですねえ。。。再読したい本が結構あるので、月1冊でもそれが読めたらいいなと。キングをもっとペース上げたいかな。宮部さんや奥田さん、若竹さんあたりを文庫読破しときたいなとか。あとは本を読める数以上は買わないようにとか。ブログ生活を今と変わらず充実させたいな。冊数はこれ以上上げられるとは思えないので維持が目標です。

皆様の今年のランキング記事も楽しみにしています。目標などなどもよかったら聞かせてくださ〜い。

では、これが今年最後の記事となります。コメントや徘徊はすると思いますが。

皆様良いお年を!!来年もどうぞよろしく!

この記事に

開く コメント(24)

どうも皆様こんにちは。今年は大変お世話になりました。来年も読書&ブログをより一層
頑張ろうと思いますのでどうぞよろしくお願いいたしますね〜^^

ウチは12月の初めから大掃除を始めておりまして、3日置きに1ヶ所を集中的にやるという
やり方でクリスマス前に終わりました。

で、昨日は栗きんとんを作りまして、前夜から黒豆に初挑戦しております。夕方までコトコト
煮ますよ!このあと毎度おなじみ筑前煮を作って私の担当パートは終わり!w


ということで今年のゆきあやが読んだ本のベスト10を発表いたします。今年読んだ本は118冊。上下巻は1冊扱い、再読は数えていません(多分1、2冊なので^^;)。あと、事情により記事にしなかったものが2冊あります(数には入ってます)。

では、簡潔になりますがすいません^^;

では国内編から〜。


第1位    「光」  道尾秀介

第2位    「本棚探偵の回想」  喜国雅彦

第3位    「夜よ鼠たちのために」  連城三紀彦

第4位    「ノエル」  道尾秀介

第5位    「しをんのしおり」  三浦しをん

第6位    「無菌病棟より愛をこめて」  加納朋子

第7位    「満願」   米澤穂信

第8位    「片桐大三郎とXYZの悲劇」  倉知淳

第9位    「けむたい後輩」  柚木麻子

第10位    「王とサーカス」  米澤穂信

次点 「強欲な羊」美輪和音、「体育館の殺人」青崎有吾、「旅猫リポート」有川浩


そして海外編〜。


第1位    「その女アレックス」 ピエール・ルメートル

第2位    「特捜部Q Pからのメッセージ」 ユッシ・エーズラ・オールスン

第3位    「死のドレスを花婿に」  ピエール・ルメートル

第4位    「ソウル・コレクター」  ジェフリー・ディーヴァー

第5位    「犯罪」  フェルディナント・フォン・シーラッハ

第6位    「シンデレラの罠」  セバスチアン・ジャプリゾ

第7位    「ロードサイド・クロス」  ジェフリー・ディーヴァー

第8位    「来訪者」  ロアルド・ダール

第9位    「犯罪は王侯の楽しみ」  カトリーヌ・アルレー

第10位    「湿地」  アーナルデュル・インドリダソン

次点なし。


国内編はまあ世間評価通りというか、我ながら妥当な感じではないかと。毎度のことながら、あまり新規開拓ものは入らないという。

海外編は相変わらず分かりやすいですな。好きな作家並べてるだけみたいな。今年はルメートルという大当たり作家に出会えたのが大きいね。特徴としては、英米作品が減りつつある?やはりお馴染みのディーヴァーや特捜部シリーズを超えるのは難しいと思われ。それ以外はどちらかというとストーリーや出来と言うより淡白でオシャレなものが好きかもしれない年でした。


いかがでしょうか。皆様のベストもお時間があれば読ませて下さいね〜^^

ではでは来年もよろしくお願いします!

