ここから本文です
気ままなデジタル写真記
ご訪問、有り難うございます。
イメージ 1
Nikon D800/TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (現像:DxO PhotoLab

先週、部屋の照明も高演色LED電球に換えたことを記事にしました。

そうすると、モニターの画面と周りのバランスよりモニターの色温度調整がi1Studioで設定できる5000Kか5500Kかではどうも合わなくてその中間の5200Kにしました。

この時点でもうi1Studioだけでは機能不足となり結局 元のArgyll+dispcalGUIとColorMunki Photoでのキャリブレーションに戻りました。
使い勝手等もありブラウザもChromeからFirefoxに逆戻りしています。

それで、モニターの色とプリントの色を比較してみるのですが、まぁ だいたいは合っているのかなという感じになりました。
それを紹介しようと写真に撮ると全然合っていない!?
イメージ 2

確かに白は合っていないと思うのですが、全体としてこんなに大きな差には見えません。
白に関して、上の写真ではモニターの方が赤っぽく見えますが、実際に見ていると 私の目にはむしろモニターの方が青っぽくも見えたりします。
白というのはかなり曲者のような気はしますが…

人間の目というのは都合よく見てしまう面はあると思うのですが、いくら何でもこんな差はない!これって何なの?

このように写真に撮らなければこんな疑問も起こらなかったのですが、益々分からなくなりました。


1枚目の写真は先日のお遊びの写真の1枚です。


この記事に

開くトラックバック(0)

お遊び…その2

イメージ 1
Nikon D800/TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (現像:DxO PhotoLab

イメージ 2
Lumix DMC-GX7/G MACRO 30mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S. H-HS030 (現像:DxO PhotoLab)
3:2にトリミング

2枚目はLumix GX-7で撮ったものです。
基本的には同じようにしましたが、バックを変えると
印象も少し違うような気がします。



撮影:2018.1.13

この記事に

開くトラックバック(0)

お遊び

イメージ 1
Nikon D800/TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 (現像:DxO PhotoLab


インフルエンザはもう良くなりました。
ただ、まだ家族にうつさないためと無理しないためにほとんど隔離生活を続けています。

時間つぶしに部屋でドライフラワーを撮って遊んでみました。



撮影:2018.1.13

この記事に

開くトラックバック(0)

今週は週初めの火曜日、頭痛がして喉が痛い、風邪かなと思ってかかりつけの医者に行ったところ 何とインフルエンザB型との検査結果。
そのまま、今週はほとんど隔離状態で部屋に引きこもり中です。


何とか部屋の中で活動を始めたので、先週の写真のプリントの色確認用の高演色LED電球導入について、その時は急いで記事を書いたこともあり補足を含め続きを書いておきたいと思います。

今回導入した高演色LED電球(グッド・グッズ LD84-ZBは、カタログ上の演色評価数(Ra) 95、ColorMunki Photoの測色器の実測でも93.5とまずまずの結果でしたが、特殊演色性評価数R12(青)が77程度と低いことが気になっていました。

しかし、山田照明のZ-80PROIIEIZOから販売されているZ-80PRO2-EIZOと同等)の演色評価数のグラフを見てもR12(青)は70程度と更に低いようです。
イメージ 1
※山田照明(株)カタログより

LED照明はまだ改善の余地があるんでしょうね。


そう考えると平均演色評価数は若干低くなりますが、2万円程度の出費が3千円程度で済んだことになります。
スタンドはホームセンターにてOHM アームライト N10AW ブラック (1,980円)を
イメージ 2
※(株)オーム電機HPより

それに前回紹介した高演色LED電球 グッド・グッズ LD84-ZB950円)です。

と言うことで、安く上がったのでついでに?部屋の照明もこのLED電球にしようと部屋の照明器具を新しくしました。
先週のうちに注文していましたが、やっと取り付けることが出来ました。
イメージ 3

