国内<な〜の>作家

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全22ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

貫井徳郎著。角川文庫。

二日酔いで目覚めた朝、寝室の床に見覚えのない女の死体があった。玄関には鍵がかかっている。まさか、俺が!?手帳に書かれた住所と名前を頼りに、女の正体と犯人の手掛かりを探すが―。(「女が死んでいる」)恋人に振られた日、声をかけられた男と愛人契約を結んだ麻紗美。偽名で接する彼の正体を暴いたが、逆に「義理の息子に殺される」と相談され―。(「憎悪」)表題作他7篇を収録した、どんでん返しの鮮やかな短篇集。 (裏表紙引用)




貫井さんの、未収録作品集。描かれた年代がバラバラで、古いものでは1997年ものも数作。寄せ集めという感じではなく、「どんでん返し」をテーマにしている作品ばかり。実は図書館で取り寄せしたら、くだんのライセンス藤原写真集(表題作1作しか入ってないやつ)とコラボした本が来てしまった。一応それもパラパラ見たが…。意味不明すぎて白目。藤原さんは作品に登場する主人公のビジュアルとしては申し訳ないが再現できているとはとても言えないルックスだし、突っ込めるほどブサイクってほどでもないし。本当に心の底から意味がわからんビジュアルブック。まあそれで本屋で見たやつと違うな、と思って文庫を手に入れたわけだけど〜。

朝起きたら部屋で知らない女が死んでいた「女が死んでいる」、青酸カリを飲まされ殺された男性を殺したのは被害者に夫を殺された妻なのか?「殺意のかたち」、ホームレスが住み着いたせいで客離れしてしまった蕎麦屋と喫茶店の店主がホームレスを殺害する「二重露出」、有名デザイナーの夫が義理の息子に殺されると愛人に告白する「憎悪」、夫の浮気相手を着信履歴の名前だけで見当つけて殺しに行く「殺人は難しい」などなど、バラエティに富んだ作品集。

確かにどれも騙されたし、サクサクと読める面白さではある。でも作風のせいか、どれも軽いんだよな〜。「こんな理由で殺す奴いてへんやろ」と思ってしまうものが多くて、ストーリーには入り込めない。技巧だけを味わうにはいいかもしれないが。。うーん。ビジュアルブックを先に読んだ人、こっちは未収録作品集なのか、とわざわざこれも読まなくてもいいんじゃないかな。。。と、特定の誰かに言ってみる。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

貫井徳郎著。幻冬舎。

人間の心を捨ててもずっと一緒にいたかった。
何が“警察官連続殺人事件"を引き起こしたのか?
山本周五郎賞受賞作『後悔と真実の色』続編。渾身のミステリ長編!!(紹介文引用)



西條シリーズ第2弾ってことでいいのかな?かつて「指蒐集家事件」を解決し(「後悔と真実の色」)、不倫騒動で警察を追われ一時はホームレスにまで身を落とした西條は、現在警備員の職に就いている。

主なメインの視点は3人。この物語で発生した警察官連続殺人事件、最初に犯人は明かされているので、西條がこの捜査にどう関わるか、新人高城が警察の女性を軽んじる風潮の中どう解決していくかが読みどころ。犯人である渕上の悪魔のような犯行心理も興味深い。

西條が馴染みの古本屋で店主と心を通わせるシーンが好き。理那との接触で西條のスーパーマンのような洞察力が生かされていくのが痛快だが、この本好きの店主の力も大きい気がする。理那と村越のコンビも、最初はセクハラ調で飄々とした村越に反感を抱いていた理那が村越の能力を認め、お互いを尊重し合って事件に向き合うようになる姿が素敵だった。


事件そのものは、さすがに今どこにでも防犯カメラがある時代、これほど何人もの警察官を殺せるかっていう疑問もある。渕上の、レイを全力で守るという決意が「殺人」というそこから最も遠い手段でしか表現出来ないところも。頭がいいのか悪いのか。過去に経験した事件は確かに善良な市民として許しがたいものだが、無関係の人間まで手にかけた時点でもうアウト。ラストの救いがたいあの人物と同じく彼もそういうことなのだろうか。そもそも憎むべき相手は白バイ隊員じゃないだろう。理那の父親との感動的なエピソードや、古本屋店主の娘のストーカー問題など、背景がしっかりしていただけにちょっと残念。

というわけで数点惜しいが、最後まで面白く読ませられた。貫井作品で一番好きなジャンルだ。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

貫井徳郎著。双葉文庫。

母は死に、父は人を殺した―。五歳で伯父夫婦に引き取られた峰岸晄は、中華料理店を手伝いながら豊かさとは無縁の少年時代を過ごしていた。心に鍵をかけ、他者との接触を拒み続ける晄を待ち受けていたのは、学校での陰湿ないじめ。だが唯一、同級生の木下怜菜だけは救いの手を差し伸べようとする。数年後、社会に出た晄は、まったき孤独の中で遂にある計画を実行へと移していく。生きることに強い執着を抱きながらも、普通の人生を捨てた晄。その真っ暗な心の底に差す一筋の光とは!?衝撃のラストが心を抉る傑作長編。 
(裏表紙引用)



こ、これはキツイ…

内容は犯罪小説×社会派という感じで、幼い頃母に軟禁され餓死しかけた上、目の前で父が母を殴り殺すという体験をした主人公の峰岸晄の半生を描いた物語。最初はイジメを甘んじて受け、怖いからではないと達観したような口を利く晄にまるでいい印象はなかった。いくら辛い過去があったからって、万引きや詐欺という悪事にまるで抵抗を抱かないのってやはり普通の感覚ではないなと。