ブログ、読書は他のどんな趣味よりも「自分の居場所」という感じがします。ここに来て下さっている皆さん全員と来年またお話出来ることを願っています〜^^

この記事に

開く コメント(24)

どうも皆様こんにちは。
蒸し暑い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか。(テンプレではない)。。。

さて、拙ブログすべ猫、遂に10周年ですって。数日過ぎてしまいましたが、イベントごとなどで記事を書けなかったので忘れていたわけではありません。かと言って前倒しもどうかと思ったもので( ̄▽ ̄;)

すごいですね。長いですね。開設当時若いですね。数年消えていた事実は忘れて下さいね。

今となっては、開設当時数年から仲良くさせてもらっていた方々はほぼいなくなってしまっておりますが、新しいお友達も出来ましたし、やはりブログは楽しいものだと日々実感しております。

当ブログはご存知の通り、点数制を取り入れております。細かく言うと50段階の採点になるのですが、基本的には3.7を基準点(普通に面白かったの意)にしております。なぜかは知りません。3.5より下だと面倒なので3とか2.5とかになります。比較対象が少ないので。まあ、好きな作家さんを読む、好きそうなジャンルや筋のものを読む、評判の良いものやお友達のオススメを読むをモットーにしておりますので、著しく低い評価になるものに出会うことは滅多にありません。

記事内容につきましては、文章表現に限界があるのでですます調は使わなくなりました。読んでくださる方にわかりやすく、という技術もありませんのでダラダラと自分でも意味のわからない御託を並べているか、好きなものを褒めまくるだけのあほ記事しかありません。なるべく読む方を不快にさせないように、ぐらいは意識しておりますができているかわかりません。意見の衝突を恐れて思ってもいないことを書く性格でもありませんのですいません( ̄▽ ̄;)

1つお願いしたいことがあるとすれば、あまり私の感想をまるっと真に受けないでいただければうれしゅうございます、ということでして。好きなジャンルや作家さんに対してはどうしても贔屓をしてしまいますし、評判が良くても私には合わなかった、というものもありますゆえ。


というわけでなぜかすべ猫解説書になってしまいましたが。

こんなブログに、ご自分の大事な時間を使っていつも訪問して下さる方がいます。コメントをくれる方がいます。知らない作家さんや本を教えて下さる方や、私の好きなものを読んで下さる方もいます。久しぶりに思い出して来て下さる方もいます。そういう方が1人もいなければ、絶対に続かなかったと断言出来るほど、私にとって皆さんとの交流や情報収集は大切なものです。

身の回りに自分と同じくらい本の好きな人がいなくて、本の話が出来る友だちが欲しくてパソコンを買ったあのころの初々しい自分をいつまでも忘れずに、これからもマイペースで続けて行けたらなと思っております。

ということで、改行も少なくダラダラとすいません(こういうところをそろそろ直せよ^^;)。


これからも、すべ猫をどうぞよろしくお願いします。

この記事に

開く コメント(28)

皆様明けましておめでとうございます。年末年始はいかがお過ごしでしたか。わたくしは主人が大晦日と2日仕事のため、毎回義実家で食事をする(徒歩7分)以外はこれといって変わりのない正月を過ごしておりました。4日にお参りに行ったりはしましたが、凶を引いてしまい、おみくじに書いていたラッキーアイテム「鈴」を買って帰るというなかなかのチキンっぷり。大吉を引いた主人は一日中いばっていました。


というわけで、有難いことにさる筋からリクエストを頂いたので年間ベストを復活させました。

今年は、な、なんと、読書冊数62というゆきあや史上最低の数字。これでは読書家ではなく、ただちょっと本が好きな人ではないか。。。∩(´;ヮ;`)∩

なぜだろうか。去年が人生で一番そういうことをする時間があった。年間200〜300読めていたころは独身ではあったが週5、6日10時間働き、彼氏がいて、しかもバンドまでしていた。あのころの自分、一体なんだったんだろう。自分が二人いたのか?買う数は今のほうが逆に増えているぐらいなのだが。。。ちなみに読書熱はまったく下がっていない。


