すべてが猫になる

有線にしたら高速すぎて逆に使いづらい。やめないけど。

国内<か〜こ>作家

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全52ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

角田光代著。ハルキ文庫。

ただ好きで、ただ会いたいだけだった―――わかば銀行の支店から一億円が横領された。容疑者は、梅澤梨花四十一歳。二十五歳で結婚し専業主婦になったが、子どもには恵まれず、銀行でパート勤めを始めた。真面目な働きぶりで契約社員になった梨花。そんなある日、顧客の孫である大学生の光太に出会うのだった・・・・・・。あまりにもスリリングで、狂おしいまでに切実な、傑作長篇小説。各紙誌でも大絶賛された、第二十五回柴田錬三郎賞受賞作、待望の文庫化。(裏表紙引用)



角田さんにハマりぎみ。宮沢りえちゃん主演で映画化もされたのでタイトルぐらいは知っているという人も多そう。ドラマにもなってたか。映画のラストがどうしても気に入らなかったので確認の意味も込めて読んでみたらやっぱり。。。監督のあとがきも要領を得ないし。。


内容は、銀行のパートタイマーをしている真面目で優秀な41歳の女性(梨花)が横領に手を染めてしまうというもの。若い男に熱を上げたから、夫が自分と向き合ってくれないから、子どもが出来ないから、理由を並べてしまうとどれも「ありがち」で言い訳にならないようなことだが、角田さんは梨花が「つましい暮らしの幸せ」にどれほど憧れていたか、どれだけ夫に尽くしたか、そして梨花が徐々に夫のちょっとした言葉や行動に違和感を抱き始め、自分というものを見失っていく過程を丁寧にリアルに描く。妻が自分より稼ぎが下だということをアピールしたがる夫。梨花に奢ってもらうと後日必ずそれより格上の店に連れて行き「ごちそうさま、は?」と感謝を促す夫。読者から見ても、こんな虫も食わないプライドを持った、配偶者とさえまともに向き合えない夫はイヤだ。

そして映画にはなかったのが、今回の事件と無関係の梨花の同級生や元カレたちの生活。彼らが梨花との思い出を回想しながら営まれる暮らし。それが普通の人々の彼らの生活もまた非常に危ういバランスで成り立っているだけなことが分かる。節制しすぎて家庭が崩壊した主婦、稼ぎの少ないことを毎日愚痴る妻と暮らす男など。彼らの日常を描くことによって、梨花の犯した犯罪は決して他人事ではないのだということが見えてくる。

梨花が買い物や若い男に熱中してしまう心理はまるで特定の誰かの話を聞いているように説得力があった。幸せになりたかった、自分自身になりたかっただけの哀れな1人の女性。光がないなら、誰かに寄りかかるだけで良かった。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

角田光代著。双葉文庫。

東京の文教地区の町で出会った5人の母親。育児を通して心をかよわせるが、いつしかその関係性は変容していた。―あの人たちと離れればいい。なぜ私を置いてゆくの。そうだ、終わらせなきゃ。心の声は幾重にもせめぎ合い、それぞれが追いつめられてゆく。凄みある筆致で描きだした、現代に生きる母親たちの深い孤独と痛み。渾身の長編母子小説。 (裏表紙引用)



なんだかアメトーク本が続く^^;。角田さん3冊目。

最近なぜかママ友小説によく当たるようになった気がするが、その中でもこの作品が1番女性心理を丁寧にリアルに描いていると思った。というのは、この小説に出てくるママたち5人とも、元々はどこにでもいる普通のお嬢さん。それが結婚し、子どもを生み、ママ友が出来て、それぞれ人生の階段を登るごとに変わっていく。今まで知らなかった自分自身の醜い部分が明らかになる。やはりいきなりヘンな奴になったりする人なんてなかなか居ないってことで、なんのグループだって、嫁姑だって、最初から「よし、いがみ合うぞ!」なんて誰も思っちゃいないんだよね。それぞれに段階があるんだ。そこをきちんと描いてくれているのが良かったなあ。誰でもこうなる可能性があるってこと。

とは言え、子どもを預かって放置したりケガをさせたりする繭子、ママ友に依存して夜中に電話をかけまくる容子、不倫がやめられないかおりなどなど、やっていることのおかしさもさることながら、そこまで他人の子どもと張り合って何がしたいんだろうと思わなくもなかった。子どものためと言いながら全部自分のためにしか見えなかったし。結局自分というものがないからこうなるんだなと。だけど、そんな自分をちょっとずつ自覚していって、悩んで悩んで。思えば、女はいつも「ここから抜け出したい」の呪縛から離れられない生き物なのかもしれない。今いる場所が息苦しくて、やっと憧れの場所へ逃げ出せたと思ったらまたそこでも同じような息苦しさに翻弄される。それがずっと繰り返される。そりゃたくましくならなきゃやってられないよね。

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(2)

イメージ 1

小林泰三著。東京創元社。

“不思議の国”の住人たちが、殺されていく。どれだけ注意深く読んでも、この真相は見抜けない。10万部突破『大きな森の小さな密室』の鬼才が放つ現実と悪夢を往還する“アリス”の奇怪な冒険譚。(紹介文引用)



いつまで経っても文庫化されないので借りてきた。なんでだろう?ランキング本に軒並みランクインしていたから売れるはずなのに(私がこんなことしてると来月あたり文庫化されるんだよな〜)。