しかしその印象は作品の途中から覆った。晄の体験してきた過去は、本当に身をえぐられるような我々には想像もつかない過激なものだったから。幼馴染の怜菜や従兄弟の慎司に対する態度を見ると、根っからの悪人ではなさそうだなあと思いつつ。なのに25歳の時に出会った日野との友情がああなるなんて…やはり心の底の闇は相当深い。

貫井さんの作品であることを考えるとこれも相当挑戦している作品だと思うが…。気分的にコレは完全にアウトだった。確かに衝撃の結末ではあったし、放り投げているわけでもなかった。うーん、でもねえ、貫井作品にありがちな、「………で?」の系統だった。問題提起はしているけれど響いて来ないというか。。かと行ってドス黒さに徹底している感じでもない。こういう技巧的なもの、新しいものを表現していくスタイルにそっちの要素が加われば鬼に金棒だと思うのだが…。

まあ、貫井さんとしてはこういう評価不本意だろうね。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

長岡弘樹著。小学館文庫。

必要な人材を育てる前に、不要な人材をはじきだすための篩。それが、警察学校だ。白髪隻眼の鬼教官・風間公親のもとに、初任科第百期短期課程の生徒達が入校してきた。半年間、地獄の試練を次々と乗り越えていかなければ、卒業は覚束ない。ミスを犯せば、タイムリミット一週間の“退校宣告”が下される。総代を狙う元医師の桐沢、頑強な刑事志望の仁志川など、生徒たちも曲者揃いだ。その中でも「警察に恨みがある」という美浦は、異色の存在だった。成績優秀ながら武道が苦手な美浦の抱えている過去とは?数々の栄冠に輝いた前代未聞の警察学校小説、待望の続編! (裏表紙引用)



いきなりですが先日スマホの充電を差すところが壊れまして。で、翌日スマホを買い替えまして。その際データ移行失敗しまして。この本の読書感想メモまで消えてしまいまして。。。もう気力がないので各話の感想パス。あらすじコピペでお許し下さい。読了記録ということで。


●第一話 創傷(そうしょう)
初任科第百期短期課程の桐沢篤は、風間教場に編入された不運を呪っていた。医師から警察官に転職した桐沢は、ゴールデンウイーク明けに最初の洗礼を受ける。 
●第二話 心眼
風間教場では、備品の盗難が相次いでいた。盗まれたのは、PCのマウス、ファーストミット、マレット(木琴を叩く枹)。単独では使い道のないものばかりだ。
●第三話 罰則
津木田卓は、プールでの救助訓練が嫌でたまらなかった。教官の貞方は屈強な体格のスパルタ教師で、特に潜水の練習はきつい。本気で殺されると思ってしまうほどだ。
●第四話 敬慕
菱沼羽津希は、自分のことを初任科第百期短期課程のなかでも特別な存在だと思っている。広告塔として白羽の矢が立つのは、容姿に秀でている自分なのだ。
●第五話 机上
仁志川鴻は、将来の配属先として刑事課強行犯係を強く希望している。元刑事だという教官の風間には、殺人捜査の模擬実習を提案しているところだ。
●第六話 奉職
警察学校時代の成績は、昇進や昇級、人事異動等ことあるごとに参照される。美浦亮真は、同期で親友の桐沢篤が総代候補と目されるなか、大きな試練に直面していた。


警察学校で繰り広げられる事件や問題を題材にした「教場」の第二弾。右目が義眼で元刑事、観察眼の鋭い風間教官シリーズ。第一弾と変わらず面白い。警察官を志す人間がこんなに意識が低かったら嫌だなと思うような生徒がいたり、やはりこの人たちも普通の人間なんだなと思わせる恋愛感情を扱っていたりと、警察学校の裏話としてだけでも楽しめる。そんなことで退校になるの?と思うようなこともあるが、それぐらいじゃないと立派な警察官なんて務まらないんだろうな。

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

貫井徳郎著。朝日文庫。

小規模なテロが頻発するようになった日本。実行犯たちは実生活では接点がないものの、一様に、冷たい社会に抵抗する“レジスタント”と称していた。テロに関わらざるをえなくなった、それぞれの人物の心象と日常のドラマを精巧に描いたエンターテインメント大作。(裏表紙引用)


貫井さんの文庫新刊。ここんとこ貫井作品はハズレ続きでどうしてくれようと思っていたが、本作でなかなかの秀作に当たった。あらすじを読んだ時には正直ん〜?また突拍子もない感じ?と抵抗があったのだが、日本で頻発する、小口テロと呼ばれる犯罪に絡む人々を順番に登場させ、社会の貧困層と中流層との関係性やなぜテロが起きるのかなど、一人一人の登場人物を深く掘り下げていくという実に貫井さんらしい力作だということがわかった。

地味だが堅実な保育士の復讐心、他人との会話が苦手な工場員の鬱屈、息子をいい高校へ行かせたい専業主婦、レジスタントを取り調べる公安刑事など、周りのどこにでもいそうな立場の人々にスポットが当たる。どれほど屁理屈を振りかざそうが自分にはとても同調出来る考え方ではないが、ところどころ首肯せざるを得ない意見も。

物語のメインはテロにより混乱する日本社会が「トベ」というフィクサーの存在によってどう展開していくか、終結はあるのかであるが、最終章で明かされるトベの正体に度肝を抜く。巧みに張り巡らされた伏線によってこの謎を見事に目くらまししており、やっと貫井さんの面目躍如というところだろうか。でも、私は貫井さんが「どちらの側」で描いているのか掴めなかったんだよなあ。

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(1)

全22ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事