たわごとはさておき、では国内編から。毎度のことながら、ねこ点に必ずしも忠実ではありません。


1.  「本棚探偵の冒険」 喜国雅彦

2. 「流れ星と遊んだころ」 連城三紀彦

3. 「永遠の0」 百田尚樹

 
4. 「さよなら神様」 麻耶雄嵩

5. 「向こう側の遊園」 初野晴

6. 「七人の敵がいる」 加納朋子

7. 「サクラ咲く」 辻村深月

8. 「ジェノサイド」 高野和明

9. 「ピンクとグレー」 加藤シゲアキ

10. 「私たちが星座を盗んだ理由」 北山猛邦


海外ものは20冊しか読めていないので、5位まで^^;

1. 「特捜部Q 檻の中の女」 ユッシ・エーズラ・オールスン

2. 「スリーピング・ドール」 ジェフリー・ディーヴァー

3. 「カリブ諸島の手がかり」 T.S.ストリブリング

4. 「機械探偵クリク・ロボット」 カミ

5. 「みんな行ってしまう」 マイケル・マーシャル・スミス


う〜ん、海外ものは特に、通常の年間ベストに入れるほどのものではないかな。。。という感じがするのですが。単なる面白かった順ということで。すべ猫復帰前に読んだので記事のないものもあります。


さて、今年は少なくとも100冊は読みたいですね。積ん読を消化しなければ!とりあえず、好きな作家さんの文庫で出てるやつは全部読み切ってしまうところまでは行きたい。


それでは、今年もみなさまよろしくお願いします!!

この記事に

開く コメント(14)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

皆様こんにちは。

本日8月24日(大雨)、ワタクシゆきあや、愛する綾辻行人先生&麻耶雄嵩先生のトークショー&サイン会に行って参りました!場所はMARUZEN&ジュンク堂梅田店7Fでございます!こちらのお店には初めて行ったのですが、ネットで「LOFTの近く」ということだけ把握して適当に行ってみたら本当にその横にありました。

定員は50名(着席30、立見20)、即日定員一杯になったそうです。かくいう私も、午前中に電話をしたのですが立見枠でした。1Fで書籍を購入し、整理券を受け取ります。対象書籍は「アヤツジ・ユキト 2007−2013」「さよなら神様」です。綾辻さんのご本は小説ではない上高額なので普段は買わない種類のものなのですが、奮発しましたよ。とは言え、興味ゼロってわけではないですしね。買ったからには楽しみです。

さてエスカレーターで会場へ。ぎゃ。ち、ちかい!!立見とは言え、目と鼻の先に先生方が座られます。客層は、見た感じですが8割方女性、20〜30代の方が多いように見受けられました。ちょっと意外でしたね。そこへ、ぬるっと先生方登場!!(サイン会が初めてなもので^^;司会の方がマイクで、「さて、いよいよ先生方の登場です!」とかやるのかと思ってました^^;)凄まじい拍手です。綾辻先生は金髪に黒のキャスケット?をかぶっておられ、ジャケットに中は真っ赤なポロシャツのようなものをお召しです。麻耶先生は、眼鏡を掛けさわやかな花柄のシャツを着てらっしゃいました。

さて、トークの内容ですが。なんせ1時間の長丁場でしたので(トークが)、文章におこせるほど記憶には残っておりません(←オイコラ)ヽ(;▽;)ノ断片的に書かせていただきますと。。


