トップページ

すべて表示

第12回福祉講演会が行われました

昨日24日(水)、10時から小金井市前原暫定集会施設で、さくら会と親の会共催の第12回福祉講演会が開催されました。
昨年の秋に、渡部伸氏を講師に、「障害のある子の家族が知っておきたい「親なきあと」 〜「親のあるあいだ」の準備〜 」というタイトルで講演会を行いましたが、子の高齢化、親の高齢化を受けて、将来に向けての備えについての関心がますます高まっています。
今回は、親の会の副会長で東京税理士会成年後見支援センターの相談員でもある馬場利明氏を講師に、「「いざ」というときに困らない成年後見・遺産相続 〜具体的な事例を踏まえたポイント解説〜 」というテーマで講演が行われました。講師本人が何人かの成年後見人を務めておりその実態をよく御存じなうえ、税理士をされているので遺産相続の税務に詳しく、具体的な事例を中心にとてもわかりやすい話を聞くことができました。
当日は42名の参加者がありましたが、皆さん、将来に向けてこれらの問題を考え、取組むいいきっかけになったのではないかと思います。ただ、おかれている状況は一人ひとり異なりますので、いざ取組もうととするとまだまだアドバイスや支援が必要かなと思います。私は、グループホームの土地について今いろいろ検討を進めていますが、障害者名義の土地の取り扱いや、将来の遺産相続にどう準備したらよいのか等、今回の講演会のテーマと同じ課題に直面しており、身近な問題として話をお聞きするとともに、もっと個別に相談したいなと思ったところです。
                                                (合)

その他の最新記事

すべて表示

貫井南町2丁目に移転したフラワー工房さくらを写真でご紹介します。 新小金井街道から見た建物の全景です。 りあん入口のモザイク壁画でできた看板です。 フラワー工房の入口は、新小金井街道の反対側にあります。 ...すべて表示すべて表示

それいゆより、活動紹介

2018/1/25(木) 午後 7:06

昨年、さくら会は、皆様のご支援のもと2つ目のグループホームを開設するとともに、懸案のフラワー工房さくらの事業所移転に向けて動き出しました。 今年は、貫井南町にフラワー工房の新事業所が開設されるとともに、同じ建物内にさくら会の本部を移転することになります。建物が新しくなるだけでなく、より良い支援をめざすとともに、相談事業等の新分野への展開を図 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事