ピアノノート

趣味のピアノに関する出来事を綴ります♪
4/16(日)はサークルの弾き合い会に参加しました
会場はお馴染みのこちら。
イメージ 1
YAMAHAのC5が設置してある広くて綺麗なスタジオです

この日は、ソロと連弾、合わせて2曲演奏しました。
ソロは初披露の曲でどうなるか分からない。連弾は楽しいけどプレッシャー!て感じで、この日の弾き合い会は楽しみよりも荷が重い気持ちでした2〜3日前から緊張で弾き合い会の夢を見たり・・・

でも会場に着いて皆と挨拶したり順番にリハーサルをやっていくうちに、ワクワクしてきました。
生ピアノの音を聴くと気持ちが落ち着くというか、自分の居場所を感じるというか、穏やかな気持ちになれます。

本番が始まると、程よい緊張感に変わりました。
まずは連弾
♪ドビュッシー 小組曲より「小舟にて」
前日も合わせ練習をしたし、リハーサルでもいい感じだったので、すーっと曲に入れました。最初から最後まで呼吸を合わせて弾けたかな?とても楽しくて最後の一音を弾いた瞬間は達成感でいっぱいでした

続いてソロ。
♪スカルラッティ ソナタK.466
バロックの曲は家で弾けていても、本番でびっくりするぐらいコケる時があるので、めっちゃ怖いです
この日もどうなるかな〜とドキドキでしたので、しっかり鍵盤を押さえてゆったり弾き始めました。
タッチの感覚が練習通りだったので、このまま最後までいってほしいと祈りながら演奏。途中で1箇所ミスってしまったけど、それ以外は会心の出来でした。トリルは練習よりも綺麗に入った!やったー
この曲は悔いなく気持ちよくこの日で終わり。嬉しいなー

自分の演奏のあとは皆さんの演奏やピアニストのゲスト演奏をゆっくり楽しませていただきました。
それにしても皆さんとてもお上手で、なかなか追いつけない
練習しても練習しても、皆さんの背中が遠いなぁ
もっともっとピアノ上手になりたい!

弾き合い会のあとは数人でご飯
イメージ 2
イメージ 3ワインも2杯飲んじゃった楽しい一日でした

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

先週の出来事になりますが、4/15(土)に京都のスタジオで連弾の合わせ練習をしました
会場は8人ぐらいが入れる普通の家のようなお部屋で、ピアノはスタインウェイ
とても居心地の良いお部屋でした。写真撮ればよかったな〜忘れてた

翌日の本番に備えての合わせ練習。なのに最初の2小節で呼吸が合わずずれちゃった
明日の本番大丈夫かな〜?と不安になりました。もちろん、相方さんの演奏は安定感があるので、ちゃんと拍がとれていないのは私です・・・。気を取り直して最初から。2回目はいい感じで合いました。
そのあとは何度も何度も繰り返し練習。回数を重ねるごとにぴたりと合うようになってきてめっちゃ楽しい
リズムをしっかり数えるよりも相手の音をよく聴いて自然に歌う方が綺麗に弾けることが分かりました。
リズムを気にしすぎると、どうも慎重になりすぎて遅れてしまう
そして録音して聴いて音量バランスなどを相談。メロディーより伴奏が大きくなりがちなので、バランスを整えるよう何度も練習をしました。

最後の方はとても綺麗でした〜
時間が少し余ったので、ソロで弾く予定のスカルラッティのソナタK.466を弾かせてもらいました。
聴いてもらってると思うとたとえ一人でも少々緊張・・・
思わぬところでつまずいたり音が抜けたり、不本意な出来でした・・・。
翌日の本番がとても心配にでも相方さんが、めっちゃ綺麗!と本気で褒めてくださって、自信が湧いてきました

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2週間課題曲

2015年9月頃に、先生が「2週間課題曲」を出してくださっていました。
曲を早く仕上げる練習だそうで、初見でほぼ通せるぐらいの難易度で短い曲をいただいていました。
2週間たって弾けていても弾けていなくても2週間で打ち切り。
そしてまた次の曲に移るという感じです。
飽きっぽくてたくさんの曲を弾きたい私の性格に合っていて、とても楽しく課題に取り組んでいました。
でも他の曲に追われて新曲を読む次々余裕がなくなって、いつしか自然消滅してしまった

さかのぼって記録を見てみると、結局3曲しか「2週間課題曲」をこなしていないことに気付いた
最近は新曲に苦戦していることもあって、気分転換に簡単な曲が弾きたいな・・・と考えていて、ふと、「2週間課題曲」のことを思い出しました。

で、先生に相談してみたら、やりたいならやればいいという回答。レッスンでも見てくれるそう。
でも曲は自分で選ぶこと。
家に買ったけど弾いていない楽譜がたくさんあるし、選曲も勉強になるからいいかも
新曲を読むワクワク感を最近忘れがちなので、取り戻したいし
あまり上達への効果がなければ、やめればいいか。
とりあえずやってみようと思います

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

書くのが遅くなってしまいましたが、3月頃からぼちぼちと新曲の譜読みをしています
新曲は、ショパンのノクターン第10番Op.32-2
ずっと前から弾きたくて弾きたくて、ようやく機会が訪れました。

私の選曲の中では、珍しく長調の曲なんですが、やっぱり好きな部分は中間部の短調に転調するところ
変イ長調⇒ヘ短調の流れはもちろん、ヘ短調⇒嬰ヘ短調に転調するところが最高に好きです。
とても情熱的で感情が高ぶった感じ。この曲一番の聴かせどころだと思っています。
急き立てられるようなスピード感のある演奏が目標ですが、この部分めっちゃ難しい
相当弾き込まないと〜

それにしても、譜読み初めてから1ヶ月以上経つのに、なかなか進まない
GWに集中して弾き込んで、何とか5月中にはレッスンに持っていきたいです。

この曲は永久レパートリーにする予定
私にとって難曲ですが、繊細に演奏できるように頑張ります。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今日のレッスン記録です

① スカルラッティ ソナタ K.466(3回目)
通して弾きました。緊張すると崩れてしまいますね後半が危なっかしい先生からは先週と変わっていないと言われてしまいました。この一週間は先週教わったスカルラッティのタッチをひたすら練習していたので、確かに休符とか今まで言われてきたことまで意識出来なかったですあー残念。タッチは無駄な動きが減って良くなったみたい。あと集中力ですね。あと1週間弾き込みしよ。レッスンは今日で終わりでいいとのことです。来週の弾き合い会、練習の成果を出せますように

② ドビュッシー 小組曲より「小舟にて」(連弾)(2回目)
 リズム感がなさすぎて辛い今日は先生に合わせてもらいました。1拍目、合わせにいっているのにズレる・・・。音がピタリと重ならない今まで相手に合わせてもらってたんやなぁ。何度か先生と練習していくうちに、少しずつ合うようになってきた。相手の音をよーく聴けば合う。弾くことで必死になると相手の音が聴こえない。とにかく自分のパートを弾き込んで余裕をもつこと。そうすれば相手の音を聴いて音楽の流れを感じられる。その流れに乗っかって綺麗な音色で弾けばよい。自分の中で1・2・3・1・2・3と数えていても、自分自身の拍感がないからなぁ
何度か練習するうちに少しコツが分かってきた連弾楽しい!あと1週間しかないけど、美しい演奏ができるよう練習頑張ろ。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事