【心療内科】 ゆうメンタルクリニック

渋谷・九段下・池袋・新宿・品川・秋葉原・上野などからすぐに到着できる心療内科・精神科

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

毛深いのはお好き?

イメージ 1


こんにちは、ゆうきゆうです。

 

 

 

フェチってご存知ですか?

 

 

 

フェチ - 国語辞書(大辞泉)

1 「フェティシスト」の略。

2 特定の種類の物に異常な執着・偏愛を示す人。例「ぬいぐるみフェチ」


    フェティシスト 【fetishist】 - 国語辞書(大辞泉)

       1 呪物(じゆぶつ)崇拝者。物体に霊力があるとして崇拝する人。

       2 異性の下着や靴、毛髪などに性的関心を抱くこと。フェチ。

 

 

 

というわけで、今日はフェチ談義です。

 

 

 

さて、ヒゲ、とか目、男性などは足、面白いところではカサブタなど。


ついつい触りたくって仕方がない。


それにはどんな意味がこめられているのでしょう。

 

 

 

フェチ。一部分に向ける愛。


その中に、読みとるものは人によって色々と違うでしょう。


でも共通するのは、「安心」なのではないかと、僕は考えています。

 

 

たとえばヒゲ。


おヒゲが大好き、という人は女性に多いのですが、女の子は父親への愛があるもの。


これをエレクトラ・コンプレックスといいます。


父親を彷彿とさせるものにたいして、性的に興奮を覚えるのは自然ではあるのですね。

 

 

逆に毛深い男性を嫌う 傾向も高まってきているようですが、これは、女性にとって、あまりに男性的なものに対する「怖さ」などがあるのかな、と思います。


「毛深い」→「野性的」→「普段あまり接していないことによる恐怖」ということでしょうか。


何か内側にこもるような、未知のものへの拒絶感があるかも知れません。

 

 

 

また、人間にはタナトス(死の本能)というものがあると言われています。


死に近いものを見たくなる、そして見て安心する部分があるのです。


カサブタをはいでみたい、キズに触りたい、という思いも、死につながるものを連想させる気持ちもあるようです。

 

 

 

単に弱い部分に触れることで、「こんなカッコいい人にも、こんなに弱い部分があるんだ」ということで安心する心理もあると思います。


おデブのおなかを触りたがる、 はげていてもOK可愛いと思う、絶壁の頭を触っているのが好きというのもこれに通じるところがあると思います。


弱点がない人というのも、取っつきにくいですから。

 

 

 

血管フェチは多いようですね。


手や腕に血管が浮き出ているのが好き、押したくなるなど。


相手の大切な部分が浮き出ているという意味で、セクシーな意味を感じているのかもしれません。


また、浮き出ている、というのは血流の強さのあらわれでもあります。


血液そのものというのは、生命の象徴としての意識がありますし、無意識に力強さを感じているのかもしれません。




指とペニスは、遺伝子の規定している部分が近いようです。


すなわち指フェチは、結局はそれフェチということ。




男性に多い足フェチ、腰骨フェチなど、腰にこだわるのは、無意識にセックスへの投影もあるのかもしれません。

 

 

ところが、「野球選手のでっちりはだめ」という人は結構います。


これは、「でっちり」だけに限定し、やはり腰回りの筋肉がゆるんでいることを連想させるからではないでしょうか。


それすなわち性的な行動のおとろえにもつながるはずだからです。

 

 

 

目が好き、という人は知性派といえるでしょう。


目というのはミステリアスにその人の気持ちをうつすものです。


よって虹彩にしても瞳孔にしても、その部分にこだわるのは、その人の心理や考えていることにたいして強い興味を抱いているといえます。。

 

 

面白いところでは、男性のメイクした眉に対する逆フェチ。


ファッションに走っている男性はいいイメージがないとのお話でしたが、


メイクした男性の中でもとりわけ眉をいじる男性に非難が飛ぶ傾向が強いようです。

 

 

これは、女性にとって伴侶や恋人が、ちゃんとした収入や地位をゲットすることこそが本意。


たとえば結婚した後に眉をいじられたら、それこそ会社のOLと不倫するのには役立つかもしれませんが、月収には何の変化もありません。


そういうところにお金や時間を掛けている男性は、その分仕事などに回す労力などがおろそかになってしまいます。


そこに無意識の反発心を起こすのでしょう。

 

 

また化粧などは女性特有の行動ですので、「自分たちのジャンルに入ってこないで!」みたいな感情もあるのかもしれません。

 

 

目が知性をあらわす物であるだけに、眉毛を触る男性は知性がない、と感じてしまうのかもしれません。

 

 

 

 

いかがでしょうか。

 

 

総じて、見るだけなら美しい部分、素敵な部分、でも、傷や、ビール腹など、醜い物ほど「触ってみたい」という傾向にあるようです。

 

 

 

 

それでは、また次回お会いしましょう。

 

か・ゆ・い

イメージ 1


こんにちは、ゆうきゆうです。

 

 

 

人間の脳は右と左に分かれている、という事は、ずいぶん前から知られています。


それでは右脳は、イメージを司り、左脳は、言語や論理などを司る、という事、はご存知だったでしょうか。

  

体の右半身を動かす神経は左脳にあり、左半身を動かす神経は右脳にあるので、右利きの人は理論派かと、以前は思われていたようですが、残念ながらそこまで単純ではないようです。


なぜなら手は右利きの人が多いのですが、なんと足は左利きの人が多く、日本の約70%の人の利き足が左です。


左足を動かす神経は右にあるのですから、手が右利き、といっても左脳だけが発達しているわけではない、ということです。

 

 

ところで、自分が「右脳優位型(イメージ・感情型)」と「左脳優位型(論理・言語型)」のどちらなのか、あなたは知りたいと思いませんか?

