コピペ小僧

テレビや雑誌・ネットに溢れているいろいろな話。その中から泣ける話を集めたコピペ集です。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全53ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

俺の娘

 
 
土曜日、一人娘の結婚式だったんさ。

当時俺25歳、嫁33歳、娘13歳。 まぁ、嫁の連れ子だったんだけど。 
子供はあえてつくらなかった。 娘の気持ちを考えたら、子供は娘1人いればいいって事になった。

娘が17の時、嫁が交通事故で逝った。
生活の面では収入も安定してたし、娘も家事の一通りは出来た。 何の問題もないはずだった。

けど、血の繋がらない29の男と17の女。 嫁側の親戚が騒ぎ立てた。
「あなたはまだ若いんだから」 「再婚するにも子供がいちゃ・・・、自分の子供じゃないのに・・・」
とか、散々言われた。

でも、娘は間違いなく俺の娘だ。 嫁のたった一人の忘れ形見だ。
俺が育てる、以外の選択肢は全く頭になかった。

だが、三者懇談や進路面談で学校に行くと、必ず教師に変な顔をされた。
部活で遅くなった娘を迎えに行って「お宅の生徒が援交をしている」と近隣住民から学校に通報された事もある。

それでも2人で暮らして来た。 再婚なんか考えた事もなかった。
それくらい娘には穏やかな、幸せな時間を与えてもらってた。

娘に話があると言われた。 「結婚したい人がいる」と。
娘は25になってた。  俺が嫁と結婚したのと同じ歳。 正直、複雑な心境だった。

次の日曜に相手の男に会った。  娘を見る目が優しかった。
こいつなら大丈夫だと思った。  安心した。  諦めもついた。(笑)

あっという間に披露宴だ。

「お母さんが亡くなった時、本当にどうしようかと思った。
お父さんはまだ若かったから、私がいたら絶対に足枷になると思ってた。
だから、これからも一緒に暮らすのが当たり前みたいな態度でいてくれたのが本当に本当に嬉しかった。
私のお父さんは、お父さんだけです。 今まで本当にありがとう。」

娘がしゃくりあげながら読む花嫁からの手紙を聞いてたら
バージンロード一緒に歩いてた時点で必死で堪えてた涙がどっと溢れた。

娘が出て行く前に、箪笥の引き出し一つ一つに
「ぱんつ」「しゃつ」「とれーなー」「くつした」とか書いた紙をはっつけていった。

そこまで俺自分で何も出来ない父親かよ(苦笑) しかも平仮名‥。

近いうち娘に良く似た孫とか出来ちゃうんだろうな。
俺は「じーちゃんとかいう歳じゃねーし」とか言っちゃうんだろうな。

‥ 俺、間違ってなかった。
大変だったけど、父親って立場、選んでよかった。

嫁と結婚して良かった。 娘の父親になって良かった。

1人になって部屋は何か広くなっちゃったけど。 微妙な抜け殻感は否めないけど。
今度はいつか生まれて来る孫の為に頑張ってみようかな。
 
 
***
 
2人で過ごした時間は“宝物”
 
 
 

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

祝婚歌 〜吉野弘〜

 
 
イメージ 1二人が睦まじくいるためには
愚かでいるほうがいい
立派過ぎないほうがいい
 
立派過ぎることは
長持ちしないことだと
気づいているほうがいい
 
完璧をめざさないほうがいい
完璧なんて不事前なことだと
うそぶいているほうがいい
 
二人のうちどちらかが
ふざけているほうがいい
ずっこけているほうがいい
 
互いに非難することがあっても
非難できる資格が自分にあったかどうか
あとで疑わしくなるほうがいい
 
正しいことを言うときは
少しひかえめにするほうがいい
正しいことを言うときは
相手を傷つけやすいものだと
気づいているほうがいい
 
立派でありたいとか
正しくありたいとかいう
無理な緊張には色目を使わず
ゆったりゆたかに
光を浴びているほうがいい
 
健康で風に吹かれながら
生きていることのなつかしさに
ふと胸が熱くなる
そんな日があってもいい
 
そしてなぜ胸が熱くなるのか
黙っていてもふたりには
わかるのであってほしい
 
***
 
“正しいことを言うときは 相手を傷つけやすいもの”
 
 
 
 

開く トラックバック(0)

色あせたミニ四駆

 
 
小4の時の1月15日連休最初の日だっけかな? いつものメンバー5人で俺の住んでたマンションで遊んでいた。
あん時はミニ四駆を廊下で走らせてて、騒いでは管理人さんによく怒られたもんだ。

俺は改造が下手でいつも遅かった。 そん中の香具師が肉抜きしてやるから貸してやといわれて、俺はどうしても1番になりたかったから貸して改造をお願いした。
休み終わったら学校に持っていくわ、と言われてかなり楽しみにしてた。

その休明けそれが1月17日震災の日だった。
俺は電球の傘にぶつかって額を切ったがなんとか無事だった。 避難した公園にいつもの奴らが集まってくる4人揃ったが後1人こない。

心配になって4人とうちの親父とでそいつの家の前に行ってみた。
光景は悲惨なものだった。 1階部分が見る影もなく2階しかなかった。
そいつの姉貴が2階で寝てたらしくて無事に出てきたがワンワン泣いていた。
「お母さん、お父さん、〇〇、何してんのよ早くねてらんと早く出てきてや。」

俺たちもその前で立ち尽くすばかりで何もできずそれぞれ親戚の家や知り合いの家に避難することになってしまった。

そして2月に入っての新聞。 死亡者名の欄にあいつと、あいつの両親の名前が載っていた。
俺はそれを聞いて地元にいったん戻った。 2月20日の合同慰霊祭。 あいつと対面したのはその日だった。

スプレー塗装が剥げてるボロボロのミニ四とメモをやつ姉貴が渡してくれた。
メモには 「ちょっとオマケでスプレーもしといたで。 これでお前もいっちょまえになれるな、次走るとき楽しみにしてるで」

「いつ走るねんや。 アホが」 涙で言葉はそれしかでなかった。

あれから9年、色あせてもう動くことはないだろうミニ四駆。
今も部屋の机の上に置いている。
 
 
***
 
悲しみや思いは、いつ色あせるのだろう‥



 

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

スマホ社会‥


 これが今の世の中‥

イメージ 1

***

いつからこうなったの?




開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

仲直り


小6で仲違いしてから中学もろくに話さず、
高校は離れたから 尚更接点も無くなった親友だった子を見かけて、
もうここで話しかけなかったら一生話せないなぁって思って声かけたら、
すっごい驚いた顔された後、
第一声で 『ごめんね』 って言われて
一気に泣いた成人式でした。


***

ずっと気になってたね、お互い。






開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全53ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事