全体表示

[ リスト ]

陰陽五行と台所

家相から入って、風水の本をたくさん読むようになりました。

以前は、インテリアを変えるだけで、何で運勢が上がるんだ!?
と思っていたんですが、いろいろな本を読んでいるうちになじんできたのか、
なるほど、そうかな、と思えるようになってきました。

今回、なるほど、と思ったのは、
「大開運! 風水インテリア」(東京風水倶楽部編 来夢監修)
です。

風水の本の始めは、たいてい陰陽五行説の説明から入っているのですが、その意味があまりわかっていませんでした。

「陰陽」は、昼と夜、太陽と月、男性と女性というように、世の中にあるものは全て「陽」と「陰」から成り立っているという考え方です。
住宅の部屋にも陰陽があって、書斎、仕事部屋、リビングなどは「陽」、寝室、浴室、物置などは「陰」ということです。

「陽」がいいんだ! というわけではなく、陰陽のバランスをとることが大切だと風水は説いています。
「男」だけではこの世は成り立たない、「女」だけでもこの世は成り立たない。
なるほど、陰陽均等でなければなりません。
「陰」というとネクラな感じがして、今の世の中は、明るく振舞うのがいい、と考えられていますが、それではだめなんですね。何事もバランスです。
家の中も、「陰」の氣と「陽」の氣がバランスをとるように考えていくのが風水です。

もう一つ、五行説というのがあります。
これは、世の中の全てのものを、「木」「火」「土」「金」「水」の氣に分けて当てはめる考え方です。

図にあるように、それぞれに相性があります。
相性がよいのが「相生」、悪いのが「相剋」といっています。
火と水は相性が悪いんですね。「水は火を消す」からです。
台所を見ると、火と水があります。
相性の悪いものどうしを同居させるとうまいこといくわけがありません。

出来るだけ離した方がよいのです。
ガスコンロの近くに流しをもってきてはいけません。
オール電化のIHヒーターも同じです。

電子レンジも火と考えます。冷蔵庫の上に電子レンジを置いてはいけません。
一人暮らしの狭い台所では、これもやむをえないかも知れません。
その場合は、「木」の板を電子レンジの下に置くことで、緩和します。
「水」と「木」は相性がよく、「木」と「火」も相性がよいからです。
「水」は「木」を育て、「木」は摩擦で「火」が生まれるからです。

なんか、言葉の遊びのようなきがして、ばかばかしい、と思う人のほうが多いと思いますが、
それでも、なかなか良く出来たロジックではないかと感心してしまいます。

通常の考え方でも、火の近くに水を持ってくるのは非常識ですし、
やはり、従う価値は十分あると考えています。

いかがでしょうか?

閉じる コメント(2)

顔アイコン

このような画像を無断で利用すると著作権違反になるよ 削除

2007/2/27(火) 午前 11:11 [ t ] 返信する

顔アイコン

ご忠告ありがとうございます。 出典を書いたらよいのでしょうか? とりあえず、図を削除しておきます。

2007/3/4(日) 午前 8:52 [ yuk*n0*2* ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事