ここから本文です
夢をかたちに〜高山・作「ガーターベルトの女」
エッセイを映画・舞台・アニメ・小説へ・・・私のラストチャレンジ

ご丁寧なお返事を

ありがとうございます

 

私のアイデアが

すでに検討されていた

しかも高畑氏もご存知だった

そのことをお聞きしただけで

私としては嬉しく思います

私は全くの素人ですが

アニメ化は今の段階の技術持って

可能だと思っています

そして

ちひろ絵のアニメ化は

いろんな意味で大きな夢を

子どもたちにも

これまでちひろ絵を愛してきた人にも

与えることになります

今後の皆様のご奮闘を

心から願ってやみません

素性も分からぬ私ごとき者のたわごとに

耳を傾けていただいたこと

心からのお礼を申し上げます

 

みな皆様のご健康と

美術館のますますのご発展を

こころよりお祈りいたします

ありがとうございました

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 「ガーターベルトの女」は 作者が25歳ごろの 思い出を綴ったエッセイだから 実際の話し 作者は今年50歳になった 2歳下のMは 47〜8歳 エッセイでMのことを好きになり 映画化したいというバ ...すべて表示すべて表示

  • 返事があれば その時にこのメールを 公開しようと思っていましたが もう返事はないだろうと判断しましたので その内容を公開します あきらめずに またほかの人に 何らかの縁を頼りに せっせとメール ...すべて表示すべて表示

  • ツイッターやインスタに 鉛筆画で女性の画像が たくさんアップされている 初心者ですと書いてあっても かなり魅力的な画が たくさんある そんな画を描いてる人に Mのイラストを ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事