ここから本文です
ユキンコロンコロン日記。
北海道には初夏の風が吹いています。

書庫アレコレ イロイロ。

2007年7月の引越後の日々。
あれこれいろいろ。
記事検索
検索

全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

晴れた日。

立春を迎えて。

光は強くなりました。

積もった雪の表面がしまってきて

雪原を歩く楽しみがあるのもこの時期ならでは。
イメージ 1



光の春に気が緩みがちですが

吹雪が激しくなる季節は実はこれからです。

春の嵐が冬の不用になった物を吹き飛ばした後に

本当の春がやってくるからです。

この時期は日差しに誘われて外に出ると

冷たい風が吹く日もあり外を歩くとシバレます。

(シバレル=寒いとか冷たいとかを越えたとき使う)



それだから 晴れた風のない日には

散歩に最適です。

イメージ 2


ワンコとは吹雪いても歩きますが

雪だるまになって足早に帰ります。

晴れた日は 近所の人にも会えて和やかな足取りに。

冬は寒く厳しい季節ですが

それだからこそなお

やってくる春を待ち遠しく想うのでしょう。



今年は例年になく本州でも積雪となる日が多く

滅多に雪の積もらない地域では対応に困惑されているようです。

心よりお見舞い申し上げます。



ニュースでは積雪した国道で沢山の車が立ち往生しているとか。

便利な暮らしに慣れてしまっている私。

雪深いこの北海道では 冬ワンコの散歩がなければ

外を歩くということがほとんどありません。

ドア to ドア です。(家と車で)

水道の凍結防止のため家中暖房で暖かくしてあり

車中もヒーターで暖かいので

北海道の人は冬も結構薄着というのは知られていますが

事実私も分厚いコート類はほとんど着る機会がありません。

しかし、車での外出の際はもしもに備えて

ダウンコートとオーバーパンツ、防寒手袋、

予備のマフラーなどを車に積んでおきます。

吹雪や吹きだまりで車がスタックする可能性もあるので

スコップや牽引ロープも車載必然。

それでも車が動かせなくなったら

エンジンを止めて車中泊できるくらいの

冬物の上物は必要です。

いよいよとなると外を歩かねばならないと想定して

スキー場でもOKな格好が必須アイテムだと思っています。



この車載装備、私の住まいが 町外れ(山麓)

というせいもあるかも知れず、

これを北海道在住でも街住まいの方が実行されているかは不明です。



決して穏やかとは言い難い自然の気候変動に対応すべく

これは今後日本中で必要になってくるかもしれません。

いざという時こそ便利なものが使えなくなる

という事態もあり得るのですが

こうも日常が便利になりすぎていると

何から準備すればよいか分からないともいえますが

とりあえず冬の車中には予備の防寒着を忘れずに!

夏のたのしみ。

イメージ 1

夏といえば 我が家では灯油のランプが大活躍です。

部屋の灯り…蛍光灯は消して ランプにします。

虫が来ません。

もっと明るい街灯の方に行ってしまいます。

蛍光灯とランプの灯りの波長が違うらしいです。

もっとも蛍光灯よりはほの暗くはあります。

ですが眠る前にはこのくらいの明るさがよいそうです。

ランプを使っているお陰でいろいろなことに気づきました。




我が家にはエアコンというものがないので

夏の夜も窓を開け 風を呼びます。

森と畑に囲まれた環境ゆえに

夜風は涼しく草むらから響く虫の声も心地よいです。



虫を家に入れないために窓をぴたりと閉め 

エアコンをつけていたとしたら

この感覚を味わうことができなかったな。

ランプのお陰だな。

ありがたいな。




追記・

写真のハリケーンランタンは小樽で買いました。

名前のごとくかなりの風にも炎は消えず

燃料の灯油も2000cc入り燃焼時間はかなり長い。

丈夫で実用本位ですが無駄のないシンプルなデザイン。

手頃な値段。

楽しみが増えながら エコにもつながるなんて。

これからの時代にはまた必要とされる逸品だと私は確信しています。

このスタンダードなランプが作り続けられて

人々に使い続けられますように!

日本の職人さんに感謝して。

ありがとう。

開くトラックバック(0)

じゃがいも収穫。

イメージ 1

願ってもない晴天が続いています。

イメージ 2

今朝は霜が降りて一面銀色でした。

紅葉もピークを迎え朝陽にキラキラ。

霜に当たった葉っぱは

朝陽が当たると

はらはら、はらりはらりと地面に落ちます。

その光景は まるで葉っぱの雨。


イメージ 3

さて 今日の午後はじゃがいもの収穫。


今回は手でひとつひとつ拾いました。



イメージ 4

日が暮れるのが早くなりました。

4時半も過ぎると空の色が刻一刻と変わってゆきます。

イメージ 5

夕焼けの空に 鳥の羽根のような薄い雲。

なんて穏やかな一日だろう…

と今日は何度も思いました。





大地からのプレゼント♪
イメージ 6

あなたにとって穏やかな日々でありますように!

にんじん畑。

イメージ 1

ニンジンのこどもたち。

草に負けそうです。

そこで 

イメージ 2

雑草たちにごめん被ってもらい

ニンジンの独り立ち。

イメージ 3

私の仕事はあの山の際まで。

独り立ちの助っ人です。

要は草取りと間引きのお手伝い。。。



ここの畑は無農薬栽培。

いろんな生きものたちと出会います。

土の匂い、風のささやき、コトリの声、

そしてニンジンたちのおしゃべりをききながら。




幼いニンジンさんたちよ

日照りに負けないでと祈りながら

四つん這いで進みます。




イメージ 4

大雪山の裾にあるニンジン畑は今日も晴天です。

山は蒼く空は高く

そして畑は広大です。

雪。

イメージ 1

昨日から少し暖かくなった。

なので 降ってくる雪の粒が大きくなって

積もった雪もずっしり重い。。。

雪かき  がんばりまーす♪

全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事