全体表示

[ リスト ]

お金持ちになる方法

こんにちは。
台風の中を病院に行ってきました。
今日は京都の議員さんに知的財産の保護について相談してもらう事にしました。
経済を勉強してはっきり分かりましたが今日はお金持ちになる方法です。
 
「お金持ちになる方法」
 
まずはじめにお金持ちはお金持ちになる方法を絶対に教えません。
勉強をしてはっきり分かりました。
お金持ちになる方法を盗まれるからです。
僕の所には面白い事に毎日メールが着ます。
「FX投資で月収100万!」だとか「誰も知らなかった副収入」だとか。
当然相手にしていません。
甘い話には裏があるのが世の常でしょう?
その通り、彼らは何らかのお話を小出しにして持ちかけ
そこから先は「お金を払ったら教えてあげる」といいます。
僕から見ればこんな商売は絶対にもうかりません。
本当にお金がもうかる仕事をしていればお金はあまってしまい
人からお金を取ったりしないからです。
 
ただし誰もがお金持ちになりたいとは思うでしょうし
そうでなくても少しでもお金は欲しいものです。
この先、増税が待っていますし、高齢化で経済の見通しは暗いと思えるでしょう。
そんな中でどうやってお金をもうければいいのでしょう。
先日、お金持ちと普通の人との収入の違いの原因は
読書量にあるとの発表がされました。
ですが実の所、経済書は難しくPHP本や自己啓発本、あるいはFXから
あらゆる本を手に取ってもすぐにそれが自分のお小遣い総額にはなりません。
イメージ 1
実際に僕も昔はいろんな本を読みましたがさっぱり分かりませんでした。
たぶん多くの人達もそうなるでしょう。
そこで僕の体験になるのですが、結論から言うなら
お金持ちになる方法はずばり「ネット検索」です。
面白い事に「ネット検索」すると難しい経済の話を
簡単に説明してくれている所がいくつも見つかります。
それを知識として得ていくのは難しい本を読むより
はるかに簡単で手っ取り早い方法なのです。
たとえば「お小遣いをためるコツ」で「検索」すると
それだけでいっぱい出てきます。
その中で自分なら出来る事を見つけて
後はやるだけで簡単にお小遣いは増えます。
どんなお仕事をしているかによりますが
公務員のような人達でない限り
誰にでもお金持ちになれるチャンスはあります。
それはこれを読んでいる人達自身にとって
「欲しいもの」が何かを分かればそれだけで答えが出るのです。
そもそもお金は「欲しいもの」を手に入れる手段に過ぎません。
まずはこれを頭に入れておく必要があります。
人間は絶対に支払わなければいけないものがあります。
「衣食住」「光熱費」「各種保健」「税金」です。
そこで余ったお金があれば、趣味につぎ込むことになります。
貯金をする人もいるでしょう。
お金持ちになる人が考えつくのは
・「この支払わなければいけないもの」
・「お小遣い(余剰資産)」
どちらかで「欲しい」「必要だ」という商品を売る事です。
多くの人は「欲しい」「必要だ」と思って買う側に回っていますね。
お金持ちさんは「欲しい」「必要だ」を売る側に回るだけなんです。
ですが当然問題が発生します。
これを読んでいる人たちがお金持ちさんの側になるには
「もう商品があるじゃないか」という問題に直面しますね。
そこであきらめてしまうのか。
実は自分で売れるかも知れないと分かる方法が見つけられるかです。
経営の神様と言われた「松下幸之助」さんは二股ソケットを販売しました。
しかしこの二股ソケットは石渡電機という会社が既に発売していました。
なので当時は「マネシタ」だとバカにされていたそうです。
松下幸之助さんはいいます。
「良いものを作るのは実は簡単なんです。
ですが売れるのは分かりやすいものなんです。
そして分かりやすいものが一番作りにくいんです」
経営の神様と言われた松下幸之助さんも同じ商品を
ちょっとまねして売っただけなんです。
ただし「分かりやすいものを売った」という事です。
そうなるとこれを読んでいる人たちにもチャンスがある事に気付きませんか?
今売れているものであっても「より分かりやすいもの」なら売れるんです。
あとは何が売りたいかという心の問題になりますが
お金持ちになりたいだけなら、心は置いておいたほうがいいでしょう。
 
