全体表示

[ リスト ]

山の辺の道

先週かなりハードな山に登ったので、今回はフラットな「山の辺の道」にしようということになりました。

山の辺の道は、南は奈良県桜井駅から北は奈良駅まである山裾の古道です。
今日は、定番コースで、桜井駅から天理駅までの16キロほどのコースに挑戦しました。

秋たけなわで、近鉄桜井駅を降りると、リュックを背負った人がぞろぞろいます。
ウォーキングフェスティバルが開催されているので、ますます多かったんでしょうね。

風水の地を求めて歩き回っているのですが、そういう意味ではやや気の抜けた道でした。
関西では知らない人がいない有名なハイキングコースではありますが、
ちょっと物足りなかったですね。

歩きなれてきたのもあって、16キロ程度はあまり苦になりませんでしたが、
やはり、樹木のある山の方が癒し効果が高いような気がします。

日本最古の大神(おおみわ)神社をはじめ、数々の神社仏閣があるので、
神聖な空気に包まれているんだと思いますが、
やはり、鞍馬山、赤目の滝の方が風水効果が高いような気がします。

しかし、よい運動になりました。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事