無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

大山、癒しのブナの森

イメージ 1

イメージ 2

先週の日曜日は、鳥取県の大山に行ってきました。

高速道路1000円の恩恵を、ということで、
前日に車で出発して、米子のホテルに宿泊。
翌日日曜日に登ってきました。

登山口の標高は770m、山頂は1700mなので、
標高差900m以上あり、結構ハードです。

火山岩で結構もろく、道も岩だらけのところが多いこともハードな要因です。
また、登りが結構急勾配で、ほんとにゆっくり登らないと疲れ果てますね。

夏山登山口から弥山(みせん)山頂まで登るのが、一般的なコースです。
写真は、弥山山頂から、大山最高峰の剣が峰を望んだところですが、
崩落の危険があり、立ち入り禁止です。
火山岩でもろいのが分かると思います。

それでも剣が峰山頂に人影が見えますが、、、。

午後三時ごろに下山して、一路大阪へ向かって車を走らせました。
途中で、気持ちがすがすがしいことに気がつきました。
仕事のストレスと思われた肩こり、首凝りもすっかり直っています。
妻も同じようです。

いろいろ考えられますが、
一つは中腹までのブナの森の癒し効果かと。
ブナの木はマイナスイオンを多く発生させると聞いたことがあります。

もちろん身体を使ったことの効果もあると思います。

大阪まで、高速道路の渋滞はありましたが、夜8時頃には家に到着。
もちろん、帰宅後のビールが最高にうまかったのはいうまでもありません。

雲中の岩湧山

イメージ 1

イメージ 2

和歌山県の県境に近い大阪府河内長野にある岩湧山に登りました。
登り始めは、和歌山県橋本市の紀見峠駅からです。

標高893mとそれほど高き山ではないのですが、紀見峠駅は標高182mで、
標高差711mと結構ハードです。

山頂までは、約3時間ほどかかりました。

天気予報によれば結構いい天気のはずだったんですが、
小雨模様で始めはカサをさしての山登りです。

山頂からは、大阪平野が一望のはずだったんですが、
残念ながら霧でなにも見えません。

12時に山頂着で、13時頃に降り始めました。
しばらく歩くと、霧が引いてき始め、
写真のように、大阪平野が望めました。

ここは、秋のススキで有名なようなので、
また行ってみようと思います。

降りた後、国民宿舎紀伊見荘の温泉に浸かって帰路に着きました。

青山高原

イメージ 1

イメージ 2

三重県の青山高原へ行ってきました。
天気予報は曇り時々雨、雷雨も、、、
という状況でしたが、全く雨も降らずに助かりました。

近鉄の西青山駅から歩き始めて、約2時間で
髻山(もとどりやま)標高756mの山頂へ着きます。

車で来ている人も沢山います。車で来る人の方が多そうです。
ここは360度絶景です。

もう少し先に行くと、写真の丸山草原へ着きます。
ここも、伊勢湾方面の眺望が楽しめます(写真)。
こちらの方が、眺望としてはよさそうです。

そこから東青山駅方面へ下っていくと、
写真の布引の滝があります。

ここで、マイナスイオンをたっぷりあびて、
元気に戻ってきました。

三度二上山

イメージ 1

二上山は、三度目です。
雄岳が517m、雌岳が、474mという低い山ですが、
万葉集にも登場するなかなか存在感のある山です。

天気予報は、雨の予想だったのですが、下山まで持ちこたえてくれました。
感謝、感謝です。

頂上から、南手に金剛山、葛城山の山並みが見えます(写真)。

9:00頃に登り始めて、10:10には頂上です。
早い昼食でおにぎりを二つ食べて、10:50には下山開始。

12:10には、「道の駅ふたかみパーク當麻」に到着。
豆乳ソフトクリームを食べて、夕食用の野菜を買って帰路に着きました。

ちょっと歩き足りなかったんですが、
二上山は、登山路もキレイに整備されて、いい山です。

イメージ 1

イメージ 2

今週の週末は、久々に好天気に恵まれました。
もう暑いですね。

昨日は、先々週の荒天で延期になった三峰山へ再挑戦です。

登山口の近くのキャンプ場まで車で行きます。
そこから約2時間、結構高い山で、標高1235m、登山口からの標高差は700m弱です。

頂上はあまり広くなく、お弁当をどこで食べるか悩んでいたら、
あとから来た方に、「ここではなくて、八丁平がいいですよ。」
と教えていただきました。

写真は、八丁平からの山々の風景です。
確かに絶景です!

ゆっくりお弁当を食べて、下っていきました。
来た道とは違う道で下山していくと、不動滝という結構豪快な滝があります。(写真)

細かい水しぶきが周囲に漂い、
マイナスイオンがいっぱいかな、という感じです。

やはりというか、夕方帰ってみるといつもの妻の肩こりがすっかりなくなっています。
山の空気と滝の癒し効果は抜群のようです。

再度訪れたい山でした。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事