無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

金剛山

イメージ 1

樹氷が見れるというので、大阪府民に愛される「金剛山」へ登りました。

昨日は雨が降り、ここ2,3日暖かかったので、樹氷はあるのか?
と思いながら登っていきました。

途中までは、全く雪がなく、持参したアイゼンも要らないと思っていたんですが、
山頂に着くと、雪は少ないんですが、ガチガチに凍っています。

温度計があり、氷点下2度のようです。
冷えます。

熱湯を水筒に入れて行き、コンロで追い炊きして、
カップラーメンをすすりました。
かなりおいしいです。

ついでに、インスタントコーヒーも飲んで、
寒いながら気分は最高です。

もちろん樹氷はありました。
何日も吹雪かれて枝に付いた氷がきれいです。

今日は来るまで登山口まで行ったので、
帰りに「太子温泉」に寄って、いい気分です。

妻の肩こりも軽減されて、良い一日でした。

しかし、金剛山頂は人でごった返しています。
良い山は風水効果も抜群です。

開く コメント(0)

大原山

イメージ 1

昨日は、大阪と奈良の間に立つ生駒山の縦走コースにハイキングに出かけました。

近鉄信貴線という2両編成の電車で大阪側の服部川駅からスタートです。

霊水が湧くという水呑地蔵へ向かって登っていきます。
ここへたどり着くのは結構きついんですが、多くの人が参拝にやってきています。

持参した水道水を霊水に入れ替えて、さらに登って行きます。

十三(じゅうさん)峠というところで、尾根に出て、ここから尾根に沿って、北へ歩いていきます。

昨日から急に気温が下がって、極寒のハイキングになりました。

生駒山頂手前の大原山山頂で昼食を摂りました。
ガスコンロでお湯を沸かそうとしたんですが、あまりの寒さでガスコンロのガスが気化しないのか、
お湯になりません。
ぬるいカップ麺とおにぎりを食べて、すぐに下山です。

厳しいハイキングでした。

冬の山の癒し効果は、どうなんでしょうか?
木々も冬眠中で、春〜秋に比べて、効果は小さいような気がします。

それでも、自然の中を歩くのは心が弾むんですね。
多くの人と出会いました。

写真は、大原山山頂から大阪平野です。

開く コメント(0)

金比羅山と明神平

イメージ 1

イメージ 2

2009年1月11日(日)、初の山歩きは、京都大原が見渡せる「金比羅山」です。

京都駅から市バスで約1時間、大原行きのバスです。
大原のすぐ手前の「戸寺」バス停から登ります。

京都のバスは、すごい混雑です。
もう乗れないよ、といいたくなるのですが、まだ乗ってきます。

京都市内は、地下鉄はあるのですが、東西、南北に1本ずつだけです。
バスが、市民の足になってるんですね。
日曜日の行楽で、こんなに混んだバスに乗るのも珍しいです。
皆さん、大原に向かう観光客のようです。

戸寺着11:40。
混雑で、ようやく降りることが出来ました。

金比羅山に登り始めてからは、一人も会うことがありません。
足跡は、昨日降った雪にあるのですが、それほど沢山の人が登ってはいないようです。

途中何度か迷うそうになりながら、山頂へたどり着きました。
展望所からは大原の里が一望できます。(写真)

京都市内も望めます。
絶景です。

今日、1/17は、奈良県東吉野村の明神平へ霧氷を見にいきました。
50cm以上は積もっています。

きれいです。美しいです。

手前の木々は、春なら桜と思うような姿ですが、雪が付いた木々です。(写真)
最近は雪が降ったので、霧氷ではないようですが、
しかし、日々のストレスを忘れさせる光景の連続です。

何度でも訪れたいと思いましたね。

開く コメント(0)

年末の二上山

イメージ 1

年末の休みに入り、ふたたび奈良の二上山に登りました。

今度は、登山ルートが違います。
大阪側の登山口からです。

雄岳には行かず、標高474mの雌岳ですが、
高さ(低さ)の割には結構キツく感じます。

二上駅から、登山口まで車が多く通る国道を歩いたので、
駅から2時間半ほどかかっていますが、
登山口から頂上までは、1時間ちょっとでたどり着きます。
登りが急なので、きつく感じるんですね。

写真は山頂付近の展望台から撮ったものです。
なかなかの絶景です。

帰りは、太子町の太子温泉を目指します。
1時間ほどゆっくり温泉につかり、
湯上りにビールを1杯飲めば、
これはもう極楽です。

山歩き+温泉+ビール

は最高の取り合わせですね。
今年一年を締めくくる最高の一日でした。

開く コメント(0)

妙見山〜歌垣山

イメージ 1

先々週のことですが、12/20(土)に能勢の妙見山、歌垣山へ行ってきました。

能勢電鉄の終点、妙見口駅を降りて、ケーブルカー方面へ歩いていきます。
ケーブルカーはこの季節は運休のようです。
もともと歩きに来たのですから問題はありませんが、、、。

ケーブルカー駅の右手から、妙見山山頂へ歩いていきました。
約1時間ほどで山頂へたどり着きます。

妙見宮といいながら、現在は日蓮宗のお寺のようです。
御神水があったので、持参の水道水と入れ替えです。

そこから、約1時間かけて奥の院へ。
さらに、そこから歌垣山へ行きました。

歌垣山へ着いたのが13:20。
先ほどの御神水を沸かして、カップラーメンとおにぎりの昼食です。

家で食べてもおいしいんですが、外で食べるのは格別です。

私はあまり感じていないのですが、
家に帰って翌日、妻の肩こりがうそのように消えているということ。
能勢の妙見山は、風水効果★★★★★のようです。

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事