蛍光灯の照明器具はどんどんなくなっているようですが、電球用の照明器具ならLED電球があるので色々あるようです。
実際のところ、この器具はLED電球専用器具です。
価格が電球別で5,000円程度、前述の高演色LED電球4個と それに送料を合わせ9千円少々…

付けた印象、一目でこれまでより明るく部屋の中のものの色が鮮やか(濃く)なりました。
部屋に合うかどうかは別として、ちょっとお洒落で 結構良い感じかな…



この記事に

開くトラックバック(0)

1月7日、朝景

今朝は、天気予報では紀伊半島辺りも晴れだったので少し期待して出かけました。

雲はありましたが、薄いような…
イメージ 1
Nikon D800/SIGMA APO50-500mm F4-6.3EX DG (現像:DxO PhotoLab)


しかし、太陽は僅かな雲の隙間から…
写真では太陽と判らないくらい細い隙間でした。
イメージ 2
Nikon D800/SIGMA APO50-500mm F4-6.3EX DG (現像:DxO PhotoLab)

イメージ 3
Nikon D800/AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR (現像:DxO PhotoLab)

光芒もはっきりした感じがなく…
ただ、上の雲の立体感は印象的でした。
イメージ 4
Nikon D800/AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR (現像:DxO PhotoLab)




撮影:2018.1.7 岡山県瀬戸内市

この記事に

開くトラックバック(0)

今日はかなり専門的な話題で恐縮です。
私も十分な理解は出来ていません。(笑)


年末に困ったことが起こっていました。
それは、それまで写真をプリントして色を確認するために使っていた蛍光灯アームスタンドが壊れてしまったこと…
学生の頃から使っていたように記憶しているので既に30年以上前の骨董品?
それでも、高演色の20W直管蛍光灯が使用でき 非常に有用だったのですが、長年の経年劣化?でアームの付け根のプラスチック部分が割れてしまいました。

その時は代わりのものを買えばいいやと簡単に考えましたが、現在は20Wの直管蛍光灯が使えるスタンドが売られていません。
ネットでも色々探してみましたが、在庫切れとか販売停止とか、それも1万円程度、あるいはそれ以上の価格が付いていました。(無いんで価格は意味ないのですが…)

そこで色々 手を考えました。
まず、アーム部分だけなので力ずくで直してしまうことですが、ホームセンターで補修できそうな部材を探しても良いものがなく、どうにもならないときの最後の手段とすることに…

次に色評価用のLEDスタンドを購入することですが、結構なお値段です。
EIZOのZ-80PRO2-EIZOは信頼できるんじゃないかなと思いますが、3万円程度。
製造元の山田照明のZ-80PROIIBも同等のようですが、こちらも2万円程度はするようです。
プロでもないのでそんなに本格的(高価)なものでなくても良いので もっと安価に上がらないかとネット上で色々探索をしていたところ、色評価用とは謳っていませんが、高演色性のLED電球を見つけました。

※演色性とは簡単に言えば自然光にどれだけ近い色で見えるかを表した指数で平均演色評価数(Ra)で表されます。自然光のRa値が100で、それが最も高い値、それに近いほど自然光に近い色で見えると言うことのようです。
ちなみに色評価用の蛍光灯はRa値が99でほぼ自然光に近い色で見ることが出来ます。一般家庭では80以上が推奨されているようです。
また、演色性とは別に、色を見るときはカメラでお馴染みの色温度も考慮する必要があります。印刷関係では色温度5000K(D50)が標準と言われています。


印刷関係で、色を確認するときは、色温度が5000Kで、照明の表記としては昼白色が相当しこれはよく見かけます。
それに比べ 演色性は一般には馴染みが低く表記されていないことがほとんどです。
その評価指数Ra値は90以上とか95以上とかにする必要ありと言われているようです。

