無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

明神平〜薊岳

イメージ 1

このところ山歩きに凝ってきました。
理由は、元気になるから、心身ともにです。

確かに身体は疲れます。
しかし、山の癒し効果は、日々の疲れ、ストレス、嫌なことを全て忘れさせてくれます。
おまけに、山の頂上はすばらしい眺めのことも多いです。

帰ってきてからも元気になっているのが分かります。
まさに、風水、自然の力の偉大さを感じます。

昨日は、東吉野村の明神平から薊岳(あざみだけと読みます)へ行ってきました。

何度もいっている方に連れて行ってもらったんですが、結構難コースです。
車で駐車場へ行き、9時ごろに登り始めて、車へ戻ってきたのが17時半です。
8時間半です。
5,6時間は歩いているはずです。
歩くというより、岩間、がけっぷちを伝い歩きというところもありました。

ハイキング気分で行ったんですが、これはもう本格登山でした。

降りてきてから、近くの温泉へ入って、これはもう極楽、極楽。

自宅に帰りついたのが、20時頃で、家を出たのが7時。
結構長い一日でした。

しかし、晩御飯は鍋と日本酒で、これまた極楽。
気分最高ですね。

自然の癒し効果に驚嘆です。
山は、場所、季節等によって効果の高い、低いはあると思いますが、
効果がないところは一つもない、といえそうです。

皆さん、紅葉の秋を満喫しましょう。

開く コメント(0)

鞍馬山ふたたび

イメージ 1

ふたたび鞍馬山へ行ってきました。
2月2日に行って以来、八ヶ月ぶりです。

我家から叡山電鉄鞍馬駅まで約2時間かかります。

昨日は遅かったので、家を9時半に出て、
鞍馬駅に着いたのは、12時をまわっていました。

出町柳駅のそばのおにぎり屋さんで買って行ったおにぎりを、
ベンチで食べて本殿へ向かいました。

ケーブルカーがあるんですが、もともとハイキングのつもりで行ったので、
歩きました!!

距離は短いのですが、結構きつい階段で、運動不足を悟りました。

約20分ほど登って、本殿に到着しました。
中に入ってみると、空気が澄んでいるのが分かります。

目をつぶってみると、自然と心が落ち着いてきます。
やはり、ここは自然のエネルギーに満ちているんだ、と思いました。

そこからさらに進んで、奥の院へ。
奥の院の中も落ち着きます。

そこから今度は下っていって、貴船神社へ向かいます。
本殿、奥の宮へ参拝して、叡山電鉄貴船口駅へ向かいました。

約30分ほど、緩やかな下り道を歩いて、貴船口駅です。
15:51分発の出町柳行きに乗って、しばしうたたねです。

約3時間半ほど歩いたため、心地よい疲労感があります。

家に帰ってみると、やはり元気です。
鞍馬の空気に触れるているとやはり疲れないようです。
元気になっていると感じています。

ホントかどうか、是非お試しあれ。

開く コメント(0)

寒露〜霜降

秋たけなわですが、日が暮れるのが早くなってきています。
何か損をしているような気もしますが、秋の夕暮れもなかなか風情がありますね。
今日、車を走らせながら見る夕日は格別でした。


10/8は、寒露でした。
夜露が発生してくる頃なんですね。
まだ半袖でもいけそうですが、朝は肌寒かったですね。

2週間後の10/23は、霜降です。
いよいよ露から霜に変わるんですね。
ぐっと秋も深くなるんでしょうね。

何度も言いますが、この二十四節気は実にうまく季節感を言い表しています。
北海道や東北、沖縄は当てはまりにくいかもしれませんが、
ここ関西地方にはぴったりです。

11/7日は、もう立冬です。
このあたりから、寒い日が時々出てきます。
良い気候の時は短いですね。

秋を堪能しましょう!!

開く コメント(0)

おくりびと

風水ではありません。

3連休で、本木雅弘主演の「おくりびと」を見てきました。

お葬式でなくなった方の身体を清めて化粧をする仕事、「納棺士」というようなんですが、
大変重いテーマをユーモアを入れながら、見事に描いています。

ホントに価値ある仕事だと感じさせられました。

山崎努の演技も渋いですね。

今回は、俳優ってホントにすごいと思いました。
実に、涙がとまりませんでした。
映画が終わって出演者のリストが流れだしても、誰一人席を立ちません。

見事な出来栄えですね。
是非見てください。

感動の涙は、風水の効果にも勝ると思います。

本当によい連休でした。

開く コメント(0)

いや、困ってしまいました。

風水では、玄関は幸福の入り口といいます。
どんな風水の本にも書かれています。

ところが、日本の「気学」では、
いろいろ流派があるのかもしれませんが、
玄関は、どこにあっても「凶」となっているそうです。

なぜか?

玄関には、「欠け」と「あき」があるというのが「凶」である理由とのこと。

玄関の土間部分と床部分に段差がありますが、これが「欠け」といわれます。
人が出入りできるところ、玄関、勝手口、掃きだし窓は「あき」といわれています。

だから玄関は、原則「凶」ということです。

玄関の凶作用を抑えるためには、玄関を「張り出す」と良いとのこと。
基本的に「張り」は「吉」なので、玄関も同じですね。
気をつけるのは、土間部分は、室内ではないので張り出しにならないことです。
床部分を張り出させることが必要です。

しかし、中国流風水と日本流気学はこれほどまでに違うのは、、、

困りました。

どうしたら解決するでしょうか?

ちなみに、我家の玄関は吉相ではないので、
なんとか吉相になるような工夫が必要です。

今は、そうじをしてきれいにする、靴箱を整理する、盛り塩をする、
といったことを実行しています。

気学では、凶相を吉相にするには、改築か、引越ししかないのですが、
風水は、いまのままでの改善策を提示してくれているのでありがたいですね。

とりあえず引越しは難しいので、根本解決にはならないのかもしれませんが、
改善策を続けていきます。

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事