無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

イメージ 2

先々週になりましたが、滋賀県の北西部、福井県との県境にあたる中央分水嶺、高島トレイルの駒ケ岳に行きました。
高島市主催のトレッキングツアーに参加したんですが、ホントによいツアーでした。

何が良いかといえば、山が一番良かったんですが、コースの始めから終わりまで、ブナ林の連続です。
ズーとブナ林です。

それと、案内していただいた「朽木山由遊会」の方々に、大変よくしていただきました。

案内はもちろんですが、
お昼時に、手作りのみそ汁を抱えてきていただいて、振舞ってくれました。
さらに、食後はコーヒーのサービスまで。

重い荷物をありがとうございました。

途中で、なめこ(木にできるんです)を採取して、下山後にお土産で戴きました。
これは、家に帰ってなめこ汁にしておいしく戴きました。

翌日は、遠くまで来たということで、
敦賀のホテルに1泊して、
福井で一番高いという「野坂山」へ。

こちらも、山頂近くは、ブナ林が多く茂っています。
また、登山途中や、山頂からの敦賀湾の眺めは最高です。

2日間、ブナの森に囲まれて、
肩こりがすっかりとれてしまいました。

ホントによいツアーで大満足の二日間でした。
写真は、駒ケ岳付近のブナの森(霧でいっぱいですが、雨は降りませんでした)と、
野坂山山頂から敦賀湾を望んだ風景です。

イメージ 1

イメージ 2

11/2に九州は、英彦山(ひこさん)に登りました。
大阪で言えば、金剛山でしょうか、北九州の人々に愛されている山だと感じました。

正面の英彦山神宮の石段を登っていけば、スニーカーでも登っていけるのですが、
北側のコースは、岩場、クサリ場と結構ハードな登山でした。

北岳から中岳への道は、ブナの紅葉がきれいでした。(写真上)
しかし、このブナ林も過去の台風で被害があったようで、現在再生中です。

また、行ってみたい魅力のある山でした。

大台ケ原は、奈良県と三重県の県境あたり、
昨日は、西大台と東大台の大蛇瑤帽圓辰討ました。

西大台は、環境省の利用調整地区で、1ヶ月以上前に予約して、
さらに、入山前に30分のマナー等のレクチャーを受けてからしか入れません。

紅葉を期待して行ったのですが、すでに山は冬の様相で、
すっかり葉っぱは落ちていました。

ブナ、ミズナラ、トウヒ等の広葉樹がいっぱいで、
これはまた新緑の季節に是非いかねば、思った次第です。

写真は、東大台の大蛇瑤箸いΑ断崖絶壁の岩場から撮ったものです。
これは、大台ケ原の広告ポスターでは定番の写真です。

前回9月の始めに行ったときは、雨と霧で全く前方が見えない状況でした。
今日は、晴天で、はるか遠くまで見渡せ最高の状態です。

ここ、大台ケ原は屋久島と同様雨が多いことで有名で年間4500个曚氷澆襪茲Δ任后
天気の良い日は少ないようで、ラッキーでした。

大台ケ原は、これから何回も訪れることになりそうです。
それほど魅力のある場所だと思いますね。

高取山、高取城

イメージ 1

本日、久々に電車で山登りに行ってきました。

近鉄吉野線、壺坂山駅から高取城祉です。

高取城は、山城で高取山(標高584m)の頂上にあります。
明治になって取り壊されたため、写真のように石垣だけが残っています。

頂上の城跡からは、南方向の大台ケ原、大峰山脈が一望に見渡せます、絶景です。
お弁当を広げるには最適な場所でした。

本日は、先週と違って、秋晴れでホントに心地よい山歩きでした。

イメージ 1

昨日は、滋賀県高島市の高島トレイルのツアーに参加してきました。

8時に近江今津駅に集合して、
バスで三重ヶ嶽(さんじょうがだけ)登山口へ向かいます。

天気予報で晴れだと信じていたのに、
登山口近くになると、大雨です。

天気だと思っていたのに雨が降るとショックです。
しかし、ツアーは強行されます。

バスの中でカッパを着て、林道を進みます。
10分ほど歩いて登山口へ着くころには、雨はやんでいます。

そこから、三重ヶ嶽頂上までやく1時間。
どうやら雨はやんだようです。

快適に歩いて、昼食をとる予定の時間に再び雨。
雨に打たれながらのお弁当です。

サッと食べて、カッパを再び着こんで、出発!!
と、10分も歩くと雨は止み晴れ間が。

なぜかタイミングが悪すぎる、、、。
これにめげずにどんどん進みます。

眺めの良いところもあったのですが、
とにかく歩くスピードが早く
(出発時間も遅れたりで、予定より遅れていたのです。)
必死で歩きます。

しかし、最後は救われます。

近江坂を過ぎていくと、そこからは、長いブナ林。(写真)
それまでもブナの木は沢山あったのですが、ここは長い長いブナ林です。

やはり気持ちがいいです。
先週の熊野古道と違った趣があります。

帰りの車の中で、行きより元気になっている自分に気づきます。
妻も同じようです。

やはり、ブナの木には特別な力があるようです。
自分と相性が良いのでしょうか?

高島トレイル、また近いうちに行ってみる予定です。

霊気溢れる熊の古道

イメージ 1

多くの人が集まる場所、多くの人が訪れる場所は、心地の良い場所だと思います。

世界遺産になったこともありますが、

やはり熊の古道は多くの人が訪れる場所です。

10月3日に中辺路(なかへち)の滝尻王寺から近露王寺まで、
約13キロを歩きました。

平坦な道が多いかと思いきや、結構アップダウンのある山道です。

ここの空気は違うと歩きながら思いましたが、
写真の場所、一里塚のちょっと東、道標の17番当たりは、パワースポットです。

身体は少々疲れましたが、やはり山の空気を吸ったあとは元気になります。
特にここ熊の古道はオススメです。

是非一度訪れてください。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事