麻耶さんは最近、お仕事で島田荘司先生と上海へ行かれたそうです。
綾辻さんの館シリーズが、中国で翻訳されたとのこと。しかし飽きられたのか(そう仰ってました)、途中までになってしまっているとのこと^^;
麻耶さんはデビュー当時、綾辻さんにイケメンイケメンと言われていたらしいです。
麻耶さんは終始、「去年結婚して子どもが3人」というネタ(嘘だそうな^^;)を披露なさってました。
麻耶さんの自作の一番のお気に入りは「鴉」だそうです。意外ですね。
麻耶さんは名探偵がお好きだとのこと。数年前、麻耶さんは綾辻さんに、「今考えている探偵は2人。探偵が神様、というやつと探偵が貴族、というやつ」と堂々と語り、綾辻さんに「こいつ大丈夫か」と思われたらしいです(笑)。
麻耶さんは、初期の御手洗潔のキャラクターなら自分にも描けるだろうが今のエリート風の御手洗さんは描けないそうです。そして雑誌連載中の「化石少女」シリーズ(そう聞こえました)が11月頃まとまるのではないか、だそうです。

麻耶さんのお話ばかりですが、綾辻さんがインタビュアーのような体裁になっていたため、綾辻さん自身のお話は少なめでした。麻耶さんはシャイな方のようですね^^

お話が予定時間を過ぎてしまい、質問コーナーはなくなってしまいました、残念。

そして、20分の休憩&準備を挟み、いよいよサイン会です!

私は腰が激痛になっていたため、1Fまで降りて外で缶コーヒー飲んで来ました^^;座りたくて死にそうだったためですが、雨ザザ降りで外でも座れませんでした^^;しかも7Fに椅子があったトホホ。そのためギリギリに集合し、後ろには数人しか居ない状態。皆さん熱心なファンの方ばかりで、それぞれがお声を掛けて楽しくお話している模様。並んで30分くらい経ったあたりでしょうか、ついに私の番!あわあわあわ!!!

実は、並んでいる間、麻耶さんには著作をすべて読んでいることと(新刊を読んでいないから嘘になるが)一番好きな作家であることをお伝えするつもりで、セリフも頭の中で練習していました。綾辻さんには、新本格を好きになったきっかけを与えて下さった作家さんであることをお伝えするつもりでこれまた練習していたのですが。。。


ナニも言えませんでしたヽ(;▽;)ノ


緊張しすぎた。。。いやもう、まじで義実家への挨拶の時より緊張した。。

いや、その、ささやかな贈り物とメッセージカードをお渡しする際に「ああああのせんせいこちらお荷物になりますがよよよよろしかったらモゴモゴ」みたいなことは言えたのですが(お二方とも、「ありがとうございます〜」と言っていただき昇天)それでセリフぶっ飛んでしまいました。。ちゃんと目を見ていただけたのでウレヒ〜・゜・(ノД`)・゜・

ちなみに、自分のフルネームは、整理券に事前に書いて、先生方の前にお出しします。あああ!変わった名前だったら良かったのに!!何人かの方は、どう読むのか聞いていただけていたり、難しい漢字を大きく書いて見せたりしていてそこから話題が広がって和んでおりました。まあしかしそれでなくとも皆さん、新刊が面白かったですとかファンになったきっかけなどをお伝えしてました。うう、自分バカバカ。だがしかし!!綾辻さん!!何も言えない自分に、顔を上げゆっくりと微笑んでくださりました!そうです!こちらが何かを言える「間」を作って下さったんです!!!!そして、何かを言ってくださいました!すいません!嬉しすぎてそのお言葉を忘れてしまいましたあああああああ!!!ギャー!「ハイっ」と答えたことだけは覚えてます。。そしてそして、お会いできて嬉しかったことだけはお伝えできましたああ!!ありがとうございますと言っていただけました!その笑顔がもう忘れられません。。。


えと、以上です(笑)。なんだこのレポ(;^^A。。


ワタクシ、基本的には、作家さんそのものには興味を持たない、小説が面白ければそれでいい、という考え方だったのですが。何事も経験ですね!最高の思い出となりました。後悔もいっぱいですが^^;まあ、一番と二番目に好きな作家さんだったからというのもありますが。あとは行くとすればスティーヴン・キングぐらいかな(来ねえよ)。

長々とつまらない雑文にお付き合いいただきありがとうございました。

この記事に

開く コメント(24)

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事