タコリーナ☆ミュージック

つまみ細工と クラシック音楽と…

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全215ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

阿蘇ドライブ

阿蘇は初夏の季節が最高!

緑がキラキラしていて、草原が美しいです(^^)
阿蘇の自然が守られているのも、地域の人やボランティアの方々のお陰です。
ブログ友達の寅さんも野焼きや草刈りに参加されています。

「寅さんが担当されたのはどこらへんかな〜」と思いながらドライブしました!


イメージ 1

阿蘇の外輪山から見える下の地域はカルデラの中です。
大規模カルデラの中で、多くの人が生活し、鉄道もあり、
そんな風景は世界中でも阿蘇だけ。

寅さん、いつもありがとうございます\(^o^)/



イメージ 2

近くのレストランで食事をしました(^^)
赤牛は、脂が少なく柔らかくて肉本来の旨みが味わえます。

イメージ 3

最高でした〜〜〜(´∀`)!



 
 

阿蘇神社へ

GW終わっちゃいましたね〜(^^)
あんまり長いと身体がなまっちゃうし、適度なお休みが一番です♪

GW中のお出かけの記事を何個かUPします☆

まずは、阿蘇神社へ行ってきました〜!
地震後、参拝するのは初めてです。

う回路はあるんですが、国道57号線が寸断されて
阿蘇方面へは足が遠のいていました。

イメージ 1

阿蘇神社は熊本で一番古い神社です。
楼門はそれはそれは立派で、地震で倒壊した時は県民は涙しました…
同じく拝殿も倒壊し、今は再建のために更地になっています。

しかし、そのおかげといってはなんですが
今まで全貌を見ることが出来なかった三つの神殿が間近に見ることができます。
今のうちに御参りしとかなくっちゃ〜(^^)

イメージ 2

今までは、拝殿でお祓いをしてもらう時に
拝殿の後方に見えていた三つの神殿。
こんなに見えちゃうなんて(^^;) いいのかしら〜…と変な気分になりました。

イメージ 3

御朱印もいただいてきましたよ〜(^^)


参拝後は、門前町を散策♪

イメージ 4

門前町には水基が何基もあって、湧水が気軽に飲めます。
阿蘇の大自然のおかげで熊本は火の国ですが、実は水の国なんです。

イメージ 5

お楽しみの食べ歩き。 馬コロッケはマスト!
注文してから揚げてくれるので、外はサクサク中はとろ〜です(^^)

イメージ 6

しょっぱい物のあとには 甘い物(´∀`)☆
シュークリームも最高でした!




 
 

GWの熊本城

昨日5/3、お休みだったのでどこに行こうかな〜と迷って
お天気もいいし、熊本城へ行ってきました(^^)
混雑を避けるために、お昼過ぎに家を出ました。

イメージ 1

二の丸公園の大きな堀の前から撮りました。
カメラを忘れたことに途中で気づき、スマホで撮りました(^^;)…


 
イメージ 2

二の丸をず〜っと横切り、加藤神社まで行ってきました。
天守閣のすぐ横なので、お城も楽しめます(´∀`)

着いたのは14時半ごろだったのに、参拝客が多くて少し並びました。


イメージ 3

天皇陛下ご即位と改元の記念御朱印をいただいて帰りました。

いつもより参拝客が多いからか
社務所の横に御朱印の特設会場が出来ていて
御朱印帳を預けて、しばらく待合所で名前を呼ばれるのを待ちました。

お祝いにピッタリの金文字で書かれていました(^^)
日付が「令和元年」となっています、当たり前だけどちょっと感動〜


イメージ 4

加藤神社の右側から天守閣が見えます。
大天守は瓦が白いので、瓦が替えられたばかりかな?
小天守はまだ足場やガードで覆われています。

令和元年の秋の公開に向けて、頑張って復元中です!
頑張れ〜熊本城!!



 
 

地震から3年

イメージ 1


4月14日の前震、 4月16日の本震から 3年が経ちました。

半壊だった自宅を取り壊し
地震の時には生きていた祖母も愛犬も亡くなり
私の中の地震の日々は すっかり薄れています

それでも時々、母と
「地震の時、車で寝た夜はまだまだ寒かったよね〜」 と思い出話しをします

あれだけ怖い思いをしたのに、もう忘れそう…


「あの日」は 懐中電灯と非常食を確認する日になっています



そういえば、皆さんの避難経路に橋はありませんか?
地震を経験した時、ありとあらゆる橋に段差ができました。
橋は自動車では通れません。
実際に、私が経験した地震でも津波警報が出たので
多くの人が車で避難しました。それも真っ暗な夜中です。
橋だけではなく、マンホールも道路にできたコブの様に浮いています。

地震が来てからでは遅いです。

一度、明るい時に 実際の避難経路を確認する事をおススメします!


 





「令和」へ

新年号が発表されましたね(^^)
11:30、ドキドキしながらテレビの前で発表を待ちました。

今までは改元といえば天皇陛下の崩御とセットなので
考えること自体が悲しいというか畏れ多いというか…

今上天皇が退位されると決まった時は「えっ…」と思いましたが
こうして新しい元号を明るい気持ちで待つことが出来たのは良かったと思います。

イメージ 1

菅官房長官、いつもクールなのにだいぶ緊張されてたみたいですね(^^;)
大役、お疲れ様でした。



「令和」 

テレビにパッと映った時に
「令」の字の強さにドキッとしましたが
「和」の字とうまく調和されて新しくも感じ、ジワジワと良さを実感しています。

「レイワ」という響きも、とても素敵だな〜と思いました。


響きが素敵…

そう思ったら、周りの人も「響きがいいね〜」と言い
テレビでのインタビューでも「響きがいい」という声が多くて

日本人は 「音の響き」 への感度が高いんだな 
と改めて感じた1日にもなりました。


万葉集からの出典、 へ〜〜〜!って思っちゃいました(^^)

「初春の令月にして気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」



中国文化は、文化大革命によって寸断されて
残った書物のほとんどは日本にあり、文字や文化や思想も受継いで進化して
いってみれば、本当の中国文化を継承しているのは日本であり
中国古典からの出典も伝統の一つとしてアリだと思うんですが

ここで万葉集ですか〜はぁぁ〜〜〜〜(´∀`)!

なんか面白い!




今日は、仕事先で新元号発表を見て
すぐ近くで一人で花見をしてきました!
イメージ 2

「令和」 を見た後だからか
なんだか いつもの花見よりもウキウキしちゃいました(^^)


イメージ 3

万葉集では花は「梅」の事ですが
日本中が薄ピンク色に染まると、いつもの風景が特別に見えて
花を愛でるという気持ちは、万葉の世界から今でも変わらないと思います。


イメージ 4

イメージ 5

私は昭和生まれですが、記憶のほとんどは平成で
平成の世が終わるのは少し寂しいですが
残りの1ヶ月、大切に過ごしたいと思います(^^)





 
 





全215ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事