電球用のスタンドはホームセンター等でも安価に手に入り、その高演色LED電球も1000円以下で手に入るとあり、これだ!と年末に注文、今日届きました。

それがこちら。グッド・グッズのLD84-ZBです。
その演色性Ra値が95、昼白色(色温度5000K)の電球型LEDです。
イメージ 1

実売価格は950円(税込)でした。

届いたので、果たして演色性がどうか、評価してみました。

ColorMunki Photoを使って演色性を見ることが出来ます。
その結果、Ra値は93.5、色温度は5223Kと言う結果でした。

実際に日中、窓からの光でもRa100は出なかったので十分ではないでしょうか。

参考にR1〜R14までは次のようになりました。
R1 97.6
R2 95.9
R3 93.9
R4 89.2
R5 94.4
R6 95.0
R7 90.3
R8 91.4
↑平均演色評価数(Ra) 93.5
------------------------------------------
↓特殊演色評価数
R9 93.3 (赤) 
R10 92.6 (黄)
R11 92.5 (緑)
R12 77.4 (青)
R13 97.8 (西洋人の肌の色)
R14 96.4 (木の葉の色)

Ra値はR1〜R8までの平均とのことです。
ここで気になるのはR12(青)が低いことですが、測定しなければ判らないこと、見なかったことにします…(暴)

ちなみに、JISでは更にR15があって日本人の肌の色が加わっているそうです。


※追加

この記事に

開くトラックバック(0)

1月2日、朝景

今朝は東の方には雲が多そうだったのですが、取り敢えずいつもの場所へ…
昨日は初日の出とありスゴイ人でしたが、今朝はいつものとおり…

イメージ 1
Nikon D800/AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR (現像:DxO PhotoLab)

太陽は雲の上から…
イメージ 2
Nikon D800/AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR (現像:DxO PhotoLab)



撮影:2018.1.2 岡山県瀬戸内市

この記事に

開くトラックバック(0)

初日の出

改めまして、明けましておめでとうございます。

初日の出から達磨太陽を期待しましたが、やはり雲があったようです。

はっきりした雲が見えなかったので少し期待していましたが…
イメージ 1
Nikon D800/SIGMA APO50-500mm F4-6.3EX DG (現像:DxO PhotoLab)

初日の出は雲の上から…
イメージ 2
Nikon D800/SIGMA APO50-500mm F4-6.3EX DG (現像:DxO PhotoLab)

穏やかな元旦の朝です。
イメージ 3
Nikon D800/SIGMA APO50-500mm F4-6.3EX DG (現像:DxO PhotoLab)



今年もよろしくお願いいたします。




撮影:2018.1.1 岡山県瀬戸内市

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1



明けましておめでとうございます


旧年中は皆様の多くのご訪問、ナイス、コメントを頂き有り難うございました。

今年は新しいカメラが加わるか?
乞うご期待?

今年も懲りずにお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。



写真は12月30日の餘慶寺のライトアップ、
コントロールポイントで「寿春」部分を明るく、
また、全体のパース補正をしてトリミングしました。


Nikon D800/AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED
(現像:DxO PhotoLab)

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1
Nikon D800/AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED (現像:DxO PhotoLab)

イメージ 2
Nikon D800/AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED (現像:DxO PhotoLab)

イメージ 3
Nikon D800/AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED (現像:DxO PhotoLab)


今年も今日でお終い、早かったような、長かったような…

今年は1月にスマホ、タブレット、それに車も買い替え、買い物の多い年になり カメラもそろそろ新しくなるかなと言う予感もありました。

最有力候補のD850は発売され、カメラの購入で締めくくるのかと思いきや、まだ品薄で普通に買える状態ではないまま今年が終わりました。

1年を振り返ると良いことより悪いことの方が多かった年だった気がします。
年末にかけ少し良くなってきたような気もするので このまま来年は良い年になってもらいたいものです。

皆さんはどんな年だったでしょうか。

来年は良い年になりますように!

今年1年、有り難うございました。


写真は恒例になった年末の餘慶寺のライトアップの写真です。

撮影:2017.12.30 岡山県瀬戸内市


この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事