すべてが猫になる

期限があると読書ペースが上がる(はっけん)。

メフィスト賞

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

イメージ 1

天祢涼著。講談社ノベルス。

女性を殺し、焼却する猟奇犯罪が続く地方都市―。幼なじみを殺され、跡追い自殺を図った高校生・甘祢山紫郎は、“共感覚”を持つ美少女探偵・音宮美夜と出会い、ともに捜査に乗り出した。少女の特殊能力で、殺人鬼を追い詰められるのか?二人を待ち受ける“凶感覚”の世界とは?第43回メフィスト賞受賞作。 (裏表紙引用)


第42回受賞作は記事をスルーしてしまったが、相変わらずメフィスト賞を追いかけているわたし。最近
レベル的にも盛り返して来た感のある同賞だが、本書は期待していなかった分まさかのヒットとなった。

題材は、共感覚。文字に色が見えたり、音に匂いを感じたりする特殊な知覚現象のことらしい。主人公の音宮美夜はこの共感覚の持ち主で、音に対し聴覚と一緒に視覚が反応することで音を聞くと色や形が見えるという。超能力ではないそうだ。美夜はさらに特殊な例で、脳内メカニズムと一緒に視細胞も活性化しているため専用のコンタクトレンズを着けないと日常生活に支障が出るのだとか。なんだかよくわからんが、井上夢人氏の「オルファクトグラム」を思い出した。さらに美夜は見目麗しい美女であるが、ロングヘアーが見事な銀髪という奇抜な風貌。表紙を見れば一目瞭然だが。しかし、このイラスト怖いんですけど^^;目が離れててサカナ顔^^;;

設定はOKとして、キャラクターも理解した。そうなれば、あとは作者の描く通りの展開と謎解きを楽しむだけなのだが。ここのところ10代を主人公にしたミステリが合わなくなって来ているおばさんとしては、やはりムズムズするものが。アニメ風のキャラクター目白押しで貧血寸前である。
文章は悪くないが、アマチュアの文章がうまい「だけ」の人、という境界を越えていない。まあこの段階で言っても仕方ないが。会話などにユーモアのセンスがあるので期待は出来る。

では何が気に入ったかと言うと、共感覚というものを利用したミステリの完成度である。犯人(?)が早い段階で割れるので何かあるな、と予測出来る。動機に関してはこの設定でなければ有り得ないものに仕上がっていて、しつこいどんでん返しの応酬もウルトラマンのようなぶっ飛んだ能力も許せてしまえた。

これは次作が待ち遠しい。シリーズ化しそうだ、いや、ぜひしてもらわねば。


(264P/読書所要時間3:30)

この記事に

開く コメント(18)

開く トラックバック(3)

イメージ 1

赤星香一郎著。講談社ノベルス。第41回メフィスト賞受賞作。

小説家を目指す赤井は、ある日河川敷で必死に助けを求める少女と出会う。知らない男に追いかけられていると訴える少女。だが、男は少女の父親だと言いはる。助けようとする赤井だったが、居合わせた大人たちに少女を男に返せと言い含められ、その場をやり過ごしてしまう。そして後日、少女が男に殺害されたことを知って罪の意識に苛まれ、彼女の葬儀に参列。そこで「虫とりのうた」という奇妙な唄にまつわる都市伝説を耳にした…。 (裏表紙引用)


メフィスト賞最新作、今回はホラーが来ました。メフィスト賞でホラーというと、「孤虫症」しか思い浮かばないぐらいなので珍しいですね。ホラー・クイーンゆきあやとしては嬉しいかぎり。メフィスト賞だからって容赦はしません、メフィスト賞監視役・ゆきあやの腕が鳴るぜ^^

で、感想。

ぎゃあ。面白いではないかー。

不気味なオヤジと少女のシーン、この導入部でいきなり怖い。絶対この二人親子じゃないぞ、と読者に予感させ、そのまま作品の世界に引き込ませてしまった。そして主人公赤川の妻の家系が占い師である事、その設定も恐怖心を煽って来る。不気味な妻の一族の描写に始まり、夫婦関係の軋轢が絡んだと思ったら謎のチェーンメール怪死事件へとテンポ良く進展する。
「虫とりのうた」と名打たれた呪いの歌詞は多少稚拙だがリズムの悪さよりもやはり怖さの方が際立っていて悪くはない。

