全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1


イメージ 2


「十割」と「新そば」の幟に誘われて、フラフラと吸い込まれました。

本来は ざるそば 300g 1,103円でも足りないと思われるのですが、

ランチに千円超えは余程じゃないと・・・。

200g 788円で我慢です。


いやー、そりゃー、奢ってもらえるなら、「お天ぷら」も付けたいところですが、

「お前、 天ぷら 何にする?」

「俺は、かき揚げでいいです。」

「いいです!ってなんだよ! せっかく奢ってやんだから、もっと豪勢にしたらいいじゃん!」

「じゃー、お前は 海老な! 海老な? 海老名。」


妄想とは、さも恐ろしいもので。。。(>_<)


・・・・えーと、十割の新そば 天ぷらなしです。

イメージ 4


イメージ 5

「不味い訳がなかろう!」な ピッカピカなお蕎麦でした。

そば湯も堪能させていただきましたが・・・

ラーメン党としては、上品過ぎて やはり物足りない。

イメージ 3


てか、気になったのが、「魚屋のラーメン 550円」 大盛り105円のメニュー。

(昨年の12月頭にいただいた記事なので、まだ消費税が5%でした。)

安い! 写真も 良さそう!!

次回は、ラーメン目当てに訪れたい。

ごちそうさまでした。






開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

イメージ 2


以前の記事↓

ちなみに、「こまくさ」って、高山植物の女王って言われてるそうです。

イメージ 3


花の形が、馬(駒)の顔に似ているからコマクサと呼ばれるそうです。

可愛い花なのに、実は、株に毒性があるそうですよ。

「うーん、それは・・・こまっくさ、こまっくさ。」

(困ったさ、困ったさ・・・の意)

(>_<) 無理あり。

イメージ 1

「こまくさ」に負けず劣らずの可愛らしさ。

原点に戻って、カツカレー。

コック・コートが良くお似合いの店主。

素敵です。

いつまでもお元気に頑張っていただきたいです。

ごちそうさまでした。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

以前、お人形の隆和堂さんがやってた「大河」というラーメン店の跡。

正確には一回、とんかつ屋さんになった跡でしょうか?

イメージ 2


加茂高校の近くですので、学生さん大盛り無料のサービスあり。

三条の「松本商店」の方の独立と耳にしましたが、やはり背脂系に別皿おろし生姜の組合せは、

たしかに、松本商店の時の方式です。

あえて、「あっさり」にしてみました。

イメージ 1


・・・えー、まさしく「あっさり」でした。

背脂の方が良かったみたい。(^_^;)>

「松本商店」から急に「あしょろ」になった時に、残念と思っていたので、

かなり期待していたのですが・・・(あしょろは、あしょろで好きだったんですが・・・)

背脂を試してみないとなんとも言えませんが、

全体的に少し物足りない印象でした。

擬音を付けるなら・・・「シ〜ン」でしょうか?

しん・・・だけに? (それが、言いたいだけでしょ?)

いえ、きっと背脂は美味しいのではないかと思いますが、

近くに杭州飯店直伝の「成龍」も出来たし、背脂ラーメン対決も分が悪いような・・・

でも、「生姜」が新しいし! 燕三条背脂と長岡生姜の融合だし!

頑張っていただきたいです。

ごちそうさまでした。


ちなみに、「松本商店」の跡は「あしょろ」になり、「ねぎや ひで吉」になり、

最近また新しい「日の出製麺」になりましたね。

なかなかの短期間入れ替わりループ。

しかも、商店からねぎ屋って?八百屋さんなの?になり、今度は製麺所?

ラーメン屋さんって文字が看板に入る日がいつか訪れるのでしょうか?(笑)






開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

阿賀野市 旧・安田 国道49号沿い。

以前、「麺屋 力」だったお店です。

イメージ 2


だるまや系のようですね。

見た目はどうみても「弁慶」ですが、「牛若丸」な気分で身軽にIN。

(↑なんか、上手いこと言おうとして、失敗してる一例。)

イメージ 1



なるほど、さすがです。

この味で、このコスパ、接客、、、上手いなぁ〜と思います。

特に、お隣の方が食べていた味噌ラーメンを見ると、まさに同グループの「ちゃーしゅーや 武蔵」に似てます。


あ、弁慶のフルネームって、たしか?

「武蔵坊弁慶」

・・・そういうこと?(^^ゞ

ごちそうさまでした。







開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

イメージ 1


五泉の駅前です。

どことなく、オムライスとか洋食系が強そうな気配がありましたが、

この前の北京食堂のカツ丼が良かったので、

今回も「夢よ、ふたたび!」ということで、第二のカツドン・ドリームを掴むべく、

カツ丼をオーダーしました。

イメージ 2

イメージ 3

結論としては、

「人間50年 下天のうちをくらぶれば 夢幻のごとくなり

・・・ってのはオーバーですが、非常にあっさりした蛋白な「カツ丼」でした。

蛋白より、腕白でもいい、たくましいカツ丼が喰いたし・・・な気分でしたので、

少し肩透かし。

添えられたスープからすると、中華屋さん系の清湯な感じですので、

あっさりと綺麗なラーメンが出てきそうな予感です。

名物にしようとしている「さといも麺」のメニューが気になりましたが、

全体に、ややお高めな設定かも。

ごちそうさまでした。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事