ここから本文です
yumeのブログ
季節の花、料理、イベントと出歩いています。

お菓子教室 10/20

「講師のいないお菓子教室」の今回は「人参とレーズンのパウンドケーキ」です。

イメージ 1

材料

A 全粒粉、薄力粉、ベーキングパウダー、塩、シナモンパウダー
a くるみ(160℃のレンジで5分)、レーズン
B 100%りんごジュース、メープルシロップ、豆乳、植物油、すりおろし人参
  バニラエッセンス

イメージ 2

作り方
① ボールにA+aの材料を泡だて器で混ぜる。
② 別のボールにBの材料を泡だて器で混ぜる。
③ ①に②を加え混ぜる。
④ シートを敷いた型に流し入れ、180℃のオープンで20〜30分焼く。
 
  型から出して冷ます。
イメージ 3

合間に軽く食事です。
 もち米に赤飯用小豆を加え、お赤飯を炊きました。
イメージ 4


イメージ 5

 すりおろした人参が、粉となじみ人参が入っているとは感じないかも
 しれません。(シナモンが強いかも・・・)
 砂糖、卵が入ってないので、あっさり味のしっとりとしたケーキです。

 ご馳走さまでした。
 

この記事に

縁尋でランチ

今回は大牟田市藤田町の「縁尋」でランチとなりました。

イメージ 1

私が水泳を習っているスポーツクラブは5年毎に記念品を貰えて、今回は「縁尋の
食事券」を頂きました。

イメージ 2

店内へ (花を撮り・・・)
イメージ 4

予約席へ案内され・・・メニュー表から
イメージ 5

イメージ 6

ランチメニューは色々あって、限定10食の土瓶蒸しも気になりますが、
今回はプール仲間の3人で5000円以上使いたいので、旬彩縁尋御膳2、和牛
ステーキ御膳1+ビールです。

旬彩縁尋御膳より
イメージ 3

メインのステーキ、天ぷら、寿司 等々
イメージ 7

デザートへ
イメージ 8

どの料理も美味しく頂きました。
ご馳走さまでした。

5年後も頑張って食事券を貰えるかなー
(   より水中ウォーキングなら5年後も出来るかも・・)

この記事に

ひまわり

大牟田市健老町の「20万本のひまわり」が満開だと聞き、早速行って来ました。
(エコサンクセンター近くです。)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

展望台から東にみえるのは有明沿岸道路
イメージ 6

西側には有明海がみえます。
イメージ 7

ひまわりの手入れをされている人に聞いたところ、2年目との事でした。
柳川市の「ひまわり園」は知っていても、地元にひまわりが咲いている事など
全然知りませんでした。

この記事に

コスモス・バラ

帰宅途中に見かけた、コスモス、秋バラを撮ってきました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8


この記事に

ジョイフルでランチ

月に一度の友人とのランチ。
今回は友人から「何年も行ってないので、ジョイフルでもいいね…」との事で、
大牟田より、車が止めやすい「ジョイフル荒尾宮内店」へ。

イメージ 1

メニュー表から
イメージ 2

グリルランチや季節限定メニュー、低カロリーメニュー等々ありますが、昔を
思い出して「日替りランチ」を頼む事にしました。
イメージ 3

火曜日は「ハンバーグ&唐揚げ」です。
イメージ 4

パンorライスはライスに
イメージ 5

シンプルです。
(若い頃に食べていたのを思い出して話が盛り上がり、美味しかったです。)

ドリンク付きにして、飲み物はウーロン茶やコーヒーに・・・

これで終わらないのが私達でデザートへ。
イメージ 6

友人はわらび餅で
イメージ 7

私はバニラカフェゼリーです。
イメージ 8

私は他店でランチした後、お喋りタイムでジョイフルを利用したりしています。
先日は大牟田店で「和風パフェ」でした。
イメージ 9

24時間営業で時間を気にせず、ゆっくりと過ごせるのはとても便利です。

Joyfull 荒尾宮内店
荒尾市荒尾3413-1
(☎)0968-63-7200


この記事に

パン教室 10/12

今回のパン教室は秋の食材を使って作ります。

まずは試食会の様子です。
 (黒糖ブレッド、スープ、サラダ、コーヒーです。)
イメージ 1

 最初は荒尾のジャンボ梨「新高」のジャム作りです。
  梨農家の出荷できないキズ梨、落ちた梨等を安く購入されたのを使います。
  皮むきからです。

イメージ 2

梨から汁が沢山でるので、時間をかけて煮ていきます。
(とても甘くて、砂糖は入れずに作りました。)

 いきなり饅頭

  さつまいもの美味しい時に
作り方
① 唐芋は皮をむき5mm位の厚さに切る。
② 団子の粉、薄力粉を混ぜ、水を少しずつ加えて耳たぶ位の柔らかさにこね
  30分位ねかせて置く。
③ 芋の上にあんこをのせて置く。
④ 団子を広げて、③を包み蒸し器で蒸す。

イメージ 3
⑤ ラップを切り、④を包む。

  人それぞれで皮が厚かったり、破れたりと個性があります。
  (食べる時はあんこの量が多いのが美味しいけど、作る時はあんこが少ない
    のが作りやすいです。)