 

 

 

 

ではちょっと想像してみてください。

 

あなたが、美容院(もしくは床屋)に出かけ、シャンプーをしてもらったとします。


軽く流してシャンプーをつけ、しばらくすると美容師さんがこう言います。

 

 

「かゆいところはございませんか?」

 

 

そのときあなたはなんと答えるでしょうか。

 

 

 

 

さぁ、シャンプー中というのは、かなりのリラックス状態です。


頭をなでる感触。

身も心も任せる安心感。


こんなときは、基本的にどの人も感覚を司る右脳の方が優位に働いているのです。

 

 

ここで「かゆいところはございますか?」と聞かれ、「ない」といえば、会話はそれで終わります。


言語を最低限に使うだけで、リラックスした世界にまた戻れるわけです。

 

 

しかし「ある」というと、それを一旦中断し「どこがかゆいのか」など説明をしなければいけません。


「右耳の後ろ」とか。

「頭頂部から左3センチ下方にかけて」とか。

 

これは、頭を洗ってもらっているリラックスした世界から、言語的な世界に戻ってこなければならない上に、自分の感覚を言葉にするのがただでさえつらい、右脳優位型の人には、より大きな労働になると想像できます。

 

 

 

そのため、それをわざわざできるということは、かなり「左脳優位型」。


「お金を払っているのに、かゆいところをかいてもらわないなんて、もったいないじゃん!」という、やや理知的な、悪く言えばケチ的な思考も入っているかもしれません。

 

 

 

ですから、「ない」と言うのは、まず「右脳優位型」な人と分析できるでしょう。

 

 

 

 

いかがでしたか?


ではまた次回お会いしましょう。


 

 
イメージ 1


こんにちは、ゆうきゆうです。

 

 

 

 

「うわさ」という字を漢字でかけますか?


うわさ話の「うわさ」です。(制限時間30秒)

 

 

 

 

 

 

 

 

そう 「噂」 ですね。


これは、


「あの人って素晴らしい人ですね」

「あの人はとってもいい人なんですってね」


という風に、人を尊ぶ(とうとぶ)気持ちを、その人のいないところで口 (くち)にする、という事から生まれた漢字です。

 

 

ところが残念ながら現代では、

 

「あの人ってこんな変なところがあるのよ」


と、反対の意味の事をその人のいないところで言う事を、噂(うわさ)というようになってしまいました。

 

 

 

さて、この噂話、特に悪いほうの陰口ですが、 人づきあいを避けられない関係にあると、「陰口が好きな人」は厄介で、悩まされている人は多いようです。 

 

 

そこで今日は、どうすれば「陰口が好きな人」に惑わさないのか、具体的な方法とともに考えてみましょう。

 

 

 


まず陰口を連発する人は、どんな気持ちがあるのでしょうか

 

 

そこには、強い劣等感や嫉妬があることがほとんどです。


「あんなすごい人にも、こんなマイナス面があるんだよ」と周囲に言うことによって、何より自分自身に「だから劣等感を感じなくてもいいんだ」と、言い聞かせているわけです。


すなわち言い換えれば、それだけプライドが飢えていることの証。

 

 

ですからその人の美点を一つだけでも見つけてあげることが大切です。

 

 

また可能であれば、その「いい点」を、実際に言葉にして伝えてもいいでしょう。


「前から思っていたのですが、●●さんってすごく親切ですよね」

「部長って、ネクタイのセンスいいですよね」


そう言えば、ほぼ確実に喜んでくれるでしょう。


あなたも陰口を言われなくなると同時に、その人の陰口そのものが減ってくるはずです。

 

 

 

また、


「●●さん、いつもありがとうございます!」

「残業ですか? お疲れ様です」


と、どんなに小さくてもいいので、プラスの言葉をかけてあげることも大事です。


コミュニケーションも円滑に行き、場の雰囲気も柔らかくなるはずです。

 

 

それから、その人が何かの話をしたときには、たとえ知っている話であっても、


「そうなんですか? 知りませんでした」


というように聞いてあげましょう。

 

 

「知らないんです」と言うだけで、「じゃあ教えてあげよう」と言いながら、気分良く話ができるものです。

 

 

 

といっても、やりすぎて悪口に巻き込まれてしまっては大変。

 

 

逆に話を切り上げたいと思ったら、。

 

 

 

この「知っている」「知らない」を使い分けることで、相手の話をコントロールできます。


「あ、それは聞いたことあります」

「知ってます」


というように言ってみて下さい


覚えておくと、何かとトクですよ。

 

 

その直後に「それで、この仕事なんだけど…」と話をずらせばベストです。


試してみてくださいね。

 

 

 

 

それではまた次回お会いしましょう。

年下の男の子

イメージ 1


こんにちは、ゆうきゆうです。

 

 

 

突然ですが、年下の彼に年齢差を感じてしまったり、彼と同年代の女の子にやきもちを妬いてしまったり、不安を抱いていませんか?