本書は「不思議の国のアリス」を下敷きにした、ファンタジー+SF+ミステリー。もちろん原典にあたっていた方が理解が深まることは間違いない。2段組に始めは恐れをなしたがほとんど会話文だったので難なく読了。大学院生の栗栖川亜理をヒロインとする現代の章と、夢の国で起こる殺人騒動が交互に語られていく体裁。夢の国で起きたことは現代でも起こっており、現代の登場人物には必ず夢の中で「アーヴァタール」と言われる自分が存在する。

言葉遊びが繰り返される会話と殺伐とした事件との落差が面白い。牡蠣で食中毒とか犬に顔を食べられたとか刺激的だし。その分現代では誰がどれで夢ではどれが誰でとややこしかったりする。意外性もありさすがランクイン本と言えるレベルの面白さだが、やはり小林さんは小林さん。グロ描写が唐突すぎたり、SF世界が独特だったりとクセが強い。このあたりは好みが分かれるかも。

この記事に

開く コメント(4)

イメージ 1

桐野夏生著。光文社文庫。

高級タワーマンションに暮らす岩見有紗は窒息寸前だ。ままならぬ子育て、しがらみに満ちたママ友たちとの付き合い、海外出張中の夫・俊平からの離婚申し出、そして誰にも明かせない彼女自身の過去。軋んでいく人間関係を通じて、徐々に明らかとなるそれぞれの秘密。華やかな幸せの裏側に潜む悪意と空虚を暴き出す。人気女性誌「VERY」連載時から話題沸騰の衝撃作! (裏表紙引用)



文庫が出た時にこの作品を知って、面白そうだと思って久々に桐野さんを。


ざっくり言うと、東京の高級タワマンに暮らすママ友たちの暮らしを描いた物語。ここでマウンティングだったり、ママカーストみたいなものが繰り広げられるのかな?ワクワク。と思って読み始めたのだが…。
思っていたほど腹黒な内容でも陰鬱な世界でもなかった。

と言うのは、語り手である’花奈ちゃんママ'こと有紗の人物造形がそれだけでなかなかにキツかったから。ママ友リーダーのセレブ、’いぶママ’を始めとするママたちが、全然嫌な人に見えなかったんだよなあ〜。これぐらいの浅いけど楽しいお付き合いなら、女なら誰しも経験あるじゃない?いいおうちに生まれて、スタイルもセンスも良くて、素敵な旦那様と結婚して、かわいい子どもに恵まれて。それを守ることの何が悪いのって感じ。でも子ども同士は嫌がっていて仲が悪いのになぜ集まらなきゃいけないのかはほんとに分からん。集まるのはいいと思うけど、この人たちにママ友以外の友人関係が見えないのが疑問だった。ここにしか居場所を作れない、夫や両親を頼れない環境にいるママというのがもし実際にいるのだとしたら、必死になっても仕方ないのかも。

むしろ、自分は同じタワマンでも格落ちの賃貸組、公園要員だと卑屈になって必死にセレブに合わせている有紗の方に嫌悪感を抱いた。なんと言っても、バツイチで子どもがいるということを二人目の夫に言ってなかったってのが…。出産でバレるって最悪のタイミングだとは思うけれど、バレなきゃどこまで黙ってるつもりだったんだろう。唯一のタワマン外メンバー、美雨ママはサバサバしていていいと思うんだけど、言っちゃいけないこと言い過ぎ。。こんな近場で不倫しているのもドン引き。

意地になって離婚しない働かない有紗に終始イライラしていたが、追い詰められるごとに自分で自分を客観視できるようになったのは良かった。過去を失敗だと感じるのは、今が幸せじゃないからだよね。幸せならば、失敗があったから今があることが分かるはずだもの。誰しも人に言えない秘密の一つや二つあってもおかしくないし、自ら間違いに踏み込んでしまうこともある。でも大事にしたいものが一つでもあるうちは大丈夫なんじゃないかな。全ての女性のみんな、がんばろう。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

北村薫著。新潮文庫。

十代の頃から、大切な時間を共有してきた女友達、千波、牧子、美々。人生の苛酷な試練のなかで、千波は思う。「人が生きていく時、力になるのは自分が生きていることを切実に願う誰かが、いるかどうか」なのだと。幼い頃、人の形に作った紙に願い事を書いて、母と共に川に流した…流れゆく人生の時間のなかで祈り願う想いが重なりあう―人と人の絆に深く心揺さぶられる長編小説。(裏表紙引用)



「月の砂漠をさばさばと」に登場した、さきちゃん再登場。もうおっきくなってます。学生時代からの仲良し三人組・千波、牧子、美々がアラフォーになってからの日々。全体を通して凄く「普通」の日常が描かれていて、それでも退屈しないのが凄い。色々と響く言葉がたくさんあったなあ〜。解説が必要なら小説や絵などの芸術である必要はないよね。

牧子、美々の離婚の理由なんかも「性格の不一致」っていう言葉にすればありふれたものだけど、それぞれのエピソードに血が通っている感じ。北村さん、男性なのによく女性側の感覚で描けるなあ。性別とか超えて素晴らしい人なんだろうね。それにしても、お互いのテレビの音とかかける音楽を「うるさい」って思うようになったら終わりなのかな。(こういうところに目を付けるあたりが。。)

千波はアナウンサーとして紆余曲折ありながらも順調に行くのかな、と思っていたけどああいうことになるとは悲しい。自分だったら、こういう風にカッコ良く送り出すことは出来ないな。何とは言わないがタイトルやあらすじだけを見て匿名で内容を批判するような人間にはなりたくないと思った一冊でした。やっぱ北村作品は凄いね、心が洗われる。

この記事に

開く コメント(2)

全52ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事