 黒糖ブレッド

材料
菓子パン粉、ドライイースト、黒砂糖、塩、水、卵(つやだし)

作り方
① ベンチタイムが終わったら、18㎝の長さの棒状にのばし、1回結び、2次
  発酵させる。
② 表面に卵を塗り、170℃で15〜20分焼く。

  好みで横半分に切り、あんこ、いちごをはさむ。

イメージ 4

 パン・オ・レ

材料
食パン粉、砂糖、ドライイースト、塩、牛乳、バター、卵(つやだし用)

作りかた
① 一次発酵後、手のひらでつぶし、薄い円形にする。
  両端から円の中心に向かって折りたたみ、閉じ目をしっかりつまみ、
  10㎝の長さの棒状にのばす。
② 二次発酵をする。
③ 表面に卵を塗り、ハサミを寝かすようにして切り目を入れ、200℃で10分、
  180℃に下げて5分焼く。

イメージ 5

 スープ 

エノキ、コンソメ、水を長く、煮て 冷ましてミキサーにかけ、鍋に戻し
塩・こしょうで味付け。(パセリがあれば飾る)

イメージ 6
      
 サラダ

りんご、バナナ、レタス等々

 ごまドレッシングを作る。
 マヨネーズ、醤油、酢、練ごま、すりごま、好みで一味、みりん等

イメージ 7

お持ち帰りも多いです。

イメージ 8

さつま芋が美味しいと饅頭も更に美味しくなります。
パンは作り立ての梨ジャムを挟んで食べたりと美味しく頂きました。
ご馳走さまでした。

この記事に

料理教室 10/10

料理の出来上がりです。

イメージ 1

 ロールキャベツ

作り方
 キャベツはたっぷりのお湯で茹でながら、はがしていく。
  ゆで汁はとっておく。
 合いびき肉、玉ねぎみじん、卵、塩・こしょうを混ぜ、等分しておく。
 キャベツを2枚ずつ、少し重ねて広げとキャベツ芯(細く刻む)を包む。
 鍋にを並べ、のゆで汁をひたひたに注ぎ、固形スープの素、ローリエ、
   塩・こしょうを加え中火で40分煮る。

イメージ 2

 ゴーヤの卵とじ

作り方
 ゴーヤは縦半分に切り、種をとり、3〜5ミリの厚さに切り、塩茹でする。
 チリメンジャコはさっと湯通しする。
 フライパンに油をいれ、を炒め、塩・こしょうする。
 溶き卵をにいれ、更に炒め、鍋肌に醤油を回し入れ、香りをつけ仕上げる。

イメージ 3

 ひんやり和風のおやつ

作り方
 プレーン白玉(白玉粉、白砂糖、水)、あずき白玉(白玉粉、さらしあん、
   白砂糖)の2種類を耳たぶ位になじませ、丸める。

イメージ 4

 湯を沸かし、を入れ、浮いてきたら、更に2分位 茹で、氷水に入れる。
 シロップ (砂糖、水を中火でとかし、レモン汁、蜂蜜を加え混ぜ、粗熱
         をとり、冷蔵庫で冷やす。)

イメージ 5

 きゅうりのたたき和え

作り方
 きゅうりはよく洗い、上下をおとし、ポリ袋に入れ、まな板にのせ、めん棒
   でたたく。
 鶏ガラスープの素、ごま油、塩をに入れ、ポリ袋をパンパンにして、
   口をねじり、振ってまぶす。
 器に盛り、白ごまをふる。

イメージ 6


 ご飯、味噌汁(わかめ、キャベツ、椎茸 等々に残っていた餅を加えて)

揚げ物はないし、簡単料理で煮込む間にゆっくり出来、お茶を飲んだりして座れ
たのが良かったです。(いつもは立ちっぱなしで疲れます。)

  ご馳走さまでした。

この記事に

博多座から岩田屋へ

先週末の台風の影響で私にまわってきた博多座の「魔界転生のチケット」・・・
(久しぶりに西鉄電車で天神へ、地下鉄に乗り換え一駅の中洲川端駅から続く博多
 座へと・・・)
イメージ 1

魔界転生には上川隆也さん、溝端淳平さん、松平健さん、浅野ゆう子さん、高岡
早紀さん(綺麗です) 等々
イメージ 2

  この場所だけは記念撮影が出来ます。
イメージ 3

開場迄、時間がありラウンジでお茶をして、途中の休憩時間(30分)を利用して
飲食が出来るので、弁当・お茶を買い座席へと・・・
 (さすが、博多座の弁当は美味しいです。)
イメージ 4
  良い席です。(チケット代は受け取ってもらえず・・・どうしよう)

天草四郎が魔界転生により蘇り、歴史に名を残す猛者たちと時空を超えて、幕府
滅亡を謀ります。
幕府の命を受けた柳生十兵衛が魔界衆に立ち向かうストーリーです。

戦のシーン等はプロジェクションマッピングで迫力があり、時々には「遺留捜査」
「ハウステンボス」、「うまかっちゃん」等々、ジョークを交えたりして、4時間
近く、見応えのある舞台で楽しめました。

一緒に「池坊展」のチケットも頂き、天神の岩田屋へと向かいました。
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

目の保養をして、帰宅です。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事