化学物質に過敏。食材はEM育ち。 ∞いのちはつながっている∞

■6000ベクレルを越える放射線量もEM使用で、検出限界値以下■心臓は1%機能しなくなっただけで25%が機能不全に

全体表示

[ リスト ]

母里啓子さんの「インフルエンザワクチンは打たないで」

インフルエンザ・ワクチンは効きません!
 関係者には常識です

1.日本で接種が始まった当初から関係者にはわかっていました。効かないということが。

2.効果がないので1994年には小中学生への集団接種も中止されてしまったほどです。

3.効かないことは厚労省もわかっています。「流行対策がない」との批判を避けたいだけです。

4.インフルエンザ・ワクチンは血液中にしか抗体を作れず、のどや鼻には抗体ができません。
ウイルスはのどや鼻から入るから感染はまったく防げないのです。
当然「家族や周囲の人や乳幼児にうつさない」ということも不可能です。

5.インフルエンザ・ワクチンはもともと流行を予測して作られているだけ。
そのうえに、インフルエンザ・ウイルスは日々猛スピードで形を変えるので効果は期待できません。

6.インフルエンザ・ワクチンは、製法上、弱い抗体しか作れません。殺したウイルスの、さらにその一部だけを使って作るので、体内で増えず、ウイルスの一部に対する抗体しかできません。

7.高齢者の肺炎や乳幼児の脳症はインフルエンザとは無関係です。「かかっても重症化を防ぐ」も嘘。そのようなデータは全くありません。

8.「打っておいたほうがいい」どころか副作用があるから怖いのです。死亡者も出ています。打たないほうが安全だし安心です。
そもそもワクチンは病原菌なのだし薬事法上は劇薬です。
接種にはもっと慎重であるべきです。

9.効かないことを知っている医師も多いのですが、患者離れが怖いから言えないのです。

10.インフルエンザ・ワクチンは儲かるからなくならないのです。
皆さんも、マスコミやお友達の言うことを真に受けずに、この本で真実を知ってください。



 本書には次のようなことも書かれています。

手洗い・うがいはじつはインフルエンザには効果がありません。

ウイルスはのどや鼻の粘膜についたとたんに感染してしまうからです。

対処法は日頃から健康に気をつけるだけ。


 
自然にインフルエンザに感染したほうが、ワクチンとは比べ物にならないほどの強い抗体が作られます。

多くの人が知らず知らずインフルエンザにかかっているのです。

丈夫な体でいれば症状も軽くすみます。

インフルエンザは2,3日寝ていれば自然に治る「かぜの一種」にすぎません。

恐ろしい病気ではないのです。

インフルエンザにかかっても熱を下げてはいけません。

熱は体がウイルスと闘っている証です。

解熱剤タミフル脳症の原因と疑われています。

大人も打つのはやめましょう。


2007年春の若者のはしか流行は、誰もがはしかワクチンを打つようになったせいで起きた皮肉な現象です。
はしかのウイルスに接触する機会が減ったので、ワクチンで作られた抗体が強化される機会もなく、弱くなってしまうのです。


ワクチンには「絶対」も「安心」もありません......など。



内容(「BOOK」データベースより)
インフルエンザ・ワクチン、どうしてみんな打つのでしょう。

もちろん、効くと思っているからでしょう?でも、まったくと言っていいほど効かないのです。

これはウイルスを学んだ者にとっては常識です。

本書では、どうして効かないのか、どうして著者がインフルエンザ・ワクチンは必要ないと言い続けているのか。

その理由を、わかりやすくお話しします。



出版社からのコメント
「インフルエンザが流行しているらしいからワクチンを打たなくちゃ」と考えていらっしゃる方が多いと思います。

小さなお子さんのいるお母さん、ご高齢の親を持つ方たちも同じでしょう。

そのどなたも「あのワクチンは効く」と思っているはず。

じつはインフルエンザ・ワクチンはほとんど効きません。

これはウイルス学者たちの常識で、日本で接種を始めた当時からそう言われていたそうです。

本書では、「なぜ効かないか」、その理由を、ウイルス学者である著者がわかりやすく解説します。

それだけでなく、はしかなど一般のワクチン投与をどう考えたらいいかも教えてくれます。

私たちはウイルスやワクチンについて、これほど何も知らされていなかったのか、と驚く内容ばかりです。


著者からのコメント

インフルエンザ・ワクチン、打ったことありますか? 

小学校、中学校時代に、学校の集団接種で打った記憶がある方は多いと思います。

大人になってからは打ちましたか?

小さな子どものいる親御さんは、お子さんを連れて、医療機関へ打ちに行ったことがありますか?

年配の方は「打っておかないと危ないですよ」などとおどされていませんか?

年配のご両親に、そんなふうにインフルエンザ・ワクチンの予防接種を奨めていませんか?

 インフルエンザ・ワクチン、どうしてみんな打つのでしょう。

もちろん、効くと思っているからでしょう? 