 

 

「歳なんて関係ないよ」と彼は言うけれど、本当のところどう思ってるの? 

 


今日は、そんな姉さん彼女のために年下彼氏の心理をお話していきましよう。

 

 

 

何年も付き合っていくと、年上の女性は結婚に関して少々差し迫ったものがあります。


ですのでその迫力を恐れる男性は、離れていくはずです。

 

 

逆に言えば、それでも離れていかないということは、「完全に遊び」か、「結婚してもいいかなと思っている」のどちらか。

 

「完全に遊び」といっても、それは、男性がまだ若いので結婚を考えたお付き合いをしていないというだけの事で、年下の彼女を持った男性でも同じです。

 

 


ですので現在恋愛が続いているなら、まずは安心してください。

 

 

 

ですが、ひと言 確実に言えるのは、あなた自身が「結局いずれは若い子にいっちゃうのかな…」と思っていたら、彼はほぼ絶対にそうなってしまう、ということです。

 

劣等感は、結果的にすべてをマイナスに思わせます。


これを心理学では「感情一致効果」と言います。

 

 

 

たとえば電話をくれなかっただけで、 「浮気でしょ?」。


連絡が取れなかっただけで、 「やっぱり若い子と会ってたの?」。


これでは、彼も疲れてしまうはず。

 

 

「いつもありがとう」

「大好きです」

「前はメールくれて嬉しかったです」


と、とにかく「私はあなたとつきあえて、本当に嬉しいんだ!」というプラスの気持ちを、彼に伝えてあげてください。

 

 

 

それから、相手をドキッとさせる方法に、“意外性”というのがあります。

 

 

この場合、「年下の彼氏から頼られるお姉さん」 という図式が、自然と成立してしまっているはず。


その図式に意外性を当てはめると、「普段は頼ってばかりだけど、逆転して年上に頼られると嬉しい」

というものになるのです。


特に男性なら、年上の女性に敬語を使われるのは、嬉しいもの。


「僕は年上の女性にまで、敬意を払われてるんだ」と思うことができるからです。

 

 

「あなたの事、頼りにしてます」 と、たまには声をかけてみてはいかがですか?

 

 

 

ちょっと試してみてくださいね。

 

 

 

 

それでは、また次回お会いしましょう。

 

 

 


愛は冷めちゃうの?

イメージ 1



こんにちは、ゆうきゆうです。

 

 

 

よく雑誌などで、男性の浮気によって、恋愛や夫婦生活が壊れてしまう、という記事があります。


実際に浮気が原因でマリッジブルーになってしまう女の人は多いのです。


おそらくあなたも、こんな気持ちが湧いたことはあるのではないでしょうか。

 

 

「遊びなれていなかった男の人は奥さんだけじゃ満足できなくなるの?」

「愛は冷めちゃうの?」

 

 

今日は、そんな疑問にお答えしましょう。

 

 

 

 

さて、まず1ついえる事。

 

 

 

実際にメディアのことを信じすぎるのは禁物です。


ってこの連載も、メディアのひとつなので、ものすごく自分の首を絞めている気がします。

 

 

いずれにしても、「男ってみんなこう!」と思うのは危険。


たとえば男子中学生が、男性誌を読んで「女の人は実はみんなHだ!」と思いこむのに似ています。

 

 

似ていませんか…。


話が適度にそれたところで、本題に。

 

 

心理学には「好意の返報性」というものがあります。


互いの好意は等しくなる、という法則のことですね。

 

 

考えてみてください。


あなたの恋人が、あなたのことを、あまり好きだと思っていなかったらどうでしょう。


おそらくあなたも、長期的に相手のことを好きでいるのはキツいはずです。


これは逆でも同じこと。

 

 

「どうせ男って浮気するよね?」。

 

 

ですので大切なのは、まずはあなたから相手のことを好きになってあげることです。

 

 

 

とはいっても、浮気のことを恐れる気持ちはありますよね。当然です。


「だからどんなに愛しても、ムダなんじゃない…?」


そんな風に女性が思っていたら、その相手の男性は高確率で浮気をします


こんなときは「浮気をされるのがイヤ」と考えているだけでなく、発想を一歩進めて、「たとえ浮気をされても、私はこの人のことが大好きなんだ」と考えてみてください。


それによって、あなたの中の恐れやあきらめが減るはずです。


すると、相手にたいしてあたたかな態度で接することができるようになってくるのです。

 

 

 

これこそが、男の気持ちを、一番強くつかんでおく技術。


どうか覚えておいてくださいね。

 

 

 

 

それではまた次回お会いしましょう。

 

 

 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事