簡単に整理すると
 
1)自分も含めてみんなが「欲しい」「必要だな」と思っているもの。
2)より分かりやすいもの
3)それを売るために許可が必要かどうか
 
オークションが人気なのは3)の問題を全部クリアしてくれる事です。
 
そこで3)それを売るために許可が必要かどうかを「検索」します。
既に商品が出回っている場合もあるでしょうけど
「欲しい」「必要だ」という気持ちがみんなにあれば、類似商品でもいいのです。
ただし類似商品を売るとなると元の商品と競争になりますね。
そこで元の商品に工夫を加えるのです。これが4)つめのポイントになります。
その工夫が商標登録されていない状態で
元の商品より安かったり、良いものであれば売れる可能性が出ていますね。
最後に自分の売りたい商品に有名なものをくっつける事。
これが5)つめのポイントになります。
この5)つめのポイントを使えば宣伝をしなくても売る事が出来るようになります。
 
ではおさらいをしてみましょう。
 
1)「欲しい」「必要だ」という気持ちを分かる事。
2)より分かりやすいもの。
3)それを売るための許可。
4)それに工夫をする知恵。
5)有名な何かを加える。
 
あとはどうやって売ればいいか、検索すれば分かります。
弁護士さんや行政書士さんなどに相談してもいいでしょう。
お金持ちが本を多く読んでいるのは4)と5)についてよく勉強しているからです。
ですが今はネットで「検索」出来る時代なのです。
お金持ちのように時間をかけてセミナーに行ったり、本を買ったりしなくても
今は「検索」する事で知る事が出来ます。
ちなみにこれを読んだ人が何かひらめいたとしましょう。
似たようなものがあれば、4)と5)が必要です。
しかしこのようなアイデア。つまり新しいアイデアは知的財産であり
それさえ発明してしまえばいくらでもお金を増やす事が出来るようになるのです。
ブロ友さんに「蒼空の昴」さんという方がいらっしゃいますが
オリジナルのキャラクター「富士昴」という女の子が出てきます。
鉄道好きな女の子の友達が多く、いろんなエピソードがブログ上で見られます。
これを上記5つのポイントを踏まえて漫画化に成功すれば
立派な「知的財産」になるのです。
お金持ちになる道はこつこつと働くばかりではなく
日常の中で「欲しい」「必要だな」と思った事をアイデア化するだけで
「知的財産」になり、お金持ちになる事が出来るのです。
イメージ 2
 P・S「蒼天の昴」さん→正しくは「蒼空の昴」さんでした。失礼しました。

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

で?如何よ?
実現しそう?

2013/10/25(金) 午後 5:12 [ 櫻(N) ] 返信する

顔アイコン

そこから先は個人の判断ですね。
実現できるようになるまで
分からない事は「検索」すればいいだけです。
分からなければとにかく「検索」。
僕は実現出来ます。問題はやる気。
んでもって資金が必要なら事業計画書を書いて
融資してもらえばいいだけですよ。

2013/10/25(金) 午後 5:16 ゆま 返信する

顔アイコン

確実にお金持ちになる方法があればみんな実行するだろうし

みんなお金持ちでしょうね^^

2013/10/25(金) 午後 5:19 [ りん ] 返信する

顔アイコン

そのために4)5)つまり勉強するんですよ。
勉強すれば確実にお金持ちになります。
でも勉強してない人が多いだけなんです。
仕事はするけど勉強はしてないだけ。
仕事の内容については勉強するけど
お金持ちになるための勉強をしていないだけなんです。

2013/10/25(金) 午後 5:23 ゆま 返信する

顔アイコン

こんばんは。
お金持ちなるのは、大切なことですね。
何をするにも、燃料や資源に当たるものですね。
やはり、ゆとりがないといろいろなものに興味を持っても調べたり見たり気づいたりする余裕がなくなっちゃいますから(^^;)
という私も、財政面は枯渇してます。(-_-;)
記事で取り上げていただきありがとうございます。
発想は無限大ですのでこれからも、少しでも楽しんでいただけるお話を考えたいですね。
それと同時に記事で学んだことも実践していきたいですね。(^^♪

2013/10/26(土) 午前 1:12 蒼空の昴 返信する

顔アイコン

蒼空の昴さんのブログはいつも楽しみにしています。
北原照久さんは趣味のブリキのおもちゃを集めて
博物館を作りお金持ちになりました。
そういう成功の仕方もあるんですよね。

2013/10/26(土) 午前 9:32 ゆま 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事