でも、インフルエンザ・ワクチンはまったくと言っていいほど効かないのですよ。

これは私たちウイルスを学んだ者にとっては常識です。

どうして効かないのか、どうして私がインフルエンザ・ワクチンは必要ないと言い続けているのか。


  ↓

著者について
1934年東京都生まれ。医学博士。
千葉大学医学部卒業後、伝染病研究所(現・東京大学医科学研究所)でウイルス学を修め、愛知県がんセンター研究所に勤務。在職中に、カナダのトロント大学オンタリオがん研究所に2年間留学。帰国後、東京都がん検診センター検査課長、横浜市衛生研究所細菌課長を経て、国立公衆衛生院(現・国立保健医療科学院)疫学部感染症室長、同附属図書館長、のち、横浜市の瀬谷、戸塚、旭の保健所所長、介護老人保健施設「やよい台 仁」の施設長を務め退職。『おおきい・ちいさい・よわい・つよい』(ジャパンマシニスト社)編集委員。著書多数。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
母里 啓子
1934年東京都生まれ。医学博士。千葉大学医学部卒業後、伝染病研究所(現・東京大学医科学研究所)でウイルス学を修め、愛知県がんセンター研究所に勤務。在職中に、カナダのトロント大学オンタリオがん研究所に2年間留学。帰国後、東京都がん検診センター検査課長、横浜市衛生研究所細菌課長を経て、国立公衆衛生院(現・国立保健医療科学院)疫学部感染症室長、同附属図書館長、のち、横浜市の瀬谷、戸塚、旭の保健所所長、介護老人保健施設「やよい台 仁」の施設長を務め退職。『ちいさい・おおきい・よわい・つよい』(ジャパンマシニスト社)編集委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上抜粋

どうなさいますか?

惑わされないで、判断しましょうね^^!

この記事に

閉じる コメント(10)

顔アイコン

インフルエンザの予防接種。。。自分の認識ではたとえ効果があるにせよ一種の“賭け”かなぁと思い(どれが流行るのかわからないし。。。)接種を受けるのにはかなり消極的な方です^^; ゆめっちさんの記事を読んで、これはこれでいいのかな?とちょっと安心しました。ぽちり!☆

2008/12/17(水) 午後 5:17 こたのまる 返信する

顔アイコン

子供の頃、学校でうった依頼インフルエンザのワクチン注射をしたことはないんですが・・・そーなんですか〜σ( ̄、 ̄=) 。。。

2008/12/17(水) 午後 5:30 hi64 返信する

こたのまるさん>ありがとうございます。私は、安心して良いと思います。
予防接種された方の70パーセントがインフルエンザになったって2004年の統計があります。どれが流行するかわからないと宣伝してあるから、感染しても責任がない????それの繰り返しが毎年の予防接種という一つの宗教…。

2008/12/17(水) 午後 5:53 *ゆめ* 返信する

hi64さん>コマーシャルが行き届いているから、効果があるように思ってる方が多いっていうか、思い込まされているのです。
専門家が、効かないって言っているのですから、公然と詐欺をしているとしか言えないですね^^!

2008/12/17(水) 午後 6:04 *ゆめ* 返信する

顔アイコン

うちの親は打った。返品しに行かせよう。ははははー
俺は一度も打ったことない。死にそうになったことありますが・・め

2008/12/17(水) 午後 9:23 [ - ] 返信する

シャングリラさん>コマーシャルが行き届いていますから、信じ込んでしまっている方が多いですね。先輩の方々の接種は…危険だと思います。見守られてください^^!
…でも、接種しても、毎年なぜ、インフルエンザなの、なぜそんなに風邪に弱いのって話すと、考えてしまう方も多いですが…。
…体力があれば大丈夫ですから…死にそうになっても死にませんって!

2008/12/18(木) 午前 0:59 *ゆめ* 返信する

顔アイコン

インフルエンザ脳症:小4女子児童が死亡 今シーズン県内初--五泉市 /新潟

五泉市の市立小4年の女子児童(10)がインフルエンザ脳症で死亡していたことが5日分かった。同市健康福祉課が明らかにした。県によると、インフルエンザによる死亡は今シーズン初めて。

同市によると、児童は12月28日、高熱で同市内の医療機関を受診。29日にインフルエンザ脳症と診断され、新潟市民病院に入院したが、3日早朝に死亡した。予防接種は受けていなかったという。

-----------------------------------------------------------
死んでいますよ。

2009/1/16(金) 午後 4:02 [ 健康さん ] 返信する

健康さんさん>10歳、おしいですね。残念なことですね。

2009/1/17(土) 午後 7:30 *ゆめ* 返信する

顔アイコン

皆さんは予防接種について正しい知識を自分で調べたことがありますか?

ビジネスを生業にしている医者、製薬メーカーに取っては都合が良すぎると感じませんか?

予防接種のリスクを調べたり、後遺症になった患者さんのことを無視できますか?

医学部で一番重要で勉強する予防医学、なぜ国民に義務教育しないのでしょうか?(したフリはあると思いますが、伝わって理解されていなければ、してないと同じ意味です)

また、なぜ医者はその事を重要だと言わないのでしょうか?(考えれば分かりますよね)

私はの考えは、正しく罰則のある法律化することが皆様の健康が担保できると思います。(情報を正しく発信し続けることはとても大変ですから)

予防医学を正しく理解して毎日の習慣にすればインフルエンザ等の感染症は99.9%予防できます。(私が実践してからは100%予防できている実績です。それまでは毎年予防接種をしてひどい目に遭っていました)

本当の事実を自分自身で取りに行く考えを持たなければ本当の健康を担保できない現在の日本の医療界ではないでしょうか。

皆さん自分自身の事ですのでよく考え

2017/7/2(日) 午前 10:40 [ tos**1011* ] 返信する

顔アイコン

tos**1011* さん、コメントありがとうございます。
ブログ見当たりませんでした。

予防を呼びかけている先生が叩かれたりしますから、予防医学は習っていないのかと・・・。

宣伝が行き届き、思わされていることが多いですね。
疑問を持てるようであれば、自分を、家族を、友人を護ることができますね。

2017/7/4(火) 午後 10:45 *ゆめ* 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事