燕・三条・加茂・田上など

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全142ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

以前の記事

小豚↓
http://blogs.yahoo.co.jp/yukihi69/30964000.html

つけ麺や、岩のり、爆弾↓

イメージ 1


ペンネーム 北の国から大好きっ子さんですので、

「じゅん」という響きと、この富良野に積もる「白い雪のような背脂」と、

ラーメン店で有名な台詞・・・

「子供がまだ食ってる途中でしょうが!!」

の3つのイメージが(誠に勝手ながら)繋がる らーめん潤 三条店の大油。

涙なしで啜ることができま・・・

す。(笑)

てか、旨し!!給油 満タン!

近年、ますます豚感がよりワイルドになっていく気がします。

I LOVE 背脂!

ごちそうさまでした。





この記事に

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

ネットでみたら、正規な店名は 「魚さいとう 田上店」となっておるようでした。

読みは?

さかな さいとう?

うお さいとう?

ぎょ さいとう?




正解は・・・WEBで!(^_^;)/

魚が美味しい系のスーパーです。

ここのお弁当は、おかずだけ入ってて、白飯をいれる部分が空のお弁当が置いてあります。

(※そうじゃないお弁当も置いてあります。大盛りというシールの貼られたご飯の盛ってある弁当もあります。)

脇に置いてある、ごはんジャーから自分で白飯を盛れるシステム。

あったかご飯+量も自分で加減ができるというWメリットです。

これで429円は、良い線ではないでしょうか?

量の加減と言っても、足し算しか知らない不器用な男が盛る訳ですから

俄然、こういう感じになってしまうのも致し方がない。

イメージ 1


目の前に広がるゲレンデ! 白銀の世界!

私をスキーに連れてって♪ ・ザ・ワールド。

主役のはずのロースカツに、雪崩注意報発令中!!

ロース危うし!!

♪山は白銀(しろがね)〜 朝日を浴びて〜 すべるスキーの  風切る速さ〜

(良かったら、心のなかで一緒に合唱してください。)

三条のアメヤの弁当には及びませんが、白飯のずっしり感だけは加減次第で近づけることができます。

そして更に、現代の若者の流行の波に無理やり乗かって言えば

・・・♪あったかいんだから〜

ちなみに気になったのですが、

「手作り」とありますが、何処らへんからハンドメイドであれば、手作りと呼んで良いのでしょうか?

自分の基準で言うと、

「豚を育てて・・・」という所まではさすがに求めませんが、せめて・・・

「パン粉などをつけて、揚げる。」までの工程を調理人がやっていれば「手作り」と言っても良い気がします。

ただ、安くてこれだけのお弁当を作るとなると、やはり冷凍の揚げるばかりに加工されたカツを油で揚げるだけ・・・じゃないかと思われますが、

これって手作りと言っていいんでしょうか? 機械で揚げてるんじゃないから手作りっちゃー、手作りかい?

難しいところですが、ここのお弁当は煮物とか入っていて、手作り感は高めと思います。

ごちそうさまでした。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

♪ア〜イアイ (アイアイ) ア〜イアイ(アイアイ) お猿さ〜ん

じゃなく、食事処だよ。

見附市にあった「お食事処 会」が移転し、三条の中心街「本町1丁目」へ。

イメージ 2


どうやら、見附の前は三条で小料理屋さんとして営われていたようです。

確かに、和食の小料理屋さんっぽいお料理なのです。

見附の時に、安くて美味しい「刺身定食」が定番だったので、

今回も「刺身定食」 略して 「さし定」をオーダー。

イメージ 1

ん?!以前より盛りが少ないような? もう一切れずつ乗せていただいても一向に困りません!だ。

ライスも大盛りにすると、茶碗が小さい分 てんこ盛りだった記憶。

ただ、ひとつひとつの仕事は丁寧なので満足感がないわけではありません。

全体にお上品な印象。

イメージ 3


和食は「味噌汁」で、そのお店の実力ともうしますか、自分の好みの味付けかどうかの

試金石になるかと思います。

大変、おいしゅうございましたのよ オホホホ〜♪

なのに・・・

カントリーマアムがそのまま付いてくるギャップが面白い。

さて肝心のお値段ですが、

700円にご飯の大盛り+100円だったと思います。

刺身定食 略して 「さし定」というと、「さして」美味しい訳でないくせに

千円の壁を、いとも容易く超えてくるお店が多いですが、

ランチで千円を越えようと思ったらあんた!!

どんだけの期待と覚悟があってのことか、安サラリーマンの気持ちを知っておるのかい?

・・・と言いたい!!

「刺し身だからって、いい気になんなよ!」とも思います。(確実に被害妄想ですが・・・)

ちなみに、「あんた威張ってんじゃないわよ大賞」ってのがあれば、ウニやイクラ丼をはじめとする海鮮系が賞を総なめにして拐って行きますよね、きっと。(^_^;)

意外と、「あんたがなんで?」というのが、「生ハム」。

あんたは、「メロン」先生の後ろ盾あってこそ 皆にチヤホヤされてんですよ、そこんとこお忘れなく!!

たいして美味くもないくせに威張ってるのが、キャビアとフカヒレ。

たかが 「鮫」 じゃんねぇー。 威張りたいならあんたもっと「ジョーズ」にしなよ・・・なんてね。(笑) 

>上手い!

お後がよろしいようで・・・。


移転後は「唐揚げ定食」が人気みたいで、他の方に運ばれた膳をチラッと見たら、

大ぶりの唐揚げで、実に美味しそうだった。

次回は、「唐揚げ定食」 略して 「から定」でいってみたいと思います。


ごちそうさまでした。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

三条のお弁当で一番好きな アメヤ精肉店。

以前の記事↓
http://blogs.yahoo.co.jp/yukihi69/34035380.html

肉屋さんの仕出しやお弁当って、デブにとっての「。。。宝石箱やぁ〜」っす。

イメージ 1


大盛りにしますと、フタが閉まりきれておりませんよー。(笑)

幕の内弁当 ・・・通称 「まく」。

もう一度、今度は俯瞰で見てみましょう。

イメージ 2



チャーシュー、ハム、厚焼き玉子、肉団子、シャケ、きんぴら、ポテサラ、ご飯の上にタレカツが載っています。

白いご飯に滲む、タレカツの染みがたまりません。

こうなると、「オードブル」と言う表現でも良いのではないかと思われる・・・「まく」。

素晴らしい、ブラボーです。

ごちそうさまでした。


この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)


以前の記事↓
http://blogs.yahoo.co.jp/yukihi69/3894051.html

燕のラビリンス。

住宅街の中に隠れるように佇むお店ですが、意外や意外・・・駐車場完備!(^o^)/

大むらの本店は、麺も味もかなり変化?進化?しているので、

ある意味、支店の方がジェラシックな味のようです。

ルックス・味 共に クラシカル 燕背脂中華。

福来・杭州とは一味違う ふっくらさ。

ウドンのような麺 柔らかめというか、柔らかい。

この大盛り感が素敵。 そして、惚れ惚れ〜。

お見事です。

分水の「ライオン食堂」がすごく似ていると思うのは私だけでしょうか?

ライオン食堂の記事↓

ごちそうさまでした。

イメージ 1




この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全142ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事