しかし、ユングの定説やらなんやらが突然挿入されるあたりがどうにもこうにも。この「元型」はストーリー上柱となるもので必要だったが、筆力がそんなにない作家が蘊蓄を入れるとどうしてこうも「付け焼き刃」的な、文献をそのまま写したような印象しか受けないのか。。急にそこだけ語彙が増えるんですよね。
さらに、展開が相当陳腐です。怪死事件が連続するその流れが安易すぎるし、誰が諸悪の根源なのか、先が読みやすすぎる。作中で解明されない故意的な謎があるそうですが、このあたりは逆にした方が良かったのでは。読者を混乱させた挙句、どんでん返しという方法で解明させた方がテクニックとしては”勝ち”でしょう。この作品はその代わりにホラー的なびっくりエンディングが用意されているので、肝心の○○○の謎の方は先に明かしておき、この結末を謎として機能させる。・・・余計なお世話か^^;

いやあ、でも、問題は自分が案外気に入ったという事です^^
中期以降のメフィスト賞では珍しい事に、この作家さん、次が出たらまた買うと思います。これと言って斬新な点など何もありませんが、読みやすいし好みかな。応援したいです。
しかし、作家を目指す方ってアイデアをひねりだして構成を考えてこのために文献を漁って、そして読者にごちゃごちゃ言われるんじゃ大変ですね^^;

                             (248P/読書所要時間2:30)

この記事に

開く コメント(16)

開く トラックバック(2)

イメージ 1

望月守宮著。講談社ノベルス。

人と“ヒトデナシ”と呼ばれる怪異が共存していた世界?。名探偵・秋津は、怪盗・無貌によって「顔」を奪われ、失意の日々を送っていた。しかし彼のもとに、親に捨てられた孤高の少年・望が突然あらわれ、隠し持った銃を突きつける!そんな二人の前に、無貌から次の犯行予告が!!狙われたのは鉄道王一族の一人娘、榎木芹?。次々とまき起こる怪異と連続殺人事件!“ヒトデナシ”に翻弄される望たちが目にした真実とは。第40回メフィスト賞受賞作。 (あらすじ引用)


おおお!(ノ><)ノ
これはメフィスト賞で西尾維新以来のヒットじゃないか?あくまで個人的な好みも入っておりますが。もちろん(?)デビュー作ならではの短所(無駄に長い、力入れ過ぎ)はあります。しかし個性的過ぎない程度のオリジナリティ、設定を生かすテクニック、嫌味のない人情溢れるメインキャラクター、これだけ揃っていればどこを切っても不足はないでしょう。秋津探偵が風貌の凄さの割にオーラを感じないのだけが不満ですが。。

舞台は架空の日本。首都が”藤京”となっており、凪野県という実在しない土地で事件が起こります。
女子が15歳から結婚が出来る事やら双児を忌み嫌う人間が登場する事、サーカスに子供を売りさばく風習が残っている事などから、戦後のパラレル日本を想像した方がイメージを掴みやすいかもしれませんね。さらに本書は怪奇もので、怪盗無貌という妖怪が跋扈し、政府・警察もその存在を認知しているという設定のようです。この設定がなかなか不気味で、面白いんですよ。

メインとなるのはワトスン役の望少年・15歳。通常のような、秋津に憧れて・・ではなく、秋津を脅して助手に据えられたという変な成り行きの役割です^^;しかも彼には重い過去があり、天涯孤独の身。彼の人柄や過去が物語を盛り上げていて、これはもう”望少年自身の事件”と言ってもいいでしょう。主役を喰ってしまってますね。ミステリとしての構成も、二人の探偵が同時に別の場所で謎解きをするというなかなか見られない演出が凝らされていて凄いです。ダブル探偵だったのかー^^
論理としても、設定を見事に生かしておりますね。その点、自分は感動いたしました。

ただ、続編予告のタイトルも「無貌伝」。この設定をこのまま続行するとすれば、ミステリとしては難しいんじゃないかと懸念しております。今回のネタは二度も生かせないでしょうから。まあ、秋津が無貌被害者なので恐らく自分が想像していない展開で進んで行くのでしょうが。今回ミステリ的には一部課題あり、なので期待する方向で続編を待とうと思います^^

この記事に

開く コメント(14)

開く トラックバック(3)

イメージ 1

二郎遊真著。講談社。


4年もの間ホテルにひきこもる、他者との肉体的接触を極度に嫌う、相対する人間の“金に対する
想い”が様々な幻覚となって現れる―これらはネット上で「金の声を聞く男」と呼ばれ、株式市場の
値動きを予見し二百五十億円超の資産を築いた「ヒィ」の「症状」である。その彼のもとに、一枚の
旧札が送られてきた。それこそが、捨て子だった「ヒィ」の本名が記された伊藤博文の千円札、
失くしてしまった唯一の大事な宝物だった…。送り主は、投資ファンドの代表である沢谷という男。
かつて「ヒィ」との仕手戦で屈辱的な大敗を喫していた。描いた絵図を台無しにした仇敵「ヒィ」に
対して、巻き返しを図る沢谷は何を!?第39回メフィスト賞受賞作品。(あらすじ引用)



評価、で言えば”良い”のだけど、好きかそうでもないかを判定するのが難しい作品でした。
この作者さんは脚本家の方と言う事で、ストーリー作りや会話など、こなれた感じを受けます。
あらすじだけを読むと小難しい経済ものかと思うのですが、素人にも全く読むのに支障のない
柔らかい書き方で安心。簡単に書くのは難しいと思うので、これもまた好感の一つ。
”お金”が一人称になるあたりもメフィスト賞らしい面白さ。

第一章は登場人物の話し言葉(語り含む)がいわゆる今風でのめりこめず。語り手がころころ
変わるのも読むのに疲れるなと思っていましたが、途中から一気読みでした。
ヒィちゃんが意外と繊細な感情を持っている青い人間だと言う事と、パートナーである
風俗嬢・カズキが第一印象とは別の一面を隠し持っている事が徐々に明らかになるうちに、
それが物語の吸引力となっている作風だと思い知ります。

堅い経済ミステリーと比べればこちらは完全にユルい作品ですが、ヒィちゃんの能力の
描写はホラー並みだし、クライマックスは恋愛小説ばりにこみ上げて来るものがあるし、
読み方さえ誤らなければ万人受けする佳作ではないでしょうか。
ゆきあやとしては、文章が好みではないため次作は手を出さないかと思われますが^^;


最近のメフィスト賞は、一時期の低迷していた頃に比べればまたレベルが上がって来ましたね。
たまには暴走する10代!や新ジャンルの走りになるようなものも読みたいけれど、
ハズした時に死にたくなるからやっぱりこれぐらいでいいかな。。

この記事に

開く コメント(6)

イメージ 1

真梨幸子著。講談社。



第32回メフィスト賞受賞作。
念願の分譲マンションを購入した主婦の麻美には、誰にも言えない秘密があった。妹名義のアパートを
使用し、週3回別の男とフリーセックスを楽しむのだ。やがて関係のあった男達が次々と全身に紫色の
瘤が出来るという奇病で死亡し……。




今さらですが、読みました。現在出ているメフィスト賞作品の中で唯一読みこぼしていた作品。
別に読む気が湧かなかったわけではなく、むしろ面白そうだし評判も良いので文庫かノベルス落ち
するのを待っていただけなのですが。。。出ねえよ!!

さて、感想。
とにかく気持ち悪い。孤虫症という病気は現実に存在するもののようですが、とにかくその虫に
蝕まれた身体の描写は読んでいて痒くなるぐらいおぞましい。。特に、トイレでの出来事がね。。
さらに、登場人物までもが主人公を含めて精神的に気持ち悪い。あらすじ↑を読んでもらえれば
わかると思いますが、絶対この女性は自分と違う星の住人だ。
おまけに性描写が変態的というか、良く言えば開放的すぎて気持ち悪い。別にこういう人達が
いるのは知っているし、自由なんだけど。書かないで欲しかった^^;;

まあ、自分は虫が絡んだお話が全面的に苦手なので否定的に書いてしまいますが、
メフィスト賞の中では際立った良い出来の作品だと思いますな。ミステリーとしての仕掛けも
プロ顔負けだし、女同士の嫌らしい嫉妬やしがらみも「有り得ない」とか言って馬鹿に出来ない。
表紙がブツブツ仕様になっていて凝っているのも気合いを感じさせる。このブツブツは評判に
なったようだが、個人的には自分が小説内で感じた”瘤”との相違を感じてそれほど面白がれ
なかったかも。


この作家さんは既に4作ほど出版されているもよう。読破したいとまでは行かなかったけど、
1冊気になる本が。女性をネガティブに描くのが上手そうな方なので、ちょっと期待。

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(1)

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事